Japanese  /  English 日本語  /  English

CARVERスケートボードで練習する理由 ランプ編 

  • 無料

1.ランプでの「ドロップイン」の方法について 

  • 110 / レンタル ( 30 日 )

ランプでスケートボードを活用したサーフィントレーニングをする為の、スムーズに「ドロップイン」を行う方法についての解説です。 身体の体重の乗せ方と、腕の使い方でのボードをコントロールすることができます。 その後のアクションをスムーズに行えるようにする為に、落ち着いたドロップインができるような練習をしていきましょう。

2.身体とボードと傾斜を調和させたランプでの「スピードの出し方」とは? 

  • 110 / レンタル ( 30 日 )

スケートボードに乗って「屈伸運動」をすることでの、ランプでの「スピードの出し方」の解説です。 身体とボードの動きを傾斜と調和させる為に、あごを上げて両手を振れば、すぐにスピードを出すことができます。 最小限の動きでボードが加速できるように、「屈伸運動」と「調和」を意識しながら練習をしていきましょう。

3.腰を意識する事で行う「フロントサイドでの加速」の練習方法とは? 

  • 110 / レンタル ( 30 日 )

ランプでの、腰を使った「フロントサイドでの加速」の練習方法の解説です。 前に出ている腕が邪魔になるフロントサイドでは、腰を使って身体を傾ける事で「加速ができる」ようになります。 腰を回して、前の腕を開いてバランスを取りながら、進行方向を見ながら屈伸運動をする事で、加速を練習していきましょう。

4.ランプで行う「フロントサイドのカービング」の練習方法とは? 

  • 110 / レンタル ( 30 日 )

ランプでは、スピードがある状態から「カービング」をする必要がある為、大きく回ることが必要です。 レールを内側に保ちながら、上半身を引き伸ばして大きくターンをすることが重要です。 途中でスケートボードから落ちずに、最後まで綺麗に「カービング」ができるように、身体の動きを練習していきましょう。

5.ランプで行う「バックサイドの加速」の練習方法とは? 

  • 110 / レンタル ( 30 日 )

スケートボードを使った「バックサイドでの加速方法」は道路上とランプで異なります。 傾斜を上り下りする上下運動にタイミングを合わせて「屈伸運動する」ことがランプでは必要になります。 この屈伸運動のタイミングの見極めを、実際にランプで加速をさせながら練習していきましょう。

6.ランプで行う「バックサイドのカービング」の練習方法とは? 

  • 110 / レンタル ( 30 日 )

ランプでは、スピードがある状態から「カービング」をする必要がある為、タイミングが重要です。 身体を引き上げる事でトップに登り、膝に加重をかけてターンを行います。 途中でスケートボードから落ちずに、最後まで綺麗に「カービング」ができるように、身体の動きを練習していきましょう。

7.ランプで行う「フロントサイドカットバック」の練習方法とは? 

  • 110 / レンタル ( 30 日 )

ランプでは、八の字を描く事を意識することで「フロントサイドのカットバック」の練習を行います。 常に腰を回して捻り、進行方向を見続ける事で、八の字は綺麗に描けます。 回転しながら視線は保ち、身体を引き上げて、途中でスケートボードから落ちずに、最後まで綺麗に「フロントサイドのカットバック」ができるように、身体の動きを練習していきましょう。

8.ランプで行う「バックサイドカットバック」の練習方法とは? 

  • 110 / レンタル ( 30 日 )

ランプでは、手の上げ方を意識することで「バックサイドのカットバック」の練習を行います。 後ろ向きでのターンは左手で身体を引き上げて、前向きでのターンは右手で身体を引き上げます。 更に、前の足の重心を意識しながら調和を保ち、途中でスケートボードから落ちずに、最後まで綺麗に「バックサイドのカットバック」ができるように、身体の動きを練習していきましょう。

CARVERスケートボードで練習する理由 

  • 無料

1.路上でスピードをつける「スケートボードの扱い方」とは? 

  • 110 / レンタル ( 30 日 )

サーフィンの身体の使い方を陸で練習するのに適している「スケートボードの扱い方」の解説です。 楽に加速をするには、つま先とかかとの先でボードを押します。 その為に「足首/ひざ/腰/肩」を使った身体の重心移動をすることで、身体の使い方を練習していきましょう。

2.スケートボードに乗っている時にとるべき「姿勢」とは? 

  • 110 / レンタル ( 30 日 )

スケートボードで重要な「姿勢」の整え方の練習についての解説です。 「背筋/重心/目線/手の動き」を整えることで、ボードの向きを簡単に調整することができます。 スケートボードを使って、この変化を体感できるようにする為に、身体の使い方を練習していきましょう。

3.スケートボードを使ったサーフィンでの重要な「傾き」の練習方法とは? 

  • 110 / レンタル ( 30 日 )

スケートボードを活用した、サーフィンでのレールを使う為の身体の「傾き」を、陸上で練習する為の解説です。 左右両側のレールを動かす為には、「小指」の動かし方から身体の動きを整えていく必要があります。 このシンプルなポイントを、海で実践できるように陸上で練習していきましょう。

4.オフザトップの時に不可欠なボードのドライブ(加速)の陸での練習方法とは? 

  • 110 / レンタル ( 30 日 )

スケートボードを活用して、ボードを「ドライブ(加速)」させる為の身体の使い方を練習する方法の解説です。 サーフィンでは、腰を前に出すことでボードが真っ直ぐ加速します。 その為に、「ひざ/手/顎/腰」を使った身体の動かし方を陸上で練習していきましょう。

5.ターンを綺麗に行う為に必要なスケートボードでの「ひねり」の練習方法とは? 

  • 110 / レンタル ( 30 日 )

スケートボードを活用して、身体の「ひねり」を使ったターンをする為の身体の使い方の練習についての解説です。 膝の使い方一つで、身体全体を進行方向へ向けやすくして、綺麗なターンができるようになります。 その為に、「ひざ/腕(銃を向ける)/目線」を使った身体の動かし方を陸上で練習していきましょう。

6.更に綺麗なターンをする為に「カップ」の使い方を変える事でバランスコントロールができるようになる練習方法とは? 

  • 110 / レンタル ( 30 日 )

スケートボードを活用して、綺麗なターンをバランスを保ちながら行うことができるようにする為の身体の使い方の練習についての解説です。 手にカップを持つ事をイメージして、水平に保ちながらスケートボードに乗る事でバランスを取る練習をすることができます。 カップで身体を先導し、傾きを維持し、身体を上げる身体の動かし方を陸上で練習してターンを綺麗にしていきましょう。

7.身体のつくりに逆らわずに楽に動けるボードへの乗り方とは? 

  • 110 / レンタル ( 30 日 )

スケートボードを活用して、身体の向きによって変わる身体の動かしやすさの違いを体感していきましょう。 「前向き」にボードに乗ることで、進行方向を幅広く見られるようになり、身体が動かしやすくなることで、結果姿勢もよくなります。 この状態を取ることで「腰/ひざ」が動かしやすくなる為、波に合わせて身体が動かしやすくできるようになる練習をすることができます。

ボスボールトレーニングとは? 

  • 無料

1.ボスボールで練習するニュートラルポジションの取り方とは? 

  • 110 / レンタル ( 30 日 )

ボスボールにバランスよく乗る方法についての解説です。 「一秒乗り」を行う事で、バランスよくボスボールに乗ることができます。 この乗り方ができるようになることが、ニュートラルポジションの習得に繋がりますので、乗り方から練習していきましょう。

2.ボスボールを使った「ポップアップテイクオフ」の練習方法とは? 

  • 110 / レンタル ( 30 日 )

ボスボールを使った「ポップアップテイクオフ」の練習方法の解説です。 この練習をすることで、早い波に対して、すぐにボードを加速させるポップアップテイクオフが練習できます。 身体でボスボールを動かしながら、海でライディングしているイメージを持ちながら練習をしていきましょう。

3.ボスボールを使った「屈伸運動」の練習方法とは? 

  • 110 / レンタル ( 30 日 )

ボスボールを使った「屈伸運動」の練習方法の解説です。 ボスボール上で「屈伸運動」をスムーズに行うには、ランジを意識した構え方を取る必要があります。 この体勢をとりながら、下にある物を良く取ることで、バランスを取りながら行う「屈伸運動」の練習をしていきましょう。

4.ボスボールを使ったスピードコントロールの練習方法とは? 

  • 110 / レンタル ( 30 日 )

ボスボールを使い、「傾き」からスピードコントロールをする練習方法の解説です。 手の位置を変えて傾くことで、体重のかかり方が変わり、ボードのスピードがコントロールできます。 身体の動きとボールの傾き具合の連動を意識しながら「傾き」の練習をしていきましょう。

5.ボスボールを使った「捻り」の練習方法とは? 

  • 110 / レンタル ( 30 日 )

サーフィンの基本の動きである「屈伸運動」「捻り」「加重」について、ボスボールを使った「捻り」の練習方法の解説です。 ランジの姿勢を取り、背中を真っ直ぐにのばし、手のひらを動かすことで、「捻り」を行なっていきます。 小指の意識をしながら身体を動かして、バランスを取りながら「捻り」の練習をしていきましょう。

6.ボスボールを使った「チューブライディング(フロントサイド)」の練習方法とは? 

  • 110 / レンタル ( 30 日 )

ボスボールを使った「チューブライディング(フロントサイド)」の練習方法の解説です。 「チューブライディング」をスムーズに行うには、補助筋群を鍛える必要があります。 目の前に棒がある事をイメージしながら、その棒の下を潜れる体勢を維持する事で、「チューブライディング」に必要な補助筋群を鍛えていきましょう。

7.ボスボールを使った「チューブライディング(バックサイド)」の練習方法とは? 

  • 110 / レンタル ( 30 日 )

ボスボールを使った「チューブライディング(バックサイド)」の練習方法の解説です。 「チューブライディング(バックサイド)」では背筋を伸ばしてバランスを取るのが重要です。 この体勢をとりながらバランスを取り、加重をコントロールする事で、「チューブライディング(バックサイド)」の練習をしていきましょう。

8.ボスボールを使ったサーフィンでの「バランス力」を上げる練習方法とは? 

  • 110 / レンタル ( 30 日 )

ボスボールを使ってボールを投げる事で、「バランス力」を向上させる練習方法の解説です。 多方向からのボールをキャッチして、腰を落とし、足元に触ましょう。 ボールが揺れなくなれば、サーフィンでの「バランス力」も向上させることができます。

9.自宅での効果的な「シャドーサーフィン」の練習方法とは? 

  • 110 / レンタル ( 30 日 )

ボスボールを使ってライディング映像を見ながら「シャドーサーフィン」を行う事で、自宅で理想のライディングに向けたサーフィンの練習ができます。 お気に入りの映像を見ながら、楽しく練習をして見ましょう。

1.自身ではコントロールできない「波の扱い方」 

  • 110 / レンタル ( 30 日 )

サーフィンで理解するべき4つのフレームワークの1つである「波の扱い方」の解説です。 波のパワーに合わせて、また、サーフボードの形状を理解した上で、身体を動かす必要があります。 自身ではコントロールできない「波の扱い方」をまず理解した上で、それに合わせた身体の使い方を理解していきましょう。

2.波のエネルギーを体感して理解することができる「BODYSURF」とは? 

  • 110 / レンタル ( 30 日 )

BODYSURF」をする事で、波のエネルギーを自身で体感できる方法の解説です。 サーフィンで身体を前に押し続けてくれるのは、「波のボトムのエネルギーのみ」です。 ここを正しく理解した上で、その位置に自身がい続けることが、波のエネルギーを利用し続けるポイントであるという事を理解しましょう。 ※波が小さい時に、動画のように実践してみると体感できると思います。

3.ボトムのパワーゾーンを利用して波に乗る「BODYSURF」の方法とは? 

  • 110 / レンタル ( 30 日 )

波を捉えてボトムのパワーゾーンを利用して、波に乗る方法の解説です。 サーフィンでは、テールに向かって背中を反らせることで、サーフボードを持ち上げることができ、波を捉えることができます。 オレオビスケットを後ろから押すと、クリームが前にだけ出ていくように、波が割れた時に背中を反らせてテールを押し下げると、波がボードを前に押し出してくれます。 ※波が小さい時に、動画のように実践してみると体感できると思います。

   お問合せやリクエストはこちら     close