東京TSネット

東京TSネットセミナーvol.2「障害のある人とお金」 【2022年9月まで掲載】 

  • 2,000 / レンタル ( 30 日 )

東京TSネットセミナーvol.2「障害のある人とお金」のアーカイブ動画になります。 生活をしていく上で、大切なお金。必要なことに費やすだけでなく、好きなことに使って生活を豊かさにしたいものです。一方で、障害のある人は、お金の使い方に課題があると言われることも少なくありません。 単に制限するだけでなく、計画的でありながらも本人が納得して楽しい生活をしていくために、一体どんなことに気をつければいいのでしょうか? 言語聴覚士の村上由美さんから、発達障害のある人のお金の使い方について、フィナンシャルプランナーの河合直美さんから、知的障害のある人のお金の使い方について、それぞれの方の取り組みなどと共にご講演いただきました。 講演後は、当法人代表理事の弁護士中田がコーディネーターとなり、講師のお二人に会場からの質疑等に答えていただくディスカッションを行いました。 是非ご覧いただけたらと思います! ※ こちらのサイトで販売している動画に関する注意 ・動画はストリーミング再生のみで、保存はできません。視聴可能期間は30日間です。 ・セミナー実施時の配布資料につきましては、配信は行っておりません。また、音声には字幕がつきません。 ・取り扱っている内容等によって、一部当日の講演内容と公開範囲が異なる場合があります。 ・第三者への公開・転載等はお断りいたします。 これらの点につき、あらかじめご了承いただきますようお願いいたします。

東京TSネットセミナーvol.1「はじめての刑事司法手続2」 【2022年6月まで掲載】 

  • 2,000 / レンタル ( 30 日 )

東京TSネットセミナーvol.1「はじめての刑事司法手続2」のアーカイブ動画になります。 刑事司法は、遠い世界のことに感じるかもしれません。 刑事裁判や刑務所、そんなものはドラマの世界の話だ、と思われる方もいるでしょう。 ですが、被害者として刑事司法に関与する可能性があります。冤罪で逮捕されてしまうということもありえます。 このことは、障害のある人の支援の場面でも同じです。 私たちが支援している障害のある人が、刑事事件の被害者・加害者となってしまうケースも少なくありません。 東京TSネット所属の弁護士より、逮捕・勾留された場合や刑事裁判、少年や医療観察の審判に関する手続など、刑事司法の全体像をお伝えするセミナーを実施しました。 昨年も同テーマのセミナーを実施いたしましたが、今回は講師を変更し、内容も異なったものになっています。 また、こちらのセミナーについては、2021年度の更生支援コーディネーター養成講座を実施するに先立ち、事前受講をいただくことが要件になっています。 刑事司法手続に興味のある方、当法人の更生支援コーディネーターの活動に興味のある方等、是非ご覧いただけたらと思います! ※ こちらのサイトで販売している動画に関する注意 ・動画はストリーミング再生のみで、保存はできません。視聴可能期間は30日間です。 ・セミナー実施時の配布資料につきましては、配信は行っておりません。また、音声には字幕がつきません。 ・取り扱っている内容等によって、一部当日の講演内容と公開範囲が異なる場合があります。 ・第三者への公開・転載等はお断りいたします。 これらの点につき、あらかじめご了承いただきますようお願いいたします。

【後半】東京TSネット5周年記念シンポジウム 「罪」と「障害」〜誰もが共に生きる社会へ 【2022年3月まで掲載】 

  • 1,000 / レンタル ( 30 日 )

東京TSネット5周年記念シンポジウム「『罪』と『障害』~誰もが共に生きる社会へ」のアーカイブ動画の後半部分の動画となります。 後半では、罪に問われた人の支援に携わる方や研究をされている方の話を通して、罪に問われた障害のある人への支援や、それを取り巻く社会がどのようにあるべきかについて考える内容となりました。 第1の講演は、三宅晶子さん(株式会社ヒューマン・コメディ代表取締役)より、「ヒューマン・コメディの採用支援~Chance!!が繋ぐ刑務所と社会~」と題し、受刑者の就職・採用支援の実践についてお話をいただきました。 第2の講演は、水藤昌彦さん(山口県立大学社会福祉学部教授)より、「障がいのある犯罪行為者への支援:これまでの到達点と今後の展開」と題し、刑事司法制度が福祉との関わりの中で変化・解放されてきた部分があるという到達点と、それを踏まえた今後の展望についてお話をいただきました。 第3の講演は、伊豆丸剛史さん(厚生労働省矯正施設退所者地域支援対策官、元長崎県地域生活定着支援センター所長)より、「〝やさしい社会〟への処方箋-罪を犯した人たちとの〝出会い〟が気付かせてくれたこと-」と題し、現在まで行ってきた罪を犯した障害のある人の支援の歩み、その中での自分の中での考えの変化などについてお話をいただきました。 第4の講演は、野口晃菜さん(LITALICO研究所所長)より、「届きづらい人にどう届けるか?ー民間企業における少年院・刑務所との連携事例ー」と題し、民間企業で少年院や刑務所といった刑事施設との連携を行っているその実践例についてお話いただきました。 最後に、当法人代表がコーディネーターとして、登壇された三宅さん、水藤さん、伊豆丸さん、野口さんによるシンポジウムが行われました。 今まで以上に豪華なメンバーで、改めて現在の罪に問われた方の支援の現状と今後を考えることのできるシンポジウムになりました。 これまでTSになじみの深い方々も、新しくTSの活動に興味を持たれた方々も、是非ご覧いただけたらと思います! ※ こちらのサイトで販売している動画に関する注意 【重要】こちらは、2021年3月に実施したシンポジウムの「後半」の動画になり、前半部分は別動画となります。ご注意ください。 ・動画はストリーミング再生のみで、保存はできません。視聴可能期間は30日間です。 ・セミナー実施時の配布資料につきましては、配信は行っておりません。また、音声には字幕がつきません。 ・取り扱っている内容等によって、一部当日の講演内容と公開範囲が異なる場合があります。 ・第三者への公開・転載等はお断りいたします。 これらの点につき、あらかじめご了承いただきますようお願いいたします。

【前半】東京TSネット5周年記念シンポジウム 「罪」と「障害」〜誰もが共に生きる社会へ 【2022年3月まで掲載】 

  • 1,000 / レンタル ( 30 日 )

東京TSネット5周年記念シンポジウム「『罪』と『障害』~誰もが共に生きる社会へ」のアーカイブ動画の前半部分の動画となります。 前半では、「TS(トラブルシューター)って?~今までとこれから」というテーマで、東京TSネット5周年の振り返りと今後の展望について、講演とディスカッションを行いました。 最初に、当法人の代表より、今までの東京TSネットの活動について報告させていただきました。 その後に、東京TSネットの立ち上げに関わった二人の方からの講演をいただきました。 まず、野澤和弘さん(植草学園大学教授/毎日新聞客員編集委員)より、「TSの風景〜私たちがめざしているもの」と題して、トラブルシューターを立ち上げるに至るまでのお話をいただきました。 次に、浦﨑寬泰さん(弁護士、東京TSネット初代代表理事)より、「東京TSネット草創期を振り返る~その原点と限界」と題し、東京TSネットの立ち上げに際しての思い、その後の現在の活動などについてお話いただきました。 最後に、登壇いただいた野澤さん、浦﨑さんに加えて、当法人代表とソーシャルワーカーを交え、会場からの質疑への回答を中心とした形でディスカッションを行いました。 当法人は、6年目を迎えるに当たり、気持ちも新たに様々な活動を行っていくことを予定しています。 これまでTSになじみの深い方々も、新しくTSの活動に興味を持たれた方々も、是非ご覧いただけたらと思います! ※ こちらのサイトで販売している動画に関する注意 【重要】こちらは、2021年3月に実施したシンポジウムの「前半」の動画になり、後半部分は別動画となります。ご注意ください。 ・動画はストリーミング再生のみで、保存はできません。視聴可能期間は30日間です。 ・セミナー実施時の配布資料につきましては、配信は行っておりません。また、音声には字幕がつきません。 ・取り扱っている内容等によって、一部当日の講演内容と公開範囲が異なる場合があります。 ・第三者への公開・転載等はお断りいたします。 これらの点につき、あらかじめご了承いただきますようお願いいたします。

2020年度第3回セミナー「性のトラブルと向き合う」 【2021年12月まで掲載】 

  • 2,000 / レンタル ( 30 日 )

東京TSネット2020年度第3回セミナー「性のトラブルと向き合う」のアーカイブ動画になります。 私たちが目にする事件の中でも、被害者に与える影響も大きく、難しいとされることが多い性犯罪。 性犯罪の加害者となる人は、どんな人で、なぜ、事件を起こしてしまったのか? それに対してどんな処遇があるのか? 広く性のトラブルを防ぐために、障害がある人に何をどう伝えていけばいいのか? 多くの人が持つそんな疑問や悩みについて、考えていくセミナーとなっています。 日本福祉大学准教授の山﨑康一郎さんから、障害がある人に対する包括的性教育について、千葉大学社会精神保健教育研究センター特任講師の東本愛香さんから、性犯罪の加害者へのアセスメントや治療プログラムについて、それぞれご講演いただきました。 講演後には、当法人代表理事の弁護士中田がコーディネーターとなり、講師のお二人に会場からの質疑等に答えていただくディスカッションを行いました。 是非ご覧いただけたらと思います! ※ こちらのサイトで販売している動画に関する注意 ・動画はストリーミング再生のみで、保存はできません。視聴可能期間は30日間です。 ・セミナー実施時の配布資料につきましては、配信は行っておりません。また、音声には字幕がつきません。 ・取り扱っている内容等によって、一部当日の講演内容と公開範囲が異なる場合があります。 ・第三者への公開・転載等はお断りいたします。 これらの点につき、あらかじめご了承いただきますようお願いいたします。

2020年度第2回セミナー「発達障害と犯罪・非行」 【2021年10月まで掲載】 

  • 2,000 / レンタル ( 30 日 )

東京TSネット2020年度第2回セミナー「発達障害と犯罪・非行」のアーカイブ動画になります。 発達障害と犯罪・非行が、具体的にどう関係しているのか。 実際に罪を犯してしまった発達障害のある人がどのような裁判を受け、刑務所に行く場合にはそこでどのような処遇を受けるのか。 こうしたことを深く考えるきっかけになるようなセミナーです。 精神科医の桝屋二郎さん、弁護士の大石剛一郎さんのお二人を講師として、豊富な経験を基に、発達障害と犯罪・非行について語っていただきました。 講演後には、当法人に所属する社会福祉士の金子がコーディネーターとなり、講師のお二人に会場からの質疑等に答えていただくディスカッションを行いました。 是非ご覧いただけたらと思います! ※ こちらのサイトで販売している動画に関する注意 ・動画はストリーミング再生のみで、保存はできません。視聴可能期間は30日間です。 ・セミナー実施時の配布資料につきましては、配信は行っておりません。また、音声には字幕がつきません。 ・取り扱っている内容等によって、一部当日の講演内容と公開範囲が異なる場合があります。 ・第三者への公開・転載等はお断りいたします。 これらの点につき、あらかじめご了承いただきますようお願いいたします。

   お問合せやリクエストはこちら     close