経済学道場

全て見放題
¥ 4,000 (月額)
全て見放題
¥ 4,000 (月額)

【マクロ3-5】クラウディング・アウト

経済学道場

(学習の目的)
財政政策と金融政策の効果を分析します。「クラウディング・アウト」は、財政政策でおこる問題です。

(1)完全雇用国民所得

□ 財政政策や金融政策で、目標とする均衡国民所得水準
→労働市場で(__)が達成されている国民所得水準。
□ 完全雇用…(__)が存在しない状態。
□ 非自発的失業…現在の賃金水準で働く意思があるのに雇用されない状態。

(2)拡張的な財政政策
□ 政府支出の拡大や減税などの「拡張的」な財政政策
→(__)が(__シフト)。

□ 国民所得は(__)、利子率は(__)。
→ 確かに国民所得は増加しているが、「クラウディング・アウト」の問題が出てくる。

(3)クラウディング・アウト
□ (2)拡張的な財政政策 → 利子率が上昇。

□ 利子率が(__)しなければ、国民所得はもっと増えたはず
← (理由)利子率が上昇すると、資金が借りにくくなり、投資に不利になるため。
□ このように、政府支出の増大が民間部門の投資を阻害してしまうことを(__)という。

(4)拡張的な金融政策
□ 拡張的な金融政策
→ (__)が(__シフト)。

□ 国民所得は(__)、利子率は(__)。
→ 民間の投資は阻害されないため、「クラウディング・アウト」は発生しない。

(5)縮小的な財政政策
□ 縮小的な財政政策 → 利子率が低下。
□ 政府支出の縮小や増税などの「縮小的」な財政政策
→(__)が(__シフト)。

□ 国民所得は(__)、利子率は(__)。

□ クラウディング・アウトとは逆の現象がおこる。
→利子率が高い水準のままで、減少しなければ、国民所得はもっと減少していたはず。
→利子率が(__)したことで、国民所得の減少分を、一部抑えることができている。

(6)縮小的な金融政策

□ 拡張的な金融政策
→ (__)が(__シフト)。

□ 国民所得は(__)、利子率は(__)。

(7)財政・金融政策

□ クラウディング・アウトを防ぐためには、
→ 利子率を変えずに国民所得のみを増加させる必要がある。

□ 財政政策と金融政策を同時におこなう(__)。

(8)国債と財政政策

(国債発行の影響)

□ 財政政策の財源として国債を発行した場合、

① 民間が引き受けると、
→ マネーサプライは(__)。
→ LM曲線は(__)。
-------
② 中央銀行が引き受けると、
→ マネーサプライは(__)。
→ LM曲線は(__)。
-------
   ↓
(財政政策の効果)

□ この国債を財源として拡大的な財政政策をおこなうと、
→ IS曲線は(__シフト)。
--------
① 民間が引き受ける場合、
→ 国民所得は (__)し、利子率は(__)する。
--------
② 中央銀行が引き受ける場合、
→ 国民所得は (__)する。

※ 利子率の動きは、IS曲線とLM曲線のシフト幅によって変わるため、一概には言えない。

レンタル( 30 日 )
¥ 400
全て見放題
¥ 4,000 (月額)
購入方法の詳細はこちら
購入方法の詳細はこちら

メッセージを送る

動画管理者に支援してみませんか

  • 0
  • 100
  • 300
  • 500
  • 1,000
ショップからの返答がない場合もありますのでご了承ください。
管理者が悪質と判断したコメントを繰り返すユーザーに対しては、アクセスブロック等の処置を取らせて頂きます。
メッセージに返事がある場合はCOMMUNITYに公開されます。
   お問合せやリクエストはこちら     close