Japanese  /  English 日本語  /  English

Japanese  /  English 日本語  /  English
 

サードステージ

Category  /  虚構の劇団

虚構の劇団 第5回公演「エゴ・サーチ」 

  • 550 / レンタル ( 3 日)

エゴ・サーチとは、インターネット上で、自分の本名やハンドルネームで検索すること。 あなたも間違いなく、一度はやっているはずだ。 最近は、自分の個人情報が漏れていないか確認するために、 有名無名関わらず、定期的にエゴ・サーチするのがいいと言う人もいる。 就職試験の時に、応募者に黙って、応募者の名前を検索することも普通になってきた。 インターネットには、あなたの知らないあなたの情報があるかもしれない。 物語は、エゴサーチの結果に、もう1人の自分が出てきたことから始まる。 ------ 【作・演出】鴻上尚史 【出演】 大久保綾乃 大杉さほり 小沢道成 小野川晶 杉浦一輝  高橋奈津季 三上陽永 山崎雄介 渡辺芳博 / 古河耕史 2010.9.10〜9.19 紀伊國屋ホール 【美術】池田ともゆき 【音楽】HIROSHI WATANABE 【照明】伊賀康 【音響】堀江潤 【振付】安達桂子 【ヘアメイク】西川直子 【衣裳】森川雅代 【映像・宣伝美術】冨田中理 【舞台監督】中西輝彦 【演出部】牧野剛千 稲垣清一郎 鈴木彩子 伊達紀行      相澤優太 大刀佑介 清水克展 沼景子 【衣裳助手】山中麻耶 【演出助手・映像操作】元吉庸泰 【大道具】C-COM舞台装置 【記録写真】阿部章仁 【制作】中山梨紗、関島誠、倉田知加子 【プロデューサー】細川展裕 【提携】紀伊国屋書店】 【企画・製作】サードステージ http://kyokou.thirdstage.com/

虚構の劇団 第6回公演 「アンダー・ザ・ロウズ」 

  • 550 / レンタル ( 3 日)

英語で、「アンダー・ザ・ロウズ(薔薇の花の下)」とは、「秘密に」という意味のイディオム。 秘密が、わくわくと心ときめくものから、重く心縛るものに変化するのはいつからだろう。 そして、自分の未来が決まってないということが、 自由と希望の輝きから、不安と諦めの暗さへと変化するのはいつからだろう。 薔薇の花の下で、見えない未来に微笑むことはあるのだろうか。 --✳︎----✳︎----✳︎-- 【作・演出】鴻上尚史 【出演】 大久保綾乃 大杉さほり 小沢道成 小野川晶 杉浦一輝  高橋奈津季 三上陽永 山崎雄介 渡辺芳博 / 古河耕史 2011.4.8〜4.24  座・高円寺1 【美術】池田ともゆき 【音楽】HIROSHI WATANABE 【照明】伊賀康 【音響】堀江潤 【振付】安達桂子 【ヘアメイク】西川直子 【衣裳】森川雅代 【映像・宣伝美術】冨田中理 【舞台監督】中西輝彦/牧野剛千 【演出部】鈴木彩子 伊達紀行 相澤優太       大刀佑介 沼景子 【衣裳助手】山中麻耶 【演出助手・映像操作】元吉庸泰 【大道具】C-COM舞台装置 【記録写真】阿部章仁 【当日運営】松島瑞江 【制作】中山梨紗、関島誠、倉田知加子 【プロデューサー】細川展裕 【提携】座・高円寺/NPO法人劇場創造ネットワーク 【企画・製作】サードステージ http://kyokou.thirdstage.com/

虚構の劇団 旗揚げ準備公演「監視カメラが忘れたアリア」 

  • 550 / レンタル ( 3 日)

近未来、この国のあらゆる場所には監視カメラが置かれていた。 人々は見られることで安心した。が、見てしまったことで人生が変わってしまった人物がいた。 その男は、監視カメラの映像に何を見たのか……! - - - - 虚構の劇団 旗揚げ準備公演「監視カメラが忘れたアリア」 作・演出:鴻上尚史 出演:内海正考 大久保綾乃 小沢道成 小野川晶 佐江木れいみ、    杉浦一輝 高橋奈津季 三上陽永 山﨑雄介 渡辺芳博 2007.11.29〜12.9 中野 ザ・ポケット 【美術】池田ともゆき 【音楽】HIROSHI WATANABE 【照明】伊賀康 【音響】オフィス新音 【振付】安達桂子 【衣裳】小池れい 【宣伝美術】冨田中理 【舞台監督】中西輝彦、牧野剛千 【音響操作】小田淳也 【映像編集】新生璃人 【演出助手】松村悠実子 【映像操作】Yumilet 【小道具製作】川岸真由美 【大道具】C-COM舞台装置 【小道具】高津映画装飾 【記録写真】阿部章仁 【制作】中山梨紗 関島誠 【プロデューサー】細川展裕 【企画・製作】サードステージ

虚構の劇団 旗揚げ公演「グローブ・ジャングル」 

  • 550 / レンタル ( 3 日)

◆第61回 読売文学賞 戯曲・シナリオ賞 受賞作品◆ 虚構の劇団 旗揚げ公演「グローブ・ジャングル」 【作・演出】鴻上尚史 【出演】 出演:大久保綾乃、小沢道成、小名木美里、小野川晶、杉浦一輝    高橋奈津季、三上陽永、山崎雄介、渡辺芳博 2008.5.10〜5.25 池袋・シアターグリーン BIG THE THEATER ---◆-◆-◆--- 彼らは、また旅に出る。 人々が語り伝えた物語を、次の誰かに受け渡すために。 突然現れて、風のように語り、そして、去る。 ーグローブ・ジャングルとは、公園にある丸い形をしたジャングルジム。 骨組みだけの地球を表すこの遊具は日本人が発明した。 公園で、今日もぐるぐると複雑な地球は回されることを待っている。ー ---◆-◆-◆--- 【美術】池田ともゆき 【音楽】HIROSHI WATANABE 【照明】伊賀康 【音響】堀江潤 【振付】安達桂子 【ヘアメイク】西川直子 【衣裳】森川雅代 【映像・宣伝美術】冨田中理 【舞台監督】中西輝彦 【照明操作】山崎哲也 【音響操作】小田淳也 【演出部】野口裕樹 鳥養友美 熊手慧 野邉紗保莉 【演出助手・映像操作】津島わかな 【大道具】C-COM舞台装置 【小道具】高津映画装飾 【美術協力】吉竹遼 【小道具協力】CHERRY-YO 【記録写真】阿部章仁 【制作】中山梨紗 関島誠 【プロデューサー】細川展裕 【協力】有松里央 大槻凪紗 進藤なつみ 進藤陸矢     高澤佑一 旦一暁 旦美里 【企画・製作】サードステージ http://kyokou.thirdstage.com/

虚構の劇団 第7回公演「天使は瞳を閉じて」 

  • 550 / レンタル ( 3 日)

「第三舞台」の代表作を、7 年ぶりに鴻上尚史の演出で上演。 マスター役に大高洋夫を迎え、プロローグを大きく書き換えた2011 年「虚構の劇団」版。 放射線を防ぐ透明なドームに覆われた街で物語は始まる。 【作・演出】鴻上尚史 【出演】大久保綾乃 大杉さほり 小沢道成 小野川晶 杉浦一輝      高橋奈津季 三上陽永 山崎雄介 渡辺芳博 / 大高洋夫 2011.8.2〜8.21 シアターグリーン BIG TREE THEATER ------- それから、気の遠くなる時間が流れた。 人間は変わる。でも、天使は変わらない。 あなたの瞳は、まだ世界をみつめていますか? --------- 【美術】池田ともゆき 【音楽】HIROSHI WATANABE 【照明】伊賀康 【音響】堀江潤 【振付】安達桂子 【ヘアメイク】西川直子 【衣裳】森川雅代 【映像・宣伝美術】冨田中理 【舞台監督】中西輝彦/村田明 【演出部】牧野剛千 鈴木彩子 相澤優太       大刀佑介 沼景子 國方啓裕 水野桜子 【衣裳助手】山中麻耶 【演出助手】元吉庸泰 【大道具】C-COM舞台装置 【記録写真】田中亜紀 【当日運営】松島瑞江 【制作】中山梨紗 関島誠 倉田知加子 【プロデューサー】細川展裕 【提携】シアターグリーン 【企画・製作】サードステージ

虚構の劇団 第8回公演「イントレランスの祭」 

  • 550 / レンタル ( 3 日)

宇宙人が難民として地球にやってきて、地球人として生活をすることに。 やがて宇宙人を排除しようとするグループと、宇宙人たちの組織との間で争いが始まろうとし、 それを煽る地球人や、地球人と共存したいと願う宇宙人達が現れる。 イントレランスとは不寛容ということ。不寛容がもたらすものは…。 「現代」をとらえた、衝撃作。 【作・演出】鴻上尚史 【出演】 小沢道成 小野川晶 杉浦一輝 三上陽永 渡辺芳博    大杉さほり 伊藤祐輝 富山恵理子 / 古河耕史 2012.10.31〜11.11 シアターサンモール 2012.11.23〜11.25 ABCホール ----- イントレランスとは不寛容ということ。 たとえば、青い惑星に逃げ込んだ宇宙人の喜びと哀しみを想像してみる。 地球人に憧れる宇宙人と宇宙人になりたい地球人の日常と冒険を創造してみる。 -------- 【美術】池田ともゆき 【音楽】HIROSHI WATANABE 【照明】伊賀康 【音響】堀江潤 【振付】川崎悦子 【ヘアメイク】西川直子 【衣裳】森川雅代 【映像・宣伝美術】冨田中理 【舞台監督】松下城支/中西輝彦 【音響操作】大西美雲 【照明操作】斎藤拓人 【振付助手】関川慶一 【ヘアメイク助手】木村久美 【衣裳助手】山中麻耶 【演出部】佐藤昭子 大刀佑介 伊達紀行 斎藤菜月       佐藤慎哉 松尾羽流 山崎優 【演出助手】元吉庸泰 【大道具】C-COM舞台装置 【記録写真】田中亜紀 【制作協力】PRAGMAX&Entertainment 【制作】倉田知加子 関島誠 荒川真由子  【プロデューサー】細川展裕 【企画・製作】サードステージ

   お問合せやリクエストはこちら     close