サルース・インパラーレ

褥瘡の予防とケア 

  • 1,000 / レンタル ( 7 日 )

【趣旨】 寝たきり状態では「褥瘡(じょくそう)」になる危険性があります。 褥瘡は一般的に「床ずれ」とも言われています。 寝たきり状態でも安心・安楽に過ごすためには褥瘡の予防とケアは重要なので今回の動画を作成しました。 また介護を行う方々の負担を軽減するための情報も説明致します。 【動画の内容】 ①褥瘡に対する理解  褥瘡とは  褥瘡の要因  褥瘡の評価 ②褥瘡の予防とケア  褥瘡の予防  褥瘡になった時のケア 【お試し視聴希望の方へ】 YouTubeにて動画の一部をお試し動画として配信しております。 https://youtu.be/WgQSBWmFcJk 【作成者】 株式会社occasione 代表取締役 福山 茂 【資格】 理学療法士 福祉住環境コーディネーター2級 【自己紹介】 このサルース・インパラーレの企画・運営を行っております。 会社設立以前は理学療法士として療養型病院・訪問看護ステーション・クリニックで勤務していました。 療養型病院・訪問リハビリでは寝たきり状態の方を多く担当していました。 【参考文献】 『細田 多穂 ・柳沢 健 編、理学療法ハンドブック 第1巻 理学療法の基礎と評価改定 第3版、協同医書出版社、2000年』 『大内尉義 編、標準理学療法学・作業療法学 専門基礎分野 老年学 第2版、医学書院、2005年』 『東京商工会議所 編、福祉住環境コーディネーター検定試験2級公式テキスト 改訂4版、東京商工会議所、2016年』 『一般社団法人 日本褥瘡学会、褥瘡について(下記URL)』http://www.jspu.org/jpn/patient/about.html『一般社団法人 日本褥瘡学会、褥瘡の予防について(下記URL)』 http://www.jspu.org/jpn/patient/protect.html『一般社団法人 日本褥瘡学会、褥瘡の治療について(下記URL)』 http://www.jspu.org/jpn/patient/cure.html

介助の在り方とADL評価 

  • 1,000 / レンタル ( 7 日 )

【趣旨】 介助をする側、介助を受ける側になるにあたって不安な方は多いのではないでしょうか?介助で大事なのは力だけではなく、まずは「介助の在り方」です。 そして適正な量と方法で介助を行うためには「ADL評価」が必要です。 今回の動画で「介助の在り方」と「ADL評価」について説明致します。 【動画の内容】 ➀介助の在り方  介助とは  適正な介助の必要性 ②ADL評価  ADL評価とは  ADL評価の専門職とチーム連携 【お試し視聴希望の方へ】 YouTubeにて動画の一部をお試し動画として配信しております。 https://youtu.be/pT45qK8L6tU 【作成者】 株式会社occasione 代表取締役 福山 茂 【資格】 理学療法士 福祉住環境コーディネーター2級 【自己紹介】 このサルース・インパラーレの企画・運営を行っております。 会社設立以前は理学療法士として療養型病院・訪問看護ステーション・クリニックで勤務していました。 私は男性ですが小柄で華奢な体型です。それでも業務の時は介助を行っていました。介助は力だけではないと認識しております。 【参考文献】 『土屋弘吉・今田 拓・大川嗣雄 編、日常生活活動(動作)-評価と訓練の実際-第3版、医歯薬出版、1992年』 『千野直一 編著、里宇明元・園田 茂・道免和之 著、脳卒中患者の機能評価 SIASとFIMの実際、シュプリンガー・ジャパン株式会社、1997年』 『後藤葉子・黒澤 一・上月正博 著、ADL評価とリハビリテーションの効果/日本呼吸管理学会誌・第14巻・第3号、日本呼吸ケア・リハビリテーション学会、2005年』 『岡本伸弘・増見 伸・山田 学ら 著、回復期リハビリテーション病院におけるFIMを用いた自宅復帰因子の検討/理学療法科学・第27巻・第2号、理学療法科学学会、2012年』 『井戸田 学・杉山享史・立松 祥ら 著、地域在住高齢者における起居動作能力とIADLの関係/愛知県理学療法学会誌・第21巻 第2号、愛知県理学療法学会、2009年』

糖尿病の予防とケア 

  • 1,000 / レンタル ( 7 日 )

【趣旨】 自分自身が糖尿病にならなかったとしても、家族や友人などが糖尿病になる事はあります。 糖尿病に関する基礎知識を学ぶ事は自分自身の予防とケアだけではなく、周囲の人への良い支援にも繋がるのではと思い作成しました。 【動画の内容】 ①身体と糖質の基礎知識 ②糖尿病の理解   糖尿病の症状と病型  糖尿病の診断基準  糖尿病の合併症 ③糖尿病の予防とケア 【お試し視聴希望の方へ】 YouTubeにて動画の一部をお試し動画として配信しております。 https://youtu.be/Ko2SucjetW0 【作成者】 株式会社occasione 代表取締役 福山 茂 【資格】 理学療法士 福祉住環境コーディネーター2級 【自己紹介】 このサルース・インパラーレの企画・運営を行っております。 会社設立以前は理学療法士として療養型病院・訪問看護ステーション・クリニックで勤務していました。 【参考文献】 『日本糖尿病学会 編、糖尿病診療ガイドライン2019、南江堂、2019年』 『細田多穂 ・柳沢 健 編、理学療法ハンドブック 第3巻 理学療法の基礎と評価改定 第3版、協同医書出版社、2000年』 『大成浄志 著、標準理学療法学・作業療法学 専門基礎分野 内科学 第2版、医学書院、2004年』 『万行里佳 著、糖尿病患者に対するレジスタンストレーニング―2型糖尿病を中心に―/理学療法32巻6号、メディカルプレス、2015年』 『佐藤徳太郎 著、最新の糖尿病治療の概要/理学療法巻34巻2号、メディカルプレス、2017年』 『糖尿病情報センター、血糖自己測定について(下記URL)』 http://dmic.ncgm.go.jp/general/about-dm/100/040/04.html『糖尿病情報センター、低血糖(下記URL)』 https://dmic.ncgm.go.jp/general/about-dm/040/050/05.html

【プロ用】痛みに関するメカニズム 

  • 1,000 / レンタル ( 7 日 )

【趣旨】 痛みは様々な疾患でみられ、生活の質に影響します。 特に慢性痛は複雑だとも言われています。 痛みに対しては多角的な視点を持ち、学び続けていくべき内容です。 今回の動画が『痛みの基礎』を学ぶ良い機会になれば幸いです。 【動画の内容】 ①痛みに関するメカニズム  痛みの種類  痛みを感じるメカニズム  痛みを鎮めるメカニズム ②痛みに対するケア  急性痛に対してのケア  慢性痛に対してのケア 【お試し視聴希望の方へ】 YouTubeにて動画の一部をお試し動画として配信しております。 https://youtu.be/qwp7zAloUpA 【作成者】 株式会社occasione 代表取締役 福山 茂 【資格】 理学療法士 福祉住環境コーディネーター2級 【自己紹介】 このサルース・インパラーレの企画・運営を行っております。 会社設立以前は理学療法士として療養型病院・訪問看護ステーション・クリニックで勤務していました。 【参考文献】 『細田多穂 ・柳沢 健 編、理学療法ハンドブック 第1巻 理学療法の基礎と評価改定 第3版、協同医書出版社、2000年』 『渡辺正仁・早崎 華・由留木裕子 著、痛みのメカニズムと鎮痛/保健医療学雑誌 8 (1)、保健医療学学会、2017年』 『黒澤美枝子 著、痛みの生理学/理学療法科学・第15巻第3号、理学療法科学学会、2000年』 『松原貴子・肥田朋子・田崎洋光 著、痛みのメカニズムと理学療法~痛みの可塑性と慢性痛~/愛知県理学療法士会誌第19巻第2号、2007年』 『小川 龍 著、疼痛の発生機序─交感神経の役割─/日本腰痛会誌,7(1)、日本腰痛学会、2001年』 『肥田朋子・松原貴子・田崎洋光 著、痛みのメカニズムと理学療法~痛みについて理解を深めよう~/愛知県理学療法士会誌第18巻第2号、2006年 『改定版「痛みの定義:IASP」の意義とその日本語訳について、日本疼痛学会理事会(下記URL)』 http://www.jaspain.umin.ne.jp/pdf/notice_20200818.pdf

運動麻痺の理解とケア 

  • 1,000 / レンタル ( 7 日 )

【趣旨】 脳卒中や脊髄損傷などの病気や怪我で運動麻痺はみられる事があります。 運動麻痺を理解するために運動に関する基礎知識も説明します。 個人によって状態は違うため、今回の動画では具体的な体操や道具の説明は行いません。 ケアの各項目について「なぜそれを行うのか?」という『概論的な内容』を説明します。 【動画の内容】 ①運動麻痺に対する理解  運動に関する基礎知識  運動麻痺の種類  運動麻痺の検査  運動麻痺とは異なる運動障害 ②運動麻痺に対するケア 【お試し視聴希望の方へ】 YouTubeにて動画の一部をお試し動画として配信しております。 https://youtu.be/7A1O-pgBAj4 【作成者】 株式会社occasione 代表取締役 福山 茂 【資格】 理学療法士 福祉住環境コーディネーター2級 【自己紹介】 このサルース・インパラーレの企画・運営を行っております。 会社設立以前は理学療法士として療養型病院・訪問看護ステーション・クリニックで勤務していました。 【参考文献】 『細田多穂 ・柳沢 健 編、理学療法ハンドブック 第1巻 理学療法の基礎と評価改定 第3版、協同医書出版社、2000年』 『細田多穂 ・柳沢 健 編、理学療法ハンドブック 第3巻 疾患別・理学療法プログラム 改定第3版、協同医書出版社、2000年』 『田崎義昭・斎藤佳雄 著、ベッドサイドの神経の診かた 改訂16版、南山堂、2004年』 『中村隆一・齋藤宏・長崎 浩 著、基礎運動学 第6版、医歯薬出版、2003年』 『石澤三朗・富永 淳 著、標準理学療法学・作業療法学 専門基礎分野 生理学 第2版、医学書院、2003年』 『松澤 正 著、理学療法評価学 第2版、金原出版株式会社、2004年』 『和田善行・池上聡子ら 著、慢性期脳卒中片麻痺患者に対する促通反復療法の痙縮減弱効果/理学療法科学 第34巻 第5号、理学療法科学学会、2019年』 『蜂須賀研二 著、理学療法における筋力増強:廃用,過 用,誤用/理学療法学 第24巻 第3号、日本理学療法士協会、1997年』

肘関節痛の予防とケア 

  • 1,000 / レンタル ( 7 日 )

【趣旨】 スポーツでの使いすぎや衝撃を受けた訳でもないのに、肘関節痛や腕の重量感・張りがある方はおられます。 効果的な予防とケアを行うために、肘関節や前腕の解剖学・運動学を基にして、一般の方にも理解しやすいように説明いたします。 【動画の内容】 ①肘関節と前腕の解剖学・運動学  肘関節・前腕の骨  肘関節・前腕の筋肉  肘関節・前腕の運動学 ②肘関節痛の予防とケア  肘関節の代表的な怪我  肘関節痛の予防とケア 【お試し視聴希望の方へ】 YouTubeにて動画の一部をお試し動画として配信しております。 https://youtu.be/Sj6d5gmrfeI 【作成者】 株式会社occasione 代表取締役 福山 茂 【資格】 理学療法士 福祉住環境コーディネーター2級 【自己紹介】 このサルース・インパラーレの企画・運営を行っております。 会社設立以前は理学療法士として療養型病院・訪問看護ステーション・クリニックで勤務していました。 クリニックでは整形外科の疾患を中心に担当していました。 【参考文献】 『中村隆一・齋藤宏・長崎浩 著、基礎運動学 第6版、医歯薬出版、2003年』 『Donald A.Neumann 原著、嶋田 智明・平田 総一郎 翻訳、筋骨格系のキネシオロジー、医歯薬出版株式会社、2005年』 『高崎恭輔・山田剛司ら 著、上肢の関節可動域練習/関西理学 10:33-42、関西理学療法学会、2010年』 『石井 斉・平田史哉 著、テニス肘の理学療法における臨床推論/理学療法 33巻 8号、メディカルプレス、2016年』 『肘関節の症状一覧 公益社団法人日本整形外科学会(下記URL)』 https://www.joa.or.jp/public/sick/body/elbow.html

呼吸器疾患の予防とケア 

  • 1,000 / レンタル ( 7 日 )

【趣旨】 呼吸器の基礎知識、呼吸器疾患の種類を学んで、呼吸器疾患の予防とケアに繋がれば幸いです。 呼吸器疾患の種類の中では、閉塞性肺疾患・気管支喘息・拘束性肺疾患・誤嚥性肺炎について説明します。 【動画の内容】 ①呼吸器の基礎知識  呼吸器の解剖学  呼吸器の生理学 ②呼吸器疾患の種類  ③呼吸器疾患の予防とケア 【お試し視聴希望の方へ】 YouTubeにて動画の一部をお試し動画として配信しております。 https://youtu.be/gndF0GSaUNc 【作成者】 株式会社occasione 代表取締役 福山 茂 【資格】 理学療法士 福祉住環境コーディネーター2級 【自己紹介】 このサルース・インパラーレの企画・運営を行っております。 会社設立以前は理学療法士として療養型病院・訪問看護ステーション・クリニックで勤務していました。 【参考文献】 『石澤三朗・富永 淳 著、標準理学療法学・作業療法学 専門基礎分野 生理学 第2版、医学書院、2003年』 『大成浄志 著、標準理学療法学・作業療法学 専門基礎分野 内科学 第2版、医学書院、2004年』 『松澤 正 著、理学療法評価学 第2版、金原出版株式会社、2004年』 『及川真人・花田匡利・神津 玲 著、高齢者の呼吸障害に対する理学療法-慢性閉塞性肺疾患を中心に―/理学療法 28巻 9号、メディカルプレス、2011年』 『野添匡史・間瀬教史・和田智弘 著、呼吸器疾患患者に対するレジスタンストレーニング―慢性閉塞性肺疾患を中心に―/理学療法 28巻 9号、メディカルプレス、2011年』

腰痛の予防とケア 

  • 1,000 / レンタル ( 7 日 )

【趣旨】 80%の人が一生に一度は腰痛を経験すると言われています。 腰痛は体幹の動きだけでなく、他の部位の動きも関係しています。 効果的な予防とケアを行うために、解剖学・運動学を基にして、一般の方にも理解しやすいように説明いたします。 【動画の内容】 ①腰痛に関連する解剖学・運動学  体幹の骨  腰痛に関連する筋肉  体幹の運動学 ②腰痛の予防とケア  腰部の代表的な怪我  腰痛の予防とケア 【お試し視聴希望の方へ】 YouTubeにて動画の一部をお試し動画として配信しております。 https://youtu.be/wPIQB1eOXWU 【作成者】 株式会社occasione 代表取締役 福山 茂 【資格】 理学療法士 福祉住環境コーディネーター2級 【自己紹介】 このサルース・インパラーレの企画・運営を行っております。 会社設立以前は理学療法士として療養型病院・訪問看護ステーション・クリニックで勤務していました。 クリニックでは整形外科の疾患を中心に担当していました。 【参考文献】 『中村隆一・齋藤宏・長崎浩 著、基礎運動学 第6版、医歯薬出版、2003年』 『Donald A.Neumann 原著、嶋田 智明・平田 総一郎 翻訳、筋骨格系のキネシオロジー、医歯薬出版株式会社、2005年』 『細田 多穂 ・柳沢 健 編、理学療法ハンドブック 第3巻 疾患別・理学療法プログラム 改定第3版、協同医書出版社、2000年』 『理学療法ハンドブック作成執行委員会 製作、理学療法ハンドブック シリーズ3 腰痛、日本理学療法士協会、2018年(下記URL)』 https://www.japanpt.or.jp/upload/japanpt/obj/files/about/data/handbook03_1804.pdf『第2章 腰痛対策、厚生労働省(下記URL)』 https://www.mhlw.go.jp/new-info/kobetu/roudou/gyousei/anzen/dl/1911-1_2d_0001.pdf

【プロ用】高次脳機能障害の理解 

  • 1,000 / レンタル ( 7 日 )

【趣旨】 脳に関連する疾患による運動麻痺や感覚障害が軽度・問題がない方でも、高次脳機能障害によって生活に支障が出る方はおられます。 基礎知識として「高次脳機能障害の定義と種類」について説明いたします。 【動画の内容】 ①高次脳機能障害の定義 ②脳の基礎知識 ③高次脳機能障害の種類  失語、失行、失認  注意障害、記憶障害  遂行機能障害、社会的行動障害 【お試し視聴希望の方へ】 YouTubeにて動画の一部をお試し動画として配信しております。 https://youtu.be/D4x2UoUKSdA 【作成者】 株式会社occasione 代表取締役 福山 茂 【資格】 理学療法士 福祉住環境コーディネーター2級 【自己紹介】 このサルース・インパラーレの企画・運営を行っております。 会社設立以前は理学療法士として療養型病院・訪問看護ステーション・クリニックで勤務していました。 【参考文献】 『細田 多穂 ・柳沢 健 編、理学療法ハンドブック 第1巻 理学療法の基礎と評価改定 第3版、協同医書出版社、2000年』 『田崎 義昭・斎藤 佳雄 著、ベッドサイドの神経の診かた 改訂16版、南山堂、2004年』 『杉本 諭 著、高次脳機能障害に対する理学療法―全般性注意障害と方向性注意障害に対する理学療法評価と治療の考え方―/理学療法学 第40巻 第4号、日本理学療法士協会、2013年』 『高次脳機能障害者地域支援ハンドブック 改訂第五版、東京都心身障害者福祉センター、2021年』 『高次脳機能障害者支援の手引き 改訂第2版、厚生労働省社会・援護局障害保健福祉部 国立障害者リハビリテーションセンター、2008年』

手の痛みの予防とケア 

  • 1,000 / レンタル ( 7 日 )

【趣旨】 モノ持つことが多い仕事や家事だけでなく携帯電話やパソコンの使用でも手の痛みは起きます。 効果的な予防とケアを行うために、解剖学・運動学を基にして、一般の方にも理解しやすいように説明いたします。 【動画の内容】 ①手に関連する解剖学・運動学  手に関連する骨  手に関連する筋肉  手に関連する運動学 ②手の痛みの予防とケア  手の代表的な怪我  手の痛みの予防とケア 【お試し視聴希望の方へ】 YouTubeにて動画の一部をお試し動画として配信しております。 https://youtu.be/rqr-50uzeoQ 【作成者】 株式会社occasione 代表取締役 福山 茂 【資格】 理学療法士 福祉住環境コーディネーター2級 【自己紹介】 このサルース・インパラーレの企画・運営を行っております。 会社設立以前は理学療法士として療養型病院・訪問看護ステーション・クリニックで勤務していました。 クリニックでは整形外科の疾患を中心に担当していました。 【参考文献】 『中村隆一・齋藤宏・長崎浩 著、基礎運動学 第6版、医歯薬出版、2003年』 『Donald A.Neumann 原著、嶋田 智明・平田 総一郎 翻訳、筋骨格系のキネシオロジー、医歯薬出版株式会社、2005年』 『糸満盛憲・早乙女紘一・守屋秀繁 編、整形外科学 第3版、南山堂、2006年』 『西森美佐子・尾崎鈴子ら 著、関節超音波像からみた屈筋腱腱鞘炎(ばね指)の病態的特徴/超音波検査技術 vol. 38 No. 1、一般社団法人日本超音波検査学会、2013年』 『手・指の症状一覧 公益社団法人日本整形外科学会(下記URL)』 https://www.joa.or.jp/public/sick/body/hand.html

心疾患の予防とケア 

  • 1,000 / レンタル ( 7 日 )

【趣旨】 心臓に関連する病気の事を『心疾患』と言います。 心臓の基礎知識、心疾患の種類を学んで、生活習慣を見直す機会になれば幸いです。 【動画の内容】 ①心臓の基礎知識  心臓の解剖学  心臓の生理学 ②心疾患の種類  ③心疾患の予防とケア 【お試し視聴希望の方へ】 YouTubeにて動画の一部をお試し動画として配信しております。 https://youtu.be/aa6PzWsU0tY 【作成者】 株式会社occasione 代表取締役 福山 茂 【資格】 理学療法士 福祉住環境コーディネーター2級 【自己紹介】 このサルース・インパラーレの企画・運営を行っております。 会社設立以前は理学療法士として療養型病院・訪問看護ステーション・クリニックで勤務していました。 【参考文献】 『石澤三朗・富永 淳 著、標準理学療法学・作業療法学 専門基礎分野 生理学 第2版、医学書院、2003年』 『大成浄志 著、標準理学療法学・作業療法学 専門基礎分野 内科学 第2版、医学書院、2004年』 『西川淳一・緒方直史・上妻 謙 著、心不全患者に対する理学療法の現状と課題/理学療法 33巻 4号、メディカルプレス、2016年』 『循環器病の診断と治療に関するガイドライン(2011年度合同研究班報告)、虚血性心疾患の一次予防ガイドライン(2012年改訂版)、2012年』 『特定非営利活動法人 ジャパンハートクラブ 編、虚血性心疾患の一次予防、2016年』 『グリコ 編、三大栄養素 | 日本人の食事摂取基準(2020年版)より | 栄養成分ナビ、(下記URL)』 https://jp.glico.com/navi/e07.html『MORINAGA 編、肉類(鶏肉,豚肉,牛肉など)のタンパク質について解説!含む量や調理法などを紹介(下記URL)』 https://www.morinaga.co.jp/protein/columns/detail/?id=114&category=muscle  

股関節痛の予防とケア 

  • 1,000 / レンタル ( 7 日 )

【趣旨】 デスクワークや座って行う趣味により長時間座っている事は股関節への負担になります。 今回の内容は「股関節と座る事」に重点を置いております。効果的な予防とケアを行うために、解剖学・運動学を基にして、一般の方にも理解しやすいように説明いたします。 【動画の内容】 ①股関節に関連する解剖学・運動学  股関節の骨  股関節の筋肉  股関節の運動学 ②股関節痛の予防とケア  股関節の代表的な怪我  股関節痛の予防とケア 【お試し視聴希望の方へ】 YouTubeにて動画の一部をお試し動画として配信しております。 https://youtu.be/gCqIa4CG5kY 【作成者】 株式会社occasione 代表取締役 福山 茂 【資格】 理学療法士 福祉住環境コーディネーター2級 【自己紹介】 このサルース・インパラーレの企画・運営を行っております。 会社設立以前は理学療法士として療養型病院・訪問看護ステーション・クリニックで勤務していました。 クリニックでは整形外科の疾患を中心に担当していました。 【参考文献】 『中村隆一・齋藤宏・長崎浩 著、基礎運動学 第6版、医歯薬出版、2003年』 『Donald A.Neumann 原著、嶋田 智明・平田 総一郎 翻訳、筋骨格系のキネシオロジー、医歯薬出版株式会社、2005年』 『糸満盛憲・早乙女紘一・守屋秀繁 編、整形外科学 第3版、南山堂、2006年』 『古後晴基 著、股関節屈曲運動における寛骨大腿リズムおよび寛骨後傾の左右差/理学療法科学 第26巻4号、理学療法科学学会、2011年』 『松本正知・加藤 明ら 著、梨状筋症候群に対する運動療法の試み/理学療法学 第30巻 第5号、日本理学療法士学会、2003年』 『進藤隆康・奥江 章ら 著、梨状筋症候群の4例/整形外科と災害外科 第34巻 第2号、西日本整形・災害外科学会、1985年』

【プロ用】浮腫の理解とケア 

  • 1,000 / レンタル ( 7 日 )

【趣旨】 浮腫(一般では、むくみ)は中枢神経疾患、呼吸・循環器疾患、整形外科疾患・代謝性疾患、外科手術後など様々な方にみられ、医療・介護の現場で対応する事が多い症状です。 浮腫に対しての理解を深める機会になればと思い動画を作成しました。 【動画の内容】 ①浮腫に対する理解  浮腫の定義  体液に対する理解  浮腫の要因  浮腫の種類 ②浮腫に対するケア 【お試し視聴希望の方へ】 YouTubeにて動画の一部をお試し動画として配信しております。 https://youtu.be/1Vz6Vy_K0Z8 【作成者】 株式会社occasione 代表取締役 福山 茂 【資格】 理学療法士 福祉住環境コーディネーター2級 【自己紹介】 このサルース・インパラーレの企画・運営を行っております。 会社設立以前は理学療法士として療養型病院・訪問看護ステーション・クリニックで勤務していました。 【参考文献】 『細田 多穂 ・柳沢 健 編、理学療法ハンドブック 第1巻 理学療法の基礎と評価改定 第3版、協同医書出版社、2000年』 『石澤三朗・富永 淳 著、標準理学療法学・作業療法学 専門基礎分野 生理学 第2版、医学書院、2003年』 『大成浄志 著、標準理学療法学・作業療法学 専門基礎分野 内科学 第2版、医学書院、2004年』 『徳丸季聡 著、もっと知りたい浮腫の栄養管理と食事指導のポイント/日本フットケア学会雑誌 2017:15(2)、日本フットケア学会、2017年』 『小野部 純 著、浮腫の基礎/理学療法の歩み21巻1号、日本理学療法士協会宮城県理学療法士会、2010年』 『菊谷 光代 著、リンパ浮腫を知る-その発生機序と看護師の役割-/日本創傷・オストミー・失禁管理学会誌23巻4号、日本創傷・オストミー・失禁管理学会、2019年』

骨折の種類と治癒過程  

  • 1,000 / レンタル ( 7 日 )

【趣旨】 骨折後はご自宅でケアを行う事が増えてきました。骨折の種類と治癒過程について学ぶ機会があれば良いと考えました。骨に関する基礎知識、骨折の要因になる骨粗鬆症についても説明いたします。 【動画の内容】 ①骨に関する基礎知識 ②骨折の種類  骨折の種類  骨折の症状と合併症  高齢者に多い骨折  ③骨折の治癒過程 【お試し視聴希望の方へ】 YouTubeにて動画の一部をお試し動画として配信しております。 https://youtu.be/A_MhFwbTYeA 【作成者】 株式会社occasione 代表取締役 福山 茂 【資格】 理学療法士 福祉住環境コーディネーター2級 【自己紹介】 このサルース・インパラーレの企画・運営を行っております。 会社設立以前は理学療法士として療養型病院・訪問看護ステーション・クリニックで勤務していました。 クリニックでは整形外科の疾患を中心に担当していました。 【参考文献】 『中村隆一・齋藤宏・長崎浩 著、基礎運動学 第6版、医歯薬出版株式会社、2003年』 『糸満盛憲・早乙女紘一・守屋秀繁 編、整形外科学 第3版、南山堂、2006年』 『細田多穂・柳沢 健 編、理学療法ハンドブック 第3巻 疾患別・理学療法プログラム 改定第3版、協同医書出版社、2000年』 『小林 巧・神成 透 著、大腿骨頸部/転子部骨折の機能学的病態把握と理学療法/理学療法 31巻 9号、メディカルプレス、2014年』 『峯松 亮 著、骨粗鬆症の理学療法のための検査・測定のポイントとその実際/理学療法 21巻 1号、メディカルプレス、2004年』

肩関節痛の予防とケア 

  • 1,000 / レンタル ( 7 日 )

【趣旨】 肩関節の痛みは突発的に出る印象が強い部位です。ただ生活での姿勢や動かし方が影響します。効果的な予防とケアを行うために、解剖学・運動学を基にして、一般の方にも理解しやすいように説明いたします。 【動画の内容】 ①肩関節に関連する解剖学・運動学  肩関節の骨  肩関節の筋肉  肩関節の運動学  ②肩関節痛の予防とケア  肩関節の代表的な怪我  肩関節痛の予防とケア 【お試し視聴希望の方へ】 YouTubeにて動画の一部をお試し動画として配信しております。 https://youtu.be/a5a9x7ueSRo 【作成者】 株式会社occasione 代表取締役 福山 茂 【資格】 理学療法士 福祉住環境コーディネーター2級 【自己紹介】 このサルース・インパラーレの企画・運営を行っております。 会社設立以前は理学療法士として療養型病院・訪問看護ステーション・クリニックで勤務していました。 クリニックでは整形外科の疾患を中心に担当していました。 【参考文献】 『中村隆一・齋藤宏・長崎浩 著、基礎運動学 第6版、医歯薬出版、2003年』 『Donald A.Neumann 原著、嶋田 智明・平田 総一郎 翻訳、筋骨格系のキネシオロジー、医歯薬出版株式会社、2005年』 『山口光圀 著、肩関節周囲炎の理学療法のための検査・測定のポイント/理学療法 21巻 1号、メディカルプレス、2004年』 『林 典雄 著、肩関節拘縮の機能解剖学的特性/理学療法 21巻 2号、メディカルプレス、2004年』 『糸満盛憲・早乙女紘一・守屋秀繁 編、整形外科学 第3版、南山堂、2006年』

筋力が低下するメカニズム 

  • 1,000 / レンタル ( 7 日 )

【趣旨】 闇雲に筋力トレーニングを行う事は体に対してリスクになる事があります。 筋力に関係する解剖学・生理学を学び、筋力が低下するメカニズムを理解して、筋力トレーニングに取り組む事の役に立てれば幸いです。 【動画の内容】 ①筋力に関する解剖学・生理学  筋肉の線維の種類  筋肉の収縮の種類 ②筋力が低下するメカニズム  筋力が低下する要因  日常生活で筋力が低下する要因 ③筋力が低下する事への予防とケア 【お試し視聴希望の方へ】 YouTubeにて動画の一部をお試し動画として配信しております。 https://youtu.be/n6kaO5Ezo34 【作成者】 株式会社occasione 代表取締役 福山 茂 【資格】 理学療法士 福祉住環境コーディネーター2級 【自己紹介】 このサルース・インパラーレの企画・運営を行っております。 会社設立以前は理学療法士として療養型病院・訪問看護ステーション・クリニックで勤務していました。 クリニックでは整形外科の疾患を中心に担当していました。 【参考文献】 『中村隆一・齋藤宏・長崎浩 著、基礎運動学 第6版、医歯薬出版、2003年』 『Donald A.Neumann 原著、嶋田 智明・平田 総一郎 翻訳、筋骨格系のキネシオロジー、医歯薬出版株式会社、2005年』 『石澤三朗・富永 淳 著、標準理学療法学・作業療法学 専門基礎分野 生理学 第2版、医学書院、2003年』 『細田 多穂 ・柳沢 健 編、理学療法ハンドブック 第1巻 理学療法の基礎と評価改定 第3版、協同医書出版社、2000年』 『渡邉修・山内秀樹・安保雅博・米本恭三 著、筋力低下のメカニズム/理学療法21巻3号、メディカルプレス、2004年』 『[市橋則明・池添冬芽 著、筋力増強のメカニズム/理学療法21巻3号、メディカルプレス、2004年』 『山田実 著、加齢に伴う筋力低下と理学療法 /理学療法33巻6号、メディカルプレス、2016年』 『水野谷 航 著、骨格筋線維タイプの食品栄養学的制御に関する研究/日本栄養・食糧学会誌第69巻1号、公益社団法人 日本栄養・食糧学会、2016年』

【プロ用】訪問看護ステーションの新人教育 

  • 1,000 / レンタル ( 7 日 )

【趣旨】 訪問看護ステーションに関する介護保険・医療保険制度の基礎を研修の中心とし、利用者様への訪問の流れ、多職種連携についても説明します。 【動画の内容】 ①訪問看護ステーションに関する制度   介護保険の訪問看護   医療保険の訪問看護 ②訪問の流れ   訪問前にする事   訪問中にする事   訪問後にする事 ③多職種連携で大切な事 【お試し視聴希望の方へ】 YouTubeにて動画の一部をお試し動画として配信しております。 https://youtu.be/9tE9pczvR9s 【作成者】 株式会社occasione 代表取締役 福山 茂 【資格】 理学療法士 福祉住環境コーディネーター2級 【自己紹介】 このサルース・インパラーレの企画・運営を行っております。 会社設立以前は理学療法士として療養型病院・訪問看護ステーション・クリニックで勤務していました。 訪問看護ステーション、クリニックからの訪問リハビリテーションを経験しています。 【参考文献】 『公益財団法人日本訪問看護財団 発行、2020年版 訪問看護関連 報酬・請求ガイド、2020年』 『公益財団法人日本訪問看護財団 編集、はじめての訪問看護: おさえておきたい心がまえと仕事術、中央法規、2019年』 『公益財団法人日本訪問看護財団 監修、訪問看護ステーション開設・運営・評価マニュアル 第3版、日本看護協会出版会、2018年』 『ケアマネジャー試験対策研究会 著、福祉教科書 ケアマネジャー完全合格テキスト 2017年版、翔泳社、2016年』 『厚生労働省、居宅サービス計画標準様式及び記載要領、2021年(URLは下記)』 https://www.mhlw.go.jp/content/000764680.pdf

足部の痛みの予防とケア 

  • 1,000 / レンタル ( 7 日 )

【趣旨】 足部、特に足底に痛みがある方は扁平足になっている場合が多いです。 足部に関連する解剖学・運動学の知識があれば、より効果的に予防とケアが出来るのではないかと思い動画を作成しました。 今回の動画では一般の方にも理解しやすいように説明いたします。 【動画の内容】 ①足部に関連する解剖学・運動学  足部に関連する関節  足部に関連する筋肉  足部のアーチ(土踏まず) ②足部の痛みの予防とケア  足部の代表的な怪我  足部の痛みの予防とケア 【お試し視聴希望の方へ】 YouTubeにて動画の一部をお試し動画として配信しております。 https://youtu.be/1chzgS0oSlk 【作成者】 株式会社occasione 代表取締役 福山 茂 【資格】 理学療法士 福祉住環境コーディネーター2級 【自己紹介】 このサルース・インパラーレの企画・運営を行っております。 会社設立以前は理学療法士として療養型病院・訪問看護ステーション・クリニックで勤務していました。 クリニックでは整形外科の疾患を中心に担当していました。 【参考文献】 『中村隆一・齋藤宏・長崎浩 著、基礎運動学 第6版、医歯薬出版、2003年』 『Donald A.Neumann 原著、嶋田 智明・平田 総一郎 翻訳、筋骨格系のキネシオロジー、医歯薬出版株式会社、2005年』 『吉田昌平・吉川信人 著、足関節・足部の機能解剖学的理解のポイント/理学療法31巻2号、メディカルプレス、2014年』 『加賀谷善教 著、足部・足関節疾患の理学療法における姿勢へのアプローチ/理学療法33巻2号、メディカルプレス、2016年 『日本臨床整形外科学会(下記URL)』 http://www.jcoa.gr.jp/health/clinic/ankle/ankle-1.html

首の痛みの予防とケア 

  • 1,000 / レンタル ( 7 日 )

【趣旨】 首の痛みがある方には「ストレートネック」の状態の方は多くおられます。 首に関連する解剖学・運動学の知識があれば、より効果的に予防とケアが出来るのではないかと思い動画を作成しました。 今回の動画では一般の方にも理解しやすいように説明いたします。 【動画の内容】 ①首に関連する解剖学・運動学    首に関連する関節    首に関連する筋肉 ②首の痛みの予防とケア    首の代表的な怪我    首の痛みの予防とケア 【お試し視聴希望の方へ】 YouTubeにて動画の一部をお試し動画として配信しております。 https://youtu.be/Rb0X-VBEAzY 【作成者】 株式会社occasione 代表取締役 福山 茂 【資格】 理学療法士 福祉住環境コーディネーター2級 【自己紹介】 このサルース・インパラーレの企画・運営を行っております。 会社設立以前は理学療法士として療養型病院・訪問看護ステーション・クリニックで勤務していました。 クリニックでは整形外科の疾患を中心に担当していました。 【参考文献】 『中村隆一・齋藤宏・長崎浩 著、基礎運動学 第6版、医歯薬出版株式会社、2003年』 『Donald A.Neumann 原著、嶋田 智明・平田 総一郎 翻訳、筋骨格系のキネシオロジー、医歯薬出版株式会社、2005年』 『糸満盛憲・早乙女紘一・守屋秀繁 編、整形外科学 第3版、南山堂、2006年』 『川崎洋二・高島孝之 著、頚椎疾患の理学療法における姿勢へのアプローチ/理学療法33巻2号、メディカルプレス、2016年』 『横山茂樹・田中裕介 著、頸部・体幹のスポーツ障害の理学療法における臨床推論の考え方・あり方/理学療法33巻10号、メディカルプレス、2016年』

関節が硬くなるメカニズム 

  • 1,000 / レンタル ( 7 日 )

【趣旨】 リハビリの際に患者様・利用者様の問題点の中で多いのは「関節が硬くなる事(関節可動域制限)」です。 関節が硬くなると痛みが生じやすく、動作が行いづらくなり生活の質が低下していきます。 関節に関する解剖学・生理学、関節が硬くなるメカニズム、関節が硬くなる事への予防とケアについて説明します。 【動画の内容】 ①関節に関する解剖学・生理学    関節を構成するモノの解剖学    関節の動きに関する生理学 ②関節が硬くなるメカニズム    関節が硬くなる要因    日常生活で関節が硬くなる要因 ③関節が硬くなる事への予防とケア 【お試し視聴希望の方へ】 YouTubeにて動画の一部をお試し動画として配信しております。 https://youtu.be/XA9sJW0zrrU 【作成者】 株式会社occasione 代表取締役 福山 茂 【資格】 理学療法士 福祉住環境コーディネーター2級 【自己紹介】 このサルース・インパラーレの企画・運営を行っております。 会社設立以前は理学療法士として療養型病院・訪問看護ステーション・クリニックで勤務していました。 【参考文献】 『中村隆一・齋藤宏・長崎 浩 著、基礎運動学 第6版、医歯薬出版株式会社、2003年』 『Donald A.Neumann 原著、嶋田 智明・平田 総一郎 翻訳、筋骨格系のキネシオロジー、医歯薬出版株式会社、2005年』 『細田 多穂 ・柳沢 健 編、理学療法ハンドブック 第1巻 理学療法の基礎と評価改定 第3版、協同医書出版社、2000年』 『石澤三朗・富永 淳 著、標準理学療法学・作業療法学 専門基礎分野 生理学 第2版、医学書院、2003年』 『三上真弘・石田 暉 編集、リハビリテーション医学テキスト 改訂第2版、南江堂、2005年』 『多久和典子・多久和陽 著、なるほどなっとく!解剖生理学 第2版、南山堂、2019年』 『沖田 実 著、関節可動域制限の発生メカニズムとその治療戦略/理学療法学第41巻第8号、日本理学療法士協会、2014年』 『倉田繁雄 著、関節可動域制限治療を考える―整形外科疾患に対する臨床経験を通して ―/理学療法学第32巻第4号、日本理学療法士協会、2005年』 『渡邊晶規・細 正博・武村啓住ら 著、関節拘縮における関節構成体の病理組織学的変化―ラット膝関節長期固定モデルを用いた検討―/理学療法科学第22巻1号、理学療法科学学会、2007年』

   お問合せやリクエストはこちら     close