経済学道場

全て見放題
¥ 4,000 (月額)
全て見放題
¥ 4,000 (月額)

【マクロ3-3】LM曲線

経済学道場

(学習の目的)
LM曲線は、貨幣市場が均衡する国民所得と利子率の組み合わせをあらわします。右上がりの形になる理由をまなびます。

(1)LM曲線
□ LM曲線は、(__)を均衡させる(__)と(__)の組み合わせをあらわす。
□ 「L」は「貨幣需要」、「M」は「貨幣供給」をあらわす。

〔L=Mが貨幣市場の均衡となる理由〕
貨幣需要と貨幣供給が一致したところで、貨幣の需給量と貨幣のレンタルコストとしての(__)が決まる。
□ 利子率が変化→「投資」が変化→(__)に影響。
□ (__派)…利子率は(__)に影響を与えると考える。
□ また、貨幣市場は、(__)と一緒に考える必要がある。
□ このように、「国民所得」と「利子率」を用いる「LM曲線」を用いることで、「貨幣市場」と「債券市場」をあわせて説明することができる。

(2)LM曲線の形状

□ 一般的に「LM曲線」の形状は(__)となる。
□ この他に、「水平」の場合や、「垂直」の場合もある。→「ケインズ派」と「古典派」で考え方が異なる。

(3)LM曲線の導出
(仮定)
□ 貨幣の「取引需要」と「予備的需要」は(__の__関数)と仮定する。
□ 貨幣の「投機的需要」は(__ の__関数)と仮定する。

(右上がりとなる理由)
□ 「国民所得が増加」→ 貨幣の「取引需要や予備的需要が(__)」
→ 需要が供給を上回り、「貨幣市場は(__)」に
→ これとは反対に、「債券市場は(__)」に。
□ これは債券に対する需要が少ないことあらわす
→「債券価格は(__)」。
□ 〔仮定〕(__は__の__関数)であるため、
→ 「利子率は(__)」。
□ 「国民所得が増加」→ 「利子率が(__)」する
→ 「LM曲線は右上がり」。

(4)LM曲線とグラフの領域

(右上がりのLM曲線の場合)

□ LM曲線よりも左上のエリア→ (__)。
--------
□ LM曲線よりも右下のエリア→ (__)。

(5)LM曲線のシフト

□ マネーサプライを増加→ LM曲線は(__シフト)。
□ 物価が下落→ LM曲線は(__シフト)。
---------
□ マネーサプライを減少→ LM曲線は(__シフト)。
□ 物価が上昇→ LM曲線は(__シフト)。

※(6)LM曲線の導出(グラフ)

レンタル( 30 日 )
¥ 400
全て見放題
¥ 4,000 (月額)
購入方法の詳細はこちら
購入方法の詳細はこちら

メッセージを送る

動画管理者に支援してみませんか

  • 0
  • 100
  • 300
  • 500
  • 1,000
ショップからの返答がない場合もありますのでご了承ください。
管理者が悪質と判断したコメントを繰り返すユーザーに対しては、アクセスブロック等の処置を取らせて頂きます。
メッセージに返事がある場合はCOMMUNITYに公開されます。
   お問合せやリクエストはこちら     close