Japanese  /  English

Category  /  Bass Instrument, duo

Anonymous (ca. 1600) Drewries accordes:RSA005 

  • 550 / Rental ( 30 days )
  • 550 / Download

【Tuning】A=415Hz 【Instruction】 ・Level: Intermediate / 中級者向け ・Tempo: Slower-Normal / テンポ:ゆっくりめ〜ノーマル ・Tuning time included before playing / 演奏開始前にチューニング用音出しあり 【Score】 (original) https://ks.imslp.net/files/imglnks/usimg/6/60/IMSLP473929-PMLP769035-Jane_Pickering_s_Lute_Book.pdf (modern edition) https://stainer.co.uk/shop/b487/ 【Message】 この陽気な作品は作者不詳ながら、エリザベス朝時代のリュート・デュオ曲の中でも、人気の高い一曲。 2台のリュートがほとんど対等に、短い間隔で応答しあう形式になっています。全体を通してリュートがとても鳴りやすいように書かれているので、ちょっとした指ならしや、楽器の鳴りを確かめるのにも最適。私としては、リュートを持ったふたりが出会って、「じゃあ何か弾いてみようか」となった時に弾くイメージです。 大英図書館の手稿譜のバージョンに従っての演奏です。 【Accompanist】 Ryosuke Sakamoto, Lute / Viola da gamba RYOSUKE SAKAMOTO was born in Nara (Japan). At the age of three, he first became interested in early music performance under the influence of his parents. In 2007, the year of his graduation at Tokyo University (bachelor degree on Aesthetics), he released his first solo CD ‘Travels with my Lute’ from Musica Rediviva (MRCD-013). This recording got a praised commentary on the CD magazine “Gramophone”, in November 2011. Ryosuke moved to Switzerland in 2008 and studied lute and various plucked instruments at Schola Cantorum Basiliensis in Basel, with prof. Hopkinson Smith. He continued further studies with prof. Crawford Young (medieval lute) and Anne Smith (performance practice on renaissance music) there, and graduated in 2013, with Master degree of specialized music performance. As a solo lutenist, Ryosuke won the first prize plus audience prize at the competition “III Consorso Maurizio Pratla” in L’Aquila (Italy). Already then, he was invited to make recitals by several lute societies in UK, Germany, Austria, and France. He is a member of “Delight in Disorder”, “The Queen’s Revels” as a principal lutenist. In 2012 he set up “Ensemble Il bell’humore”, which specializes in renaissance music. In 2017 he got the first prize at International Biber competition, as a member of “Concerto Ripiglino”. He appears numerous music festivals in Europe including “Festival Oude Muziek “ in Utrecht, “York Early Music Festival“, “Rezonanzen Wien, “Tage Alter Musik Regensburg” ,“Music in old Krakow Festival”, etc. His latest solo CD ‘Polyphony & Diminution’ was released from Musica Rediviva (MRCD-022) in 2016. 【奏者】坂本龍右 リュート、ヴィオラ ・ダ・ガンバ 東京大学文学部 (美学芸術学専修課程) 卒業後、バーゼル市立音楽院(バーゼル・スコラカントルム)に留学。ホプキンソン・スミス氏及びクロフォード・ヤング氏にリュートを、ランダル・クック氏にヴィオラ・ダ・ガンバを、アン・スミス氏にルネサンス音楽理論を、イェスパー・クリステンセン氏に通奏低音を師事し、2013年に修了。その後同校にて公式伴奏者として勤務。2013年、ラクィラの国際古楽コンクールにおけるリュート・ソロ部門で第1位及び聴衆賞。2017年、国際ビーバーコンクールにおけるアンサンブル部門第1位。ヨーロッパ各地の古楽祭やリュート協会主催の演奏会にソリストとして招聘される。録音にリュート・ソロによる「Travels with my Lute」「Polyphony & Diminution」ほか多数。2017年、有志で通奏低音組合「コンティヌオ・ギルド」を立ち上げ、演奏とアウトリーチの両面で活動を開始。 ● Web:http://ryosukesakamoto.com/ ● Facebook : https://www.facebook.com/ryosuke.sakamoto.58 ● Twitter : @contra2nd

T. Ford Pavin 'M.Maynes Choice':RSA006 

  • 660 / Rental ( 30 days )
  • 660 / Download

Thomas Ford (? -1648) Pavin 'M.Maynes Choice' from Musicke of Sundrie Kindes (1607) 【Tuning】A=415Hz 【Instruction】 ・Level: Intermediate / 中級者向け ・Tempo: Slower-Normal / テンポ:ゆっくりめ〜ノーマル ・Tuning time included before playing / 演奏開始前にチューニング用音出しあり ・Instruction for 'scordatura' included / 変則調弦についての説明あり 【Score】http://atelierphilidor.com/contents/en-uk/p104794_FORD.html (original) https://www.areditions.com/ford-lyra-viol-duets-b090.html (modern edition) 【Message】 そろそろ定番曲から外れて、なかなか他人と音を出す機会がない曲を弾いてみませんか? こちらは、一台の楽器で旋律と和音の両方を弾くという、いわゆるリラ・ヴァイオルのスタイルで書かれた作品。しかも2台の楽器で演奏するので、さらに重厚なサウンドになります。 動画の最初に説明しているように、通常のヴァイオルの調弦とは違う調弦を用いる曲ですが、そのために通常の調弦では体験できないような、独特かつ豊かな響きが得られます。是非この期に一度、リラ・ヴァイオルの世界を体験してみて下さい! そして曲自体は、この時代の英国特有の、深い内容をたたえた見事なパヴァンです。 是非、時間に追われることなく調弦し、自宅で、好きなタイミングで、どうぞ。 【Accompanist】 Ryosuke Sakamoto, Lute / Viola da gamba RYOSUKE SAKAMOTO was born in Nara (Japan). At the age of three, he first became interested in early music performance under the influence of his parents. In 2007, the year of his graduation at Tokyo University (bachelor degree on Aesthetics), he released his first solo CD ‘Travels with my Lute’ from Musica Rediviva (MRCD-013). This recording got a praised commentary on the CD magazine “Gramophone”, in November 2011. Ryosuke moved to Switzerland in 2008 and studied lute and various plucked instruments at Schola Cantorum Basiliensis in Basel, with prof. Hopkinson Smith. He continued further studies with prof. Crawford Young (medieval lute) and Anne Smith (performance practice on renaissance music) there, and graduated in 2013, with Master degree of specialized music performance. As a solo lutenist, Ryosuke won the first prize plus audience prize at the competition “III Consorso Maurizio Pratla” in L’Aquila (Italy). Already then, he was invited to make recitals by several lute societies in UK, Germany, Austria, and France. He is a member of “Delight in Disorder”, “The Queen’s Revels” as a principal lutenist. In 2012 he set up “Ensemble Il bell’humore”, which specializes in renaissance music. In 2017 he got the first prize at International Biber competition, as a member of “Concerto Ripiglino”. He appears numerous music festivals in Europe including “Festival Oude Muziek “ in Utrecht, “York Early Music Festival“, “Rezonanzen Wien, “Tage Alter Musik Regensburg” ,“Music in old Krakow Festival”, etc. His latest solo CD ‘Polyphony & Diminution’ was released from Musica Rediviva (MRCD-022) in 2016. 【奏者】坂本龍右 リュート、ヴィオラ ・ダ・ガンバ 東京大学文学部 (美学芸術学専修課程) 卒業後、バーゼル市立音楽院(バーゼル・スコラカントルム)に留学。ホプキンソン・スミス氏及びクロフォード・ヤング氏にリュートを、ランダル・クック氏にヴィオラ・ダ・ガンバを、アン・スミス氏にルネサンス音楽理論を、イェスパー・クリステンセン氏に通奏低音を師事し、2013年に修了。その後同校にて公式伴奏者として勤務。2013年、ラクィラの国際古楽コンクールにおけるリュート・ソロ部門で第1位及び聴衆賞。2017年、国際ビーバーコンクールにおけるアンサンブル部門第1位。ヨーロッパ各地の古楽祭やリュート協会主催の演奏会にソリストとして招聘される。録音にリュート・ソロによる「Travels with my Lute」「Polyphony & Diminution」ほか多数。2017年、有志で通奏低音組合「コンティヌオ・ギルド」を立ち上げ、演奏とアウトリーチの両面で活動を開始。 ● Web:http://ryosukesakamoto.com/ ● Facebook : https://www.facebook.com/ryosuke.sakamoto.58 ● Twitter : @contra2nd

Morley Il Lamento, La Caccia for 2 voices:RSA004 

  • 550 / Rental ( 30 days )
  • 550 / Download

Thomas Morley (1557/8-1602) Il Lamento, La Caccia from The First Booke of Canzonets to Two Voyces ■Togetter:トマス・モーリー「2声のファンタジー」考 https://togetter.com/li/1565737 【Tuning】A=415Hz 【Instruction】 ・Level: Beginner-Intermediate / 初級・中級者向け ・Tempo: Normal / テンポ:ノーマル 【Score】 (first edition) https://ks.imslp.net/files/imglnks/usimg/0/0f/IMSLP523461-PMLP131419-200196630.pdf (modern edition) http://ks4.imslp.net/files/imglnks/usimg/b/b9/IMSLP64505-PMLP131419-Morley,_Thomas_-_9_Fantasias_for_2_Viola_da_Gamba.pdf 【Message】 エリザベス朝時代の英国の合奏曲の定番と言っても良い、モーリー作曲の2声のファンタジアの中から、対照的な性格を持ち、とりわけ演奏効果の高い2曲を選びました。 皆様の中にも既に試してみた、または演奏会で耳にした方もいらっしゃるのではないでしょうか。 Il Lamentoは原曲の記譜音のオクターブ下で、Il Cacciaは原曲の記譜音に従って演奏しています。上声部はリコーダー、トラヴェルソ、ガンバ、その他様々な楽器で演奏可能。曲の雰囲気に応じて、お好みの楽器でどうぞ。 【Accompanist】 Ryosuke Sakamoto, Lute / Viola da gamba RYOSUKE SAKAMOTO was born in Nara (Japan). At the age of three, he first became interested in early music performance under the influence of his parents. In 2007, the year of his graduation at Tokyo University (bachelor degree on Aesthetics), he released his first solo CD ‘Travels with my Lute’ from Musica Rediviva (MRCD-013). This recording got a praised commentary on the CD magazine “Gramophone”, in November 2011. Ryosuke moved to Switzerland in 2008 and studied lute and various plucked instruments at Schola Cantorum Basiliensis in Basel, with prof. Hopkinson Smith. He continued further studies with prof. Crawford Young (medieval lute) and Anne Smith (performance practice on renaissance music) there, and graduated in 2013, with Master degree of specialized music performance. As a solo lutenist, Ryosuke won the first prize plus audience prize at the competition “III Consorso Maurizio Pratla” in L’Aquila (Italy). Already then, he was invited to make recitals by several lute societies in UK, Germany, Austria, and France. He is a member of “Delight in Disorder”, “The Queen’s Revels” as a principal lutenist. In 2012 he set up “Ensemble Il bell’humore”, which specializes in renaissance music. In 2017 he got the first prize at International Biber competition, as a member of “Concerto Ripiglino”. He appears numerous music festivals in Europe including “Festival Oude Muziek “ in Utrecht, “York Early Music Festival“, “Rezonanzen Wien, “Tage Alter Musik Regensburg” ,“Music in old Krakow Festival”, etc. His latest solo CD ‘Polyphony & Diminution’ was released from Musica Rediviva (MRCD-022) in 2016. 【奏者】坂本龍右 リュート、ヴィオラ ・ダ・ガンバ 東京大学文学部 (美学芸術学専修課程) 卒業後、バーゼル市立音楽院(バーゼル・スコラカントルム)に留学。ホプキンソン・スミス氏及びクロフォード・ヤング氏にリュートを、ランダル・クック氏にヴィオラ・ダ・ガンバを、アン・スミス氏にルネサンス音楽理論を、イェスパー・クリステンセン氏に通奏低音を師事し、2013年に修了。その後同校にて公式伴奏者として勤務。2013年、ラクィラの国際古楽コンクールにおけるリュート・ソロ部門で第1位及び聴衆賞。2017年、国際ビーバーコンクールにおけるアンサンブル部門第1位。ヨーロッパ各地の古楽祭やリュート協会主催の演奏会にソリストとして招聘される。録音にリュート・ソロによる「Travels with my Lute」「Polyphony & Diminution」ほか多数。2017年、有志で通奏低音組合「コンティヌオ・ギルド」を立ち上げ、演奏とアウトリーチの両面で活動を開始。 ● Web:http://ryosukesakamoto.com/ ● Facebook : https://www.facebook.com/ryosuke.sakamoto.58 ● Twitter : @contra2nd

combination sales Telemann Canon Sonata TWV40-118:TSA004 

  • 1,210 / Rental ( 30 days )
  • 1,210 / Download

【Tuning】a=415Hz, transposed from G-dur to B-dur 【Instruction】 ・Level: Intermediate / 中級者向け ・Tempo: Normal / テンポ:ノーマル 【Score】Read with transposing / 移調して読んでください http://ks4.imslp.net/files/imglnks/usimg/b/b4/IMSLP112003-PMLP54637-telemann_canones_melodicos.pdf サイトの4,5ページ、楽譜の2,3ページ http://conquest.imslp.info/files/imglnks/usimg/0/0d/IMSLP363134-PMLP54637-Kanon-Sonaten-Bfl..pdf F菅高音旋律楽器用、1,2ページ 【Message】 ト長調→変ロ長調に移調 楽譜のト音記号をヘ音記号(又はフレンチ記号)にして元の調号から♭を3つ増やす移調方法です。低音旋律楽器又はF菅の木管楽器が一緒に演奏し易いと思います。 私が1stパートとして収録しています。 【奏者】鈴木禎 Tadashi Suzuki, baroque bassoon 愛知県出身。国立音楽大学サクソフォン専攻卒業後ファゴットを始める。 ファゴット奏者サックス奏者としてオーケストラ、吹奏楽、室内楽、ソロの演奏、録音、レッスン、ファゴットリード制作販売を行なっています。様々な時代、地域のファゴット(ドゥルチアン、バロックファゴット、クラシカルファゴット、ロマンティックファゴット、モダンファゴット等)を駆使し、古楽奏者として演奏活動、レクチャー等を行っています。L’orchestre d’avant-garde、Contrapont、オーケストラ・シンポシオン、メンバー。 ダブルリード楽器のルーツであるトルコ民族楽器Zurna(ズルナ)奏者として、トルコマーチや吹奏楽のルーツであるトルコ軍楽隊音楽Mehter(メフテル)の演奏活動も行っています。 ● Facebook: https://www.facebook.com/suzuki.tadashi.3 ● Twitter: @tadashitaratara

Telemann 1. Vivace - Canon Sonata TWV40-118:TSA001 

  • 550 / Rental ( 30 days )
  • 550 / Download

【Tuning】a=415Hz, transposed from G-dur to B-dur 【Instruction】 ・Level: Intermediate / 中級者向け ・Tempo: Normal / テンポ:ノーマル 【Score】Read with transposing / 移調して読んでください http://ks4.imslp.net/files/imglnks/usimg/b/b4/IMSLP112003-PMLP54637-telemann_canones_melodicos.pdf サイトの4,5ページ、楽譜の2,3ページ http://conquest.imslp.info/files/imglnks/usimg/0/0d/IMSLP363134-PMLP54637-Kanon-Sonaten-Bfl..pdf F菅高音旋律楽器用、1,2ページ 【Message】 ト長調→変ロ長調に移調 楽譜のト音記号をヘ音記号(又はフレンチ記号)にして元の調号から♭を3つ増やす移調方法です。低音旋律楽器又はF菅の木管楽器が一緒に演奏し易いと思います。 私が1stパートとして収録しています。 【奏者】鈴木禎 Tadashi Suzuki, baroque bassoon 愛知県出身。国立音楽大学サクソフォン専攻卒業後ファゴットを始める。 ファゴット奏者サックス奏者としてオーケストラ、吹奏楽、室内楽、ソロの演奏、録音、レッスン、ファゴットリード制作販売を行なっています。様々な時代、地域のファゴット(ドゥルチアン、バロックファゴット、クラシカルファゴット、ロマンティックファゴット、モダンファゴット等)を駆使し、古楽奏者として演奏活動、レクチャー等を行っています。L’orchestre d’avant-garde、Contrapont、オーケストラ・シンポシオン、メンバー。 ダブルリード楽器のルーツであるトルコ民族楽器Zurna(ズルナ)奏者として、トルコマーチや吹奏楽のルーツであるトルコ軍楽隊音楽Mehter(メフテル)の演奏活動も行っています。 ● Facebook: https://www.facebook.com/suzuki.tadashi.3 ● Twitter: @tadashitaratara

Telemann 2. Adagio - Canon Sonata TWV40-118:TSA002 

  • 550 / Rental ( 30 days )
  • 550 / Download

【Tuning】a=415Hz, transposed from G-dur to B-dur 【Instruction】 ・Level: Intermediate / 中級者向け ・Tempo: Normal / テンポ:ノーマル 【Score】Read with transposing / 移調して読んでください http://ks4.imslp.net/files/imglnks/usimg/b/b4/IMSLP112003-PMLP54637-telemann_canones_melodicos.pdf サイトの4,5ページ、楽譜の2,3ページ http://conquest.imslp.info/files/imglnks/usimg/0/0d/IMSLP363134-PMLP54637-Kanon-Sonaten-Bfl..pdf F菅高音旋律楽器用、1,2ページ 【Message】 ト長調→変ロ長調に移調 楽譜のト音記号をヘ音記号(又はフレンチ記号)にして元の調号から♭を3つ増やす移調方法です。低音旋律楽器又はF菅の木管楽器が一緒に演奏し易いと思います。 私が1stパートとして収録しています。 【奏者】鈴木禎 Tadashi Suzuki, baroque bassoon 愛知県出身。国立音楽大学サクソフォン専攻卒業後ファゴットを始める。 ファゴット奏者サックス奏者としてオーケストラ、吹奏楽、室内楽、ソロの演奏、録音、レッスン、ファゴットリード制作販売を行なっています。様々な時代、地域のファゴット(ドゥルチアン、バロックファゴット、クラシカルファゴット、ロマンティックファゴット、モダンファゴット等)を駆使し、古楽奏者として演奏活動、レクチャー等を行っています。L’orchestre d’avant-garde、Contrapont、オーケストラ・シンポシオン、メンバー。 ダブルリード楽器のルーツであるトルコ民族楽器Zurna(ズルナ)奏者として、トルコマーチや吹奏楽のルーツであるトルコ軍楽隊音楽Mehter(メフテル)の演奏活動も行っています。 ● Facebook: https://www.facebook.com/suzuki.tadashi.3 ● Twitter: @tadashitaratara

Telemann 3. Allegro - Canon Sonata TWV40-118:TSA003 

  • 550 / Rental ( 30 days )
  • 550 / Download

【Tuning】a=415Hz, transposed from G-dur to B-dur 【Instruction】 ・Level: Intermediate / 中級者向け ・Tempo: Normal / テンポ:ノーマル 【Score】Read with transposing / 移調して読んでください http://ks4.imslp.net/files/imglnks/usimg/b/b4/IMSLP112003-PMLP54637-telemann_canones_melodicos.pdf サイトの4,5ページ、楽譜の2,3ページ http://conquest.imslp.info/files/imglnks/usimg/0/0d/IMSLP363134-PMLP54637-Kanon-Sonaten-Bfl..pdf F菅高音旋律楽器用、1,2ページ 【Message】 ト長調→変ロ長調に移調 楽譜のト音記号をヘ音記号(又はフレンチ記号)にして元の調号から♭を3つ増やす移調方法です。低音旋律楽器又はF菅の木管楽器が一緒に演奏し易いと思います。 私が1stパートとして収録しています。 【奏者】鈴木禎 Tadashi Suzuki, baroque bassoon 愛知県出身。国立音楽大学サクソフォン専攻卒業後ファゴットを始める。 ファゴット奏者サックス奏者としてオーケストラ、吹奏楽、室内楽、ソロの演奏、録音、レッスン、ファゴットリード制作販売を行なっています。様々な時代、地域のファゴット(ドゥルチアン、バロックファゴット、クラシカルファゴット、ロマンティックファゴット、モダンファゴット等)を駆使し、古楽奏者として演奏活動、レクチャー等を行っています。L’orchestre d’avant-garde、Contrapont、オーケストラ・シンポシオン、メンバー。 ダブルリード楽器のルーツであるトルコ民族楽器Zurna(ズルナ)奏者として、トルコマーチや吹奏楽のルーツであるトルコ軍楽隊音楽Mehter(メフテル)の演奏活動も行っています。 ● Facebook: https://www.facebook.com/suzuki.tadashi.3 ● Twitter: @tadashitaratara

Locke Fantazie, Saraband from Duos for two Basse-Violls : RSA001 

  • 550 / Rental ( 30 days )
  • 550 / Download

■Togetter:マシュー・ロック「2台のバス・ヴァイオルのためのデュオ」考 https://togetter.com/li/1519261 【Tuning】415Hz 【Instruction】 ・Level: Intermediate / 中級者向け ・Temlp: Normal / テンポ:ノーマル 【Score】http://www.guentersberg.de/noten/de/g128.php 【Message】 17世紀英国を代表する作曲家であるマシュー・ロックは、私、坂本龍右の大好きな作曲家でもあります。 2台のバス・ヴィオールが頻繁に役割を入れ替えるので、単なるメロディと伴奏を超えた掛け合いを楽しめます。たった2台の楽器でありながらも立体感のある音響、しかもとてもバス・ガンバにとって響きやすい調性で満足度が高いです。 【Accompanist】 Ryosuke Sakamoto, Lute / Viola da gamba RYOSUKE SAKAMOTO was born in Nara (Japan). At the age of three, he first became interested in early music performance under the influence of his parents. In 2007, the year of his graduation at Tokyo University (bachelor degree on Aesthetics), he released his first solo CD ‘Travels with my Lute’ from Musica Rediviva (MRCD-013). This recording got a praised commentary on the CD magazine “Gramophone”, in November 2011. Ryosuke moved to Switzerland in 2008 and studied lute and various plucked instruments at Schola Cantorum Basiliensis in Basel, with prof. Hopkinson Smith. He continued further studies with prof. Crawford Young (medieval lute) and Anne Smith (performance practice on renaissance music) there, and graduated in 2013, with Master degree of specialized music performance. As a solo lutenist, Ryosuke won the first prize plus audience prize at the competition “III Consorso Maurizio Pratla” in L’Aquila (Italy). Already then, he was invited to make recitals by several lute societies in UK, Germany, Austria, and France. He is a member of “Delight in Disorder”, “The Queen’s Revels” as a principal lutenist. In 2012 he set up “Ensemble Il bell’humore”, which specializes in renaissance music. In 2017 he got the first prize at International Biber competition, as a member of “Concerto Ripiglino”. He appears numerous music festivals in Europe including “Festival Oude Muziek “ in Utrecht, “York Early Music Festival“, “Rezonanzen Wien, “Tage Alter Musik Regensburg” ,“Music in old Krakow Festival”, etc. His latest solo CD ‘Polyphony & Diminution’ was released from Musica Rediviva (MRCD-022) in 2016. 【奏者】坂本龍右 リュート、ヴィオラ ・ダ・ガンバ 東京大学文学部 (美学芸術学専修課程) 卒業後、バーゼル市立音楽院(バーゼル・スコラカントルム)に留学。ホプキンソン・スミス氏及びクロフォード・ヤング氏にリュートを、ランダル・クック氏にヴィオラ・ダ・ガンバを、アン・スミス氏にルネサンス音楽理論を、イェスパー・クリステンセン氏に通奏低音を師事し、2013年に修了。その後同校にて公式伴奏者として勤務。2013年、ラクィラの国際古楽コンクールにおけるリュート・ソロ部門で第1位及び聴衆賞。2017年、国際ビーバーコンクールにおけるアンサンブル部門第1位。ヨーロッパ各地の古楽祭やリュート協会主催の演奏会にソリストとして招聘される。録音にリュート・ソロによる「Travels with my Lute」「Polyphony & Diminution」ほか多数。2017年、有志で通奏低音組合「コンティヌオ・ギルド」を立ち上げ、演奏とアウトリーチの両面で活動を開始。 ● Web:http://ryosukesakamoto.com/ ● Facebook : https://www.facebook.com/ryosuke.sakamoto.58 ● Twitter : @contra2nd

   Please tell me your thoughts !     close