全て見放題
¥ 1,000 (月額)
とても丁寧な動画をたくさん出してくださりありがとうございます。 
ら行を発声する時の舌はどこに当たっているのが正解でしょうか?
上の歯の真裏かゲーテの骨と言われる歯茎かそれとも少し舌を巻いて軟口蓋に近いところか、、わからなくなりました。今までは上の歯の真裏だったので一番やりやすいのですが、これ、ひょっとしてゲーテ?と思いお伺いした次第です。
2

いつもありがとうございます。お返事が遅くなりましてすみません。(ちょっと悩みました)

「ら」の発音ですが日本語の場合、RではなくLにちかいのが似合います。(もう少し英語のLより希薄)

L(エル)と発音すると英語の場合はかならず舌は上の歯茎裏につきます。英語やイタリア語等は舌の先2mmほどを使い軽いタッチ(舌に力入れず繊細な動き)になります。日本語もほぼ同じ感じでいいと思います。

ご質問の通りゲーテの骨でよいとおもいます。中途半端な歯の裏だと舌が力みがちです。

あとは、La Li Lu Le LoのLを発音する時間の問題です。長く発音する時(La で言葉のはじめ)は舌の先が上顎についている時間がながく、希薄にする場合(Li Lu Le Loや言葉の初め以外)は一瞬つく程度にします。日本語のL行は母音や言葉の中での位置により長さが微妙に異なります。(普通はそこまで考えなくて良い)

で、ここからは頭でっかちにならず、単純にこちらを練習してください。

らりるれろ、りるれろら るれろらり、れろらりる、ろらりるれ

この早口言葉を完璧にクリアに聞かせる時にどこに舌がくるか人それぞれなんですね。舌の長さや力みがことなるので。

大切なのはL後の母音の発音が鼻腔の響きでキープし、舌が完全におりきる事が大切です。

舌の位置をきちんと戻すことの方が地唄の場合母音が長いので大切になります。ここが下手だと致命傷になりかねません。舌は力むと後退したり丸まります。母音による適切な位置に戻してあげてください。

言葉で書くのは難しいですね。。。

 

 

 

 

1
2021/06/24 09:27 管理者
  • ご回答ありがとうございました。がんばってやってみます。

    2021/07/15 08:33

ショップ管理者に質問やメッセージを送ってみよう。

※ メッセージに返信がある場合はCOMMUNITYに公開されます

メッセージを送る

メッセージを送る

動画管理者に支援してみませんか

  • 0
  • 100
  • 300
  • 500
  • 1,000
ショップからの返答がない場合もありますのでご了承ください。
管理者が悪質と判断したコメントを繰り返すユーザーに対しては、アクセスブロック等の処置を取らせて頂きます。
メッセージに返事がある場合はCOMMUNITYに公開されます。

メッセージを送る

動画管理者に支援してみませんか

  • 0
  • 100
  • 300
  • 500
  • 1,000
ショップからの返答がない場合もありますのでご了承ください。
管理者が悪質と判断したコメントを繰り返すユーザーに対しては、アクセスブロック等の処置を取らせて頂きます。
メッセージに返事がある場合はCOMMUNITYに公開されます。
   お問合せやリクエストはこちら     close