サルース・インパラーレ

Category  /  症状・障害に対する理解・予防とケア

関節が硬くなるメカニズム 

  • 1,000 / レンタル ( 7 日 )

【趣旨】 患者様・利用者様の問題点の中で多いのは「関節が硬くなる事(関節可動域制限)」です。 関節が硬くなると痛みが生じやすく、動作が行いづらくなり生活の質が低下していきます。 関節に関する解剖学・生理学、関節が硬くなるメカニズム、関節が硬くなる事への予防とケアについて説明します。 【動画の内容】 ①関節に関する解剖学・生理学  関節を構成するモノの解剖学  関節の動きに関する生理学 ②関節が硬くなるメカニズム  関節が硬くなる要因  日常生活で関節が硬くなる要因 ③関節が硬くなる事への予防とケア 【お試し視聴希望の方へ】 YouTubeにて動画の一部をお試し動画として配信しております。 https://youtu.be/qJrvh6G3xJc 【作成者】 株式会社occasione 代表取締役 福山 茂 【資格】 理学療法士 福祉住環境コーディネーター2級 【自己紹介】 このサルース・インパラーレの企画・運営を行っております。 会社設立以前は理学療法士として療養型病院・訪問看護ステーション・クリニックで勤務していました。 【参考文献】 『中村隆一・齋藤宏・長崎 浩 著、基礎運動学 第6版、医歯薬出版株式会社、2003年』 『Donald A.Neumann 原著、嶋田 智明・平田 総一郎 翻訳、筋骨格系のキネシオロジー、医歯薬出版株式会社、2005年』 『石澤三朗・富永 淳 著、標準理学療法学・作業療法学 専門基礎分野 生理学 第2版、医学書院、2003年』 『三上真弘・石田 暉 編集、リハビリテーション医学テキスト 改訂第2版、南江堂、2005年』 『多久和典子・多久和陽 著、なるほどなっとく!解剖生理学 第2版、南山堂、2019年』 『沖田 実 著、関節可動域制限の発生メカニズムとその治療戦略/理学療法学第41巻第8号、日本理学療法士協会、2014年』 『倉田繁雄 著、関節可動域制限治療を考える―整形外科疾患に対する臨床経験を通して ―/理学療法学第32巻第4号、日本理学療法士協会、2005年』 『渡邊晶規・細 正博・武村啓住ら 著、関節拘縮における関節構成体の病理組織学的変化―ラット膝関節長期固定モデルを用いた検討―/理学療法科学第22巻1号、理学療法科学学会、2007年』

褥瘡の予防とケア 

  • 1,000 / レンタル ( 7 日 )

【趣旨】 寝たきり状態では「褥瘡(じょくそう)」になる危険性があります。 褥瘡は一般的に「床ずれ」とも言われています。 寝たきり状態でも安心・安楽に過ごすためには褥瘡の予防とケアは重要なので今回の動画を作成しました。 また介護を行う方々の負担を軽減するための情報も説明致します。 【動画の内容】 ①褥瘡に対する理解  褥瘡とは  褥瘡の要因  褥瘡の評価 ②褥瘡の予防とケア  褥瘡の予防  褥瘡になった時のケア 【お試し視聴希望の方へ】 YouTubeにて動画の一部をお試し動画として配信しております。 https://youtu.be/WgQSBWmFcJk 【作成者】 株式会社occasione 代表取締役 福山 茂 【資格】 理学療法士 福祉住環境コーディネーター2級 【自己紹介】 このサルース・インパラーレの企画・運営を行っております。 会社設立以前は理学療法士として療養型病院・訪問看護ステーション・クリニックで勤務していました。 療養型病院・訪問リハビリでは寝たきり状態の方を多く担当していました。 【参考文献】 『細田 多穂 ・柳沢 健 編、理学療法ハンドブック 第1巻 理学療法の基礎と評価改定 第3版、協同医書出版社、2000年』 『大内尉義 編、標準理学療法学・作業療法学 専門基礎分野 老年学 第2版、医学書院、2005年』 『東京商工会議所 編、福祉住環境コーディネーター検定試験2級公式テキスト 改訂4版、東京商工会議所、2016年』 『一般社団法人 日本褥瘡学会、褥瘡について(下記URL)』http://www.jspu.org/jpn/patient/about.html『一般社団法人 日本褥瘡学会、褥瘡の予防について(下記URL)』 http://www.jspu.org/jpn/patient/protect.html『一般社団法人 日本褥瘡学会、褥瘡の治療について(下記URL)』 http://www.jspu.org/jpn/patient/cure.html

骨折の種類と治癒過程  

  • 1,000 / レンタル ( 7 日 )

【趣旨】 骨折後はご自宅でケアを行う事が増えてきました。骨折の種類と治癒過程について学ぶ機会があれば良いと考えました。骨に関する基礎知識、骨折の要因になる骨粗鬆症についても説明いたします。 【動画の内容】 ①骨に関する基礎知識 ②骨折の種類  骨折の種類  骨折の症状と合併症  高齢者に多い骨折  ③骨折の治癒過程 【お試し視聴希望の方へ】 YouTubeにて動画の一部をお試し動画として配信しております。 https://youtu.be/A_MhFwbTYeA 【作成者】 株式会社occasione 代表取締役 福山 茂 【資格】 理学療法士 福祉住環境コーディネーター2級 【自己紹介】 このサルース・インパラーレの企画・運営を行っております。 会社設立以前は理学療法士として療養型病院・訪問看護ステーション・クリニックで勤務していました。 クリニックでは整形外科の疾患を中心に担当していました。 【参考文献】 『中村隆一・齋藤宏・長崎浩 著、基礎運動学 第6版、医歯薬出版株式会社、2003年』 『糸満盛憲・早乙女紘一・守屋秀繁 編、整形外科学 第3版、南山堂、2006年』 『細田多穂・柳沢 健 編、理学療法ハンドブック 第3巻 疾患別・理学療法プログラム 改定第3版、協同医書出版社、2000年』 『小林 巧・神成 透 著、大腿骨頸部/転子部骨折の機能学的病態把握と理学療法/理学療法 31巻 9号、メディカルプレス、2014年』 『峯松 亮 著、骨粗鬆症の理学療法のための検査・測定のポイントとその実際/理学療法 21巻 1号、メディカルプレス、2004年』

筋力が低下するメカニズム 

  • 1,000 / レンタル ( 7 日 )

【趣旨】 闇雲に筋力トレーニングを行う事は体に対してリスクになる事があります。 筋力に関係する解剖学・生理学を学び、筋力が低下するメカニズムを理解して、筋力トレーニングに取り組む事の役に立てれば幸いです。 【動画の内容】 ①筋力に関する解剖学・生理学  筋肉の線維の種類  筋肉の収縮の種類 ②筋力が低下するメカニズム  筋力が低下する要因  日常生活で筋力が低下する要因 ③筋力が低下する事への予防とケア 【お試し視聴希望の方へ】 YouTubeにて動画の一部をお試し動画として配信しております。 https://youtu.be/n6kaO5Ezo34 【作成者】 株式会社occasione 代表取締役 福山 茂 【資格】 理学療法士 福祉住環境コーディネーター2級 【自己紹介】 このサルース・インパラーレの企画・運営を行っております。 会社設立以前は理学療法士として療養型病院・訪問看護ステーション・クリニックで勤務していました。 クリニックでは整形外科の疾患を中心に担当していました。 【参考文献】 『中村隆一・齋藤宏・長崎浩 著、基礎運動学 第6版、医歯薬出版、2003年』 『Donald A.Neumann 原著、嶋田 智明・平田 総一郎 翻訳、筋骨格系のキネシオロジー、医歯薬出版株式会社、2005年』 『石澤三朗・富永 淳 著、標準理学療法学・作業療法学 専門基礎分野 生理学 第2版、医学書院、2003年』 『細田 多穂 ・柳沢 健 編、理学療法ハンドブック 第1巻 理学療法の基礎と評価改定 第3版、協同医書出版社、2000年』 『渡邉修・山内秀樹・安保雅博・米本恭三 著、筋力低下のメカニズム/理学療法21巻3号、メディカルプレス、2004年』 『[市橋則明・池添冬芽 著、筋力増強のメカニズム/理学療法21巻3号、メディカルプレス、2004年』 『山田実 著、加齢に伴う筋力低下と理学療法 /理学療法33巻6号、メディカルプレス、2016年』 『水野谷 航 著、骨格筋線維タイプの食品栄養学的制御に関する研究/日本栄養・食糧学会誌第69巻1号、公益社団法人 日本栄養・食糧学会、2016年』

   お問合せやリクエストはこちら     close