Japanese  /  English 日本語  /  English

サクソフォンの極意〜第1弾参考映像〜  

  • 無料

「サクソフォンの極意 」第1弾アップしました! 項目はこちらです!! ・基本奏法の極意 ・アタックの極意 ・フィンガリングの極意 ・ビブラートの極意 ・フラジオの極意 ・呼吸の極意 ・ダブルタンギングの極意 何故これらか、というと、単純に編集に手をつけた順です(p‘・ω・〝q) 他に必要なものがありましたらご連絡ください。 実は特殊奏法の質問が多く寄せられますし、自分自身も特殊奏法をするイメージがあるかとは思います。が、それは持っている技術のほんの小さな一部分です。 何故全ての奏法がパッと出来るかと言いますと、基礎と奏法を徹底して考え続けたからです。 元々自分は、全ての能力は高くないく、 タンギングはテンポ80がギリギリ、フラジオは音楽大学入学時点でソが出るかでないか、 肺は普通の人より小さく、指は動きはするけどコントロールは全く効いてない、 リズムは走るし、音も勿論荒れ放題、 音楽性だって平凡です。 洗足音楽大学に一浪し、翌年AO入試でなんとかギリギリ合格。 音大での成績は常に中の下でした。 しかしそれから頑張りました。必死に練習して、必死に勉強しました。 効率が良かったかどうかはわかりませんが、とにかくあらゆる方法を試しました。 勿論、特殊奏法だってどれも習得には半年ほどかかりました。 そんな具合で、半端ない数の試行錯誤を重ねた訳です。 そのお陰で、卒業時は全科の主席、その後の芸大院もちゃんと主席で卒業できたし、コンクールでも認めてもらうことが出来ました。 とにかく知識と理論を練習と音楽に詰め込みました。 そうすると、いつの間にか出来ない事は無くなってましたし、 やりたい事も自由に出来る様になってました。 挙げ句の果てに、音を聴けばどういう奏法をしてるかもすぐわかるようになりました。 沢山悩みましたし、上手だなと思う人と自分の何が違うのかというのもひたすら考え続けてきました、 それらはどれも「僅かな差ですが、決定的な差」です(p‘・ω・〝q) 理論と極意を詰めました。 もう悩む必要もないです。 練習の目的が超ハッキリします。 一流の人達の使う匠の技を理解できるようになるので全ての質があがります。 全部詰めたので、もし個人レッスンしても内容は一緒です。 何かに悩んだら是非観てくださいませ。 よろしくお願いします(p‘・ω・〝q)

基本奏法の極意 

  • 4,500 / レンタル ( 7 日 )

基本奏法の動画です。 サクソフォンでできないことを無くす為の最も基本となる動画です。 身体を使う動作に必ず存在するものが基本フォームです。 空手、サッカー、短距離走、野球、ピアノ、将棋、どんな動作にも 最も適正化された作法や動作、フォームが存在します。 それらは時代とともに日々研究、そして最適化されているので、昔はわからなかったことが今ではわかるようになっていたりしますね。 ここで提唱する基本奏法は、クラシック奏法の基本です。 良い音を出すための奏法や、大きな音が出るための奏法ではありません。 野球で例えると、ホームランを打つための方法を教えているわけではなく、 基本の構えとなるものをお伝えしています。 そこから目的に合わせた奏法ができるようになるための基本奏法です。 また野球で例えますが、基本の構えができているならば、バントの姿勢にシフトすることも、長打のフォームに変えることも自由です。 しかし、長打のフォームしか知らない場合、バントは不可能です。 自分が普通だと思っている奏法が、実はどう見てもビブラートのかけづらい奏法だった、という事もあるかも知れません。客観的に自分の奏法を分析しましょう。 基本奏法を身に着けて、あらゆる意識を楽器に反映させることができるようにすると良いでしょう。

アタックの極意 

  • 4,500 / レンタル ( 7 日 )

アタックの方法と練習方法を伝えています。 ※この動画を見る前に基本奏法の動画を見ておくことを推奨します。 クラシック奏法におけるアタックの方法を説明しています。 楽器の種類を問わず、全ての楽器の技術の中で最も難しい技術が「アタック」です。 タンギングという言葉でも馴染み深いですが、「舌で音を止める技術」のことです。 アタックをコントロールする方法とその練習方法を説明しています。 まずは良いアタックとそうでないアタックを知ること。 そして、アタックの重要性を知る事。 そして、クラシカルなアタックの方法を知ること。 アタックが上手になると、演奏のクオリティが圧倒的に変わります。 また、音楽の表情を明確に吹き分けることができます。 そして、クラシカルな演奏になります。

呼吸の極意 

  • 3,000 / レンタル ( 7 日 )

呼吸の方法です。まだまだありますので続編もそのうち出す予定です。 プロが長年の経験で知らず知らずのうちにモノにしている呼吸のコントロールを説明します。一流奏者は基本的に「呼吸法の達人」です。 また、呼吸をどの様に演奏に反映させるかを説明しています。 息のコントロールの根源は呼吸です。 呼吸は全員が普段行う動作で、出来る出来ないではなく、 大切な事はコントロールです。 呼吸法を身につけると、楽器から出る音が変わります。 管楽器の全ての基礎となるのが呼吸の方法です。 力みのない呼吸を身につける事、 そして身体を鍛える事が大事です。 奏法はそれに準じて良い方へ変化してゆくでしょう。 奏法も同時に見直す場合は基本奏法の動画を見てください。

フィンガリングの極意 

  • 4,500 / レンタル ( 7 日 )

フィンガリングの説明です。 サックス演奏のフィンガリングコントロールの説明動画です。 指が回らない原因を探り、自己解決できるようになります。 フィンガリングは楽器の醍醐味です。 指が動かないと、音楽全体の2〜3割ほどの音楽に触れることしかできません。 沢山の音楽表現を楽しむために、沢山の練習が必要な領域です。 フィンガリングを理解すると、指が回らないと悩むことが減ります。 何故自分の指が動かないのかを知ることができます。 頭の中の音を楽器に伝えるまでの間に、障壁が少ないほど良いという考え方です。 超人的に指が回る人は確かにたまにいますが、 人間の身体能力にそれほど大きな差はありません。 理解とトレーニングで誰でも動くようになります。

ビブラートの極意 

  • 4,500 / レンタル ( 7 日 )

ビブラートの方法を説明します。 ビブラートのかけ方、クラシカルなビブラートの方法、 ビブラートの種類、それらのトレーニング方法を説明しています。 ※この動画を見る前に基本奏法の動画を見ることをおすすめします。 ビブラートがコントロールできるようになります。 ビブラートがかけれる様になる、のではなくコントロールできるようになります。 うまくかけることができない人の改善策も説明しています。 そして、どういったビブラートが美しいのかを知る事ができます。 ビブラートがコントロールできるようになると、 憧れのプレイヤーのビブラートを模倣したり、 音楽表現の幅が倍増します。 コンサートで演奏するときに、さらなるレベルアップを求める人には 良きエッセンスになります。 ビブラートのかけ方の種類、身体の使い方なども説明しています。

特典付き フラジオの極意 

  • 4,500 / レンタル ( 7 日 )

フラジオの説明です。 ※この動画を見る前に基本奏法の動画を見ることをおすすめします。 フラジオの仕組み、演奏方法を説明しています。 倍音列がどうで、オーバートーンがどうで、、という動画ではありません。 フラジオが出せるようになる為の動画ではなく、そこは勿論のこと 通常音域のようにコントロールできる為の方法を説明しています。 そのための練習方法と考え方を説明しています。 フラジオがコントロールできるようになると、 演奏に使える音域が半オクターブ〜1オクターブ増えます。 演奏表現の最も原始的なものが音域です。 音域のパレットが広がることにより、音楽そのものの捉え方が変化していきます。 また、触れることのできる楽曲の幅が無限大に広がります。 クラシカルにフラジオをコントロールすることで、弦楽器やその他木管楽器の曲に順応します。 リードを噛んで強引に当てるフラジオを卒業できます。

ダブルタンギングの極意 

  • 4,000 / レンタル ( 7 日 )

ダブルタンギングの方法を説明しています。 ※この動画を見る前に基本奏法の動画を見ておくことをおすすめします。 単純な方法ではなく「どうすればよいか」を説明しています。 やり方は勿論、そのための練習方法も説明しています。 はっきりと目標となる到達点を持ってダブルタンギングの練習をすることができるようになります。 誰でもできます。

   お問合せやリクエストはこちら     close