Japanese  /  English 日本語  /  English

4.「BODYBORD」でスピードを出す為に必要な身体の動かし方とは? 

  • 110 / レンタル ( 30 日 )

「BODYBORD」をする事で、波のエネルギーをボディボード・サーフボードでどのように活用するかの解説です。 波に合わせて身体のバランスを調整して傾けて、レールを入れれば、スピードが出ます。 「身体を傾けてレールを入れる」ことが、スピードを出す為に必要な動作である事を正しく理解しましょう。

5.身体をどのような状態にすることがスピードの加速に繋がるのか? 

  • 110 / レンタル ( 30 日 )

「BODYBORD」をする事で、波のエネルギーをボディボード・サーフボードでどのように活用するかの解説です。 ボードにより力を加えて傾ける為には、身体の状態を反らせた上で、腕や顎などをコントロールしてレールを入れる事でスピードが出ます。 ボードに乗った状態でどのようにすることが「レールを入れやすい状態を作ることができるか」を理解することが、スピードを出す為に必要な動作である事を正しく理解しましょう。

6.身体のコントロールを海で実践する為に必要な練習方法とは? 

  • 110 / レンタル ( 30 日 )

「フィンレスサーフィン」をする事で、身体だけでボードをコントロールする練習ができることについての解説です。 波はどのように動いていくかは予測するしかない為、波の実際の動きを見てすぐに動作が取れるように「自由のきく姿勢=ニュートラルポジション」を取る必要があります。 「フィンレスサーフィン」では、このコントロールに集中して練習することができます。

7.身体をどのような状態にすることがスピードの加速に繋がるのか? 

  • 110 / レンタル ( 30 日 )

BODYBORD」をする事で、波のエネルギーをボディボード・サーフボードでどのように活用するかの解説です。 ボードにより力を加えて傾ける為には、身体の状態を反らせた上で、腕や顎などをコントロールしてレールを入れる事でスピードが出ます。 ボードに乗った状態でどのようにすることが「レールを入れやすい状態を作ることができるか」を理解することが、スピードを出す為に必要な動作である事を正しく理解しましょう。

8.ライディング中の身体のコントロールを向上させる為の、手の矯正方法とは? 

  • 110 / レンタル ( 30 日 )

「棒を使ったトレーニング」をする事で、ボードの上での身体のコントロールの練習ができることについての解説です。 ボードは目線の先の手を出した方向に進みますが、ライディング中にはどうしても手がバラバラになり、コントロールが取れなくなってしまいがちです。 「棒を使ったトレーニング」をする事で、両手を矯正できますので、身体のコントロールをしやすくする練習ができます。

9.良い姿勢をサーフボードの上で保つ為には、ツインフィンサーフィンをしましょう 

  • 110 / レンタル ( 30 日 )

安定用のフィンがないツインフィンを使って、良い姿勢を保つ為の練習をすることについての解説です。 ツインフィンのボードは普通のボードより加速する為、姿勢を整えることに集中してターンを練習することができます。 サーフボードの上で良い姿勢を取り身体を傾けてターンを行う、練習をしていきましょう。

10.「コーヒーカップを使って」、サーフィンの安定性と推進力を伸ばしていきましょう 

  • 110 / レンタル ( 30 日 )

「コーヒーカップを使ったトレーニング」をする事で、安定性と推進力を身体の動きにより加える練習をすることについての解説です。 コントロールを保つにはボードのレールを使いますが、身体を傾けるには「小指」の使い方が重要です。 水の入ったカップを手に持っている事を想像しながら、ボトムではコップの底を海面につけるように小指を下に(=身体が傾きます)、トップでは水をこぼすように小指を上に(=身体が捻れます)する事で、安定性と推進力がコントロールする練習をすることができます。

段ボールを使ったサーフィントレーニングとは? 

  • 無料

段ボールを活用した陸上で行うサーフィントレーニングメニューです。段ボールを使って、筋肉に動きを覚え込ませる練習をしていきましょう。マジックボードを購入するよりも10倍はサーフィンのレベルは上がります。 …………………………………………………………………… This is a surf training menu that is performed on land using cardboard cutout. Let's practice using cardboard with coordination and repeating that muscle memory. That would make you a ten times better surfer, than trying spending thousands of dollars on magic boads.

1.安定したテイクオフを行う為に必要な「腹ばいの仕方」 

  • 110 / レンタル ( 30 日 )

安定したテイクオフを行う為に必要な「腹ばいの仕方」の解説です。 テイクオフ後に姿勢を安定させる為には、まず「腹ばいの仕方」をしっかりと理解する必要があります。 どの様に「腹ばい」を行なっていくかを、まずは陸上で練習する事で、筋肉に動きを覚え込ませていきましょう。

2.安定したテイクオフを行う為に必要な「ウォークアップテイクオフ」の解説 

  • 110 / レンタル ( 30 日 )

安定したテイクオフを行う為に必要な「ウォークアップテイクオフ」の解説です。 「ウォークアップテイクオフ」の1つ1つポイントを理解する事で、海で即実践できるようにする必要があります。 どのように「ウォークアップテイクオフ」を行なっていくかを、陸上で練習する事で、筋肉に動きを覚え込ませていきましょう。

3.ライディング時に最も重要となる「ニュートラルポジション」についての解説 

  • 110 / レンタル ( 30 日 )

ライディング時に最も重要となる「ニュートラルポジション」についての解説です。 安定したライディングを行う為、身体を即動かせる体勢を取る必要があります。海でテイクオフの後、即時でこの姿勢を取れない事はサーフィン経験者であれば誰でも分かると思います。 まずは、陸上で練習する事で、筋肉に動きを覚え込ませていきましょう。

4.サーフボードをコントロールする為に必要な「ランジ(=正しいしゃがみ込み)」の解説 

  • 110 / レンタル ( 30 日 )

サーフボードをコントロールする為に必要な「ランジ(=正しいしゃがみ込み)」の解説です。 サーフボードは加重でコントロールしていきます。※決して手や足で動かすものではありません。 その為には、波の動きに合わせてランジをする必要があります。 どの様にランジを行なっていくかを、まずは陸上で練習する事で、筋肉に動きを覚え込ませていきましょう。

5.サーフボードを推進させる為に必要な「ジャンプ」の解説 

  • 110 / レンタル ( 30 日 )

サーフボードを推進させる為に必要な「ジャンプ」の解説です。 サーフボードを推進させる為には、この「ジャンプ」ををする時に必要な体勢を取ることで安定します。 サーフィンで必要な「ジャンプ」を陸上で練習する事で、筋肉に動きを覚え込ませていきましょう。

6.「段ボール」に乗って、サーフボードのコントロールする為の練習方法の解説 

  • 110 / レンタル ( 30 日 )

段ボールに乗って、サーフボードのコントロールする為の練習方法の解説です。 これまで練習してきた「ニュートラルポジション」「ランジ(=正しいしゃがみ込み)」「ジャンプ」を組み合わせて、一連の動作を通して「アップス」を陸上で練習してみましょう。 この動きを筋肉に動きを覚え込ませることができれば、海で最低限のボードコントロールはできる様になります。

7.サーフボードをターンさせる為に必要な「小指の使い方」の解説 

  • 110 / レンタル ( 30 日 )

サーフボードをターンさせる為に必要な「小指の使い方」の解説です。 サーフボードをターンさせる為には、これまでの動きに「小指の使い方」を加えるだけで、「つま先」や「かかと」にかかる力を調整する事ができ、サーフボードへの加重をコントロールができます。 サーフィンで必要な「小指の使い方」を陸上で練習する事で、筋肉に動きを覚え込ませていきましょう。

8.「ターン」の身体の使い方の解説 

  • 110 / レンタル ( 30 日 )

「ターン」の身体の使い方の解説です。 サーフボードをターンさせる為には、重心を直線的にして「肩」「腰」「膝」「くるぶし」のすべての関節を一列に並べてバランスを取る事で、比較的 楽にターンをする事ができます。 まずは「ターン」について、頭の中で理解していきます。

9.「ターン」の段ボールを使った練習方法の解説 

  • 110 / レンタル ( 30 日 )

「ターン」の段ボールを使った練習方法の解説です。 「ターン」の身体の使い方を頭で理解したら、実際に身体を動かして実践していきます。 「ターン」を段ボールを使って陸上で練習する事で、筋肉に動きを覚え込ませていきましょう。

10.一連動作をまとめたトレーニングの解説 

  • 110 / レンタル ( 30 日 )

これまで解説してきた、段ボールを使ったサーフィントレーニングを、海で実践できる様に一つの動作にまとめていきます。 一連の流れを習得できれば、自分の組み合わせを作ることもできます。 この段ボールを使ったサーフィントレーニングを陸上で練習し、筋肉に動きを覚え込ませる事で、サーフィンを上達させる事ができる様になります。

11.よい姿勢の為に、隙間時間で足の感覚を鋭くするトレーニングの解説 

  • 110 / レンタル ( 30 日 )

よい姿勢の為に、隙間時間で足の感覚を鋭くするトレーニングをしていきましょう。 足の訓練をすることで、つま先やかかとを鍛えます。 サーフボードと唯一接点を持つのは、「足」です。「足」の訓練をする事で、サーフボードをうまく操れるようになります。

   お問合せやリクエストはこちら     close