サルース・インパラーレ

関節が硬くなるメカニズム

サルース・インパラーレ

【趣旨】
リハビリの際に患者様・利用者様の問題点の中で多いのは「関節が硬くなる事(関節可動域制限)」です。
関節が硬くなると痛みが生じやすく、動作が行いづらくなり生活の質が低下していきます。
関節に関する解剖学・生理学、関節が硬くなるメカニズム、関節が硬くなる事への予防とケアについて説明します。

【お試し視聴希望の方へ】
YouTubeにて動画の一部をお試し動画として配信しております。
https://youtu.be/XA9sJW0zrrU

【作成者】
株式会社occasione
代表取締役
福山 茂

【資格】
理学療法士
福祉住環境コーディネーター2級

【自己紹介】
このサルース・インパラーレの企画・運営を行っております。
会社設立以前は理学療法士として療養型病院・訪問看護ステーション・クリニックで勤務していました。

【参考文献】
『中村隆一・齋藤宏・長崎 浩 著、基礎運動学 第6版、医歯薬出版株式会社、2003年』
『Donald A.Neumann 原著、嶋田 智明・平田 総一郎 翻訳、筋骨格系のキネシオロジー、医歯薬出版株式会社、2005年』
『細田 多穂 ・柳沢 健 編、理学療法ハンドブック 第1巻 理学療法の基礎と評価改定 第3版、協同医書出版社、2000年』
『石澤三朗・富永 淳 著、標準理学療法学・作業療法学 専門基礎分野 生理学 第2版、医学書院、2003年』
『三上真弘・石田 暉 編集、リハビリテーション医学テキスト 改訂第2版、南江堂、2005年』
『多久和典子・多久和陽 著、なるほどなっとく!解剖生理学 第2版、南山堂、2019年』
『沖田 実 著、関節可動域制限の発生メカニズムとその治療戦略/理学療法学第41巻第8号、日本理学療法士協会、2014年』
『倉田繁雄 著、関節可動域制限治療を考える―整形外科疾患に対する臨床経験を通して ―/理学療法学第32巻第4号、日本理学療法士協会、2005年』
『渡邊晶規・細 正博・武村啓住ら 著、関節拘縮における関節構成体の病理組織学的変化―ラット膝関節長期固定モデルを用いた検討―/理学療法科学第22巻1号、理学療法科学学会、2007年』

【今後の配信情報について】
『ホームページの新着情報』『サルース・インパラーレのInstagram』で御案内致します。
『ホームページの新着情報』
https://www.occasione.co.jp/category/salus-imparare/『サルース・インパラーレのInstagram』
https://www.instagram.com/salus_imparare/

【サルース・インパラーレの趣旨説明動画】
https://youtu.be/tQZTz6hsXNo

レンタル( 7 日 )
¥ 1,000
購入方法の詳細はこちら
購入方法の詳細はこちら

メッセージを送る

動画管理者に支援してみませんか

  • 0
  • 100
  • 300
  • 500
  • 1,000
ショップからの返答がない場合もありますのでご了承ください。
管理者が悪質と判断したコメントを繰り返すユーザーに対しては、アクセスブロック等の処置を取らせて頂きます。
メッセージに返事がある場合はCOMMUNITYに公開されます。
   お問合せやリクエストはこちら     close