Japanese  /  English

Japanese  /  English

Knowing オンデマンド

テキストブックワークナイト 第7回 

  • 5,000 / レンタル (30日)

タイムラインがあなたにもたらす力-平行自己と転生の仕組み- 何気ないときに、ふと、あの選択をしていれば、自分はこうなっていたかもしれない…なんて想像することがありませんか? そのような思いつきが生まれるとき。それは偶然ではないのかもしれません。 私たちには、ひとつひとつの転生につき、数えきれないほどの平行自己が存在しています。 そして平行自己とは、自分の可能性を広げることによって、一度の人生で多次元的な体験ができるように構築されたシステムなのです。 平行自己のシステムは輪廻転生のシステムと驚くほどよく似ています。 なぜ平行自己や輪廻転生が存在するのか? それが私たちにもたらすものは、この宇宙の創造の喜びそのもの。 そして輪廻の仕組みを知り、その力に支配されるのではなく、逆に活かすことは、私たちの人生は謎を解きあかしてくれる鍵なのです。 このワークナイトでは、平行自己と輪廻転生の仕組み、そしてそれらがもたらす視点の拡大と現実化の力についてお伝えし、平行自己と過去世を統合していく瞑想を行っていきます。 この宇宙の創造の仕組みに迫る2時間となります!

声にした言葉が持つ驚異の力 -人生に変化をもたらす道具として... 

  • 39,800 / レンタル (30日)

2016年7月30・31日に開催したワークショップです。 この動画はPart2 『声の使い方、チャンティングの構成と実践』になります。  講師:ゲリー・ボーネル  日程:2016年7月30・31日 ※動画の途中でモノクロになる場面がございますが講義内容や音声などに差し支えありません。 ご了承の上ご購入下さい。 声にした言葉が持つ驚異の力・ワークショップ Part2 ご参加の皆さまに、ゲリーから宿題が出ております. こちらから内容をご確認下さい。 http://www.knowing-inc.jp/knowingondemandsyukudai 地球に生息する生物は全て、互いに必要なコミュニケーションの手段として、そして各々の状態を表すために音や声を発しています。その中でも人間として存在する場合、そのハーモニクスには大きな違いがあり、「永遠なる魂、進化するヒューマン・スピリット、身体」からなる3つの部分がバランスの良い状態にあるとき、極めて優雅に協力し合う1つの表現体となります。その中の永遠なる魂はほとんどの場合、「観察者=在ること(ビーイング)」の役割を果たし、スピリットと身体は「すること(ドゥーイング)」という役割を担っていて、進化するヒューマン・スピリットは受精から死を迎える時まで身体の形成と維持を指揮します。そして身体、マインド、スピリットのバランスが取れていない時であっても尚、私たちは常に均等な値で同時に女性性と男性性、「Beingビーイング/ 在る」と「Doingドゥーイング/する」という部分を併せ持つ存在です。 スピリットの進化の過程で、人類は様々な目的のために自然界に存在する音や鳴き声を真似、声を使い人間関係を構築したり、人を楽しませたり、狩りをしたりと、声・言葉を使うことは、もはや人間として欠かせない要素になりました。私たちが声を使って自分の確固たる意志と意図を表明するとき、声は形而上学的な作用をもたらす道具となります。純粋無垢な状態=葛藤のない状態でその効力が発揮された場合、物質構造までも変化させることができ、それは単に「純粋な意図と共に声を使う」方法を知っていればできるのです。 自分の身体が透明な液体で出来た球体に包まれていると想像してみて下さい。その球体は直径30メートル程の大きさで、あなたの身体は球体の中心、ど真ん中に位置しているとイメージして下さい。あなたが無言でいるときも、心臓の鼓動音や呼吸の動きにより球体の液体は常時振動しています。球体に対して小さな声で囁くだけでも、池に小石を投げ入れたときのように、そのエネルギー活動は十倍盛んになります。水の波紋は池の表面から底部へ、岸へと、池全体を移動します。エネルギーの波は小石が落ちた落下点から生じ、全体へと広がった後、最終的に石の落下点に戻ってゆきます。 池と小石という例えを使って解説を続けると、通常の会話で他者から発せられた声のエネルギーは、球体の振動を十倍にする作用を持っています。先程は小石でしたが、この場合は小石より少し大きめの石を落したような感じです。小声の時や通常の会話であれば、池に石を落したような状況になりますが、大声で怒鳴った場合、池の表面に向かって岩を投げつけたように、一定の方向へエネルギーが放たれ、池全体に及ぶ波紋が持つエネルギーは強烈なものになります。怒鳴り声は先程より更に十倍の振動が加わります。声によって起こるエネルギー現象は、そのように一貫しています。 さて、声を発する側に「正しくある必要性」がある場合、球体内のエネルギー状況は非常に異なります。口論というのは、他者に対して自分の立場や価値観を説得したいという背景があります。現象としてどうなるかというと、そこに力任せのエネルギーが発生するも、内なる葛藤フィルターを通過せざるを得なくなるため、エネルギーは自ずとネガティブに傾きます。こうした葛藤フィルターが関与していると、「防御もしくは攻撃」のエネルギーパターンに狭まれてしまうため、あなたの声が本来発揮できるはずの効力は十分の一に減少してしまうのです。そして口論の場面で声を荒げたり、叫んだりしたなら、その効力は更に十分の一に減少します。大声を上げれば上げるほど、あなたはエネルギーに満ちるどころか、声が持つ本来のパワーは消滅し、疲れ果てるだけなのです。 一般的な成人男性が会話している時の声の周波数は大よそ85〜180ヘルツ、女性の場合は165〜255ヘルツと言われていますが、声の効力を更にお話しすると、私たちが歌を歌っているとき、声が発するパワーは百倍にもなり、ポジティブな気持ちで歌ったなら既に百倍のものが、更に百倍の効力を発揮します。自信に満ち、情熱を込めた歌は発する声と言葉に無限のパワーをもたらします。また、声域の中でも高音領域で発声すると、増幅したエネルギーによって球体は非常にしっかりとした振動を確立します。 歌うという行為はパワフルですが「チャンティング(詠唱)」は更に強力で、意思のある意図と共にある特定の音の組み合わせを、高い声でチャンティングすることでボディ・マインド・スピリットを変容させることが可能です。特定の音の組み合わせと韻律を守り唱える行為に、しっかりとした意図が加わると、あなたが描く結果を創り出すことができるのです。

無料動画 アカシックレコード 基礎編  

  • 無料

アカシックレコードとは、アカシャとも呼ばれる宇宙のデータバンク。 人類の意識が始めてこの次元に現れた二億六〇〇万年前から、AD6732年までの間のひとりひとりの意識から人類の集合意識に至るまで、人類史上の出来事がすべて記録されています。地球規模のコンピュータネットワークに例えられ、このアカシャには常に新しい情報がインプットされ、蓄えられていきます。 アカシックレコードは、4次元と5次元というこの次元の時空とは違う次元にあるため、時間軸を正確に読み取ることには難しさがありますが、多くの預言者や神秘家たちがアカシックレコードにアクセスし、ここからの情報引き出して世に伝えていたのです。本来、誰もが、意識的にアカシックレコードを読むことができます。そして、多くの人が「無意識的」にアカシックレコードにアクセスして情報を得ているのです。

テキストブックワークナイト 第6回 

  • 5,000 / レンタル (30日)

サイキックセンター活性化 ~脳の秘められた機能~ その10%しか使われていないとされる私たちの脳。 私たちの脳の本来の機能を妨げている一番身近なものをご存じでしょうか…? それは「ジャッジメント(裁き)」です。 私たちが生き残りからのジャッジメントである、善悪の裁きを下したその瞬間! 脳から特定の科学物質が分泌され、脳が本来持つ多次元を感じる能力は閉じられ、目の前の現実にどのように対処していくかという、限定された目的に脳の力は費やされてしまいます。 このワークナイトでは、ノウイングや神秘学の体系から、脳の秘められた機能と、その活性化の方法についてお伝えしていきます。 またオーラの多層構造を視覚化するクレアボヤント(透視)、鏡・水・水晶など用いたスクライイング、物質から素粒子レベルの情報を読み取るサイコメトリーなど、サイキックセンターを開く、初歩的なテクニックをお伝えしていきます。 目に見える次元を超えた世界を「体験する」ことによって、疑いの扉を開きましょう!!

声にした言葉が持つ驚異の力 -人生に変化をもたらす道具として... 

  • 29,800 / レンタル (30日)

2016年5月9日に開催したワークショップです。 この動画はPart1 『基本的な概念の理解』になります。  講師:ゲリー・ボーネル  日程:2016年5月9日 地球に生息する生物は全て、互いに必要なコミュニケーションの手段として、そして各々の状態を表すために音や声を発しています。その中でも人間として存在する場合、そのハーモニクスには大きな違いがあり、「永遠なる魂、進化するヒューマン・スピリット、身体」からなる3つの部分がバランスの良い状態にあるとき、極めて優雅に協力し合う1つの表現体となります。その中の永遠なる魂はほとんどの場合、「観察者=在ること(ビーイング)」の役割を果たし、スピリットと身体は「すること(ドゥーイング)」という役割を担っていて、進化するヒューマン・スピリットは受精から死を迎える時まで身体の形成と維持を指揮します。そして身体、マインド、スピリットのバランスが取れていない時であっても尚、私たちは常に均等な値で同時に女性性と男性性、「Beingビーイング/ 在る」と「Doingドゥーイング/する」という部分を併せ持つ存在です。 スピリットの進化の過程で、人類は様々な目的のために自然界に存在する音や鳴き声を真似、声を使い人間関係を構築したり、人を楽しませたり、狩りをしたりと、声・言葉を使うことは、もはや人間として欠かせない要素になりました。私たちが声を使って自分の確固たる意志と意図を表明するとき、声は形而上学的な作用をもたらす道具となります。純粋無垢な状態=葛藤のない状態でその効力が発揮された場合、物質構造までも変化させることができ、それは単に「純粋な意図と共に声を使う」方法を知っていればできるのです。 自分の身体が透明な液体で出来た球体に包まれていると想像してみて下さい。その球体は直径30メートル程の大きさで、あなたの身体は球体の中心、ど真ん中に位置しているとイメージして下さい。あなたが無言でいるときも、心臓の鼓動音や呼吸の動きにより球体の液体は常時振動しています。球体に対して小さな声で囁くだけでも、池に小石を投げ入れたときのように、そのエネルギー活動は十倍盛んになります。水の波紋は池の表面から底部へ、岸へと、池全体を移動します。エネルギーの波は小石が落ちた落下点から生じ、全体へと広がった後、最終的に石の落下点に戻ってゆきます。 池と小石という例えを使って解説を続けると、通常の会話で他者から発せられた声のエネルギーは、球体の振動を十倍にする作用を持っています。先程は小石でしたが、この場合は小石より少し大きめの石を落したような感じです。小声の時や通常の会話であれば、池に石を落したような状況になりますが、大声で怒鳴った場合、池の表面に向かって岩を投げつけたように、一定の方向へエネルギーが放たれ、池全体に及ぶ波紋が持つエネルギーは強烈なものになります。怒鳴り声は先程より更に十倍の振動が加わります。声によって起こるエネルギー現象は、そのように一貫しています。 さて、声を発する側に「正しくある必要性」がある場合、球体内のエネルギー状況は非常に異なります。口論というのは、他者に対して自分の立場や価値観を説得したいという背景があります。現象としてどうなるかというと、そこに力任せのエネルギーが発生するも、内なる葛藤フィルターを通過せざるを得なくなるため、エネルギーは自ずとネガティブに傾きます。こうした葛藤フィルターが関与していると、「防御もしくは攻撃」のエネルギーパターンに狭まれてしまうため、あなたの声が本来発揮できるはずの効力は十分の一に減少してしまうのです。そして口論の場面で声を荒げたり、叫んだりしたなら、その効力は更に十分の一に減少します。大声を上げれば上げるほど、あなたはエネルギーに満ちるどころか、声が持つ本来のパワーは消滅し、疲れ果てるだけなのです。 一般的な成人男性が会話している時の声の周波数は大よそ85〜180ヘルツ、女性の場合は165〜255ヘルツと言われていますが、声の効力を更にお話しすると、私たちが歌を歌っているとき、声が発するパワーは百倍にもなり、ポジティブな気持ちで歌ったなら既に百倍のものが、更に百倍の効力を発揮します。自信に満ち、情熱を込めた歌は発する声と言葉に無限のパワーをもたらします。また、声域の中でも高音領域で発声すると、増幅したエネルギーによって球体は非常にしっかりとした振動を確立します。 歌うという行為はパワフルですが「チャンティング(詠唱)」は更に強力で、意思のある意図と共にある特定の音の組み合わせを、高い声でチャンティングすることでボディ・マインド・スピリットを変容させることが可能です。特定の音の組み合わせと韻律を守り唱える行為に、しっかりとした意図が加わると、あなたが描く結果を創り出すことができるのです。

テキストブックワークナイト 第5回 

  • 5,000 / レンタル (30日)

人間関係から覚醒する ~ノウイングの七つの態度を深める~ 「野狐禅(やこぜん)」という言葉をご存じでしょうか-? 中国の禅の昔話で、人々の日常や因果を離れた場所で、悟りを開こうとししたために、狐として500回もの転生を繰り返し、本当の悟りは日常や因果を離れては得られないことを教えてくれる物語です。 町から狐のように離れて暮らし、そこで悟りをひらこうとしても、本当の意味での悟りには到達することができません。 ノウイングスクールの目的も、この野狐禅の物語と同じように、社会や日常から離れたところにゴールを求めるのではなく、日常の瑣末な出来事、仕事、家庭のなかに真の喜びを見いだしていくことにあります。 テキストブック、セクション1の最後に登場する、七つの態度とは、あらゆる適切な方法で他者の助けとなることなど、当たり前の道徳を説いているように見えますが、実は叡知の本質がぎっしりと詰まった秘儀と言えます。この七つの態度を実践していくとき、私たちの周りの家族や、同僚達、また敵と思えるような人たちでさえ、あなたを導くアバター(霊的なマスター)なのだと、真の意味で気がつくことができるのです。このワークナイトでは、まずこの七つの態度についてお話しし、ドラマセラピーの手法を用いて、実際の人間関係のなかで、どのように七つの態度を使っていくのかというロールプレイを行っていきます。七つの態度についてすでに知っているという方は、これを日常で実践していく難しさをよくご存じのこととおもいますので、ノウイングスクールの卒業生にもぜひおすすめしたいプログラムとして組み立てました。

テキストブックワークナイト 第4回 

  • 5,000 / レンタル (30日)

ユニティ時代の子供達 ~新しい子育てと疑似覚醒について~ 疑似覚醒とは、ユニティの内側に入っているために、学んだわけではないのに、なぜかわかるという状態を表しています。 ユニティの時代に入ったいま、私たちは子供たちや20代以下の若い世代に対して、視点を改める必要があります。「わかっている」子供たちには、「新たに学ぶ」という視点はなく、あらゆることを「確認している」だけなのです。彼らはちょっとしたきっかけで、前世や胎内記憶を思い出すことができ、目に見えない存在とのコンタクト、未来に何が起こるかなど、霊的な能力がひらく場合があります。 そんな彼らを目の前にすると、自分の子供時代との違いに混乱し、どのように接したらよいのか、わからなくなる場合があります。 しかしここで理解しておかなければならないのは、大きな意味でそれは「世代の違い」なのだということです。 疑似覚醒は、本当の意味での覚醒とは違います。 時代が与えてくれる恩恵はたしかに受けていますが、これまでの子供や若者としての一面も同時に存在しているということを忘れてしまう事は、大きな落とし穴なのです。 このワークナイトでは、ユニティの時代が与える影響と疑似覚醒について、またそのような世代をどのように扱っていけばよいのか、ユニティ時代の教育とは何かといった内容をお話しし、実際に疑似覚醒とはどのようなものなのかを体感できるワークを行います。 お子さんがいらっしゃる方、子供や若者の教育に関わる方、新しい教育を求めている方など・・ぜひご覧くださいませ。

テキストブックワークナイト 第3回 

  • 5,000 / レンタル (30日)

第3回【エゴとの楽な付き合い方-悟ってもエゴは消えない-】 覚醒すると、仙人みたいになって、な-んも悩みも、欲求もなくなるんでしょうか…? そんな質問を個人セッションなどでうけることから、このテーマをとりあげてみました。 ぜんぜん違うんです。 覚醒しても、エゴは消えません。 欲求も消えません。 消えるのは葛藤と「キレイごと」。 結局、みんな自分が丸出しになるのが怖いから、覚醒ができないんです。 そんなお話をまじえながら、今回のテキストブックワークナイトでは、自己認識-自己実現-自己覚知-覚醒までの4つのプロセスをお伝えし、また自分がどこを手放すことが、ブロックになっているのか、どこをさらけだすことが本当の意味で怖いのかを知るための自己認識のワークを行っていきます。 また葛藤を手放すための強力なリリースワークを行っていきます。 「自分の肌の内側にいることが本当に心地いい」 そんな風に毎日を生きることができたなら…と、あなたが感じているなら、このワークナイトはきっとお役に立てるはずです。 会社員や主婦など、日常とスピリチュアリティを同時にこなしながら進んでいきたいという方、自分がいまどの段階にいるのかを知りたい方、覚醒について本当の意味で知りたいという方などにぜひお越しいただきたいプログラムです。 もっと深くノウイングを学びたい方におすすめのコースはこちら↓ 『ノウイング3日間集中コース』 http://www.knowing-inc.jp/workshop/knowing-3days

ゲリー・ボーネル2016年の予言 

  • 無料

この動画は2015年12月21日の冬至イベント内で撮影されたものです。ゲリー・ボーネルが2016年に起こる様々な事柄について話しています。日本のみならず世界で起こる事件や天災、おすすめの株、中国やロシアについて等、とても興味深い内容となっています。 (通訳:大野百合子)

テキストブックワークナイト 第2回 

  • 5,000 / レンタル (30日)

第2回【引き寄せと現実化のしくみ-思考エネルギーの使い方について】 この宇宙の唯一の法則。 それは「引き寄せの法則」です。 私たちは魂存在として、創造主と同等の現実を産み出す力を持っています。 そしてその力は常に引き寄せの法則として、無意識のうちに私たちに働き続けています。 なぜ私たちは幸せを望みながら、いつでまでもそれをつかむことができないのでしょうか? 古来より、神秘主義の実践者たちは、思考エネルギーの使い方を学ぶことによって、必要な物や人を引き寄せることを可能としてきました。 彼らにとって現実とは、結果としてそこにあるもの、ではなく、意図し産み出すもの、だったのです。 今回のワークナイトでは、ノウイングのテキストブックのセクション2「神秘主義の実践」の部分からお話をし、意識的に現実を産み出すための言葉のテクニック、またテレパシーの使い方などをお伝えしていきます。 知識だけの理解ではなく、実際の仕事や、人間関係、また経営などでも、活用していただけるプログラムとなっています。 もっと深くノウイングを学びたい方におすすめのコースはこちら↓ 『ノウイング3日間集中コース』 http://www.knowing-inc.jp/workshop/knowing-3days

テキストブックワークナイト 第1回 

  • 5,000 / レンタル (30日)

第1回【人間ってなんだろう? 〜ノウイングから見る二つの存在と意識〜】 第1回のテーマは「ノウイングスクール本科」で最初に取り上げられるテーマで、私達、人間とはいったいどんな存在なのか?ということについて、トライアード/ダイアードにはじまる内容を図形を交えてノウイングとしての人間存在について、わかりやすく解説してくれます。更に、スクールの中でも最も重要とされているセクション1、その中で教えてもらう自己認識・自己実現・自己覚知についても触れています。また、正しくある必要性、ジャッジについての考察をご一緒にしていただき、自分自身について気付いてゆくワークや呼吸法についての解説もあります。 もっと深くノウイングを学びたい方におすすめのコースはこちら↓ 『ノウイング3日間集中コース』

無料動画 テキストブックワークナイトPV 

  • 無料

叡知の道として、古代レムリア、アトランティスと受け継がれ、また自己認識、自己覚知、覚醒へと至る道に ついてゲリー・ボーネル代表講師の研究と研鑽の結果をまとめた書籍『The Knowing Way―叡智の道』。 記載された情報は知識としてのみならず、知識を超えた叡智として生活の中で実践していけるように各レッスンには推奨される手順として各レッスンに即した実習課題が提示されています。 テキストブック・ワークナイトは、その内容をもっと知りたい!ノウイングをもっと理解したい!書かれているワークや呼吸法を実践してみたい!という皆さんの声にお応えし、ひとつのテーマを取り上げ、難解な内容もわかりやすくお伝えし、ワークや呼吸法を行います。毎回、完結型です。皆さんで楽しみながら、日常をもっと自由にリラックスして生きるための叡智をお伝えする平日夜2時間の集いです。 ノウイングオンデマンドでは講義映像を編集し、さらにわかりやすくまとめたものを配信しております。 お好きな時間に、お好きな場所でご視聴可能です。 是非ご覧くださいませ。

共に転生を繰り返すソウルグループとソウルメイトたち 

  • 3,780 / レンタル (30日)

それぞれの魂は、同じハーモニクスを持つ者同士の集まりに属します。これは、例外のない自然な引き寄せの法則です。魂の集まりは、ふたつの魂の集まりから数十億の魂の集まりまで様々ですが、通常、数百の魂によるグループをなします。このグループは創造のたくさんの異なるレイヤー(層)を観察するために、銀河から銀河へ、惑星のシステムからシステムへと旅をします。これは、しばしば物理的な形態を含む多次元の現実を移動するプロセスに関わっていきます。 このイブニングレクチャーでは、ソウルグループについて、そして互いを目覚めへとサポートし合うソウルメイトの真のコラボレーションについてレクチャーします。

魂の道とアセンション~アセンションは 永遠なる魂から肉体意識... 

  • 2,138 / レンタル (30日)

「魂の道とアセンション~アセンションは永遠なる魂から肉体意識へのギフトです~」魂と肉体の関係、そしてそれによりもたらされるアセンションとは何かをテーマに行われたレクチャーです。身体とエーテル体に何が有害で、そのデトックス法もお伝えしています。 ※2014年7月23日開催分 ※モノラル音声 ※低画質の為低価格にて販売中

思いの現実化と新しいチャクラシステムへのシフト 

  • 2,138 / レンタル (30日)

新しいチャクラシステムの働きと、どのように自分が望む現実を創りだしていけるのか、「思いの現実化」の方法をお伝えします。 ※2014年8月3日講演分(癒しフェア2014にて) ※低画質の為低価格にて販売中