Japanese  /  English

Promotion Video: Ryosuke Sakamoto 

  • Free

リュート奏者の坂本龍右さんにプロモーションビデオを作成いただきました。 6つのコンテンツが販売中となっております! ●セルミジのシャンソン Tant que vivray https://filmuy.com/smartaccompanist/video/416795655 曲の説明:https://togetter.com/li/1519258 ●トロンボンチーノのフロットラ Ostinato vo seguire https://filmuy.com/smartaccompanist/video/429623648 曲の説明:https://togetter.com/li/1559899 ●マシュー・ロック Fantazie, Saraband from Duos for two Basse-Violls https://filmuy.com/smartaccompanist/video/416795618 曲の説明:https://togetter.com/li/1519261 ●トマス・モーリー 2声のファンタジー Il Lamento, La Caccia for 2 voices https://filmuy.com/smartaccompanist/video/430563353 曲の説明:https://togetter.com/li/1565737 ●T. フォード 2台のリラ・ヴァイオルのためのパヴァン 'M.Maynes Choice' https://filmuy.com/smartaccompanist/video/429626026 曲の説明:https://togetter.com/li/1576463 ●作者不詳(1600頃)のリュートデュオ Drewries accordes https://filmuy.com/smartaccompanist/video/429616025 曲の説明:https://togetter.com/li/1589399 ■ 坂本龍右 Ryosuke Sakamoto, Lute 東京大学文学部 (美学芸術学専修課程) 卒業後、バーゼル市立音楽院(バーゼル・スコラカントルム)に留学。ホプキンソン・スミス氏及びクロフォード・ヤング氏にリュートを、ランダル・クック氏にヴィオラ・ダ・ガンバを、アン・スミス氏にルネサンス音楽理論を、イェスパー・クリステンセン氏に通奏低音を師事し、2015年に修了。その後同校にて公式伴奏者として勤務。2013年、ラクィラの国際古楽コンクールにおけるリュート・ソロ部門で第1位及び聴衆賞。2017年、国際ビーバーコンクールにおけるアンサンブル部門第1位。ヨーロッパ各地の古楽祭やリュート協会主催の演奏会にソリストとして招聘される。録音にリュート・ソロによる「Travels with my Lute」「Polyphony & Diminution」ほか多数。2017年、有志で通奏低音組合「コンティヌオ・ギルド」を立ち上げ、演奏とアウトリーチの両面で活動を開始。 ● Web:http://ryosukesakamoto.com/ ● Facebook : https://www.facebook.com/ryosuke.sakamoto.58 ● Twitter : @contra2nd

Promotion Video: Kaho Iwasaki 

  • Free

フルート奏者の岩崎花保さんにプロモーションビデオを作成いただきました。 この動画のマイナスワンを本サイトにて販売しております。 G. Ph. Telemann / Sonata for 2 flutes in D major, TWV 40:103, op.2 1楽章 1stのみ:https://filmuy.com/smartaccompanist/video/419172624 1楽章 2ndのみ:https://filmuy.com/smartaccompanist/video/419172342 2楽章 2ndのみ:https://filmuy.com/smartaccompanist/video/431205901

combination sales Dowland Three Songs from "The Second Booke of Songs":RSA014 

  • 1,430 / Rental ( 30 days )
  • 1,430 / Download

John Dowland (1563-1626) - I saw my Lady weepe - Flow my teares - Sorrow sorrow stay from "The Second Booke of Songs or Ayres (1600)" 坂本龍右さんによる曲の解説はこちらです:https://togetter.com/li/1637463 【Tuning】A=415Hz 【Instruction】 ・Level: Intermediate / 中級者向け ・Tempo: Normal / テンポ:ノーマル 【Score】https://imslp.org/wiki/The_Second_Book_of_Songes_(Dowland,_John) 【Message】  ジョン・ダウランドの歌曲集第二巻(1600年)から、最初の3曲を選びました。順に「I saw my Lady weepe」「Flow my teares」「Sorrow sorrow stay」で、いずれも今日特に愛唱されているダウランドの歌曲です。出版の経緯から見ても、曲の質の高さから見ても、とりわけこの第二巻の3曲にかけた作曲者の思いは並々ならぬものだったらしく、どうやらダウランドにとっても、まさに「人生を賭けた」曲集であったようにさえ思えます。    先輩作曲家ホルボーンに捧げた第1曲、「涙 Lachrimae」の副題を持ち、「涙のパヴァーヌ」として器楽曲の形でも有名になった第2曲、通作形式の歌曲に挑んだ第3曲と、どれもがその時点での作曲家の持てる力を最大限に発揮しています。ダウランドにとって、これらは「全てA面曲」というほどの意識だったのではないでしょうか?一般的には別個に演奏されることの多いこの3曲を、是非チクルスとして味わってみて下さい。なお有節歌曲のリュート伴奏は、全ての歌詞に対応しています。 【Accompanist】 Ryosuke Sakamoto, Lute / Viola da gamba RYOSUKE SAKAMOTO was born in Nara (Japan). At the age of three, he first became interested in early music performance under the influence of his parents. In 2007, the year of his graduation at Tokyo University (bachelor degree on Aesthetics), he released his first solo CD ‘Travels with my Lute’ from Musica Rediviva (MRCD-013). This recording got a praised commentary on the CD magazine “Gramophone”, in November 2011. Ryosuke moved to Switzerland in 2008 and studied lute and various plucked instruments at Schola Cantorum Basiliensis in Basel, with prof. Hopkinson Smith. He continued further studies with prof. Crawford Young (medieval lute) and Anne Smith (performance practice on renaissance music) there, and graduated in 2013, with Master degree of specialized music performance. As a solo lutenist, Ryosuke won the first prize plus audience prize at the competition “III Consorso Maurizio Pratla” in L’Aquila (Italy). Already then, he was invited to make recitals by several lute societies in UK, Germany, Austria, and France. He is a member of “Delight in Disorder”, “The Queen’s Revels” as a principal lutenist. In 2012 he set up “Ensemble Il bell’humore”, which specializes in renaissance music. In 2017 he got the first prize at International Biber competition, as a member of “Concerto Ripiglino”. He appears numerous music festivals in Europe including “Festival Oude Muziek “ in Utrecht, “York Early Music Festival“, “Rezonanzen Wien, “Tage Alter Musik Regensburg” ,“Music in old Krakow Festival”, etc. His latest solo CD ‘Polyphony & Diminution’ was released from Musica Rediviva (MRCD-022) in 2016. 【奏者】坂本龍右 リュート、ヴィオラ ・ダ・ガンバ 東京大学文学部 (美学芸術学専修課程) 卒業後、バーゼル市立音楽院(バーゼル・スコラカントルム)に留学。ホプキンソン・スミス氏及びクロフォード・ヤング氏にリュートを、ランダル・クック氏にヴィオラ・ダ・ガンバを、アン・スミス氏にルネサンス音楽理論を、イェスパー・クリステンセン氏に通奏低音を師事し、2013年に修了。その後同校にて公式伴奏者として勤務。2013年、ラクィラの国際古楽コンクールにおけるリュート・ソロ部門で第1位及び聴衆賞。2017年、国際ビーバーコンクールにおけるアンサンブル部門第1位。ヨーロッパ各地の古楽祭やリュート協会主催の演奏会にソリストとして招聘される。録音にリュート・ソロによる「Travels with my Lute」「Polyphony & Diminution」ほか多数。2017年、有志で通奏低音組合「コンティヌオ・ギルド」を立ち上げ、演奏とアウトリーチの両面で活動を開始。 ● Web:http://ryosukesakamoto.com/ ● Facebook :https://www.facebook.com/ryosuke.sakamoto.58 ● Twitter : @contra2nd

Dowland I saw my Lady weepe:RSA011 

  • 660 / Rental ( 30 days )
  • 660 / Download

ダウランドの歌曲集第2巻の3曲に関する、坂本龍右さんによる解説はこちらです:https://togetter.com/li/1637463 【Tuning】A=415Hz 【Instruction】 ・Level: Intermediate / 中級者向け ・Tempo: Normal / テンポ:ノーマル 【Score】https://imslp.org/wiki/The_Second_Book_of_Songes_(Dowland,_John) 【Message】  ジョン・ダウランドの歌曲集第二巻(1600年)から、最初の3曲を選びました。順に「I saw my Lady weepe」「Flow my teares」「Sorrow sorrow stay」で、いずれも今日特に愛唱されているダウランドの歌曲です。出版の経緯から見ても、曲の質の高さから見ても、とりわけこの第二巻の3曲にかけた作曲者の思いは並々ならぬものだったらしく、どうやらダウランドにとっても、まさに「人生を賭けた」曲集であったようにさえ思えます。    先輩作曲家ホルボーンに捧げた第1曲、「涙 Lachrimae」の副題を持ち、「涙のパヴァーヌ」として器楽曲の形でも有名になった第2曲、通作形式の歌曲に挑んだ第3曲と、どれもがその時点での作曲家の持てる力を最大限に発揮しています。ダウランドにとって、これらは「全てA面曲」というほどの意識だったのではないでしょうか?一般的には別個に演奏されることの多いこの3曲を、是非チクルスとして味わってみて下さい。なお有節歌曲のリュート伴奏は、全ての歌詞に対応しています。 【Accompanist】 Ryosuke Sakamoto, Lute / Viola da gamba RYOSUKE SAKAMOTO was born in Nara (Japan). At the age of three, he first became interested in early music performance under the influence of his parents. In 2007, the year of his graduation at Tokyo University (bachelor degree on Aesthetics), he released his first solo CD ‘Travels with my Lute’ from Musica Rediviva (MRCD-013). This recording got a praised commentary on the CD magazine “Gramophone”, in November 2011. Ryosuke moved to Switzerland in 2008 and studied lute and various plucked instruments at Schola Cantorum Basiliensis in Basel, with prof. Hopkinson Smith. He continued further studies with prof. Crawford Young (medieval lute) and Anne Smith (performance practice on renaissance music) there, and graduated in 2013, with Master degree of specialized music performance. As a solo lutenist, Ryosuke won the first prize plus audience prize at the competition “III Consorso Maurizio Pratla” in L’Aquila (Italy). Already then, he was invited to make recitals by several lute societies in UK, Germany, Austria, and France. He is a member of “Delight in Disorder”, “The Queen’s Revels” as a principal lutenist. In 2012 he set up “Ensemble Il bell’humore”, which specializes in renaissance music. In 2017 he got the first prize at International Biber competition, as a member of “Concerto Ripiglino”. He appears numerous music festivals in Europe including “Festival Oude Muziek “ in Utrecht, “York Early Music Festival“, “Rezonanzen Wien, “Tage Alter Musik Regensburg” ,“Music in old Krakow Festival”, etc. His latest solo CD ‘Polyphony & Diminution’ was released from Musica Rediviva (MRCD-022) in 2016. 【奏者】坂本龍右 リュート、ヴィオラ ・ダ・ガンバ 東京大学文学部 (美学芸術学専修課程) 卒業後、バーゼル市立音楽院(バーゼル・スコラカントルム)に留学。ホプキンソン・スミス氏及びクロフォード・ヤング氏にリュートを、ランダル・クック氏にヴィオラ・ダ・ガンバを、アン・スミス氏にルネサンス音楽理論を、イェスパー・クリステンセン氏に通奏低音を師事し、2013年に修了。その後同校にて公式伴奏者として勤務。2013年、ラクィラの国際古楽コンクールにおけるリュート・ソロ部門で第1位及び聴衆賞。2017年、国際ビーバーコンクールにおけるアンサンブル部門第1位。ヨーロッパ各地の古楽祭やリュート協会主催の演奏会にソリストとして招聘される。録音にリュート・ソロによる「Travels with my Lute」「Polyphony & Diminution」ほか多数。2017年、有志で通奏低音組合「コンティヌオ・ギルド」を立ち上げ、演奏とアウトリーチの両面で活動を開始。 ● Web:http://ryosukesakamoto.com/ ● Facebook :https://www.facebook.com/ryosuke.sakamoto.58 ● Twitter : @contra2nd

Dowland Flow my teares:RSA012 

  • 660 / Rental ( 30 days )
  • 660 / Download

ダウランドの歌曲集第2巻の3曲に関する、坂本龍右さんによる解説はこちらです:https://togetter.com/li/1637463 【Tuning】A=415Hz 【Instruction】 ・Level: Intermediate / 中級者向け ・Tempo: Normal / テンポ:ノーマル 【Score】https://imslp.org/wiki/The_Second_Book_of_Songes_(Dowland,_John) 【Message】  ジョン・ダウランドの歌曲集第二巻(1600年)から、最初の3曲を選びました。順に「I saw my Lady weepe」「Flow my teares」「Sorrow sorrow stay」で、いずれも今日特に愛唱されているダウランドの歌曲です。出版の経緯から見ても、曲の質の高さから見ても、とりわけこの第二巻の3曲にかけた作曲者の思いは並々ならぬものだったらしく、どうやらダウランドにとっても、まさに「人生を賭けた」曲集であったようにさえ思えます。    先輩作曲家ホルボーンに捧げた第1曲、「涙 Lachrimae」の副題を持ち、「涙のパヴァーヌ」として器楽曲の形でも有名になった第2曲、通作形式の歌曲に挑んだ第3曲と、どれもがその時点での作曲家の持てる力を最大限に発揮しています。ダウランドにとって、これらは「全てA面曲」というほどの意識だったのではないでしょうか?一般的には別個に演奏されることの多いこの3曲を、是非チクルスとして味わってみて下さい。なお有節歌曲のリュート伴奏は、全ての歌詞に対応しています。 【Accompanist】 Ryosuke Sakamoto, Lute / Viola da gamba RYOSUKE SAKAMOTO was born in Nara (Japan). At the age of three, he first became interested in early music performance under the influence of his parents. In 2007, the year of his graduation at Tokyo University (bachelor degree on Aesthetics), he released his first solo CD ‘Travels with my Lute’ from Musica Rediviva (MRCD-013). This recording got a praised commentary on the CD magazine “Gramophone”, in November 2011. Ryosuke moved to Switzerland in 2008 and studied lute and various plucked instruments at Schola Cantorum Basiliensis in Basel, with prof. Hopkinson Smith. He continued further studies with prof. Crawford Young (medieval lute) and Anne Smith (performance practice on renaissance music) there, and graduated in 2013, with Master degree of specialized music performance. As a solo lutenist, Ryosuke won the first prize plus audience prize at the competition “III Consorso Maurizio Pratla” in L’Aquila (Italy). Already then, he was invited to make recitals by several lute societies in UK, Germany, Austria, and France. He is a member of “Delight in Disorder”, “The Queen’s Revels” as a principal lutenist. In 2012 he set up “Ensemble Il bell’humore”, which specializes in renaissance music. In 2017 he got the first prize at International Biber competition, as a member of “Concerto Ripiglino”. He appears numerous music festivals in Europe including “Festival Oude Muziek “ in Utrecht, “York Early Music Festival“, “Rezonanzen Wien, “Tage Alter Musik Regensburg” ,“Music in old Krakow Festival”, etc. His latest solo CD ‘Polyphony & Diminution’ was released from Musica Rediviva (MRCD-022) in 2016. 【奏者】坂本龍右 リュート、ヴィオラ ・ダ・ガンバ 東京大学文学部 (美学芸術学専修課程) 卒業後、バーゼル市立音楽院(バーゼル・スコラカントルム)に留学。ホプキンソン・スミス氏及びクロフォード・ヤング氏にリュートを、ランダル・クック氏にヴィオラ・ダ・ガンバを、アン・スミス氏にルネサンス音楽理論を、イェスパー・クリステンセン氏に通奏低音を師事し、2013年に修了。その後同校にて公式伴奏者として勤務。2013年、ラクィラの国際古楽コンクールにおけるリュート・ソロ部門で第1位及び聴衆賞。2017年、国際ビーバーコンクールにおけるアンサンブル部門第1位。ヨーロッパ各地の古楽祭やリュート協会主催の演奏会にソリストとして招聘される。録音にリュート・ソロによる「Travels with my Lute」「Polyphony & Diminution」ほか多数。2017年、有志で通奏低音組合「コンティヌオ・ギルド」を立ち上げ、演奏とアウトリーチの両面で活動を開始。 ● Web:http://ryosukesakamoto.com/ ● Facebook :https://www.facebook.com/ryosuke.sakamoto.58 ● Twitter : @contra2nd

Dowland Sorrow sorrow stay:RSA013 

  • 660 / Rental ( 30 days )
  • 660 / Download

ダウランドの歌曲集第2巻の3曲に関する、坂本龍右さんによる解説はこちらです:https://togetter.com/li/1637463 【Tuning】A=415Hz 【Instruction】 ・Level: Intermediate / 中級者向け ・Tempo: Normal / テンポ:ノーマル 【Score】https://imslp.org/wiki/The_Second_Book_of_Songes_(Dowland,_John) 【Message】  ジョン・ダウランドの歌曲集第二巻(1600年)から、最初の3曲を選びました。順に「I saw my Lady weepe」「Flow my teares」「Sorrow sorrow stay」で、いずれも今日特に愛唱されているダウランドの歌曲です。出版の経緯から見ても、曲の質の高さから見ても、とりわけこの第二巻の3曲にかけた作曲者の思いは並々ならぬものだったらしく、どうやらダウランドにとっても、まさに「人生を賭けた」曲集であったようにさえ思えます。    先輩作曲家ホルボーンに捧げた第1曲、「涙 Lachrimae」の副題を持ち、「涙のパヴァーヌ」として器楽曲の形でも有名になった第2曲、通作形式の歌曲に挑んだ第3曲と、どれもがその時点での作曲家の持てる力を最大限に発揮しています。ダウランドにとって、これらは「全てA面曲」というほどの意識だったのではないでしょうか?一般的には別個に演奏されることの多いこの3曲を、是非チクルスとして味わってみて下さい。なお有節歌曲のリュート伴奏は、全ての歌詞に対応しています。 【Accompanist】 Ryosuke Sakamoto, Lute / Viola da gamba RYOSUKE SAKAMOTO was born in Nara (Japan). At the age of three, he first became interested in early music performance under the influence of his parents. In 2007, the year of his graduation at Tokyo University (bachelor degree on Aesthetics), he released his first solo CD ‘Travels with my Lute’ from Musica Rediviva (MRCD-013). This recording got a praised commentary on the CD magazine “Gramophone”, in November 2011. Ryosuke moved to Switzerland in 2008 and studied lute and various plucked instruments at Schola Cantorum Basiliensis in Basel, with prof. Hopkinson Smith. He continued further studies with prof. Crawford Young (medieval lute) and Anne Smith (performance practice on renaissance music) there, and graduated in 2013, with Master degree of specialized music performance. As a solo lutenist, Ryosuke won the first prize plus audience prize at the competition “III Consorso Maurizio Pratla” in L’Aquila (Italy). Already then, he was invited to make recitals by several lute societies in UK, Germany, Austria, and France. He is a member of “Delight in Disorder”, “The Queen’s Revels” as a principal lutenist. In 2012 he set up “Ensemble Il bell’humore”, which specializes in renaissance music. In 2017 he got the first prize at International Biber competition, as a member of “Concerto Ripiglino”. He appears numerous music festivals in Europe including “Festival Oude Muziek “ in Utrecht, “York Early Music Festival“, “Rezonanzen Wien, “Tage Alter Musik Regensburg” ,“Music in old Krakow Festival”, etc. His latest solo CD ‘Polyphony & Diminution’ was released from Musica Rediviva (MRCD-022) in 2016. 【奏者】坂本龍右 リュート、ヴィオラ ・ダ・ガンバ 東京大学文学部 (美学芸術学専修課程) 卒業後、バーゼル市立音楽院(バーゼル・スコラカントルム)に留学。ホプキンソン・スミス氏及びクロフォード・ヤング氏にリュートを、ランダル・クック氏にヴィオラ・ダ・ガンバを、アン・スミス氏にルネサンス音楽理論を、イェスパー・クリステンセン氏に通奏低音を師事し、2013年に修了。その後同校にて公式伴奏者として勤務。2013年、ラクィラの国際古楽コンクールにおけるリュート・ソロ部門で第1位及び聴衆賞。2017年、国際ビーバーコンクールにおけるアンサンブル部門第1位。ヨーロッパ各地の古楽祭やリュート協会主催の演奏会にソリストとして招聘される。録音にリュート・ソロによる「Travels with my Lute」「Polyphony & Diminution」ほか多数。2017年、有志で通奏低音組合「コンティヌオ・ギルド」を立ち上げ、演奏とアウトリーチの両面で活動を開始。 ● Web:http://ryosukesakamoto.com/ ● Facebook :https://www.facebook.com/ryosuke.sakamoto.58 ● Twitter : @contra2nd

combination sales Bach Flute Sonata E-dur, BWV1035:YHA039 

  • 1,870 / Rental ( 30 days )
  • 1,870 / Download

【Tuning】415Hz 【Instruction】 ・Tempo: Normal / テンポ:ノーマル 【Score】https://imslp.org/wiki/Flute_Sonata_in_E_major,_BWV_1035_(Bach,_Johann_Sebastian) 【Message】 リクエストいただきありがとうございます! 私も大好きな曲です。好きすぎてトラヴェルソで挑戦してみましたが撃沈しました。吹けるあなたがうらやましいです・・。 トラヴェルソで吹くE-durは音程が安定させづらく難しいと思いますが、チェンバロもE-durは少し響きが曇る箇所があります。主和音はまだそこまでうなりませんが、属和音であるH-Dis-Fisはかなりうなりが大きく、バッハはなぜこんな難しい調で曲を書いたんだろうなあ、と考えたりしています。バッハの作品にE-durのものはそれほど多くないのですが、鍵盤曲だとチェンバロコンチェルトBWV1053など、調号がこんなに多いわりに(笑)、曲は一定数存在します。どの作品も、他の調には天上の輝きというか、あたたかさというよりはきらめきのようなものがあり、でもその奥で冷たさとかが存在するような、一言で表すのが難しい不思議な響きがするように感じます。少し不思議な香りのするE-durの世界観を楽しんでください! 【Accompanist】 Yuki Hoshino, harpsichord Yuki majored in piano and harpsichord performance at Tokyo University of the Arts and finished her maser's degree in music. In her last academic year she also worked for Department of Early Music as a mentor. She studied musical performance of harpsichord under Naoya Otsuka and Pieter-Jan Belder, and theoretical method of playing basso continuo under Naoko Imai. Her profession varies from harpsicord, organ, fortepiano, clavichord to modern piano. Currently, she has been working mainly as a continuo player. Christoph Hartmann, the principal oboist of Berliner Philharmoniker, co-starred her for his solo recital in Japan. In 2019, she set up Lynx Consort with Futo Yamane (cello), the aim of which is to perform various range of pieces on historically informed performance practice. She is also the rehearsal pianist of Supra Ensemble and Johannes Cantores. 【奏者】星野友紀 チェンバロ 東京藝術大学附属音楽高校、音楽学部ピアノ専攻を卒業、修士課程チェンバロ専攻を修了。チェンバロ、オルガン、クラヴィコードなど操る。ベルリンフィルハーモニーのオーボエ奏者、クリストフ・ハルトマン氏に招かれ、ハルトマン氏のソロリサイタルに出演するなど、通奏低音奏者としても広く活躍。スプラアンサンブル稽古ピアニスト。ヒストリカルアンサンブル “Lynx Consort” 主宰。チェンバロを大塚直哉、通奏低音を今井奈緒子氏に師事。 ●Twitter: @cemb_y

Bach 1.Adagio ma non tanto - BWV1035:YHA035 

  • 550 / Rental ( 30 days )
  • 550 / Download

J. S. Bach / Flute Sonata E-dur, BWV1035 【Tuning】415Hz 【Instruction】 ・Tempo: Normal / テンポ:ノーマル 【Score】https://imslp.org/wiki/Flute_Sonata_in_E_major,_BWV_1035_(Bach,_Johann_Sebastian) 【Message】 1楽章:動画の一番最初に、音とりようにD-durの和音を弾いていますので、チューニングにお使いください。出だしの合図ですが、音声をつけていません。身体の動きでわかるようにしてありますので、それに合わせて呼吸してみてください。この楽章では、ためたり進めたり揺らしたりというのを好きなように表現してほしいのですが、コンティヌオもそれに合わせすぎてしまうと船酔いみたいになってしまうこともあるので、コンティヌオパートはゆらしたりしつつもそこまで大きくテンポをいじらないようにしました。 【Accompanist】 Yuki Hoshino, harpsichord Yuki majored in piano and harpsichord performance at Tokyo University of the Arts and finished her maser's degree in music. In her last academic year she also worked for Department of Early Music as a mentor. She studied musical performance of harpsichord under Naoya Otsuka and Pieter-Jan Belder, and theoretical method of playing basso continuo under Naoko Imai. Her profession varies from harpsicord, organ, fortepiano, clavichord to modern piano. Currently, she has been working mainly as a continuo player. Christoph Hartmann, the principal oboist of Berliner Philharmoniker, co-starred her for his solo recital in Japan. In 2019, she set up Lynx Consort with Futo Yamane (cello), the aim of which is to perform various range of pieces on historically informed performance practice. She is also the rehearsal pianist of Supra Ensemble and Johannes Cantores. 【奏者】星野友紀 チェンバロ 東京藝術大学附属音楽高校、音楽学部ピアノ専攻を卒業、修士課程チェンバロ専攻を修了。チェンバロ、オルガン、クラヴィコードなど操る。ベルリンフィルハーモニーのオーボエ奏者、クリストフ・ハルトマン氏に招かれ、ハルトマン氏のソロリサイタルに出演するなど、通奏低音奏者としても広く活躍。スプラアンサンブル稽古ピアニスト。ヒストリカルアンサンブル “Lynx Consort” 主宰。チェンバロを大塚直哉、通奏低音を今井奈緒子氏に師事。 ●Twitter: @cemb_y

Bach 2.Allegro - BWV1035:YHA036 

  • 660 / Rental ( 30 days )
  • 660 / Download

J. S. Bach / Flute Sonata E-dur, BWV1035 【Tuning】415Hz 【Instruction】 ・Tempo: Normal / テンポ:ノーマル 【Score】https://imslp.org/wiki/Flute_Sonata_in_E_major,_BWV_1035_(Bach,_Johann_Sebastian) 【Message】 2楽章:繰り返し、2回ともありです。 パッセージが忙しすぎてついつい頑張って吹いてしまう曲ですが、1楽章や3楽章に比べて和声が単純なところが多いので、頑張って吹くだけだとどうしても曲の変化が少なくなってしまうのが難しい楽章ですね・・・。そのフレーズが上がっていくのか下がっていくのかを意識していくと音楽を作っていきやすいです。 【Accompanist】 Yuki Hoshino, harpsichord Yuki majored in piano and harpsichord performance at Tokyo University of the Arts and finished her maser's degree in music. In her last academic year she also worked for Department of Early Music as a mentor. She studied musical performance of harpsichord under Naoya Otsuka and Pieter-Jan Belder, and theoretical method of playing basso continuo under Naoko Imai. Her profession varies from harpsicord, organ, fortepiano, clavichord to modern piano. Currently, she has been working mainly as a continuo player. Christoph Hartmann, the principal oboist of Berliner Philharmoniker, co-starred her for his solo recital in Japan. In 2019, she set up Lynx Consort with Futo Yamane (cello), the aim of which is to perform various range of pieces on historically informed performance practice. She is also the rehearsal pianist of Supra Ensemble and Johannes Cantores. 【奏者】星野友紀 チェンバロ 東京藝術大学附属音楽高校、音楽学部ピアノ専攻を卒業、修士課程チェンバロ専攻を修了。チェンバロ、オルガン、クラヴィコードなど操る。ベルリンフィルハーモニーのオーボエ奏者、クリストフ・ハルトマン氏に招かれ、ハルトマン氏のソロリサイタルに出演するなど、通奏低音奏者としても広く活躍。スプラアンサンブル稽古ピアニスト。ヒストリカルアンサンブル “Lynx Consort” 主宰。チェンバロを大塚直哉、通奏低音を今井奈緒子氏に師事。 ●Twitter: @cemb_y

Bach 3.Siciliano - BWV1035:YHA037 

  • 660 / Rental ( 30 days )
  • 660 / Download

J. S. Bach / Flute Sonata E-dur, BWV1035 【Tuning】415Hz 【Instruction】 ・Tempo: Normal / テンポ:ノーマル 【Score】https://imslp.org/wiki/Flute_Sonata_in_E_major,_BWV_1035_(Bach,_Johann_Sebastian) 【Message】 3楽章:私はこの楽章が好きすぎてよく鼻歌しています。 cis-mollが持っている冷酷さとか厳しさとか冷たさとか、そういうのが詰め込まれていて、バッハは調を曲で表現するのが天才的に上手なんだなあと偉そうなことを考えてしまいます。和音が移り行くのを感じていただきやすいように、音数は絞らずに演奏しました。実際の演奏でこれだけ弾いてしまうとトラヴェルソが聞こえなくなってしまうかもしれないのですが、練習でこれだけ和音を聴ければ音数が減っても和声感を表現できることと思います! 【Accompanist】 Yuki Hoshino, harpsichord Yuki majored in piano and harpsichord performance at Tokyo University of the Arts and finished her maser's degree in music. In her last academic year she also worked for Department of Early Music as a mentor. She studied musical performance of harpsichord under Naoya Otsuka and Pieter-Jan Belder, and theoretical method of playing basso continuo under Naoko Imai. Her profession varies from harpsicord, organ, fortepiano, clavichord to modern piano. Currently, she has been working mainly as a continuo player. Christoph Hartmann, the principal oboist of Berliner Philharmoniker, co-starred her for his solo recital in Japan. In 2019, she set up Lynx Consort with Futo Yamane (cello), the aim of which is to perform various range of pieces on historically informed performance practice. She is also the rehearsal pianist of Supra Ensemble and Johannes Cantores. 【奏者】星野友紀 チェンバロ 東京藝術大学附属音楽高校、音楽学部ピアノ専攻を卒業、修士課程チェンバロ専攻を修了。チェンバロ、オルガン、クラヴィコードなど操る。ベルリンフィルハーモニーのオーボエ奏者、クリストフ・ハルトマン氏に招かれ、ハルトマン氏のソロリサイタルに出演するなど、通奏低音奏者としても広く活躍。スプラアンサンブル稽古ピアニスト。ヒストリカルアンサンブル “Lynx Consort” 主宰。チェンバロを大塚直哉、通奏低音を今井奈緒子氏に師事。 ●Twitter: @cemb_y

Bach 4.Allegro assai - BWV1035:YHA038 

  • 660 / Rental ( 30 days )
  • 660 / Download

J. S. Bach / Flute Sonata E-dur, BWV1035 【Tuning】415Hz 【Instruction】 ・Tempo: Normal / テンポ:ノーマル 【Score】https://imslp.org/wiki/Flute_Sonata_in_E_major,_BWV_1035_(Bach,_Johann_Sebastian) 【Message】 4楽章:繰り返し、2回ともありです。 3楽章の空気を全部吹き飛ばすかのような、軽やかな楽章ですね。この楽章はトラヴェルソがコロコロ華麗に動いているのをコンティヌオが刻みながら進ませたり引き留めたりするような、2声部のキャッチボールが特徴です。こちらからいろんな仕掛けを投げているので、ぜひ受け取ってください! 【Accompanist】 Yuki Hoshino, harpsichord Yuki majored in piano and harpsichord performance at Tokyo University of the Arts and finished her maser's degree in music. In her last academic year she also worked for Department of Early Music as a mentor. She studied musical performance of harpsichord under Naoya Otsuka and Pieter-Jan Belder, and theoretical method of playing basso continuo under Naoko Imai. Her profession varies from harpsicord, organ, fortepiano, clavichord to modern piano. Currently, she has been working mainly as a continuo player. Christoph Hartmann, the principal oboist of Berliner Philharmoniker, co-starred her for his solo recital in Japan. In 2019, she set up Lynx Consort with Futo Yamane (cello), the aim of which is to perform various range of pieces on historically informed performance practice. She is also the rehearsal pianist of Supra Ensemble and Johannes Cantores. 【奏者】星野友紀 チェンバロ 東京藝術大学附属音楽高校、音楽学部ピアノ専攻を卒業、修士課程チェンバロ専攻を修了。チェンバロ、オルガン、クラヴィコードなど操る。ベルリンフィルハーモニーのオーボエ奏者、クリストフ・ハルトマン氏に招かれ、ハルトマン氏のソロリサイタルに出演するなど、通奏低音奏者としても広く活躍。スプラアンサンブル稽古ピアニスト。ヒストリカルアンサンブル “Lynx Consort” 主宰。チェンバロを大塚直哉、通奏低音を今井奈緒子氏に師事。 ●Twitter: @cemb_y

combination sales Airs de cour - Three famous songs:RSA010 

  • 1,430 / Rental ( 30 days )
  • 1,430 / Download

1. Cessés mortels de soupirer / Pierre Guédron (after 1564 - 1619 or 1620) 2. N'espérez plus mes yeux / Antoine Boësset (1586 - 1643) 3. Enfin la beauté que j'adore / Etienne Moulinié (1599 - 1676) 【Tuning】A=415Hz 【Instruction】 ・Level: Intermediate / 中級者向け 【Score】 1. https://imslp.simssa.ca/files/imglnks/usimg/b/be/IMSLP246096-PMLP398425-Livre_4.pdf 2. https://symetrie.com/fr/titres/airs-de-cour-pour-voix-et-luth-1603-1643 3. https://imslp.simssa.ca/files/imglnks/usimg/1/15/IMSLP246223-PMLP399247-Livre_1_Moulini%C3%A9.pdf 【Message】 エール・ド・クールは、16世紀末から17世紀の前半にかけて、パリを中心とするフランスで花開いた世俗歌曲のジャンルで、 当時愛奏されたリュート伴奏による楽譜も多く出版され、空前のブームを形成しました。 そこで今回は、「エール・ド・クール御三家」と言ってもよい、ゲドロン、ボエセ、ムリ二エという、当時の代表的な作曲家3名による、代表的な作品のマイナスワン音源を提供させていただきます。リュート伴奏パートには、フランス風の装飾を適度に加えてあります。フランス語の抑揚に合わせた、エスプリに富んだ世界をお楽しみ下さい。 【Accompanist】 Ryosuke Sakamoto, Lute / Viola da gamba RYOSUKE SAKAMOTO was born in Nara (Japan). At the age of three, he first became interested in early music performance under the influence of his parents. In 2007, the year of his graduation at Tokyo University (bachelor degree on Aesthetics), he released his first solo CD ‘Travels with my Lute’ from Musica Rediviva (MRCD-013). This recording got a praised commentary on the CD magazine “Gramophone”, in November 2011. Ryosuke moved to Switzerland in 2008 and studied lute and various plucked instruments at Schola Cantorum Basiliensis in Basel, with prof. Hopkinson Smith. He continued further studies with prof. Crawford Young (medieval lute) and Anne Smith (performance practice on renaissance music) there, and graduated in 2013, with Master degree of specialized music performance. As a solo lutenist, Ryosuke won the first prize plus audience prize at the competition “III Consorso Maurizio Pratla” in L’Aquila (Italy). Already then, he was invited to make recitals by several lute societies in UK, Germany, Austria, and France. He is a member of “Delight in Disorder”, “The Queen’s Revels” as a principal lutenist. In 2012 he set up “Ensemble Il bell’humore”, which specializes in renaissance music. In 2017 he got the first prize at International Biber competition, as a member of “Concerto Ripiglino”. He appears numerous music festivals in Europe including “Festival Oude Muziek “ in Utrecht, “York Early Music Festival“, “Rezonanzen Wien, “Tage Alter Musik Regensburg” ,“Music in old Krakow Festival”, etc. His latest solo CD ‘Polyphony & Diminution’ was released from Musica Rediviva (MRCD-022) in 2016. 【奏者】坂本龍右 リュート、ヴィオラ ・ダ・ガンバ 東京大学文学部 (美学芸術学専修課程) 卒業後、バーゼル市立音楽院(バーゼル・スコラカントルム)に留学。ホプキンソン・スミス氏及びクロフォード・ヤング氏にリュートを、ランダル・クック氏にヴィオラ・ダ・ガンバを、アン・スミス氏にルネサンス音楽理論を、イェスパー・クリステンセン氏に通奏低音を師事し、2013年に修了。その後同校にて公式伴奏者として勤務。2013年、ラクィラの国際古楽コンクールにおけるリュート・ソロ部門で第1位及び聴衆賞。2017年、国際ビーバーコンクールにおけるアンサンブル部門第1位。ヨーロッパ各地の古楽祭やリュート協会主催の演奏会にソリストとして招聘される。録音にリュート・ソロによる「Travels with my Lute」「Polyphony & Diminution」ほか多数。2017年、有志で通奏低音組合「コンティヌオ・ギルド」を立ち上げ、演奏とアウトリーチの両面で活動を開始。 ● Web:http://ryosukesakamoto.com/ ● Facebook :https://www.facebook.com/ryosuke.sakamoto.58 ● Twitter : @contra2nd

Hotteterre 8.Gigue - Suite in D major, Op.2-1:SNA007 

  • 550 / Rental ( 30 days )
  • 550 / Download

8. Gigue 'La Folichon' Jacques Hotteterre / Suite in D major, Op.2 No.1 from "Pièces pour la flûte traversiere, Op.2" 【Bonus Content】 The minus-zero content (video with all parts performed) available upon purchase. 購入者特典として、全パートが揃った演奏動画をご視聴いただけます。 【Tuning】a=415Hz 【Instruction】 ・Level: Intermediate ・Tempo: Normal 【Score】 https://imslp.org/wiki/Pièces_pour_la_flûte_traversiere,_Op.2_(Hotteterre,_Jacques) 【Message】 フランス・バロックのフルート曲の中で基本中の基本といえる曲です。ヴェルサイユでルイ14世の宮廷楽師だったオトテールは教育にも力を入れ、フルートの教則本や即興的な演奏方法を書いたプレリュードの技法や、当時流行していた歌をフルートデュエットにしてまとめた初心者向けのエールとブルネット集等などを出版しています。今回収録した作品2の曲集には、当時は書き込まれずに演奏家が自由につけていた装飾音がたくさん書き込まれています。自分でつけることのできない人の参考になればと序文に書かれています。バロック時代にはフランス様式とイタリア様式という二つの全く異なる様式がありました。たとえばフランス様式の曲では、早い音価は書かれていなくても付点がついているかのように不均等に演奏する奏法、イネガールをつけて演奏する必要があります。舞曲が主体なので、それぞれのダンスの方を知らないと演奏の仕方が分からないかもしれません。バッハ、ヘンデル、テレマンの曲などはイタリア様式のものが多いため、フランス様式の曲はちょっと分からないと敬遠する方もいらっしゃるかもしれません。バロック・フルートはルイ14世時代のフランスで開発され他の国へと伝播していきました。そのためバロックのフルートの曲の多くはフランスの影響を受けているといえます。ぜひ、フランス様式が分からないという方はマイナスワンの前にフルートとチェンバロの見本演奏と一緒に何度も演奏してみてください。演奏習慣はとにかく慣れです。自然と舞曲のリズム感が身についてくるはずです。前田りり子さんを含めオトテールのCDはたくさん出ていますが、415で録音されているものはあまりないので、ぜひご活用ください。 【Accompanist】Seiichiro Nishino, harpsichord Seiichiro Nishino is a Japanese harpsichord and clavichord player. He graduated from Toho Gakuen School of Music. He studied under Chiyoko Arita, Naoki Ueo, and Takuya Nemoto. He is a member of Concerts Eclatants Fukuoka. 【奏者】西野晟一朗 チェンバロ 旧福岡古楽音楽祭の影響で古楽に興味を持つ。 桐朋学園大学古楽器科チェンバロ専攻を卒業。チェンバロ、通奏低音を有田千代子、上尾直毅、根本卓也の各氏に師事。ウルビノ古楽音楽祭に参加、チェンバロをリナルド・アレッサンドリーニ、室内楽をステファノ・デミケーレ、エンリコ・ガッティに師事。 アルル音楽教室チェンバロ講師。コンセール・エクラタン福岡メンバー。 現在、東京と福岡を中心に演奏活動を行なっている。

Hotteterre 6-7.Menuett I&II - Suite in D major, Op.2-1:SNA006 

  • 550 / Rental ( 30 days )
  • 550 / Download

6. Menuet 'Le Comte de Brione' & 7. Deuxième Menuet Jacques Hotteterre / Suite in D major, Op.2 No.1 from "Pièces pour la flûte traversiere, Op.2" 【Bonus Content】 The minus-zero content (video with all parts performed) available upon purchase. 購入者特典として、全パートが揃った演奏動画をご視聴いただけます。 【Tuning】a=415Hz 【Instruction】 ・Level: Intermediate ・Tempo: Normal 【Score】 https://imslp.org/wiki/Pièces_pour_la_flûte_traversiere,_Op.2_(Hotteterre,_Jacques) 【Message】 フランス・バロックのフルート曲の中で基本中の基本といえる曲です。ヴェルサイユでルイ14世の宮廷楽師だったオトテールは教育にも力を入れ、フルートの教則本や即興的な演奏方法を書いたプレリュードの技法や、当時流行していた歌をフルートデュエットにしてまとめた初心者向けのエールとブルネット集等などを出版しています。今回収録した作品2の曲集には、当時は書き込まれずに演奏家が自由につけていた装飾音がたくさん書き込まれています。自分でつけることのできない人の参考になればと序文に書かれています。バロック時代にはフランス様式とイタリア様式という二つの全く異なる様式がありました。たとえばフランス様式の曲では、早い音価は書かれていなくても付点がついているかのように不均等に演奏する奏法、イネガールをつけて演奏する必要があります。舞曲が主体なので、それぞれのダンスの方を知らないと演奏の仕方が分からないかもしれません。バッハ、ヘンデル、テレマンの曲などはイタリア様式のものが多いため、フランス様式の曲はちょっと分からないと敬遠する方もいらっしゃるかもしれません。バロック・フルートはルイ14世時代のフランスで開発され他の国へと伝播していきました。そのためバロックのフルートの曲の多くはフランスの影響を受けているといえます。ぜひ、フランス様式が分からないという方はマイナスワンの前にフルートとチェンバロの見本演奏と一緒に何度も演奏してみてください。演奏習慣はとにかく慣れです。自然と舞曲のリズム感が身についてくるはずです。前田りり子さんを含めオトテールのCDはたくさん出ていますが、415で録音されているものはあまりないので、ぜひご活用ください。 【Accompanist】Seiichiro Nishino, harpsichord Seiichiro Nishino is a Japanese harpsichord and clavichord player. He graduated from Toho Gakuen School of Music. He studied under Chiyoko Arita, Naoki Ueo, and Takuya Nemoto. He is a member of Concerts Eclatants Fukuoka. 【奏者】西野晟一朗 チェンバロ 旧福岡古楽音楽祭の影響で古楽に興味を持つ。 桐朋学園大学古楽器科チェンバロ専攻を卒業。チェンバロ、通奏低音を有田千代子、上尾直毅、根本卓也の各氏に師事。ウルビノ古楽音楽祭に参加、チェンバロをリナルド・アレッサンドリーニ、室内楽をステファノ・デミケーレ、エンリコ・ガッティに師事。 アルル音楽教室チェンバロ講師。コンセール・エクラタン福岡メンバー。 現在、東京と福岡を中心に演奏活動を行なっている。

Hotteterre 5.Gavotte - Suite in D major, Op.2-1:SNA005 

  • 550 / Rental ( 30 days )
  • 550 / Download

5. Gavotte 'La Meudon' Jacques Hotteterre / Suite in D major, Op.2 No.1 from "Pièces pour la flûte traversiere, Op.2" 【Bonus Content】 The minus-zero content (video with all parts performed) available upon purchase. 購入者特典として、全パートが揃った演奏動画をご視聴いただけます。 【Tuning】a=415Hz 【Instruction】 ・Level: Intermediate ・Tempo: Normal 【Score】 https://imslp.org/wiki/Pièces_pour_la_flûte_traversiere,_Op.2_(Hotteterre,_Jacques) 【Message】 フランス・バロックのフルート曲の中で基本中の基本といえる曲です。ヴェルサイユでルイ14世の宮廷楽師だったオトテールは教育にも力を入れ、フルートの教則本や即興的な演奏方法を書いたプレリュードの技法や、当時流行していた歌をフルートデュエットにしてまとめた初心者向けのエールとブルネット集等などを出版しています。今回収録した作品2の曲集には、当時は書き込まれずに演奏家が自由につけていた装飾音がたくさん書き込まれています。自分でつけることのできない人の参考になればと序文に書かれています。バロック時代にはフランス様式とイタリア様式という二つの全く異なる様式がありました。たとえばフランス様式の曲では、早い音価は書かれていなくても付点がついているかのように不均等に演奏する奏法、イネガールをつけて演奏する必要があります。舞曲が主体なので、それぞれのダンスの方を知らないと演奏の仕方が分からないかもしれません。バッハ、ヘンデル、テレマンの曲などはイタリア様式のものが多いため、フランス様式の曲はちょっと分からないと敬遠する方もいらっしゃるかもしれません。バロック・フルートはルイ14世時代のフランスで開発され他の国へと伝播していきました。そのためバロックのフルートの曲の多くはフランスの影響を受けているといえます。ぜひ、フランス様式が分からないという方はマイナスワンの前にフルートとチェンバロの見本演奏と一緒に何度も演奏してみてください。演奏習慣はとにかく慣れです。自然と舞曲のリズム感が身についてくるはずです。前田りり子さんを含めオトテールのCDはたくさん出ていますが、415で録音されているものはあまりないので、ぜひご活用ください。 【Accompanist】Seiichiro Nishino, harpsichord Seiichiro Nishino is a Japanese harpsichord and clavichord player. He graduated from Toho Gakuen School of Music. He studied under Chiyoko Arita, Naoki Ueo, and Takuya Nemoto. He is a member of Concerts Eclatants Fukuoka. 【奏者】西野晟一朗 チェンバロ 旧福岡古楽音楽祭の影響で古楽に興味を持つ。 桐朋学園大学古楽器科チェンバロ専攻を卒業。チェンバロ、通奏低音を有田千代子、上尾直毅、根本卓也の各氏に師事。ウルビノ古楽音楽祭に参加、チェンバロをリナルド・アレッサンドリーニ、室内楽をステファノ・デミケーレ、エンリコ・ガッティに師事。 アルル音楽教室チェンバロ講師。コンセール・エクラタン福岡メンバー。 現在、東京と福岡を中心に演奏活動を行なっている。

Hotteterre 4.Sarabande - Suite in D major, Op.2-1:SNA004 

  • 550 / Rental ( 30 days )
  • 550 / Download

4. Sarabande 'La d'Armagnac' Jacques Hotteterre / Suite in D major, Op.2 No.1 from "Pièces pour la flûte traversiere, Op.2" 【Bonus Content】 The minus-zero content (video with all parts performed) available upon purchase. 購入者特典として、全パートが揃った演奏動画をご視聴いただけます。 【Tuning】a=415Hz 【Instruction】 ・Level: Intermediate ・Tempo: Normal 【Score】 https://imslp.org/wiki/Pièces_pour_la_flûte_traversiere,_Op.2_(Hotteterre,_Jacques) 【Message】 フランス・バロックのフルート曲の中で基本中の基本といえる曲です。ヴェルサイユでルイ14世の宮廷楽師だったオトテールは教育にも力を入れ、フルートの教則本や即興的な演奏方法を書いたプレリュードの技法や、当時流行していた歌をフルートデュエットにしてまとめた初心者向けのエールとブルネット集等などを出版しています。今回収録した作品2の曲集には、当時は書き込まれずに演奏家が自由につけていた装飾音がたくさん書き込まれています。自分でつけることのできない人の参考になればと序文に書かれています。バロック時代にはフランス様式とイタリア様式という二つの全く異なる様式がありました。たとえばフランス様式の曲では、早い音価は書かれていなくても付点がついているかのように不均等に演奏する奏法、イネガールをつけて演奏する必要があります。舞曲が主体なので、それぞれのダンスの方を知らないと演奏の仕方が分からないかもしれません。バッハ、ヘンデル、テレマンの曲などはイタリア様式のものが多いため、フランス様式の曲はちょっと分からないと敬遠する方もいらっしゃるかもしれません。バロック・フルートはルイ14世時代のフランスで開発され他の国へと伝播していきました。そのためバロックのフルートの曲の多くはフランスの影響を受けているといえます。ぜひ、フランス様式が分からないという方はマイナスワンの前にフルートとチェンバロの見本演奏と一緒に何度も演奏してみてください。演奏習慣はとにかく慣れです。自然と舞曲のリズム感が身についてくるはずです。前田りり子さんを含めオトテールのCDはたくさん出ていますが、415で録音されているものはあまりないので、ぜひご活用ください。 【Accompanist】Seiichiro Nishino, harpsichord Seiichiro Nishino is a Japanese harpsichord and clavichord player. He graduated from Toho Gakuen School of Music. He studied under Chiyoko Arita, Naoki Ueo, and Takuya Nemoto. He is a member of Concerts Eclatants Fukuoka. 【奏者】西野晟一朗 チェンバロ 旧福岡古楽音楽祭の影響で古楽に興味を持つ。 桐朋学園大学古楽器科チェンバロ専攻を卒業。チェンバロ、通奏低音を有田千代子、上尾直毅、根本卓也の各氏に師事。ウルビノ古楽音楽祭に参加、チェンバロをリナルド・アレッサンドリーニ、室内楽をステファノ・デミケーレ、エンリコ・ガッティに師事。 アルル音楽教室チェンバロ講師。コンセール・エクラタン福岡メンバー。 現在、東京と福岡を中心に演奏活動を行なっている。

Hotteterre 3.Rondeau - Suite in D major, Op.2-1:SNA003 

  • 550 / Rental ( 30 days )
  • 550 / Download

3. Rondeau 'Le Duc d'Orléans' Jacques Hotteterre / Suite in D major, Op.2 No.1 from "Pièces pour la flûte traversiere, Op.2" 【Bonus Content】 The minus-zero content (video with all parts performed) available upon purchase. 購入者特典として、全パートが揃った演奏動画をご視聴いただけます。 【Tuning】a=415Hz 【Instruction】 ・Level: Intermediate ・Tempo: Normal 【Score】 https://imslp.org/wiki/Pièces_pour_la_flûte_traversiere,_Op.2_(Hotteterre,_Jacques) 【Message】 フランス・バロックのフルート曲の中で基本中の基本といえる曲です。ヴェルサイユでルイ14世の宮廷楽師だったオトテールは教育にも力を入れ、フルートの教則本や即興的な演奏方法を書いたプレリュードの技法や、当時流行していた歌をフルートデュエットにしてまとめた初心者向けのエールとブルネット集等などを出版しています。今回収録した作品2の曲集には、当時は書き込まれずに演奏家が自由につけていた装飾音がたくさん書き込まれています。自分でつけることのできない人の参考になればと序文に書かれています。バロック時代にはフランス様式とイタリア様式という二つの全く異なる様式がありました。たとえばフランス様式の曲では、早い音価は書かれていなくても付点がついているかのように不均等に演奏する奏法、イネガールをつけて演奏する必要があります。舞曲が主体なので、それぞれのダンスの方を知らないと演奏の仕方が分からないかもしれません。バッハ、ヘンデル、テレマンの曲などはイタリア様式のものが多いため、フランス様式の曲はちょっと分からないと敬遠する方もいらっしゃるかもしれません。バロック・フルートはルイ14世時代のフランスで開発され他の国へと伝播していきました。そのためバロックのフルートの曲の多くはフランスの影響を受けているといえます。ぜひ、フランス様式が分からないという方はマイナスワンの前にフルートとチェンバロの見本演奏と一緒に何度も演奏してみてください。演奏習慣はとにかく慣れです。自然と舞曲のリズム感が身についてくるはずです。前田りり子さんを含めオトテールのCDはたくさん出ていますが、415で録音されているものはあまりないので、ぜひご活用ください。 【Accompanist】Seiichiro Nishino, harpsichord Seiichiro Nishino is a Japanese harpsichord and clavichord player. He graduated from Toho Gakuen School of Music. He studied under Chiyoko Arita, Naoki Ueo, and Takuya Nemoto. He is a member of Concerts Eclatants Fukuoka. 【奏者】西野晟一朗 チェンバロ 旧福岡古楽音楽祭の影響で古楽に興味を持つ。 桐朋学園大学古楽器科チェンバロ専攻を卒業。チェンバロ、通奏低音を有田千代子、上尾直毅、根本卓也の各氏に師事。ウルビノ古楽音楽祭に参加、チェンバロをリナルド・アレッサンドリーニ、室内楽をステファノ・デミケーレ、エンリコ・ガッティに師事。 アルル音楽教室チェンバロ講師。コンセール・エクラタン福岡メンバー。 現在、東京と福岡を中心に演奏活動を行なっている。

Hotteterre 2.Allmande - Suite in D major, Op.2-1:SNA002 

  • 550 / Rental ( 30 days )
  • 550 / Download

2. Allemande 'La Royalle' Jacques Hotteterre / Suite in D major, Op.2 No.1 from "Pièces pour la flûte traversiere, Op.2" 【Bonus Content】 The minus-zero content (video with all parts performed) available upon purchase. 購入者特典として、全パートが揃った演奏動画をご視聴いただけます。 【Tuning】a=415Hz 【Instruction】 ・Level: Intermediate ・Tempo: Normal 【Score】 https://imslp.org/wiki/Pièces_pour_la_flûte_traversiere,_Op.2_(Hotteterre,_Jacques) 【Message】 フランス・バロックのフルート曲の中で基本中の基本といえる曲です。ヴェルサイユでルイ14世の宮廷楽師だったオトテールは教育にも力を入れ、フルートの教則本や即興的な演奏方法を書いたプレリュードの技法や、当時流行していた歌をフルートデュエットにしてまとめた初心者向けのエールとブルネット集等などを出版しています。今回収録した作品2の曲集には、当時は書き込まれずに演奏家が自由につけていた装飾音がたくさん書き込まれています。自分でつけることのできない人の参考になればと序文に書かれています。バロック時代にはフランス様式とイタリア様式という二つの全く異なる様式がありました。たとえばフランス様式の曲では、早い音価は書かれていなくても付点がついているかのように不均等に演奏する奏法、イネガールをつけて演奏する必要があります。舞曲が主体なので、それぞれのダンスの方を知らないと演奏の仕方が分からないかもしれません。バッハ、ヘンデル、テレマンの曲などはイタリア様式のものが多いため、フランス様式の曲はちょっと分からないと敬遠する方もいらっしゃるかもしれません。バロック・フルートはルイ14世時代のフランスで開発され他の国へと伝播していきました。そのためバロックのフルートの曲の多くはフランスの影響を受けているといえます。ぜひ、フランス様式が分からないという方はマイナスワンの前にフルートとチェンバロの見本演奏と一緒に何度も演奏してみてください。演奏習慣はとにかく慣れです。自然と舞曲のリズム感が身についてくるはずです。前田りり子さんを含めオトテールのCDはたくさん出ていますが、415で録音されているものはあまりないので、ぜひご活用ください。 【Accompanist】Seiichiro Nishino, harpsichord Seiichiro Nishino is a Japanese harpsichord and clavichord player. He graduated from Toho Gakuen School of Music. He studied under Chiyoko Arita, Naoki Ueo, and Takuya Nemoto. He is a member of Concerts Eclatants Fukuoka. 【奏者】西野晟一朗 チェンバロ 旧福岡古楽音楽祭の影響で古楽に興味を持つ。 桐朋学園大学古楽器科チェンバロ専攻を卒業。チェンバロ、通奏低音を有田千代子、上尾直毅、根本卓也の各氏に師事。ウルビノ古楽音楽祭に参加、チェンバロをリナルド・アレッサンドリーニ、室内楽をステファノ・デミケーレ、エンリコ・ガッティに師事。 アルル音楽教室チェンバロ講師。コンセール・エクラタン福岡メンバー。 現在、東京と福岡を中心に演奏活動を行なっている。

Hotteterre 1.Prélude - Suite in D major, Op.2-1:SNA001 

  • 550 / Rental ( 30 days )
  • 550 / Download

1. Prélude Jacques Hotteterre / Suite in D major, Op.2 No.1 from "Pièces pour la flûte traversiere, Op.2" 【Bonus Content】 The minus-zero content (video with all parts performed) available upon purchase. 購入者特典として、全パートが揃った演奏動画をご視聴いただけます。 【Tuning】a=415Hz 【Instruction】 ・Level: Intermediate ・Tempo: Normal 【Score】 https://imslp.org/wiki/Pièces_pour_la_flûte_traversiere,_Op.2_(Hotteterre,_Jacques) 【Message】 フランス・バロックのフルート曲の中で基本中の基本といえる曲です。ヴェルサイユでルイ14世の宮廷楽師だったオトテールは教育にも力を入れ、フルートの教則本や即興的な演奏方法を書いたプレリュードの技法や、当時流行していた歌をフルートデュエットにしてまとめた初心者向けのエールとブルネット集等などを出版しています。今回収録した作品2の曲集には、当時は書き込まれずに演奏家が自由につけていた装飾音がたくさん書き込まれています。自分でつけることのできない人の参考になればと序文に書かれています。バロック時代にはフランス様式とイタリア様式という二つの全く異なる様式がありました。たとえばフランス様式の曲では、早い音価は書かれていなくても付点がついているかのように不均等に演奏する奏法、イネガールをつけて演奏する必要があります。舞曲が主体なので、それぞれのダンスの方を知らないと演奏の仕方が分からないかもしれません。バッハ、ヘンデル、テレマンの曲などはイタリア様式のものが多いため、フランス様式の曲はちょっと分からないと敬遠する方もいらっしゃるかもしれません。バロック・フルートはルイ14世時代のフランスで開発され他の国へと伝播していきました。そのためバロックのフルートの曲の多くはフランスの影響を受けているといえます。ぜひ、フランス様式が分からないという方はマイナスワンの前にフルートとチェンバロの見本演奏と一緒に何度も演奏してみてください。演奏習慣はとにかく慣れです。自然と舞曲のリズム感が身についてくるはずです。前田りり子さんを含めオトテールのCDはたくさん出ていますが、415で録音されているものはあまりないので、ぜひご活用ください。 【Accompanist】Seiichiro Nishino, harpsichord Seiichiro Nishino is a Japanese harpsichord and clavichord player. He graduated from Toho Gakuen School of Music. He studied under Chiyoko Arita, Naoki Ueo, and Takuya Nemoto. He is a member of Concerts Eclatants Fukuoka. 【奏者】西野晟一朗 チェンバロ 旧福岡古楽音楽祭の影響で古楽に興味を持つ。 桐朋学園大学古楽器科チェンバロ専攻を卒業。チェンバロ、通奏低音を有田千代子、上尾直毅、根本卓也の各氏に師事。ウルビノ古楽音楽祭に参加、チェンバロをリナルド・アレッサンドリーニ、室内楽をステファノ・デミケーレ、エンリコ・ガッティに師事。 アルル音楽教室チェンバロ講師。コンセール・エクラタン福岡メンバー。 現在、東京と福岡を中心に演奏活動を行なっている。

Guédron Cessés mortels de soupirer (Air de cour 1):RSA007  

  • 660 / Rental ( 30 days )
  • 660 / Download

Pierre Guédron (after 1564 - 1619 or 1620) Cessés mortels de soupirer (Air de cour) (エール・ド・クール リュート伴奏つき歌曲(フランス語)) 【Tuning】A=415Hz 【Instruction】 ・Level: Intermediate / 中級者向け ・Tuning time included before playing / 演奏開始前にチューニング用音出しあり 【Score】https://imslp.simssa.ca/files/imglnks/usimg/b/be/IMSLP246096-PMLP398425-Livre_4.pdf 【Message】 エール・ド・クールは、16世紀末から17世紀の前半にかけて、パリを中心とするフランスで花開いた世俗歌曲のジャンルで、 当時愛奏されたリュート伴奏による楽譜も多く出版され、空前のブームを形成しました。 そこで今回は、「エール・ド・クール御三家」と言ってもよい、ゲドロン、ボエセ、ムリ二エという、当時の代表的な作曲家3名による、代表的な作品のマイナスワン音源を提供させていただきます。リュート伴奏パートには、フランス風の装飾を適度に加えてあります。フランス語の抑揚に合わせた、エスプリに富んだ世界をお楽しみ下さい。 【Accompanist】 Ryosuke Sakamoto, Lute / Viola da gamba RYOSUKE SAKAMOTO was born in Nara (Japan). At the age of three, he first became interested in early music performance under the influence of his parents. In 2007, the year of his graduation at Tokyo University (bachelor degree on Aesthetics), he released his first solo CD ‘Travels with my Lute’ from Musica Rediviva (MRCD-013). This recording got a praised commentary on the CD magazine “Gramophone”, in November 2011. Ryosuke moved to Switzerland in 2008 and studied lute and various plucked instruments at Schola Cantorum Basiliensis in Basel, with prof. Hopkinson Smith. He continued further studies with prof. Crawford Young (medieval lute) and Anne Smith (performance practice on renaissance music) there, and graduated in 2013, with Master degree of specialized music performance. As a solo lutenist, Ryosuke won the first prize plus audience prize at the competition “III Consorso Maurizio Pratla” in L’Aquila (Italy). Already then, he was invited to make recitals by several lute societies in UK, Germany, Austria, and France. He is a member of “Delight in Disorder”, “The Queen’s Revels” as a principal lutenist. In 2012 he set up “Ensemble Il bell’humore”, which specializes in renaissance music. In 2017 he got the first prize at International Biber competition, as a member of “Concerto Ripiglino”. He appears numerous music festivals in Europe including “Festival Oude Muziek “ in Utrecht, “York Early Music Festival“, “Rezonanzen Wien, “Tage Alter Musik Regensburg” ,“Music in old Krakow Festival”, etc. His latest solo CD ‘Polyphony & Diminution’ was released from Musica Rediviva (MRCD-022) in 2016. 【奏者】坂本龍右 リュート、ヴィオラ ・ダ・ガンバ 東京大学文学部 (美学芸術学専修課程) 卒業後、バーゼル市立音楽院(バーゼル・スコラカントルム)に留学。ホプキンソン・スミス氏及びクロフォード・ヤング氏にリュートを、ランダル・クック氏にヴィオラ・ダ・ガンバを、アン・スミス氏にルネサンス音楽理論を、イェスパー・クリステンセン氏に通奏低音を師事し、2013年に修了。その後同校にて公式伴奏者として勤務。2013年、ラクィラの国際古楽コンクールにおけるリュート・ソロ部門で第1位及び聴衆賞。2017年、国際ビーバーコンクールにおけるアンサンブル部門第1位。ヨーロッパ各地の古楽祭やリュート協会主催の演奏会にソリストとして招聘される。録音にリュート・ソロによる「Travels with my Lute」「Polyphony & Diminution」ほか多数。2017年、有志で通奏低音組合「コンティヌオ・ギルド」を立ち上げ、演奏とアウトリーチの両面で活動を開始。 ● Web:http://ryosukesakamoto.com/ ● Facebook :https://www.facebook.com/ryosuke.sakamoto.58 ● Twitter : @contra2nd

Boësset N'espérez plus mes yeux (Air de cour 2):RSA008 

  • 660 / Rental ( 30 days )
  • 660 / Download

アントワーヌ・ボエセ Antoine Boësset (1586 - 1643) N'espérez plus mes yeux (Air de cour) (エール・ド・クール リュート伴奏つき歌曲(フランス語)) 【Tuning】A=415Hz 【Instruction】 ・Level: Intermediate / 中級者向け ・Tuning time included before playing / 演奏開始前にチューニング用音出しあり 【Score】https://symetrie.com/fr/titres/airs-de-cour-pour-voix-et-luth-1603-1643 【Message】 エール・ド・クールは、16世紀末から17世紀の前半にかけて、パリを中心とするフランスで花開いた世俗歌曲のジャンルで、 当時愛奏されたリュート伴奏による楽譜も多く出版され、空前のブームを形成しました。 そこで今回は、「エール・ド・クール御三家」と言ってもよい、ゲドロン、ボエセ、ムリ二エという、当時の代表的な作曲家3名による、代表的な作品のマイナスワン音源を提供させていただきます。リュート伴奏パートには、フランス風の装飾を適度に加えてあります。フランス語の抑揚に合わせた、エスプリに富んだ世界をお楽しみ下さい。 【Accompanist】 Ryosuke Sakamoto, Lute / Viola da gamba RYOSUKE SAKAMOTO was born in Nara (Japan). At the age of three, he first became interested in early music performance under the influence of his parents. In 2007, the year of his graduation at Tokyo University (bachelor degree on Aesthetics), he released his first solo CD ‘Travels with my Lute’ from Musica Rediviva (MRCD-013). This recording got a praised commentary on the CD magazine “Gramophone”, in November 2011. Ryosuke moved to Switzerland in 2008 and studied lute and various plucked instruments at Schola Cantorum Basiliensis in Basel, with prof. Hopkinson Smith. He continued further studies with prof. Crawford Young (medieval lute) and Anne Smith (performance practice on renaissance music) there, and graduated in 2013, with Master degree of specialized music performance. As a solo lutenist, Ryosuke won the first prize plus audience prize at the competition “III Consorso Maurizio Pratla” in L’Aquila (Italy). Already then, he was invited to make recitals by several lute societies in UK, Germany, Austria, and France. He is a member of “Delight in Disorder”, “The Queen’s Revels” as a principal lutenist. In 2012 he set up “Ensemble Il bell’humore”, which specializes in renaissance music. In 2017 he got the first prize at International Biber competition, as a member of “Concerto Ripiglino”. He appears numerous music festivals in Europe including “Festival Oude Muziek “ in Utrecht, “York Early Music Festival“, “Rezonanzen Wien, “Tage Alter Musik Regensburg” ,“Music in old Krakow Festival”, etc. His latest solo CD ‘Polyphony & Diminution’ was released from Musica Rediviva (MRCD-022) in 2016. 【奏者】坂本龍右 リュート、ヴィオラ ・ダ・ガンバ 東京大学文学部 (美学芸術学専修課程) 卒業後、バーゼル市立音楽院(バーゼル・スコラカントルム)に留学。ホプキンソン・スミス氏及びクロフォード・ヤング氏にリュートを、ランダル・クック氏にヴィオラ・ダ・ガンバを、アン・スミス氏にルネサンス音楽理論を、イェスパー・クリステンセン氏に通奏低音を師事し、2013年に修了。その後同校にて公式伴奏者として勤務。2013年、ラクィラの国際古楽コンクールにおけるリュート・ソロ部門で第1位及び聴衆賞。2017年、国際ビーバーコンクールにおけるアンサンブル部門第1位。ヨーロッパ各地の古楽祭やリュート協会主催の演奏会にソリストとして招聘される。録音にリュート・ソロによる「Travels with my Lute」「Polyphony & Diminution」ほか多数。2017年、有志で通奏低音組合「コンティヌオ・ギルド」を立ち上げ、演奏とアウトリーチの両面で活動を開始。 ● Web:http://ryosukesakamoto.com/ ● Facebook :https://www.facebook.com/ryosuke.sakamoto.58 ● Twitter : @contra2nd

Moulinié Enfin la beauté que j'adore (Air de cour):RSA009 

  • 660 / Rental ( 30 days )
  • 660 / Download

エティエンヌ・ムリニエ Etienne Moulinié (1599 - 1676) Enfin la beauté que j'adore (Air de cour) (エール・ド・クール リュート伴奏つき歌曲(フランス語)) 【Tuning】A=415Hz 【Instruction】 ・Level: Intermediate / 中級者向け 【Score】https://imslp.simssa.ca/files/imglnks/usimg/1/15/IMSLP246223-PMLP399247-Livre_1_Moulini%C3%A9.pdf 【Message】 エール・ド・クールは、16世紀末から17世紀の前半にかけて、パリを中心とするフランスで花開いた世俗歌曲のジャンルで、 当時愛奏されたリュート伴奏による楽譜も多く出版され、空前のブームを形成しました。 そこで今回は、「エール・ド・クール御三家」と言ってもよい、ゲドロン、ボエセ、ムリ二エという、当時の代表的な作曲家3名による、代表的な作品のマイナスワン音源を提供させていただきます。リュート伴奏パートには、フランス風の装飾を適度に加えてあります。フランス語の抑揚に合わせた、エスプリに富んだ世界をお楽しみ下さい。 【Accompanist】 Ryosuke Sakamoto, Lute / Viola da gamba RYOSUKE SAKAMOTO was born in Nara (Japan). At the age of three, he first became interested in early music performance under the influence of his parents. In 2007, the year of his graduation at Tokyo University (bachelor degree on Aesthetics), he released his first solo CD ‘Travels with my Lute’ from Musica Rediviva (MRCD-013). This recording got a praised commentary on the CD magazine “Gramophone”, in November 2011. Ryosuke moved to Switzerland in 2008 and studied lute and various plucked instruments at Schola Cantorum Basiliensis in Basel, with prof. Hopkinson Smith. He continued further studies with prof. Crawford Young (medieval lute) and Anne Smith (performance practice on renaissance music) there, and graduated in 2013, with Master degree of specialized music performance. As a solo lutenist, Ryosuke won the first prize plus audience prize at the competition “III Consorso Maurizio Pratla” in L’Aquila (Italy). Already then, he was invited to make recitals by several lute societies in UK, Germany, Austria, and France. He is a member of “Delight in Disorder”, “The Queen’s Revels” as a principal lutenist. In 2012 he set up “Ensemble Il bell’humore”, which specializes in renaissance music. In 2017 he got the first prize at International Biber competition, as a member of “Concerto Ripiglino”. He appears numerous music festivals in Europe including “Festival Oude Muziek “ in Utrecht, “York Early Music Festival“, “Rezonanzen Wien, “Tage Alter Musik Regensburg” ,“Music in old Krakow Festival”, etc. His latest solo CD ‘Polyphony & Diminution’ was released from Musica Rediviva (MRCD-022) in 2016. 【奏者】坂本龍右 リュート、ヴィオラ ・ダ・ガンバ 東京大学文学部 (美学芸術学専修課程) 卒業後、バーゼル市立音楽院(バーゼル・スコラカントルム)に留学。ホプキンソン・スミス氏及びクロフォード・ヤング氏にリュートを、ランダル・クック氏にヴィオラ・ダ・ガンバを、アン・スミス氏にルネサンス音楽理論を、イェスパー・クリステンセン氏に通奏低音を師事し、2013年に修了。その後同校にて公式伴奏者として勤務。2013年、ラクィラの国際古楽コンクールにおけるリュート・ソロ部門で第1位及び聴衆賞。2017年、国際ビーバーコンクールにおけるアンサンブル部門第1位。ヨーロッパ各地の古楽祭やリュート協会主催の演奏会にソリストとして招聘される。録音にリュート・ソロによる「Travels with my Lute」「Polyphony & Diminution」ほか多数。2017年、有志で通奏低音組合「コンティヌオ・ギルド」を立ち上げ、演奏とアウトリーチの両面で活動を開始。 ● Web:http://ryosukesakamoto.com/ ● Facebook :https://www.facebook.com/ryosuke.sakamoto.58 ● Twitter : @contra2nd

combination sales Byrd Fantasia a4:SSA010 

  • 1,650 / Rental ( 30 days )
  • 1,650 / Download

【Tuning】a=415Hz 【Instruction】 Level: Intermediate/advanced 中・上級者向け 【Score】http://ks4.imslp.net/files/imglnks/usimg/a/a6/IMSLP135376-WIMA.4f96-0490.pdf 【Accompanist】PRISM Consort of Viols Viola da gamba ensemble by Shigeru Sakurai, Mio Origuchi, and Aika Shimizu. While Prism concentrate on three parts gamba consort, they also invite guests such as Lawrence Dreyfus, Jonathan Manson, Asako Morikawa, Emma Kirkby and play the pieces of four or more voices. 【奏者】PRISM Consort of Vilols 櫻井茂、折口未桜、清水愛架によるアンサンブル。3声のガンバコンソートを中心に全国的に活動する一方、客演を招いて4声部以上の曲も取り上げ、これまでにローレンス・ドレフュス、ジョナサン・マンソン、森川麻子、エマ・カークビーらと共演した。 ● HP: https://prism-consort.jimdofree.com/?fbclid=IwAR3Lxt_fM87DzYpnPc_EdwNAwI84Yqf9NrRGmIkeDclwqw3giIkuFqq59Cg ● Facebook:https://www.facebook.com/PRISM-consort-of-viols-177819812871905/?ref=bookmarks

(Fl.1+BC) Marais 10.Passacaille - Trio en suite op.5:TNA026 

  • 550 / Rental ( 30 days )
  • 550 / Download

Marin Marais Trio en Suite No.5 in E minor 【Bonus Content】 The minus-zero content (video with all parts performed) available upon purchase. 購入者特典として、全パートが揃った演奏動画をご視聴いただけます。 【Tuning】a=415Hz 【Instruction】 ・Level: Intermediate ・Tempo: Normal 【Score】https://imslp.org/wiki/Suite_%C3%A0_3_in_E_minor_(Marais%2C_Marin) 【Message】 ヴィオラ・ダ・ガンバの名手だったマラン・マレのトリオで、様々な舞曲が入っています。1692年頃に出版されたこのトリオのタイトルはフルート、ヴァイオリン、高音ヴィオールのためのトリオと書かれています。この時代フルートはリコーダーを指しているので横吹のフルートは入っていません。しかしながらタイトルの周りには他の楽器とともに3分割の横吹きフルートの絵が描かれており、横笛の使用も念頭に置かれていたことが見てとれます。当時バロックスタイルの横笛はまだ発明されたばかりで最新式の楽器でした。マレのトリオ集は横笛で吹くことを想定して書かれた最初の曲集といえます。フルート2本の演奏もいいですが、リコーダーやヴァイオリンとフルートとのアンサンブルも可能です。今回はフルート2本とチェンバロによる見本演奏もご用意しました。ちまたに様々な録音があふれていますが、マレはa=392Hzの録音が多く415の楽器ではCD等と合わせて練習できないことも多いかと思います。見本演奏も合わせてご利用いただければと思います。初心者の方は、ゆっくりなサラバンドや短いメヌエットなどから初めて見るとよいかと思います。 【Accompanist】 Tomoko Nakama, baroque flute Tomoko Nakama graduated from Ueno-Gakuen Univ. in 2007. In addition to performing, she teaches in several academies in the Tokyo and Saitama area in Japan. Seiichiro Nishino, harpsichord Seiichiro Nishino is a Japanese harpsichord and clavichord player. He graduated from Toho Gakuen School of Music. He studied under Chiyoko Arita, Naoki Ueo, and Takuya Nemoto. He is a member of Concerts Eclatants Fukuoka. 【奏者】 仲間知子 フラウト・トラヴェルソ 椿山音楽教室でフルートとオカリナ、ソルフェージュの講師をしながらマイペースに演奏活動をしています。Devienneが好きすぎて、彼のメソードを読むために最近フランス語の勉強をはじめました。2018年National Flute Association主催 Baroque Flute Artist Competition 第3位 (フロリダ州オーランド開催) 西野晟一郎 チェンバロ 旧福岡古楽音楽祭の影響で古楽に興味を持つ。 桐朋学園大学古楽器科チェンバロ専攻を卒業。チェンバロ、通奏低音を有田千代子、上尾直毅、根本卓也の各氏に師事。ウルビノ古楽音楽祭に参加、チェンバロをリナルド・アレッサンドリーニ、室内楽をステファノ・デミケーレ、エンリコ・ガッティに師事。 アルル音楽教室チェンバロ講師。コンセール・エクラタン福岡メンバー。 現在、東京と福岡を中心に演奏活動を行なっている。

(Fl.2+BC) Marais 10.Passacaille - Trio en suite op.5:LMA056 

  • 550 / Rental ( 30 days )
  • 550 / Download

Marin Marais Trio en Suite No.5 in E minor 【Bonus Content】 The minus-zero content (video with all parts performed) available upon purchase. 購入者特典として、全パートが揃った演奏動画をご視聴いただけます。 【Tuning】a=415Hz 【Instruction】 ・Level: Intermediate ・Tempo: Normal 【Score】https://imslp.org/wiki/Suite_%C3%A0_3_in_E_minor_(Marais%2C_Marin) 【Message】 ヴィオラ・ダ・ガンバの名手だったマラン・マレのトリオで、様々な舞曲が入っています。1692年頃に出版されたこのトリオのタイトルはフルート、ヴァイオリン、高音ヴィオールのためのトリオと書かれています。この時代フルートはリコーダーを指しているので横吹のフルートは入っていません。しかしながらタイトルの周りには他の楽器とともに3分割の横吹きフルートの絵が描かれており、横笛の使用も念頭に置かれていたことが見てとれます。当時バロックスタイルの横笛はまだ発明されたばかりで最新式の楽器でした。マレのトリオ集は横笛で吹くことを想定して書かれた最初の曲集といえます。フルート2本の演奏もいいですが、リコーダーやヴァイオリンとフルートとのアンサンブルも可能です。今回はフルート2本とチェンバロによる見本演奏もご用意しました。ちまたに様々な録音があふれていますが、マレはa=392Hzの録音が多く415の楽器ではCD等と合わせて練習できないことも多いかと思います。見本演奏も合わせてご利用いただければと思います。初心者の方は、ゆっくりなサラバンドや短いメヌエットなどから初めて見るとよいかと思います。 【Accompanist】 Liliko Maeda, baroque flute Liliko Maeda studied Baroque flute at Toho Gakuen School of Music in Japan, Subsequenttly at the Royal Conservatory of The Hague in Holland under the instruction of Masahiro Arita and Barthold Kuijken. She won first place at the Competition for Early Music Yamanashi in 1996 and second place at the International Competition for Early Music Bruges in 1999. She is an active performer and she has made recordings as a member of various performing groups such as Bach Collegium Japan, Orchestra Libera Classica, and Soffio Armonico. Also she frequently holds recitals and chamber music concerts in various parts of Japan. Currently she teaches baroque flute at the Tokyo University of the Arts and Ueno Gakuen University.  Seiichiro Nishino, harpsichord Seiichiro Nishino is a Japanese harpsichord and clavichord player. He graduated from Toho Gakuen School of Music. He studied under Chiyoko Arita, Naoki Ueo, and Takuya Nemoto. He is a member of Concerts Eclatants Fukuoka. 【奏者】前田りり子 フラウト・トラヴェルソ モダン・フルートを小出信也氏に師事。高校2年の時、全日本学生音楽コンクール西日本大会フルート部門1位入賞。その後バロック・フルートに転向し桐朋学園大学古楽器科に進学。オランダのデン・ハーグ王立音楽院の大学院修了。有田正広、バルトルド・クイケンの両氏に師事。1996年、山梨古楽コンクールにて第1位入賞し、1999年、ブルージュ国際古楽コンクールで2位入賞。バッハ・コレギウム・ジャパン、オーケストラ・リベラ・クラシカ、ソフィオ・アルモニコなど、各種演奏団体のメンバーとして演奏・レコーディング活動をしているほか、日本各地でしばしばリサイタルや室内楽コンサートを行っている。また2006年には単行本「フルートの肖像」を東京書籍より出版し、執筆活動にも力を入れている。現在、東京藝術大学、上野学園大学非常勤講師。公式ホームページは「りりこの部屋」で検索。 ● HP:http://www2.odn.ne.jp/~cco69970/index.html/liliko.html ● Twitter: @LilikoMaeda ● Instagram:@lilikomaeda 西野晟一郎 チェンバロ 旧福岡古楽音楽祭の影響で古楽に興味を持つ。 桐朋学園大学古楽器科チェンバロ専攻を卒業。チェンバロ、通奏低音を有田千代子、上尾直毅、根本卓也の各氏に師事。ウルビノ古楽音楽祭に参加、チェンバロをリナルド・アレッサンドリーニ、室内楽をステファノ・デミケーレ、エンリコ・ガッティに師事。 アルル音楽教室チェンバロ講師。コンセール・エクラタン福岡メンバー。 現在、東京と福岡を中心に演奏活動を行なっている。

(Fl.1+BC) Marais 9.Caprice - Trio en suite op.5:TNA025 

  • 550 / Rental ( 30 days )
  • 550 / Download

Marin Marais Trio en Suite No.5 in E minor 【Bonus Content】 The minus-zero content (video with all parts performed) available upon purchase. 購入者特典として、全パートが揃った演奏動画をご視聴いただけます。 【Tuning】a=415Hz 【Instruction】 ・Level: Intermediate ・Tempo: Normal 【Score】https://imslp.org/wiki/Suite_%C3%A0_3_in_E_minor_(Marais%2C_Marin) 【Message】 ヴィオラ・ダ・ガンバの名手だったマラン・マレのトリオで、様々な舞曲が入っています。1692年頃に出版されたこのトリオのタイトルはフルート、ヴァイオリン、高音ヴィオールのためのトリオと書かれています。この時代フルートはリコーダーを指しているので横吹のフルートは入っていません。しかしながらタイトルの周りには他の楽器とともに3分割の横吹きフルートの絵が描かれており、横笛の使用も念頭に置かれていたことが見てとれます。当時バロックスタイルの横笛はまだ発明されたばかりで最新式の楽器でした。マレのトリオ集は横笛で吹くことを想定して書かれた最初の曲集といえます。フルート2本の演奏もいいですが、リコーダーやヴァイオリンとフルートとのアンサンブルも可能です。今回はフルート2本とチェンバロによる見本演奏もご用意しました。ちまたに様々な録音があふれていますが、マレはa=392Hzの録音が多く415の楽器ではCD等と合わせて練習できないことも多いかと思います。見本演奏も合わせてご利用いただければと思います。初心者の方は、ゆっくりなサラバンドや短いメヌエットなどから初めて見るとよいかと思います。 【Accompanist】 Tomoko Nakama, baroque flute Tomoko Nakama graduated from Ueno-Gakuen Univ. in 2007. In addition to performing, she teaches in several academies in the Tokyo and Saitama area in Japan. Seiichiro Nishino, harpsichord Seiichiro Nishino is a Japanese harpsichord and clavichord player. He graduated from Toho Gakuen School of Music. He studied under Chiyoko Arita, Naoki Ueo, and Takuya Nemoto. He is a member of Concerts Eclatants Fukuoka. 【奏者】 仲間知子 フラウト・トラヴェルソ 椿山音楽教室でフルートとオカリナ、ソルフェージュの講師をしながらマイペースに演奏活動をしています。Devienneが好きすぎて、彼のメソードを読むために最近フランス語の勉強をはじめました。2018年National Flute Association主催 Baroque Flute Artist Competition 第3位 (フロリダ州オーランド開催) 西野晟一郎 チェンバロ 旧福岡古楽音楽祭の影響で古楽に興味を持つ。 桐朋学園大学古楽器科チェンバロ専攻を卒業。チェンバロ、通奏低音を有田千代子、上尾直毅、根本卓也の各氏に師事。ウルビノ古楽音楽祭に参加、チェンバロをリナルド・アレッサンドリーニ、室内楽をステファノ・デミケーレ、エンリコ・ガッティに師事。 アルル音楽教室チェンバロ講師。コンセール・エクラタン福岡メンバー。 現在、東京と福岡を中心に演奏活動を行なっている。

(Fl.2+BC) Marais 9.Caprice - Trio en suite op.5:LMA055 

  • 550 / Rental ( 30 days )
  • 550 / Download

Marin Marais Trio en Suite No.5 in E minor 【Bonus Content】 The minus-zero content (video with all parts performed) available upon purchase. 購入者特典として、全パートが揃った演奏動画をご視聴いただけます。 【Tuning】a=415Hz 【Instruction】 ・Level: Intermediate ・Tempo: Normal 【Score】https://imslp.org/wiki/Suite_%C3%A0_3_in_E_minor_(Marais%2C_Marin) 【Message】 ヴィオラ・ダ・ガンバの名手だったマラン・マレのトリオで、様々な舞曲が入っています。1692年頃に出版されたこのトリオのタイトルはフルート、ヴァイオリン、高音ヴィオールのためのトリオと書かれています。この時代フルートはリコーダーを指しているので横吹のフルートは入っていません。しかしながらタイトルの周りには他の楽器とともに3分割の横吹きフルートの絵が描かれており、横笛の使用も念頭に置かれていたことが見てとれます。当時バロックスタイルの横笛はまだ発明されたばかりで最新式の楽器でした。マレのトリオ集は横笛で吹くことを想定して書かれた最初の曲集といえます。フルート2本の演奏もいいですが、リコーダーやヴァイオリンとフルートとのアンサンブルも可能です。今回はフルート2本とチェンバロによる見本演奏もご用意しました。ちまたに様々な録音があふれていますが、マレはa=392Hzの録音が多く415の楽器ではCD等と合わせて練習できないことも多いかと思います。見本演奏も合わせてご利用いただければと思います。初心者の方は、ゆっくりなサラバンドや短いメヌエットなどから初めて見るとよいかと思います。 【Accompanist】 Liliko Maeda, baroque flute Liliko Maeda studied Baroque flute at Toho Gakuen School of Music in Japan, Subsequenttly at the Royal Conservatory of The Hague in Holland under the instruction of Masahiro Arita and Barthold Kuijken. She won first place at the Competition for Early Music Yamanashi in 1996 and second place at the International Competition for Early Music Bruges in 1999. She is an active performer and she has made recordings as a member of various performing groups such as Bach Collegium Japan, Orchestra Libera Classica, and Soffio Armonico. Also she frequently holds recitals and chamber music concerts in various parts of Japan. Currently she teaches baroque flute at the Tokyo University of the Arts and Ueno Gakuen University.  Seiichiro Nishino, harpsichord Seiichiro Nishino is a Japanese harpsichord and clavichord player. He graduated from Toho Gakuen School of Music. He studied under Chiyoko Arita, Naoki Ueo, and Takuya Nemoto. He is a member of Concerts Eclatants Fukuoka. 【奏者】前田りり子 フラウト・トラヴェルソ モダン・フルートを小出信也氏に師事。高校2年の時、全日本学生音楽コンクール西日本大会フルート部門1位入賞。その後バロック・フルートに転向し桐朋学園大学古楽器科に進学。オランダのデン・ハーグ王立音楽院の大学院修了。有田正広、バルトルド・クイケンの両氏に師事。1996年、山梨古楽コンクールにて第1位入賞し、1999年、ブルージュ国際古楽コンクールで2位入賞。バッハ・コレギウム・ジャパン、オーケストラ・リベラ・クラシカ、ソフィオ・アルモニコなど、各種演奏団体のメンバーとして演奏・レコーディング活動をしているほか、日本各地でしばしばリサイタルや室内楽コンサートを行っている。また2006年には単行本「フルートの肖像」を東京書籍より出版し、執筆活動にも力を入れている。現在、東京藝術大学、上野学園大学非常勤講師。公式ホームページは「りりこの部屋」で検索。 ● HP:http://www2.odn.ne.jp/~cco69970/index.html/liliko.html ● Twitter: @LilikoMaeda ● Instagram:@lilikomaeda 西野晟一郎 チェンバロ 旧福岡古楽音楽祭の影響で古楽に興味を持つ。 桐朋学園大学古楽器科チェンバロ専攻を卒業。チェンバロ、通奏低音を有田千代子、上尾直毅、根本卓也の各氏に師事。ウルビノ古楽音楽祭に参加、チェンバロをリナルド・アレッサンドリーニ、室内楽をステファノ・デミケーレ、エンリコ・ガッティに師事。 アルル音楽教室チェンバロ講師。コンセール・エクラタン福岡メンバー。 現在、東京と福岡を中心に演奏活動を行なっている。

(Fl.1+BC) Marais 8.Menuet II - Trio en suite op.5:TNA024 

  • 330 / Rental ( 30 days )
  • 330 / Download

Marin Marais Trio en Suite No.5 in E minor 【Bonus Content】 The minus-zero content (video with all parts performed) available upon purchase. 購入者特典として、全パートが揃った演奏動画をご視聴いただけます。 【Tuning】a=415Hz 【Instruction】 ・Level: Intermediate ・Tempo: Normal 【Score】https://imslp.org/wiki/Suite_%C3%A0_3_in_E_minor_(Marais%2C_Marin) 【Message】 ヴィオラ・ダ・ガンバの名手だったマラン・マレのトリオで、様々な舞曲が入っています。1692年頃に出版されたこのトリオのタイトルはフルート、ヴァイオリン、高音ヴィオールのためのトリオと書かれています。この時代フルートはリコーダーを指しているので横吹のフルートは入っていません。しかしながらタイトルの周りには他の楽器とともに3分割の横吹きフルートの絵が描かれており、横笛の使用も念頭に置かれていたことが見てとれます。当時バロックスタイルの横笛はまだ発明されたばかりで最新式の楽器でした。マレのトリオ集は横笛で吹くことを想定して書かれた最初の曲集といえます。フルート2本の演奏もいいですが、リコーダーやヴァイオリンとフルートとのアンサンブルも可能です。今回はフルート2本とチェンバロによる見本演奏もご用意しました。ちまたに様々な録音があふれていますが、マレはa=392Hzの録音が多く415の楽器ではCD等と合わせて練習できないことも多いかと思います。見本演奏も合わせてご利用いただければと思います。初心者の方は、ゆっくりなサラバンドや短いメヌエットなどから初めて見るとよいかと思います。 【Accompanist】 Tomoko Nakama, baroque flute Tomoko Nakama graduated from Ueno-Gakuen Univ. in 2007. In addition to performing, she teaches in several academies in the Tokyo and Saitama area in Japan. Seiichiro Nishino, harpsichord Seiichiro Nishino is a Japanese harpsichord and clavichord player. He graduated from Toho Gakuen School of Music. He studied under Chiyoko Arita, Naoki Ueo, and Takuya Nemoto. He is a member of Concerts Eclatants Fukuoka. 【奏者】 仲間知子 フラウト・トラヴェルソ 椿山音楽教室でフルートとオカリナ、ソルフェージュの講師をしながらマイペースに演奏活動をしています。Devienneが好きすぎて、彼のメソードを読むために最近フランス語の勉強をはじめました。2018年National Flute Association主催 Baroque Flute Artist Competition 第3位 (フロリダ州オーランド開催) 西野晟一郎 チェンバロ 旧福岡古楽音楽祭の影響で古楽に興味を持つ。 桐朋学園大学古楽器科チェンバロ専攻を卒業。チェンバロ、通奏低音を有田千代子、上尾直毅、根本卓也の各氏に師事。ウルビノ古楽音楽祭に参加、チェンバロをリナルド・アレッサンドリーニ、室内楽をステファノ・デミケーレ、エンリコ・ガッティに師事。 アルル音楽教室チェンバロ講師。コンセール・エクラタン福岡メンバー。 現在、東京と福岡を中心に演奏活動を行なっている。

(Fl.2+BC) Marais 8.Menuet II - Trio en suite op.5:LMA054 

  • 330 / Rental ( 30 days )
  • 330 / Download

Marin Marais Trio en Suite No.5 in E minor 【Bonus Content】 The minus-zero content (video with all parts performed) available upon purchase. 購入者特典として、全パートが揃った演奏動画をご視聴いただけます。 【Tuning】a=415Hz 【Instruction】 ・Level: Intermediate ・Tempo: Normal 【Score】https://imslp.org/wiki/Suite_%C3%A0_3_in_E_minor_(Marais%2C_Marin) 【Message】 ヴィオラ・ダ・ガンバの名手だったマラン・マレのトリオで、様々な舞曲が入っています。1692年頃に出版されたこのトリオのタイトルはフルート、ヴァイオリン、高音ヴィオールのためのトリオと書かれています。この時代フルートはリコーダーを指しているので横吹のフルートは入っていません。しかしながらタイトルの周りには他の楽器とともに3分割の横吹きフルートの絵が描かれており、横笛の使用も念頭に置かれていたことが見てとれます。当時バロックスタイルの横笛はまだ発明されたばかりで最新式の楽器でした。マレのトリオ集は横笛で吹くことを想定して書かれた最初の曲集といえます。フルート2本の演奏もいいですが、リコーダーやヴァイオリンとフルートとのアンサンブルも可能です。今回はフルート2本とチェンバロによる見本演奏もご用意しました。ちまたに様々な録音があふれていますが、マレはa=392Hzの録音が多く415の楽器ではCD等と合わせて練習できないことも多いかと思います。見本演奏も合わせてご利用いただければと思います。初心者の方は、ゆっくりなサラバンドや短いメヌエットなどから初めて見るとよいかと思います。 【Accompanist】 Liliko Maeda, baroque flute Liliko Maeda studied Baroque flute at Toho Gakuen School of Music in Japan, Subsequenttly at the Royal Conservatory of The Hague in Holland under the instruction of Masahiro Arita and Barthold Kuijken. She won first place at the Competition for Early Music Yamanashi in 1996 and second place at the International Competition for Early Music Bruges in 1999. She is an active performer and she has made recordings as a member of various performing groups such as Bach Collegium Japan, Orchestra Libera Classica, and Soffio Armonico. Also she frequently holds recitals and chamber music concerts in various parts of Japan. Currently she teaches baroque flute at the Tokyo University of the Arts and Ueno Gakuen University.  Seiichiro Nishino, harpsichord Seiichiro Nishino is a Japanese harpsichord and clavichord player. He graduated from Toho Gakuen School of Music. He studied under Chiyoko Arita, Naoki Ueo, and Takuya Nemoto. He is a member of Concerts Eclatants Fukuoka. 【奏者】前田りり子 フラウト・トラヴェルソ モダン・フルートを小出信也氏に師事。高校2年の時、全日本学生音楽コンクール西日本大会フルート部門1位入賞。その後バロック・フルートに転向し桐朋学園大学古楽器科に進学。オランダのデン・ハーグ王立音楽院の大学院修了。有田正広、バルトルド・クイケンの両氏に師事。1996年、山梨古楽コンクールにて第1位入賞し、1999年、ブルージュ国際古楽コンクールで2位入賞。バッハ・コレギウム・ジャパン、オーケストラ・リベラ・クラシカ、ソフィオ・アルモニコなど、各種演奏団体のメンバーとして演奏・レコーディング活動をしているほか、日本各地でしばしばリサイタルや室内楽コンサートを行っている。また2006年には単行本「フルートの肖像」を東京書籍より出版し、執筆活動にも力を入れている。現在、東京藝術大学、上野学園大学非常勤講師。公式ホームページは「りりこの部屋」で検索。 ● HP:http://www2.odn.ne.jp/~cco69970/index.html/liliko.html ● Twitter: @LilikoMaeda ● Instagram:@lilikomaeda 西野晟一郎 チェンバロ 旧福岡古楽音楽祭の影響で古楽に興味を持つ。 桐朋学園大学古楽器科チェンバロ専攻を卒業。チェンバロ、通奏低音を有田千代子、上尾直毅、根本卓也の各氏に師事。ウルビノ古楽音楽祭に参加、チェンバロをリナルド・アレッサンドリーニ、室内楽をステファノ・デミケーレ、エンリコ・ガッティに師事。 アルル音楽教室チェンバロ講師。コンセール・エクラタン福岡メンバー。 現在、東京と福岡を中心に演奏活動を行なっている。

(Fl.1+BC) Marais 7.Sarabande - Trio en Suite op.5:TNA023 

  • 550 / Rental ( 30 days )
  • 550 / Download

Marin Marais Trio en Suite No.5 in E minor 【Bonus Content】 The minus-zero content (video with all parts performed) available upon purchase. 購入者特典として、全パートが揃った演奏動画をご視聴いただけます。 【Tuning】a=415Hz 【Instruction】 ・Level: Intermediate ・Tempo: Normal 【Score】https://imslp.org/wiki/Suite_%C3%A0_3_in_E_minor_(Marais%2C_Marin) 【Message】 ヴィオラ・ダ・ガンバの名手だったマラン・マレのトリオで、様々な舞曲が入っています。1692年頃に出版されたこのトリオのタイトルはフルート、ヴァイオリン、高音ヴィオールのためのトリオと書かれています。この時代フルートはリコーダーを指しているので横吹のフルートは入っていません。しかしながらタイトルの周りには他の楽器とともに3分割の横吹きフルートの絵が描かれており、横笛の使用も念頭に置かれていたことが見てとれます。当時バロックスタイルの横笛はまだ発明されたばかりで最新式の楽器でした。マレのトリオ集は横笛で吹くことを想定して書かれた最初の曲集といえます。フルート2本の演奏もいいですが、リコーダーやヴァイオリンとフルートとのアンサンブルも可能です。今回はフルート2本とチェンバロによる見本演奏もご用意しました。ちまたに様々な録音があふれていますが、マレはa=392Hzの録音が多く415の楽器ではCD等と合わせて練習できないことも多いかと思います。見本演奏も合わせてご利用いただければと思います。初心者の方は、ゆっくりなサラバンドや短いメヌエットなどから初めて見るとよいかと思います。 【Accompanist】 Tomoko Nakama, baroque flute Tomoko Nakama graduated from Ueno-Gakuen Univ. in 2007. In addition to performing, she teaches in several academies in the Tokyo and Saitama area in Japan. Seiichiro Nishino, harpsichord Seiichiro Nishino is a Japanese harpsichord and clavichord player. He graduated from Toho Gakuen School of Music. He studied under Chiyoko Arita, Naoki Ueo, and Takuya Nemoto. He is a member of Concerts Eclatants Fukuoka. 【奏者】 仲間知子 フラウト・トラヴェルソ 椿山音楽教室でフルートとオカリナ、ソルフェージュの講師をしながらマイペースに演奏活動をしています。Devienneが好きすぎて、彼のメソードを読むために最近フランス語の勉強をはじめました。2018年National Flute Association主催 Baroque Flute Artist Competition 第3位 (フロリダ州オーランド開催) 西野晟一郎 チェンバロ 旧福岡古楽音楽祭の影響で古楽に興味を持つ。 桐朋学園大学古楽器科チェンバロ専攻を卒業。チェンバロ、通奏低音を有田千代子、上尾直毅、根本卓也の各氏に師事。ウルビノ古楽音楽祭に参加、チェンバロをリナルド・アレッサンドリーニ、室内楽をステファノ・デミケーレ、エンリコ・ガッティに師事。 アルル音楽教室チェンバロ講師。コンセール・エクラタン福岡メンバー。 現在、東京と福岡を中心に演奏活動を行なっている。

   Please tell me your thoughts !     close