サルース・インパラーレ

Category  /  ケア・手技

介助の在り方とADL評価 

  • 1,000 / レンタル ( 7 日 )

【趣旨】 介助をする側、介助を受ける側になるにあたって不安な方は多いのではないでしょうか? 介助で大事なのは力だけではなく、まずは「介助の在り方」です。 そして適正な量と方法で介助を行うためには「ADL評価」が必要です。 今回の動画で「介助の在り方」と「ADL評価」について説明致します。 【動画の内容】 ➀介助の在り方    介助とは    適正な介助の必要性 ②ADL評価    ADL評価とは    ADL評価の専門職とチーム連携 【お試し視聴希望の方へ】 YouTubeにて動画の一部をお試し動画として配信しております。 https://youtu.be/n6lQ40Kt9tM 【作成者】 株式会社occasione 代表取締役 福山 茂 【資格】 理学療法士 福祉住環境コーディネーター2級 【自己紹介】 このサルース・インパラーレの企画・運営を行っております。 会社設立以前は理学療法士として療養型病院・訪問看護ステーション・クリニックで勤務していました。 私は男性ですが小柄で華奢な体型です。それでも業務の時は介助を行っていました。介助は力だけではないと認識しております。 【参考文献】 『土屋弘吉・今田 拓・大川嗣雄 編、日常生活活動(動作)-評価と訓練の実際-第3版、医歯薬出版、1992年』 『千野直一 編著、里宇明元・園田 茂・道免和之 著、脳卒中患者の機能評価 SIASとFIMの実際、シュプリンガー・ジャパン株式会社、1997年』 『後藤葉子・黒澤 一・上月正博 著、ADL評価とリハビリテーションの効果/日本呼吸管理学会誌・第14巻・第3号、日本呼吸ケア・リハビリテーション学会、2005年』 『岡本伸弘・増見 伸・山田 学ら 著、回復期リハビリテーション病院におけるFIMを用いた自宅復帰因子の検討/理学療法科学・第27巻・第2号、理学療法科学学会、2012年』 『井戸田 学・杉山享史・立松 祥ら 著、地域在住高齢者における起居動作能力とIADLの関係/愛知県理学療法学会誌・第21巻 第2号、愛知県理学療法学会、2009年』

   お問合せやリクエストはこちら     close