経済学道場

全て見放題
¥ 4,000 (月額)
全て見放題
¥ 4,000 (月額)

(ミクロ1-1)限界効用

経済学道場

(学習の目的)
人間の行動理由である「欲望」を「効用」と定義して分析します。また、経済学でよくつかう「限界」という考え方をまなびます。この「限界」とは微分のことです。

◆効用 utility
消費者が財・サービスを購入して得られる満足感を(__)といいます。この消費者の行動目標は、一定の(__)のもとで、(__)をはかることです。
財の消費量と効用の関係を表す関数を(__)といいます。横軸に財の消費量、縦軸に効用をとって、両者の関係を示したグラフを(__)といいます。このグラフの形は(__)です。これは「消費量が増えるほど効用も増える」ことを仮定しているからです。「飽きることがない」ので、「非飽和の仮定」といいます。

◆限界効用 marginal utility
「財の消費量が(__)増加したときに得られる(__)」を(__)といいます。
「効用関数」を用いた数式では、この「限界効用」は、「効用を消費量で(__)」して求められます。
なお、「効用関数」をグラフにした「効用曲線」で示すと、「限界効用」はグラフ上の点に引いた(__)になります。
一般的に効用曲線の形状は上に(__型)です。消費量が増えるほど「効用」は増えますが、その増え方はだんだんゆるやかになっていきます。
これは日常的な感覚をもとにした法則で、(__の法則)といいます。

レンタル( 30 日 )
¥ 100
全て見放題
¥ 4,000 (月額)
購入方法の詳細はこちら
購入方法の詳細はこちら

メッセージを送る

動画管理者に支援してみませんか

  • 0
  • 100
  • 300
  • 500
  • 1,000
ショップからの返答がない場合もありますのでご了承ください。
管理者が悪質と判断したコメントを繰り返すユーザーに対しては、アクセスブロック等の処置を取らせて頂きます。
メッセージに返事がある場合はCOMMUNITYに公開されます。
   お問合せやリクエストはこちら     close