Japanese  /  English 日本語  /  English

Category  /  CARVERトレーニング ランプ編

CARVERスケートボードで練習する理由 ランプ編 

  • 無料

1.ランプでの「ドロップイン」の方法について 

  • 110 / レンタル ( 30 日 )

ランプでスケートボードを活用したサーフィントレーニングをする為の、スムーズに「ドロップイン」を行う方法についての解説です。 身体の体重の乗せ方と、腕の使い方でのボードをコントロールすることができます。 その後のアクションをスムーズに行えるようにする為に、落ち着いたドロップインができるような練習をしていきましょう。

2.身体とボードと傾斜を調和させたランプでの「スピードの出し方」とは? 

  • 110 / レンタル ( 30 日 )

スケートボードに乗って「屈伸運動」をすることでの、ランプでの「スピードの出し方」の解説です。 身体とボードの動きを傾斜と調和させる為に、あごを上げて両手を振れば、すぐにスピードを出すことができます。 最小限の動きでボードが加速できるように、「屈伸運動」と「調和」を意識しながら練習をしていきましょう。

3.腰を意識する事で行う「フロントサイドでの加速」の練習方法とは? 

  • 110 / レンタル ( 30 日 )

ランプでの、腰を使った「フロントサイドでの加速」の練習方法の解説です。 前に出ている腕が邪魔になるフロントサイドでは、腰を使って身体を傾ける事で「加速ができる」ようになります。 腰を回して、前の腕を開いてバランスを取りながら、進行方向を見ながら屈伸運動をする事で、加速を練習していきましょう。

4.ランプで行う「フロントサイドのカービング」の練習方法とは? 

  • 110 / レンタル ( 30 日 )

ランプでは、スピードがある状態から「カービング」をする必要がある為、大きく回ることが必要です。 レールを内側に保ちながら、上半身を引き伸ばして大きくターンをすることが重要です。 途中でスケートボードから落ちずに、最後まで綺麗に「カービング」ができるように、身体の動きを練習していきましょう。

5.ランプで行う「バックサイドの加速」の練習方法とは? 

  • 110 / レンタル ( 30 日 )

スケートボードを使った「バックサイドでの加速方法」は道路上とランプで異なります。 傾斜を上り下りする上下運動にタイミングを合わせて「屈伸運動する」ことがランプでは必要になります。 この屈伸運動のタイミングの見極めを、実際にランプで加速をさせながら練習していきましょう。

6.ランプで行う「バックサイドのカービング」の練習方法とは? 

  • 110 / レンタル ( 30 日 )

ランプでは、スピードがある状態から「カービング」をする必要がある為、タイミングが重要です。 身体を引き上げる事でトップに登り、膝に加重をかけてターンを行います。 途中でスケートボードから落ちずに、最後まで綺麗に「カービング」ができるように、身体の動きを練習していきましょう。

7.ランプで行う「フロントサイドカットバック」の練習方法とは? 

  • 110 / レンタル ( 30 日 )

ランプでは、八の字を描く事を意識することで「フロントサイドのカットバック」の練習を行います。 常に腰を回して捻り、進行方向を見続ける事で、八の字は綺麗に描けます。 回転しながら視線は保ち、身体を引き上げて、途中でスケートボードから落ちずに、最後まで綺麗に「フロントサイドのカットバック」ができるように、身体の動きを練習していきましょう。

8.ランプで行う「バックサイドカットバック」の練習方法とは? 

  • 110 / レンタル ( 30 日 )

ランプでは、手の上げ方を意識することで「バックサイドのカットバック」の練習を行います。 後ろ向きでのターンは左手で身体を引き上げて、前向きでのターンは右手で身体を引き上げます。 更に、前の足の重心を意識しながら調和を保ち、途中でスケートボードから落ちずに、最後まで綺麗に「バックサイドのカットバック」ができるように、身体の動きを練習していきましょう。

   お問合せやリクエストはこちら     close