Japanese  /  English 日本語  /  English

Promotion Video: Ryosuke Sakamoto 

  • 無料

リュート奏者の坂本龍右さんにプロモーションビデオを作成いただきました。 2つのコンテンツが販売中となっております! ●セルミジ Tant que vivray https://filmuy.com/smartaccompanist/video/416795655 曲の説明:https://togetter.com/li/1519258 ●マシュー・ロック Fantazie, Saraband from Duos for two Basse-Violls https://filmuy.com/smartaccompanist/video/416795618 曲の説明:https://togetter.com/li/1519261 ■ 坂本龍右 Ryosuke Sakamoto, Lute 東京大学文学部 (美学芸術学専修課程) 卒業後、バーゼル市立音楽院(バーゼル・スコラカントルム)に留学。ホプキンソン・スミス氏及びクロフォード・ヤング氏にリュートを、ランダル・クック氏にヴィオラ・ダ・ガンバを、アン・スミス氏にルネサンス音楽理論を、イェスパー・クリステンセン氏に通奏低音を師事し、2015年に修了。その後同校にて公式伴奏者として勤務。2013年、ラクィラの国際古楽コンクールにおけるリュート・ソロ部門で第1位及び聴衆賞。2017年、国際ビーバーコンクールにおけるアンサンブル部門第1位。ヨーロッパ各地の古楽祭やリュート協会主催の演奏会にソリストとして招聘される。録音にリュート・ソロによる「Travels with my Lute」「Polyphony & Diminution」ほか多数。2017年、有志で通奏低音組合「コンティヌオ・ギルド」を立ち上げ、演奏とアウトリーチの両面で活動を開始。 ● Web:http://ryosukesakamoto.com/ ● Facebook : https://www.facebook.com/ryosuke.sakamoto.58 ● Twitter : @contra2nd

Promotion Video: Kaho Iwasaki 

  • 無料

フルート奏者の岩崎花保さんにプロモーションビデオを作成いただきました。 この動画のマイナスワンを本サイトにて販売しております。 G. Ph. Telemann / Sonata for 2 flutes in D major, TWV 40:103, op.2 1楽章 1stのみ:https://filmuy.com/smartaccompanist/video/419172624 1楽章 2ndのみ:https://filmuy.com/smartaccompanist/video/419172342

特典付き Leclair 1.Adagio - Violin Sonata Op.2-12 g-moll:MYA017 

  • 550 / レンタル ( 30 日)
  • 550 / ダウンロード

【Tuning】a=415Hz 【Instruction】 ・Level: Intermediate / 中級者向け ・Tempo: Normal / テンポ:ノーマル 【Score】available as a bonus file. 【Accompanist】Mikina Yamashita, harpsichord Mikina Yamashita, born in 1989 in Japan, studied the harpsichord, organ and fortepiano at Tokyo University of the Arts and Conservatorium van Amsterdam. Amongst her professors were Naoya Otsuka, Asami Hirosawa, Menno van Delft, Miklos Spanyi and Kris Verhelst. During her studies Mikina Yamashita was participating as a choir member and also a keyboard continuo player in the students’ orchestra named Bach Kantaten Club, from 2013 to 2020. In Netherland, Mikina Yamashita performed at the Utrecht Early Music Festival 2017, and she joined many concerts as a member of Sweelinck Baroque Orchestra of the conservatory. She is currently doing her master second year, and working as a teaching assistant at the university in Tokyo. 【奏者】山下実季奈 チェンバロ 東京藝術大学音楽学部器楽科チェンバロ専攻を卒業。在学中、および卒業時に、安宅賞、アカンサス音楽賞受賞。2017年よりアムステルダム音楽院の古楽プログラムに参加し研鑽を積む。チェンバロ、通奏低音、即興演奏をこれまでに大塚直哉、廣澤麻美、M.v.デルフト、K.フェアヘルスト、M.シュパーニの各氏に師事。2017年ユトレヒト古楽祭にてフリンジコンサートに出演。現在、東京藝術大学大学院修士課程2年に在学し、ティーチングアシスタントを務める。バッハカンタータクラブOG。(公財) AFS留学帰国生。 ● HP: https://mikinyan.weebly.com/little-solistes9825-12524124831247312531.html ● Facebook: https://www.facebook.com/mikina.j.yamashita ● Twitter: @merrymint1011 ● Instagram:@mikina_harpsichord

Boismortier 1. Ducement - Sonata for 3 Flutes d-moll, Op.7-4:MNA001 

  • 550 / レンタル ( 30 日)
  • 550 / ダウンロード

Flute 2 and 3 are played in this video. Flute 1 is for you to play. 第一フルートのマイナスワン演奏です。 【Tuning】a=415Hz 【Instruction】 ・Level: Intermediate / 中級者向け ・Tempo: Slower / ゆっくりめ 【Score】https://imslp.org/wiki/6_Sonatas_for_3_Flutes%2C_Op.7_(Boismortier%2C_Joseph_Bodin_de) 【メッセージ】 ボワモルティエはたいへんな多作で、作品の多くが再販されるという当時人気の作曲家でした。特にフルートのレパートリーを広めるのに大きな役割を果たしました。旋律が美しく、気品があり、簡潔であるところが、彼の作品の特徴です。 【Accompanist】 Maya Nozaki studied music pedagogy at Musashino Academia Musicae and received bachelor diploma. In 2011 she started studying the baroque flute with Liliko Maeda. A year later she moved to Belgium to study with Barthold Kuijken and Frank Theuns in Koninklijk Conservatorium Brussel and received her Master diploma with distinction in 2016. She won the 3rd prize at the International competition for early music Yamanashi. She has appeared in many music festivals such as the Festival Midis Minimes (Belgium), MA festival (Be), the Festival Antiqua Torino (Italy) and Hokutopia International Music Festival (Japan).She performed in Europe and Asia with number of ensembles such as La Petite Bande, les Agremens, Musica Alta Ripa, Bach Collegium Japan and Ayame Ensemble Baroque. 【奏者】野崎真弥 フラウト・トラヴェルソ 武蔵野音楽大学音楽学部音楽教育学科卒業。 2011年よりバロックフルート(トラヴェルソ)を学び始め、翌年ブリュッセル王立音楽院古楽科に入学。在学中のオーケストラプロジェクトにてソリストに抜擢され、ルクレールのフルート協奏曲、クヴァンツの2本のフルートのための協奏曲を音楽院のオーケストラと共演。第28回国際古楽コンクール〈山梨〉旋律楽器部門第3位。2016年、同音楽院の修士課程を優秀賞付きで修了。『Festival Midi Minimes』(ベルギー)『ルネサンスとバロックの音楽祭』『AnticaTorino』(イタリア)などの音楽祭に出演。また、バッハ・コレギウム・ジャパンやベルギーの古楽アンサンブル、ラ・プティット・バンド、レザグレマン、ドイツではムジカ アルタ リパのプロジェクトに参加。ブリュッセルの修道院でリコーダー講師をつとめるなど、ヨーロッパ各地で活動。2018年にはAYAME アンサンブル・バロックのメンバーとして北イタリアツアーをおこない好評を得るとともに、北とぴあ国際音楽祭の参加公演に選出され日本での初公演を行う。昨年秋に拠点を日本に移し、現在は日本とヨーロッパで活動中。 これまでにモダンフルートを中嶋伸夫、神田寛明、野口巳生の各氏に師事し、国内アカデミーでは工藤重典、マクサンス・ラリュー、フィリップ・ピエルロのクラスを修了。リコーダーを吉沢実氏に、バロックフルートをバルトルド・クイケン、フランク・トインス、前田りり子、アンネ・プストラウクの各氏に師事。またルネサンスフルートではケイト・クラーク氏のマスタークラスを、スペインでのアーリーミュージックモレリャにてアン・スミス氏のクラスを受講。 ●HP: https://mayanozaki.blogspot.com/ ●Twitter: @mayao216 ●Instagram: @mayao216

Boismortier 2. Courante - Sonata for 3 Flutes d-moll, Op.7-4:MNA002 

  • 550 / レンタル ( 30 日)
  • 550 / ダウンロード

Flute 2 and 3 are played in this video. Flute 1 is for you to play. 第一フルートのマイナスワン演奏です。 【Tuning】a=415Hz 【Instruction】 ・Level: Intermediate / 中級者向け ・Tempo: Slower / ゆっくりめ 【Score】https://imslp.org/wiki/6_Sonatas_for_3_Flutes%2C_Op.7_(Boismortier%2C_Joseph_Bodin_de) 【メッセージ】 ボワモルティエはたいへんな多作で、作品の多くが再販されるという当時人気の作曲家でした。特にフルートのレパートリーを広めるのに大きな役割を果たしました。旋律が美しく、気品があり、簡潔であるところが、彼の作品の特徴です。 【Accompanist】 Maya Nozaki studied music pedagogy at Musashino Academia Musicae and received bachelor diploma. In 2011 she started studying the baroque flute with Liliko Maeda. A year later she moved to Belgium to study with Barthold Kuijken and Frank Theuns in Koninklijk Conservatorium Brussel and received her Master diploma with distinction in 2016. She won the 3rd prize at the International competition for early music Yamanashi. She has appeared in many music festivals such as the Festival Midis Minimes (Belgium), MA festival (Be), the Festival Antiqua Torino (Italy) and Hokutopia International Music Festival (Japan).She performed in Europe and Asia with number of ensembles such as La Petite Bande, les Agremens, Musica Alta Ripa, Bach Collegium Japan and Ayame Ensemble Baroque. 【奏者】野崎真弥 フラウト・トラヴェルソ 武蔵野音楽大学音楽学部音楽教育学科卒業。 2011年よりバロックフルート(トラヴェルソ)を学び始め、翌年ブリュッセル王立音楽院古楽科に入学。在学中のオーケストラプロジェクトにてソリストに抜擢され、ルクレールのフルート協奏曲、クヴァンツの2本のフルートのための協奏曲を音楽院のオーケストラと共演。第28回国際古楽コンクール〈山梨〉旋律楽器部門第3位。2016年、同音楽院の修士課程を優秀賞付きで修了。『Festival Midi Minimes』(ベルギー)『ルネサンスとバロックの音楽祭』『AnticaTorino』(イタリア)などの音楽祭に出演。また、バッハ・コレギウム・ジャパンやベルギーの古楽アンサンブル、ラ・プティット・バンド、レザグレマン、ドイツではムジカ アルタ リパのプロジェクトに参加。ブリュッセルの修道院でリコーダー講師をつとめるなど、ヨーロッパ各地で活動。2018年にはAYAME アンサンブル・バロックのメンバーとして北イタリアツアーをおこない好評を得るとともに、北とぴあ国際音楽祭の参加公演に選出され日本での初公演を行う。昨年秋に拠点を日本に移し、現在は日本とヨーロッパで活動中。 これまでにモダンフルートを中嶋伸夫、神田寛明、野口巳生の各氏に師事し、国内アカデミーでは工藤重典、マクサンス・ラリュー、フィリップ・ピエルロのクラスを修了。リコーダーを吉沢実氏に、バロックフルートをバルトルド・クイケン、フランク・トインス、前田りり子、アンネ・プストラウクの各氏に師事。またルネサンスフルートではケイト・クラーク氏のマスタークラスを、スペインでのアーリーミュージックモレリャにてアン・スミス氏のクラスを受講。 ●HP: https://mayanozaki.blogspot.com/ ●Twitter: @mayao216 ●Instagram: @mayao216

T. Morley Now is the month of Maying:TKA009 

  • 550 / レンタル ( 30 日)
  • 550 / ダウンロード

【Pitch】a=440Hz 【Instruction】 ・For Beginner / 初級者向け ・Tuning time included / 音出しあり 【Score】https://imslp.org/wiki/Balletts_to_Five_Voyces,_Book_1_(Morley,_Thomas) 【Additional Info】 Video with full parts including Soprano is available: ソプラノパートを含む動画はこちらにございます。 https://youtu.be/eb-AC8rqWpM 【メッセージ】 Thomas Morleyによる、現代でも人気の合唱曲です。 本来は5人で歌うもので、リュートソングではないのですが、リュート+Cantus一人でも楽しめる曲です。 5月といえばこれ! 外に行けなくても、晴れやかな初夏の気分を味わえます。 明快な脚韻を丁寧に歌って、そのリズムを十分に楽しんでみてください。 【Accompanist】Tomoko Koide, lute Tomoko Koide, she started to play the guitar at the age of fourteen. Won 2nd prize at G.L.C. Student Guitar Competition, was a finalist at San-in Guitar Competition. Soon after graduated Doshisha University she started to play the lute,and have learned lute & lute songs with Kenji Sano, Mamiko Hirai, Takashi Tsunoda, Paul O'dette, and Evangelina Mascardi. Tomoko played with many singers and various kind of instrument players like viol, traverso, flute even with sitar, nyckellharpa players, and attended recording projects. Tomoko gave lectures about lute and lute songs. She is also a member of music band for children. Been into Moomin stories for quater a century.... 【奏者】小出智子 リュート 14歳でクラシックギターを始める。 高校在学中、GLC学生ギターコンクール2位、山陰ギターコンクール入選。同志社大学英文学科卒業後、会社員生活を経て、リュートを始める。これまでにリュート、リュートソングを佐野健二氏、平井満美子氏、つのだたかし氏、Paul O'dette, Evangelina Mascardi氏らに学ぶ。ソロ、通奏低音、伴奏、民族楽器との共演や、録音への参加など、関西を中心にジャンルを問わず幅広く活動中。NHK大阪文化センター「リュートでうたうイギリスはやりうた」リュート伴奏担当。リュート演奏、リュートソングの指導やレクチャーなども行っている。(龍谷大学REC講座など)。ムーミンファン歴四半世紀超 ● HP: http://koidelute.jp ● Facebook: https://www.facebook.com/koidelute ● Instagram:@koidetomoko

F.Couperin Sarabande - Concerts Royaux No.4:TNC008 

  • 550 / レンタル ( 30 日)
  • 550 / ダウンロード

Sarabande from ”Concerts Royaux No.4” 王宮のコンセール第4番より「サラバンド」 【Tuning】a=415Hz Temperament: Valotti ヴァロッティ 【Instruction】 ・Level : Intermediate / 中級者向け ・Tempo: Normal / テンポ:ノーマル ・Continuo is performed only by clavecin solo, so the contrepartie is playable. Contrepartieを演奏する方向けに、本体をクラヴサンソロとして演奏しています。 【Score】https://imslp.org/wiki/Concerts_royaux_(Couperin%2C_Fran%C3%A7ois) 【Accompanist】Takuya Nemoto, Harpsichord TAKUYA NEMOTO obtained an MMus in conducting from Tokyo University of the Arts. As a student, he had grasped various theatrical works in their original languages, such as English, German, French, Italian, Czech, and even Latin. His singular capability for diction coaching makes him an integral presence in the industry, having been already engaged for hundreds of performances by New National Theatre Tokyo and other key opera companies in Japan. He earned a diploma in basso continuo at Conservatoire National Supérieur de Lyon (France). He also plays cembalo in The Jugong Boys (a duo with a Baroque cellist) and others. As a composer, he placed third (no first/second place winner) in the Ensemble category at the 3rd Tokyo Katsushika Composition Competition 2015. In June 2016, his trio Nemo Concertato (with sax and voice) released the CD book Shuntaro for Adults (Artes Publishing) dedicated to Shuntaro Tanigawa’s poetry. His first opera Kagetora, commissioned by the Myoko Culture Promotion Organization, premiered in December 2018 and was met with accolades. 【奏者】根本卓也 チェンバロ 私立開成中学・高等学校を卒業後、東京藝術大学大学院修士課程(指揮専攻)修了。在学中に、新国立劇場オペラ部門元芸術監督の若杉弘氏に見出されキャリアをスタート。英・独・仏・伊・チェコその他ラテン語に至るまで、あらゆる舞台作品を原語で解する類稀な才能が買われ、既に100本近くの公演に参加。現在、新国立劇場オペラ部門音楽スタッフとして年間を通して公演に寄与する傍ら、東京二期会・OMF・ニッセイオペラ等、国内の主要団体で合唱指揮・ディクションコーチ・作品レクチャー等多岐にわたり活躍。 更に、バッハ・コレギウム・ジャパン(BCJ)の鈴木雅明氏との出会いから古楽へと傾倒し、大学卒業後渡仏。国立リヨン高等音楽院で、通奏低音(チェンバロ・オルガンによる即興伴奏法)のディプロマを取得。中世のグレゴリオ聖歌からバッハ、モーツァルトに至るまで、様式を踏まえた演奏法を習得。帰国後は《アンサンブル・ラ・レヴェランス》《ジュゴンボーイズ》等のグループで、チェンバロ奏者として活躍。2016年5月には、ラモー《プラテ》で、ピリオド楽器のオーケストラを率いて、バロック・オペラ指揮者デビューを飾る。 作曲家としては、渡仏時代に友人夫妻の為に書き下ろしたオルガンのための連弾作品《Thème et Variations》が、音楽出版社Delatour社主の目に留まり出版されたのをきっかけに、本腰を入れて創作活動に入る。第3回東京かつしか作曲コンクール2015に於いてアンサンブルの部第3位入賞(1・2位無し)。2016年6月には、サックス・歌とのトリオ《Nemo Concertato》で、谷川俊太郎の詩に寄せた、メンバー自作曲によるCDブック『大人のための俊太郎』を上梓(アルテス音楽出版刊)。収録曲カンタータ『臨死船』が好評を博し、メゾ・ソプラノ清水華澄氏のリサイタルで取り上げられ、NHKで放送される。2018年12月には初のオペラ《景虎〜海に消えし夢〜》が(公財)妙高文化振興事業団の委嘱で初演され、好評を博した。 ●HP: http://nemototakuya.info/

F.Couperin Prelude - Concerts Royaux No.3:TNC007 

  • 550 / レンタル ( 30 日)
  • 550 / ダウンロード

Prelude from ”Concerts Royaux No.3” 王宮のコンセール第3番より「プレリュード」 【Tuning】a=415Hz Temperament: Valotti ヴァロッティ 【Instruction】 ・Level : Intermediate / 中級者向け ・Tempo: Normal / テンポ:ノーマル ・Continuo is performed only by clavecin solo, so the contrepartie is playable. Contrepartieを演奏する方向けに、本体をクラヴサンソロとして演奏しています。 【Score】https://imslp.org/wiki/Concerts_royaux_(Couperin%2C_Fran%C3%A7ois) 【Accompanist】Takuya Nemoto, Harpsichord TAKUYA NEMOTO obtained an MMus in conducting from Tokyo University of the Arts. As a student, he had grasped various theatrical works in their original languages, such as English, German, French, Italian, Czech, and even Latin. His singular capability for diction coaching makes him an integral presence in the industry, having been already engaged for hundreds of performances by New National Theatre Tokyo and other key opera companies in Japan. He earned a diploma in basso continuo at Conservatoire National Supérieur de Lyon (France). He also plays cembalo in The Jugong Boys (a duo with a Baroque cellist) and others. As a composer, he placed third (no first/second place winner) in the Ensemble category at the 3rd Tokyo Katsushika Composition Competition 2015. In June 2016, his trio Nemo Concertato (with sax and voice) released the CD book Shuntaro for Adults (Artes Publishing) dedicated to Shuntaro Tanigawa’s poetry. His first opera Kagetora, commissioned by the Myoko Culture Promotion Organization, premiered in December 2018 and was met with accolades. 【奏者】根本卓也 チェンバロ 私立開成中学・高等学校を卒業後、東京藝術大学大学院修士課程(指揮専攻)修了。在学中に、新国立劇場オペラ部門元芸術監督の若杉弘氏に見出されキャリアをスタート。英・独・仏・伊・チェコその他ラテン語に至るまで、あらゆる舞台作品を原語で解する類稀な才能が買われ、既に100本近くの公演に参加。現在、新国立劇場オペラ部門音楽スタッフとして年間を通して公演に寄与する傍ら、東京二期会・OMF・ニッセイオペラ等、国内の主要団体で合唱指揮・ディクションコーチ・作品レクチャー等多岐にわたり活躍。 更に、バッハ・コレギウム・ジャパン(BCJ)の鈴木雅明氏との出会いから古楽へと傾倒し、大学卒業後渡仏。国立リヨン高等音楽院で、通奏低音(チェンバロ・オルガンによる即興伴奏法)のディプロマを取得。中世のグレゴリオ聖歌からバッハ、モーツァルトに至るまで、様式を踏まえた演奏法を習得。帰国後は《アンサンブル・ラ・レヴェランス》《ジュゴンボーイズ》等のグループで、チェンバロ奏者として活躍。2016年5月には、ラモー《プラテ》で、ピリオド楽器のオーケストラを率いて、バロック・オペラ指揮者デビューを飾る。 作曲家としては、渡仏時代に友人夫妻の為に書き下ろしたオルガンのための連弾作品《Thème et Variations》が、音楽出版社Delatour社主の目に留まり出版されたのをきっかけに、本腰を入れて創作活動に入る。第3回東京かつしか作曲コンクール2015に於いてアンサンブルの部第3位入賞(1・2位無し)。2016年6月には、サックス・歌とのトリオ《Nemo Concertato》で、谷川俊太郎の詩に寄せた、メンバー自作曲によるCDブック『大人のための俊太郎』を上梓(アルテス音楽出版刊)。収録曲カンタータ『臨死船』が好評を博し、メゾ・ソプラノ清水華澄氏のリサイタルで取り上げられ、NHKで放送される。2018年12月には初のオペラ《景虎〜海に消えし夢〜》が(公財)妙高文化振興事業団の委嘱で初演され、好評を博した。 ●HP: http://nemototakuya.info/

特典付き Baroque Dance Tutorial - 1. Starter:JIA001 

  • 660 / レンタル ( 30 日)
  • 660 / ダウンロード

※ Language: Japanese ■バロックダンス講座:入門編 様々な舞曲をバロックダンスで体験いただく為の入門編。入門編では基本的な用語の説明と身体の使い方をご説明しています。 この概念と動き方を体が知っておくとスムーズにバロックダンスで舞曲を体感いただけますので、初めての方、もう忘れてしまった方は是非こちらを見てから各舞曲をご覧いただくことをお勧めします。 【Accompanist】Julie Iwasa, baroque dance Julie Iwasa studied classical ballet at the Matsuyama Ballet School, and graduated with a music degree from Tokai University’s School of Humanities and Culture. She studied baroque dance under Dorothy Olsson, Kaspar Mainz, Thomas Baird, and is the author, with Minoru Yoshizawa, of Delight in Baroque Dance and Music, whose second volume is forthcoming. Since 2015, she has performed as a soloist and teacher in baroque operas on scholarship at the Amherst Early Music Festival.Julie performs as a recitalist in Japan, the U.S.and Taiwan, teaches independently, and leads workshops for musicians in Japan. She is an organizer of the Iris baroque dance class in Tokyo and the Baroque Dance Academy in Osaka, and a committee member for the Bach Workshop of the Aaron Copland School of Music at CUNY, held in Japan. 【講師】岩佐樹里 バロックダンス フランス生まれ、東京育ち。幼少より松山バレエ学校にてバレエを学び、東海大学教養学部芸術学科音楽専攻課程卒業。 第16回国際なかのダンスコンペティションにてセンターフィールド賞受賞。2015年よりAmherst Early Music Festivalにてヒストリカルダンスの講師、アシスタント、バロックオペラのソリストダンサーを務めている。アメリカを中心に台湾など国内外のバロックオペラやコンサートに出演。また、バッハの曲に振付した作品を踊るツアーなども行っている。 日本では音楽家のためのワークショップなどを国内各地で行い、初心者にも分かりやすいバロックダンス講座には定評がある。バロックダンスをD.オルソン氏、K.マインツ氏、浜中康子氏に師事。 バロックダンス教室アイリスの会、大阪フローラの会主催。著書「踊って楽しむバロック舞曲」(吉澤実氏との共著) ● Facebook: https://www.facebook.com/julie.iwasa ● Instagram: dnacing_julie_julie

特典付き Baroque Dance Tutorial - 2. Menuet:JIA002 

  • 660 / レンタル ( 30 日)
  • 660 / ダウンロード

※ Language: Japanese ■バロックダンス講座:メヌエット編 フランス宮廷で約100年も踊り継がれた優雅で美しいメヌエット。メヌエットの基本のステップを体験いただき、音楽に合わせて踊ってみる事で更にメヌエットの美しさや音楽との絶妙な拮抗感を感じていただけます。舞曲を身体で感じてみましょう! 使用音楽:王の寝室のためのトリオLWV35よりメヌエット 演奏:関西在住のアンサンブルメンバー 【Accompanist】Julie Iwasa, baroque dance Julie Iwasa studied classical ballet at the Matsuyama Ballet School, and graduated with a music degree from Tokai University’s School of Humanities and Culture. She studied baroque dance under Dorothy Olsson, Kaspar Mainz, Thomas Baird, and is the author, with Minoru Yoshizawa, of Delight in Baroque Dance and Music, whose second volume is forthcoming. Since 2015, she has performed as a soloist and teacher in baroque operas on scholarship at the Amherst Early Music Festival.Julie performs as a recitalist in Japan, the U.S.and Taiwan, teaches independently, and leads workshops for musicians in Japan. She is an organizer of the Iris baroque dance class in Tokyo and the Baroque Dance Academy in Osaka, and a committee member for the Bach Workshop of the Aaron Copland School of Music at CUNY, held in Japan. 【講師】岩佐樹里 バロックダンス フランス生まれ、東京育ち。幼少より松山バレエ学校にてバレエを学び、東海大学教養学部芸術学科音楽専攻課程卒業。 第16回国際なかのダンスコンペティションにてセンターフィールド賞受賞。2015年よりAmherst Early Music Festivalにてヒストリカルダンスの講師、アシスタント、バロックオペラのソリストダンサーを務めている。アメリカを中心に台湾など国内外のバロックオペラやコンサートに出演。また、バッハの曲に振付した作品を踊るツアーなども行っている。 日本では音楽家のためのワークショップなどを国内各地で行い、初心者にも分かりやすいバロックダンス講座には定評がある。バロックダンスをD.オルソン氏、K.マインツ氏、浜中康子氏に師事。 バロックダンス教室アイリスの会、大阪フローラの会主催。著書「踊って楽しむバロック舞曲」(吉澤実氏との共著) ● Facebook: https://www.facebook.com/julie.iwasa ● Instagram: dnacing_julie_julie

(for Rec.) Bach BWV1035 in F, 1.Adagio ma non tanto:TNC005 

  • 550 / レンタル ( 30 日)
  • 550 / ダウンロード

Transposed to F-major for Recorder. This is the 1st movement. F-durへの移調版(リコーダー演奏用)です。 【Tuning】a=415Hz, Temperament: Valotti / ヴァロッティ 【Instruction】 ・Level : Intermediate / 中級者向け ・Tempo: Normal / テンポ:ノーマル 【楽譜】https://imslp.org/wiki/Flute_Sonata_in_E_minor%2C_BWV_1034_(Bach%2C_Johann_Sebastian) 【Accompanist】Takuya Nemoto, Harpsichord TAKUYA NEMOTO obtained an MMus in conducting from Tokyo University of the Arts. As a student, he had grasped various theatrical works in their original languages, such as English, German, French, Italian, Czech, and even Latin. His singular capability for diction coaching makes him an integral presence in the industry, having been already engaged for hundreds of performances by New National Theatre Tokyo and other key opera companies in Japan. He earned a diploma in basso continuo at Conservatoire National Supérieur de Lyon (France). He also plays cembalo in The Jugong Boys (a duo with a Baroque cellist) and others. As a composer, he placed third (no first/second place winner) in the Ensemble category at the 3rd Tokyo Katsushika Composition Competition 2015. In June 2016, his trio Nemo Concertato (with sax and voice) released the CD book Shuntaro for Adults (Artes Publishing) dedicated to Shuntaro Tanigawa’s poetry. His first opera Kagetora, commissioned by the Myoko Culture Promotion Organization, premiered in December 2018 and was met with accolades. 【奏者】根本卓也 チェンバロ 私立開成中学・高等学校を卒業後、東京藝術大学大学院修士課程(指揮専攻)修了。在学中に、新国立劇場オペラ部門元芸術監督の若杉弘氏に見出されキャリアをスタート。英・独・仏・伊・チェコその他ラテン語に至るまで、あらゆる舞台作品を原語で解する類稀な才能が買われ、既に100本近くの公演に参加。現在、新国立劇場オペラ部門音楽スタッフとして年間を通して公演に寄与する傍ら、東京二期会・OMF・ニッセイオペラ等、国内の主要団体で合唱指揮・ディクションコーチ・作品レクチャー等多岐にわたり活躍。 更に、バッハ・コレギウム・ジャパン(BCJ)の鈴木雅明氏との出会いから古楽へと傾倒し、大学卒業後渡仏。国立リヨン高等音楽院で、通奏低音(チェンバロ・オルガンによる即興伴奏法)のディプロマを取得。中世のグレゴリオ聖歌からバッハ、モーツァルトに至るまで、様式を踏まえた演奏法を習得。帰国後は《アンサンブル・ラ・レヴェランス》《ジュゴンボーイズ》等のグループで、チェンバロ奏者として活躍。2016年5月には、ラモー《プラテ》で、ピリオド楽器のオーケストラを率いて、バロック・オペラ指揮者デビューを飾る。 作曲家としては、渡仏時代に友人夫妻の為に書き下ろしたオルガンのための連弾作品《Thème et Variations》が、音楽出版社Delatour社主の目に留まり出版されたのをきっかけに、本腰を入れて創作活動に入る。第3回東京かつしか作曲コンクール2015に於いてアンサンブルの部第3位入賞(1・2位無し)。2016年6月には、サックス・歌とのトリオ《Nemo Concertato》で、谷川俊太郎の詩に寄せた、メンバー自作曲によるCDブック『大人のための俊太郎』を上梓(アルテス音楽出版刊)。収録曲カンタータ『臨死船』が好評を博し、メゾ・ソプラノ清水華澄氏のリサイタルで取り上げられ、NHKで放送される。2018年12月には初のオペラ《景虎〜海に消えし夢〜》が(公財)妙高文化振興事業団の委嘱で初演され、好評を博した。 ●HP: http://nemototakuya.info/

(for Rec.) Bach BWV1035 in F, 2.Allegro:TNC006 

  • 550 / レンタル ( 30 日)
  • 550 / ダウンロード

Transposed to F-major for Recorder. This is the 2nd movement. F-durへの移調版(リコーダー演奏用)です。 【Tuning】a=415Hz, Temperament: Valotti / ヴァロッティ 【Instruction】 ・Level : Intermediate / 中級者向け ・Tempo: Normal / テンポ:ノーマル 【楽譜】https://imslp.org/wiki/Flute_Sonata_in_E_minor%2C_BWV_1034_(Bach%2C_Johann_Sebastian) 【Accompanist】Takuya Nemoto, Harpsichord TAKUYA NEMOTO obtained an MMus in conducting from Tokyo University of the Arts. As a student, he had grasped various theatrical works in their original languages, such as English, German, French, Italian, Czech, and even Latin. His singular capability for diction coaching makes him an integral presence in the industry, having been already engaged for hundreds of performances by New National Theatre Tokyo and other key opera companies in Japan. He earned a diploma in basso continuo at Conservatoire National Supérieur de Lyon (France). He also plays cembalo in The Jugong Boys (a duo with a Baroque cellist) and others. As a composer, he placed third (no first/second place winner) in the Ensemble category at the 3rd Tokyo Katsushika Composition Competition 2015. In June 2016, his trio Nemo Concertato (with sax and voice) released the CD book Shuntaro for Adults (Artes Publishing) dedicated to Shuntaro Tanigawa’s poetry. His first opera Kagetora, commissioned by the Myoko Culture Promotion Organization, premiered in December 2018 and was met with accolades. 【奏者】根本卓也 チェンバロ 私立開成中学・高等学校を卒業後、東京藝術大学大学院修士課程(指揮専攻)修了。在学中に、新国立劇場オペラ部門元芸術監督の若杉弘氏に見出されキャリアをスタート。英・独・仏・伊・チェコその他ラテン語に至るまで、あらゆる舞台作品を原語で解する類稀な才能が買われ、既に100本近くの公演に参加。現在、新国立劇場オペラ部門音楽スタッフとして年間を通して公演に寄与する傍ら、東京二期会・OMF・ニッセイオペラ等、国内の主要団体で合唱指揮・ディクションコーチ・作品レクチャー等多岐にわたり活躍。 更に、バッハ・コレギウム・ジャパン(BCJ)の鈴木雅明氏との出会いから古楽へと傾倒し、大学卒業後渡仏。国立リヨン高等音楽院で、通奏低音(チェンバロ・オルガンによる即興伴奏法)のディプロマを取得。中世のグレゴリオ聖歌からバッハ、モーツァルトに至るまで、様式を踏まえた演奏法を習得。帰国後は《アンサンブル・ラ・レヴェランス》《ジュゴンボーイズ》等のグループで、チェンバロ奏者として活躍。2016年5月には、ラモー《プラテ》で、ピリオド楽器のオーケストラを率いて、バロック・オペラ指揮者デビューを飾る。 作曲家としては、渡仏時代に友人夫妻の為に書き下ろしたオルガンのための連弾作品《Thème et Variations》が、音楽出版社Delatour社主の目に留まり出版されたのをきっかけに、本腰を入れて創作活動に入る。第3回東京かつしか作曲コンクール2015に於いてアンサンブルの部第3位入賞(1・2位無し)。2016年6月には、サックス・歌とのトリオ《Nemo Concertato》で、谷川俊太郎の詩に寄せた、メンバー自作曲によるCDブック『大人のための俊太郎』を上梓(アルテス音楽出版刊)。収録曲カンタータ『臨死船』が好評を博し、メゾ・ソプラノ清水華澄氏のリサイタルで取り上げられ、NHKで放送される。2018年12月には初のオペラ《景虎〜海に消えし夢〜》が(公財)妙高文化振興事業団の委嘱で初演され、好評を博した。 ●HP: http://nemototakuya.info/

(1er) F. Couperin 9e ordre Allmande a deux clavcins:TNC004 

  • 660 / レンタル ( 30 日)
  • 660 / ダウンロード

1st clavecin part is played in this video. 2nd is for you to play. 第1クラヴサンを演奏しています。第2クラヴサンを重ねて演奏下さい。 【Tuning】a=415Hz, Temperament: Valotti / ヴァロッティ 【Instruction】 ・Level : Intermediate / 中級者向け ・Tempo: Normal / テンポ:ノーマル 【楽譜】https://imslp.org/wiki/Second_livre_de_pi%C3%A8ces_de_clavecin_(Couperin,_Fran%C3%A7ois) 【Accompanist】Takuya Nemoto, Harpsichord TAKUYA NEMOTO obtained an MMus in conducting from Tokyo University of the Arts. As a student, he had grasped various theatrical works in their original languages, such as English, German, French, Italian, Czech, and even Latin. His singular capability for diction coaching makes him an integral presence in the industry, having been already engaged for hundreds of performances by New National Theatre Tokyo and other key opera companies in Japan. He earned a diploma in basso continuo at Conservatoire National Supérieur de Lyon (France). He also plays cembalo in The Jugong Boys (a duo with a Baroque cellist) and others. As a composer, he placed third (no first/second place winner) in the Ensemble category at the 3rd Tokyo Katsushika Composition Competition 2015. In June 2016, his trio Nemo Concertato (with sax and voice) released the CD book Shuntaro for Adults (Artes Publishing) dedicated to Shuntaro Tanigawa’s poetry. His first opera Kagetora, commissioned by the Myoko Culture Promotion Organization, premiered in December 2018 and was met with accolades. 【奏者】根本卓也 チェンバロ 私立開成中学・高等学校を卒業後、東京藝術大学大学院修士課程(指揮専攻)修了。在学中に、新国立劇場オペラ部門元芸術監督の若杉弘氏に見出されキャリアをスタート。英・独・仏・伊・チェコその他ラテン語に至るまで、あらゆる舞台作品を原語で解する類稀な才能が買われ、既に100本近くの公演に参加。現在、新国立劇場オペラ部門音楽スタッフとして年間を通して公演に寄与する傍ら、東京二期会・OMF・ニッセイオペラ等、国内の主要団体で合唱指揮・ディクションコーチ・作品レクチャー等多岐にわたり活躍。 更に、バッハ・コレギウム・ジャパン(BCJ)の鈴木雅明氏との出会いから古楽へと傾倒し、大学卒業後渡仏。国立リヨン高等音楽院で、通奏低音(チェンバロ・オルガンによる即興伴奏法)のディプロマを取得。中世のグレゴリオ聖歌からバッハ、モーツァルトに至るまで、様式を踏まえた演奏法を習得。帰国後は《アンサンブル・ラ・レヴェランス》《ジュゴンボーイズ》等のグループで、チェンバロ奏者として活躍。2016年5月には、ラモー《プラテ》で、ピリオド楽器のオーケストラを率いて、バロック・オペラ指揮者デビューを飾る。 作曲家としては、渡仏時代に友人夫妻の為に書き下ろしたオルガンのための連弾作品《Thème et Variations》が、音楽出版社Delatour社主の目に留まり出版されたのをきっかけに、本腰を入れて創作活動に入る。第3回東京かつしか作曲コンクール2015に於いてアンサンブルの部第3位入賞(1・2位無し)。2016年6月には、サックス・歌とのトリオ《Nemo Concertato》で、谷川俊太郎の詩に寄せた、メンバー自作曲によるCDブック『大人のための俊太郎』を上梓(アルテス音楽出版刊)。収録曲カンタータ『臨死船』が好評を博し、メゾ・ソプラノ清水華澄氏のリサイタルで取り上げられ、NHKで放送される。2018年12月には初のオペラ《景虎〜海に消えし夢〜》が(公財)妙高文化振興事業団の委嘱で初演され、好評を博した。 ●HP: http://nemototakuya.info/

(fl.1) Hotteterre Suite for 2 flutes h-moll, op.4-2 Allemande : IAA003 

  • 550 / レンタル ( 30 日)
  • 550 / ダウンロード

※1stパートを収録しています。アンサンブルで合わせる場合は2ndを演奏してください。 【ピッチ】415Hz 【参考情報】 ・中級者向け ・テンポ ノーマル/ゆっくりめ 【備考】 フランスでバロック・フルートの先駆者として活躍したJ.-M. オトテールが、1712年に出した作品。フランスの組曲のスタイルで書かれています。フルート2重奏用の曲としては最初期のものの一つですが、すでに傑作中の傑作。これを超えるフルート2重奏曲は、そう多くは存在しないのではないでしょうか。 アルマンドはフランス流の組曲には、ほぼ必ずと言っていいほどよく出てくる舞曲です。この組曲のアルマンドは、軽快で洗練されたキャラクターを持っています。 【奏者】相川郁子 Ikuko Aikawa, flauto traverso 12歳でモダン・フルートを始める。上智大学大学院博士課程前期修了(修士・心理学)。バロック・フルートに転向した後、ブリュッセル王立音楽院にて研鑽を積む。前田りり子、B. クイケン、F. トゥンス、A. プストラウクの各氏に師事。2014年に帰国した後、室内楽や古楽オーケストラなどで活動を続けており、フランスバロックやルネサンス音楽を中心に、自主企画公演も数多く行う。「アンサンブル・イレーヌ」、トラヴェルソ・デュオ「イネガリテ」、「ソフィオ・アルモニコ」メンバー。ツイッター(@ikukotraverso)で演奏会情報を配信中。 ●Twitter: @ikukotraverso ●Instagram: @ikuko720

(fl.2) Hotteterre Suite for 2 flutes h-moll, op.4-1 Duo. Gravement -Gay : IAA002 

  • 550 / レンタル ( 30 日)
  • 550 / ダウンロード

※2ndパートを収録しています。アンサンブルで合わせる場合は1stを演奏してください。 【ピッチ】415Hz 【参考情報】 ・中級者向け ・テンポ ノーマル/ゆっくりめ 【備考】 フランスでバロック・フルートの先駆者として活躍したJ.-M. オトテールが、1712年に出した作品。フランスの組曲のスタイルで書かれています。フルート2重奏用の曲としては最初期のものの一つですが、すでに傑作中の傑作。これを超えるフルート2重奏曲は、そう多くは存在しないのではないでしょうか。 この楽章は組曲の冒頭にあたり、プレリュードと呼んでもよいような内容ですが、楽譜には単に DUOというタイトルが書かれています。重いテンポ(Gravement)で始まりますが、途中で軽快なテンポ(Gay)に変わります。 この動画は、全体にややゆっくりめのテンポ設定にはしていますが、練習用のテンポというわけではありません。この程度のテンポでコンサートで演奏しても、全く問題ないと思います。 【奏者】相川郁子 Ikuko Aikawa, flauto traverso 12歳でモダン・フルートを始める。上智大学大学院博士課程前期修了(修士・心理学)。バロック・フルートに転向した後、ブリュッセル王立音楽院にて研鑽を積む。前田りり子、B. クイケン、F. トゥンス、A. プストラウクの各氏に師事。2014年に帰国した後、室内楽や古楽オーケストラなどで活動を続けており、フランスバロックやルネサンス音楽を中心に、自主企画公演も数多く行う。「アンサンブル・イレーヌ」、トラヴェルソ・デュオ「イネガリテ」、「ソフィオ・アルモニコ」メンバー。ツイッター(@ikukotraverso)で演奏会情報を配信中。 ●Twitter: @ikukotraverso ●Instagram: @ikuko720

(fl.1) Hotteterre Suite for 2 flutes h-moll, op.4-1 Duo. Gravement-Gay : IAA001 

  • 550 / レンタル ( 30 日)
  • 550 / ダウンロード

※1stパートを収録しています。アンサンブルで合わせる場合は2ndを演奏してください。 【ピッチ】415Hz 【参考情報】 ・中級者向け ・テンポ ノーマル/ゆっくりめ 【備考】 フランスでバロック・フルートの先駆者として活躍したJ.-M. オトテールが、1712年に出した作品。フランスの組曲のスタイルで書かれています。フルート2重奏用の曲としては最初期のものの一つですが、すでに傑作中の傑作。これを超えるフルート2重奏曲は、そう多くは存在しないのではないでしょうか。 この楽章は組曲の冒頭にあたり、プレリュードと呼んでもよいような内容ですが、楽譜には単に DUOというタイトルが書かれています。重いテンポ(Gravement)で始まりますが、途中で軽快なテンポ(Gay)に変わります。 この動画は、全体にややゆっくりめのテンポ設定にはしていますが、練習用のテンポというわけではありません。この程度のテンポでコンサートで演奏しても、全く問題ないと思います。 【奏者】相川郁子 Ikuko Aikawa, flauto traverso 12歳でモダン・フルートを始める。上智大学大学院博士課程前期修了(修士・心理学)。バロック・フルートに転向した後、ブリュッセル王立音楽院にて研鑽を積む。前田りり子、B. クイケン、F. トゥンス、A. プストラウクの各氏に師事。2014年に帰国した後、室内楽や古楽オーケストラなどで活動を続けており、フランスバロックやルネサンス音楽を中心に、自主企画公演も数多く行う。「アンサンブル・イレーヌ」、トラヴェルソ・デュオ「イネガリテ」、「ソフィオ・アルモニコ」メンバー。ツイッター(@ikukotraverso)で演奏会情報を配信中。 ●Twitter: @ikukotraverso ●Instagram: @ikuko720

(fl.2) Hotteterre Suite for 2 flutes h-moll, op.4-2 Allemande : IAA004 

  • 550 / レンタル ( 30 日)
  • 550 / ダウンロード

※2ndパートを収録しています。アンサンブルで合わせる場合は1stを演奏してください。 【ピッチ】415Hz 【参考情報】 ・中級者向け ・テンポ ノーマル/ゆっくりめ 【備考】 フランスでバロック・フルートの先駆者として活躍したJ.-M. オトテールが、1712年に出した作品。フランスの組曲のスタイルで書かれています。フルート2重奏用の曲としては最初期のものの一つですが、すでに傑作中の傑作。これを超えるフルート2重奏曲は、そう多くは存在しないのではないでしょうか。 アルマンドはフランス流の組曲には、ほぼ必ずと言っていいほどよく出てくる舞曲です。この組曲のアルマンドは、軽快で洗練されたキャラクターを持っています。 【奏者】相川郁子 Ikuko Aikawa, flauto traverso 12歳でモダン・フルートを始める。上智大学大学院博士課程前期修了(修士・心理学)。バロック・フルートに転向した後、ブリュッセル王立音楽院にて研鑽を積む。前田りり子、B. クイケン、F. トゥンス、A. プストラウクの各氏に師事。2014年に帰国した後、室内楽や古楽オーケストラなどで活動を続けており、フランスバロックやルネサンス音楽を中心に、自主企画公演も数多く行う。「アンサンブル・イレーヌ」、トラヴェルソ・デュオ「イネガリテ」、「ソフィオ・アルモニコ」メンバー。ツイッター(@ikukotraverso)で演奏会情報を配信中。 ●Twitter: @ikukotraverso ●Instagram: @ikuko720

(fl.1) Hotteterre Suite for 2 flutes h-moll, op.4-3 Rondeau, Tendre: IAA005 

  • 550 / レンタル ( 30 日)
  • 550 / ダウンロード

※1stパートを収録しています。アンサンブルで合わせる場合は2ndを演奏してください。 【ピッチ】415Hz 【参考情報】 ・中級者向け ・テンポ ノーマル/ゆっくりめ 【備考】 フランスでバロック・フルートの先駆者として活躍したJ.-M. オトテールが、1712年に出した作品。フランスの組曲のスタイルで書かれています。フルート2重奏用の曲としては最初期のものの一つですが、すでに傑作中の傑作。これを超えるフルート2重奏曲は、そう多くは存在しないのではないでしょうか。 物悲しく優雅な旋律のロンドー。Les Tourterelles は「キジバトたち」の意。キジバトはつがいで行動することから、仲睦まじい夫婦・カップルを象徴する鳥とされます。2つの旋律が愛情深く寄り添い合うような、美しい2重奏です。 ゆったりとした曲なので、楽譜を音にするという点では この組曲の中では一番やさしく、入門者の方でも楽しんで吹いていただけると思います。 【奏者】相川郁子 Ikuko Aikawa, flauto traverso 12歳でモダン・フルートを始める。上智大学大学院博士課程前期修了(修士・心理学)。バロック・フルートに転向した後、ブリュッセル王立音楽院にて研鑽を積む。前田りり子、B. クイケン、F. トゥンス、A. プストラウクの各氏に師事。2014年に帰国した後、室内楽や古楽オーケストラなどで活動を続けており、フランスバロックやルネサンス音楽を中心に、自主企画公演も数多く行う。「アンサンブル・イレーヌ」、トラヴェルソ・デュオ「イネガリテ」、「ソフィオ・アルモニコ」メンバー。ツイッター(@ikukotraverso)で演奏会情報を配信中。 ●Twitter: @ikukotraverso ●Instagram: @ikuko720

(fl.2) Hotteterre Suite for 2 flutes h-moll, op.4-3 Rondeau, Tendre: IAA006 

  • 550 / レンタル ( 30 日)
  • 550 / ダウンロード

※2ndパートを収録しています。アンサンブルで合わせる場合は1stを演奏してください。 【ピッチ】415Hz 【参考情報】 ・中級者向け ・テンポ ノーマル/ゆっくりめ 【備考】 フランスでバロック・フルートの先駆者として活躍したJ.-M. オトテールが、1712年に出した作品。フランスの組曲のスタイルで書かれています。フルート2重奏用の曲としては最初期のものの一つですが、すでに傑作中の傑作。これを超えるフルート2重奏曲は、そう多くは存在しないのではないでしょうか。 物悲しく優雅な旋律のロンドー。Les Tourterelles は「キジバトたち」の意。キジバトはつがいで行動することから、仲睦まじい夫婦・カップルを象徴する鳥とされます。2つの旋律が愛情深く寄り添い合うような、美しい2重奏です。 ゆったりとした曲なので、楽譜を音にするという点では この組曲の中では一番やさしく、入門者の方でも楽しんで吹いていただけると思います。 【奏者】相川郁子 Ikuko Aikawa, flauto traverso 12歳でモダン・フルートを始める。上智大学大学院博士課程前期修了(修士・心理学)。バロック・フルートに転向した後、ブリュッセル王立音楽院にて研鑽を積む。前田りり子、B. クイケン、F. トゥンス、A. プストラウクの各氏に師事。2014年に帰国した後、室内楽や古楽オーケストラなどで活動を続けており、フランスバロックやルネサンス音楽を中心に、自主企画公演も数多く行う。「アンサンブル・イレーヌ」、トラヴェルソ・デュオ「イネガリテ」、「ソフィオ・アルモニコ」メンバー。ツイッター(@ikukotraverso)で演奏会情報を配信中。 ●Twitter: @ikukotraverso ●Instagram: @ikuko720

(fl.1) Hotteterre Suite for 2 flutes h-moll, op.4-4 Rondeau Gay: IAA007 

  • 550 / レンタル ( 30 日)
  • 550 / ダウンロード

The accompanist plays the 1st part. 2nd is for you to play. ※1stパートを収録しています。アンサンブルで合わせる場合は2ndを演奏してください。 【Tuning】a=415Hz 【Instruction】 ・Level: Intermediate / 中級者向け ・Tempo: Normal or a little slower / テンポ:ノーマル〜ゆっくりめ 【備考】 フランスでバロック・フルートの先駆者として活躍したJ.-M. オトテールが、1712年に出した作品。フランスの組曲のスタイルで書かれています。フルート2重奏用の曲としては最初期のものの一つですが、すでに傑作中の傑作。これを超えるフルート2重奏曲は、そう多くは存在しないのではないでしょうか。組曲中4曲目に収められている このロンドーは、ひとつ前の物悲しいロンドーとは雰囲気ががらりと変わり、軽快で楽しい曲になっています。 入門者、初級者の方には、装飾音が少し難しいところがあると思います。書いてある通りの装飾が絶対というわけではないので、難しすぎると感じるものは省いて、まずは楽しんで吹いてみてください。 【奏者】相川郁子 Ikuko Aikawa, flauto traverso 12歳でモダン・フルートを始める。上智大学大学院博士課程前期修了(修士・心理学)。バロック・フルートに転向した後、ブリュッセル王立音楽院にて研鑽を積む。前田りり子、B. クイケン、F. トゥンス、A. プストラウクの各氏に師事。2014年に帰国した後、室内楽や古楽オーケストラなどで活動を続けており、フランスバロックやルネサンス音楽を中心に、自主企画公演も数多く行う。「アンサンブル・イレーヌ」、トラヴェルソ・デュオ「イネガリテ」、「ソフィオ・アルモニコ」メンバー。ツイッター(@ikukotraverso)で演奏会情報を配信中。 ●Twitter: @ikukotraverso ●Instagram: @ikuko720

(fl.2) Hotteterre Suite for 2 flutes h-moll, op.4-4 Rondeau Gay: IAA008 

  • 550 / レンタル ( 30 日)
  • 550 / ダウンロード

The accompanist plays the 2nd part. 1st is for you to play. ※2ndパートを収録しています。アンサンブルで合わせる場合は1stを演奏してください。 【Tuning】a=415Hz 【Instruction】 ・Level: Intermediate / 中級者向け ・Tempo: Normal or a little slower / テンポ:ノーマル〜ゆっくりめ 【備考】 フランスでバロック・フルートの先駆者として活躍したJ.-M. オトテールが、1712年に出した作品。フランスの組曲のスタイルで書かれています。フルート2重奏用の曲としては最初期のものの一つですが、すでに傑作中の傑作。これを超えるフルート2重奏曲は、そう多くは存在しないのではないでしょうか。組曲中4曲目に収められている このロンドーは、ひとつ前の物悲しいロンドーとは雰囲気ががらりと変わり、軽快で楽しい曲になっています。 入門者、初級者の方には、装飾音が少し難しいところがあると思います。書いてある通りの装飾が絶対というわけではないので、難しすぎると感じるものは省いて、まずは楽しんで吹いてみてください。 【奏者】相川郁子 Ikuko Aikawa, flauto traverso 12歳でモダン・フルートを始める。上智大学大学院博士課程前期修了(修士・心理学)。バロック・フルートに転向した後、ブリュッセル王立音楽院にて研鑽を積む。前田りり子、B. クイケン、F. トゥンス、A. プストラウクの各氏に師事。2014年に帰国した後、室内楽や古楽オーケストラなどで活動を続けており、フランスバロックやルネサンス音楽を中心に、自主企画公演も数多く行う。「アンサンブル・イレーヌ」、トラヴェルソ・デュオ「イネガリテ」、「ソフィオ・アルモニコ」メンバー。ツイッター(@ikukotraverso)で演奏会情報を配信中。 ●Twitter: @ikukotraverso ●Instagram: @ikuko720

Dowland A shepherd in a shade:TKA011 

  • 550 / レンタル ( 30 日)
  • 550 / ダウンロード

【Pitch】a=440Hz 【Instruction】 ・For Beginner / 初級者向け ・Tuning time included / 音出しあり 【Score】 https://imslp.org/wiki/The_Second_Book_of_Songes_(Dowland,_John) 【Lyrics】 A shepherd in a shade, his plaining made, of love and lovers wrong, Unto the fairest lass, That trod on grass, And thus began his song. Since love and fortune will, I honour still, your fair and lovely eye, What conquest will it be, Sweet Nymph for thee, If I for sorrow die. Restore, restore my heart againe, Which love by thy sweet looks hath slain, Least that inforced by your disdain, I sing, Fie fie on love, it is a foolish thing. My heart where have you laid O cruel maid, To kill when you might save, Why have ye cast it forth as nothing worth, Without a tomb or grave. O let it be intombed and lie, In your sweet mind and memory, Least I resound on every warbling string, Fie fie on love that is a foolish thing. Restore, restore my heart againe, Which love by thy sweet looks hath slain, Least that inforced by your disdain, I sing, Fie fie on love, it is a foolish thing. 【メッセージ】 ダウランドらしからぬ牧歌的な”羊飼いとニンフ”の歌です。初夏にぴったりの曲・・・と思わせておいて、最後は「愛なんて、ばかばかしいね」と憎らし気に歌わせてしまうところがやっぱりダウランドです。期待を裏切りません。後半部分のシンコペーションの楽しさを、リュートパートをよく聞いて体感してください。 この曲よく知らないなあという方のために、旋律パート入り(リュートで弾いてます)の動画をアップしています。 https://youtu.be/FaU32NfnlQ8 【Accompanist】Tomoko Koide, lute Tomoko Koide, she started to play the guitar at the age of fourteen. Won 2nd prize at G.L.C. Student Guitar Competition, was a finalist at San-in Guitar Competition. Soon after graduated Doshisha University she started to play the lute,and have learned lute & lute songs with Kenji Sano, Mamiko Hirai, Takashi Tsunoda, Paul O'dette, and Evangelina Mascardi. Tomoko played with many singers and various kind of instrument players like viol, traverso, flute even with sitar, nyckellharpa players, and attended recording projects. Tomoko gave lectures about lute and lute songs. She is also a member of music band for children. Been into Moomin stories for quater a century.... 【奏者】小出智子 リュート 14歳でクラシックギターを始める。 高校在学中、GLC学生ギターコンクール2位、山陰ギターコンクール入選。同志社大学英文学科卒業後、会社員生活を経て、リュートを始める。これまでにリュート、リュートソングを佐野健二氏、平井満美子氏、つのだたかし氏、Paul O'dette, Evangelina Mascardi氏らに学ぶ。ソロ、通奏低音、伴奏、民族楽器との共演や、録音への参加など、関西を中心にジャンルを問わず幅広く活動中。NHK大阪文化センター「リュートでうたうイギリスはやりうた」リュート伴奏担当。リュート演奏、リュートソングの指導やレクチャーなども行っている。(龍谷大学REC講座など)。ムーミンファン歴四半世紀超 ● HP:http://koidelute.jp ● Facebook:https://www.facebook.com/koidelute ● Instagram:@koidetomoko

(Fl.1) Telemann 1.Largo - TWV40:102 e-moll : LMA029 

  • 660 / レンタル ( 30 日)
  • 660 / ダウンロード

The accompanist plays the 1st part. ※1stパートを収録しています。アンサンブルで合わせる場合は2ndを演奏してください 【Tuning】a=415Hz 【Instruction】 ・Level: for beginner 【Score】http://conquest.imslp.info/files/imglnks/usimg/4/4e/IMSLP299863-PMLP157423-Score-I.pdf 【Message】 TWV40:102 is my most favorite among the flute duets by Telemann. E-minor is easy to exert the positive perspectives of baroque flute, thus it's slower movements are recommendable for beginners. At times I put spaces or go slower on purpose, so you would enjoy the musical conversation to the fullest. It might not go easily at your first trial, but will be fun as you get used to it through practicing only some times. 【メッセージ】 私がテレマンのデュエットの中で一番好きな曲です。ホ短調はトラヴェルソでは非常に吹きやすい調性ですので、ゆっくりな楽章は初級の方でも演奏できると思います。軽妙なアンサンブルが醍醐味のテレマンなので、一部あえて間を取っているところやゆっくりになるところがあります。最初はうまく合わせられないかもしれませんが、何度か慣れれば会話を楽しめるようになると思いますので試してみてください。 【Accompanist】Liliko Maeda, baroque flute Liliko Maeda studied Baroque flute at Toho Gakuen School of Music in Japan, Subsequenttly at the Royal Conservatory of The Hague in Holland under the instruction of Masahiro Arita and Barthold Kuijken. She won first place at the Competition for Early Music Yamanashi in 1996 and second place at the International Competition for Early Music Bruges in 1999. She is an active performer and she has made recordings as a member of various performing groups such as Bach Collegium Japan, Orchestra Libera Classica, and Soffio Armonico. Also she frequently holds recitals and chamber music concerts in various parts of Japan. Currently she teaches baroque flute at the Tokyo University of the Arts and Ueno Gakuen University.  【奏者】前田りり子 フラウト・トラヴェルソ モダン・フルートを小出信也氏に師事。高校2年の時、全日本学生音楽コンクール西日本大会フルート部門1位入賞。その後バロック・フルートに転向し桐朋学園大学古楽器科に進学。オランダのデン・ハーグ王立音楽院の大学院修了。有田正広、バルトルド・クイケンの両氏に師事。1996年、山梨古楽コンクールにて第1位入賞し、1999年、ブルージュ国際古楽コンクールで2位入賞。バッハ・コレギウム・ジャパン、オーケストラ・リベラ・クラシカ、ソフィオ・アルモニコなど、各種演奏団体のメンバーとして演奏・レコーディング活動をしているほか、日本各地でしばしばリサイタルや室内楽コンサートを行っている。また2006年には単行本「フルートの肖像」を東京書籍より出版し、執筆活動にも力を入れている。現在、東京藝術大学、上野学園大学非常勤講師。公式ホームページは「りりこの部屋」で検索。 ● HP:http://www2.odn.ne.jp/~cco69970/index.html/liliko.html ● Twitter: @LilikoMaeda ● Instagram:@lilikomaeda

(Fl.2) Telemann 1.Largo - TWV40:102 e-moll : LMA030 

  • 660 / レンタル ( 30 日)
  • 660 / ダウンロード

The accompanist plays the 2nd part. ※2ndパートを収録しています。アンサンブルで合わせる場合は1stを演奏してください 【Tuning】a=415Hz 【Instruction】 ・Level: for beginner 【Score】http://conquest.imslp.info/files/imglnks/usimg/4/4e/IMSLP299863-PMLP157423-Score-I.pdf 【Message】 TWV40:102 is my most favorite among the flute duets by Telemann. E-minor is easy to exert the positive perspectives of baroque flute, thus it's slower movements are recommendable for beginners. At times I put spaces or go slower on purpose, so you would enjoy the musical conversation to the fullest. It might not go easily at your first trial, but will be fun as you get used to it through practicing only some times. 【メッセージ】 私がテレマンのデュエットの中で一番好きな曲です。ホ短調はトラヴェルソでは非常に吹きやすい調性ですので、ゆっくりな楽章は初級の方でも演奏できると思います。軽妙なアンサンブルが醍醐味のテレマンなので、一部あえて間を取っているところやゆっくりになるところがあります。最初はうまく合わせられないかもしれませんが、何度か慣れれば会話を楽しめるようになると思いますので試してみてください。 【Accompanist】Liliko Maeda, baroque flute Liliko Maeda studied Baroque flute at Toho Gakuen School of Music in Japan, Subsequenttly at the Royal Conservatory of The Hague in Holland under the instruction of Masahiro Arita and Barthold Kuijken. She won first place at the Competition for Early Music Yamanashi in 1996 and second place at the International Competition for Early Music Bruges in 1999. She is an active performer and she has made recordings as a member of various performing groups such as Bach Collegium Japan, Orchestra Libera Classica, and Soffio Armonico. Also she frequently holds recitals and chamber music concerts in various parts of Japan. Currently she teaches baroque flute at the Tokyo University of the Arts and Ueno Gakuen University.  【奏者】前田りり子 フラウト・トラヴェルソ モダン・フルートを小出信也氏に師事。高校2年の時、全日本学生音楽コンクール西日本大会フルート部門1位入賞。その後バロック・フルートに転向し桐朋学園大学古楽器科に進学。オランダのデン・ハーグ王立音楽院の大学院修了。有田正広、バルトルド・クイケンの両氏に師事。1996年、山梨古楽コンクールにて第1位入賞し、1999年、ブルージュ国際古楽コンクールで2位入賞。バッハ・コレギウム・ジャパン、オーケストラ・リベラ・クラシカ、ソフィオ・アルモニコなど、各種演奏団体のメンバーとして演奏・レコーディング活動をしているほか、日本各地でしばしばリサイタルや室内楽コンサートを行っている。また2006年には単行本「フルートの肖像」を東京書籍より出版し、執筆活動にも力を入れている。現在、東京藝術大学、上野学園大学非常勤講師。公式ホームページは「りりこの部屋」で検索。 ● HP:http://www2.odn.ne.jp/~cco69970/index.html/liliko.html ● Twitter: @LilikoMaeda ● Instagram:@lilikomaeda

(Fl.1) Telemann 2.Allegro - TWV40:102 e-moll : LMA031 

  • 660 / レンタル ( 30 日)
  • 660 / ダウンロード

The accompanist plays the 1st part. ※1stパートを収録しています。アンサンブルで合わせる場合は2ndを演奏してください 【Tuning】a=415Hz 【Instruction】 ・Level: for beginner 【Score】http://conquest.imslp.info/files/imglnks/usimg/4/4e/IMSLP299863-PMLP157423-Score-I.pdf 【Message】 TWV40:102 is my most favorite among the flute duets by Telemann. E-minor is easy to exert the positive perspectives of baroque flute, thus it's slower movements are recommendable for beginners. At times I put spaces or go slower on purpose, so you would enjoy the musical conversation to the fullest. It might not go easily at your first trial, but will be fun as you get used to it through practicing only some times. 【メッセージ】 私がテレマンのデュエットの中で一番好きな曲です。ホ短調はトラヴェルソでは非常に吹きやすい調性ですので、ゆっくりな楽章は初級の方でも演奏できると思います。軽妙なアンサンブルが醍醐味のテレマンなので、一部あえて間を取っているところやゆっくりになるところがあります。最初はうまく合わせられないかもしれませんが、何度か慣れれば会話を楽しめるようになると思いますので試してみてください。 【Accompanist】Liliko Maeda, baroque flute Liliko Maeda studied Baroque flute at Toho Gakuen School of Music in Japan, Subsequenttly at the Royal Conservatory of The Hague in Holland under the instruction of Masahiro Arita and Barthold Kuijken. She won first place at the Competition for Early Music Yamanashi in 1996 and second place at the International Competition for Early Music Bruges in 1999. She is an active performer and she has made recordings as a member of various performing groups such as Bach Collegium Japan, Orchestra Libera Classica, and Soffio Armonico. Also she frequently holds recitals and chamber music concerts in various parts of Japan. Currently she teaches baroque flute at the Tokyo University of the Arts and Ueno Gakuen University.  【奏者】前田りり子 フラウト・トラヴェルソ モダン・フルートを小出信也氏に師事。高校2年の時、全日本学生音楽コンクール西日本大会フルート部門1位入賞。その後バロック・フルートに転向し桐朋学園大学古楽器科に進学。オランダのデン・ハーグ王立音楽院の大学院修了。有田正広、バルトルド・クイケンの両氏に師事。1996年、山梨古楽コンクールにて第1位入賞し、1999年、ブルージュ国際古楽コンクールで2位入賞。バッハ・コレギウム・ジャパン、オーケストラ・リベラ・クラシカ、ソフィオ・アルモニコなど、各種演奏団体のメンバーとして演奏・レコーディング活動をしているほか、日本各地でしばしばリサイタルや室内楽コンサートを行っている。また2006年には単行本「フルートの肖像」を東京書籍より出版し、執筆活動にも力を入れている。現在、東京藝術大学、上野学園大学非常勤講師。公式ホームページは「りりこの部屋」で検索。 ● HP:http://www2.odn.ne.jp/~cco69970/index.html/liliko.html ● Twitter: @LilikoMaeda ● Instagram:@lilikomaeda

(Fl.2) Telemann 2.Allegro - TWV40:102 e-moll : LMA032 

  • 660 / レンタル ( 30 日)
  • 660 / ダウンロード

The accompanist plays the 2nd part. ※2ndパートを収録しています。アンサンブルで合わせる場合は1stを演奏してください 【Tuning】a=415Hz 【Instruction】 ・Level: for beginner 【Score】http://conquest.imslp.info/files/imglnks/usimg/4/4e/IMSLP299863-PMLP157423-Score-I.pdf 【Message】 TWV40:102 is my most favorite among the flute duets by Telemann. E-minor is easy to exert the positive perspectives of baroque flute, thus it's slower movements are recommendable for beginners. At times I put spaces or go slower on purpose, so you would enjoy the musical conversation to the fullest. It might not go easily at your first trial, but will be fun as you get used to it through practicing only some times. 【メッセージ】 私がテレマンのデュエットの中で一番好きな曲です。ホ短調はトラヴェルソでは非常に吹きやすい調性ですので、ゆっくりな楽章は初級の方でも演奏できると思います。軽妙なアンサンブルが醍醐味のテレマンなので、一部あえて間を取っているところやゆっくりになるところがあります。最初はうまく合わせられないかもしれませんが、何度か慣れれば会話を楽しめるようになると思いますので試してみてください。 【Accompanist】Liliko Maeda, baroque flute Liliko Maeda studied Baroque flute at Toho Gakuen School of Music in Japan, Subsequenttly at the Royal Conservatory of The Hague in Holland under the instruction of Masahiro Arita and Barthold Kuijken. She won first place at the Competition for Early Music Yamanashi in 1996 and second place at the International Competition for Early Music Bruges in 1999. She is an active performer and she has made recordings as a member of various performing groups such as Bach Collegium Japan, Orchestra Libera Classica, and Soffio Armonico. Also she frequently holds recitals and chamber music concerts in various parts of Japan. Currently she teaches baroque flute at the Tokyo University of the Arts and Ueno Gakuen University.  【奏者】前田りり子 フラウト・トラヴェルソ モダン・フルートを小出信也氏に師事。高校2年の時、全日本学生音楽コンクール西日本大会フルート部門1位入賞。その後バロック・フルートに転向し桐朋学園大学古楽器科に進学。オランダのデン・ハーグ王立音楽院の大学院修了。有田正広、バルトルド・クイケンの両氏に師事。1996年、山梨古楽コンクールにて第1位入賞し、1999年、ブルージュ国際古楽コンクールで2位入賞。バッハ・コレギウム・ジャパン、オーケストラ・リベラ・クラシカ、ソフィオ・アルモニコなど、各種演奏団体のメンバーとして演奏・レコーディング活動をしているほか、日本各地でしばしばリサイタルや室内楽コンサートを行っている。また2006年には単行本「フルートの肖像」を東京書籍より出版し、執筆活動にも力を入れている。現在、東京藝術大学、上野学園大学非常勤講師。公式ホームページは「りりこの部屋」で検索。 ● HP:http://www2.odn.ne.jp/~cco69970/index.html/liliko.html ● Twitter: @LilikoMaeda ● Instagram:@lilikomaeda

(Fl.1) Telemann 3.Affettuoso - TWV40:102 e-moll : LMA033 

  • 660 / レンタル ( 30 日)
  • 660 / ダウンロード

The accompanist plays the 1st part. ※1stパートを収録しています。アンサンブルで合わせる場合は2ndを演奏してください 【Tuning】a=415Hz 【Instruction】 ・Level: for beginner 【Score】http://conquest.imslp.info/files/imglnks/usimg/4/4e/IMSLP299863-PMLP157423-Score-I.pdf 【Message】 TWV40:102 is my most favorite among the flute duets by Telemann. E-minor is easy to exert the positive perspectives of baroque flute, thus it's slower movements are recommendable for beginners. At times I put spaces or go slower on purpose, so you would enjoy the musical conversation to the fullest. It might not go easily at your first trial, but will be fun as you get used to it through practicing only some times. 【メッセージ】 私がテレマンのデュエットの中で一番好きな曲です。ホ短調はトラヴェルソでは非常に吹きやすい調性ですので、ゆっくりな楽章は初級の方でも演奏できると思います。軽妙なアンサンブルが醍醐味のテレマンなので、一部あえて間を取っているところやゆっくりになるところがあります。最初はうまく合わせられないかもしれませんが、何度か慣れれば会話を楽しめるようになると思いますので試してみてください。 【Accompanist】Liliko Maeda, baroque flute Liliko Maeda studied Baroque flute at Toho Gakuen School of Music in Japan, Subsequenttly at the Royal Conservatory of The Hague in Holland under the instruction of Masahiro Arita and Barthold Kuijken. She won first place at the Competition for Early Music Yamanashi in 1996 and second place at the International Competition for Early Music Bruges in 1999. She is an active performer and she has made recordings as a member of various performing groups such as Bach Collegium Japan, Orchestra Libera Classica, and Soffio Armonico. Also she frequently holds recitals and chamber music concerts in various parts of Japan. Currently she teaches baroque flute at the Tokyo University of the Arts and Ueno Gakuen University.  【奏者】前田りり子 フラウト・トラヴェルソ モダン・フルートを小出信也氏に師事。高校2年の時、全日本学生音楽コンクール西日本大会フルート部門1位入賞。その後バロック・フルートに転向し桐朋学園大学古楽器科に進学。オランダのデン・ハーグ王立音楽院の大学院修了。有田正広、バルトルド・クイケンの両氏に師事。1996年、山梨古楽コンクールにて第1位入賞し、1999年、ブルージュ国際古楽コンクールで2位入賞。バッハ・コレギウム・ジャパン、オーケストラ・リベラ・クラシカ、ソフィオ・アルモニコなど、各種演奏団体のメンバーとして演奏・レコーディング活動をしているほか、日本各地でしばしばリサイタルや室内楽コンサートを行っている。また2006年には単行本「フルートの肖像」を東京書籍より出版し、執筆活動にも力を入れている。現在、東京藝術大学、上野学園大学非常勤講師。公式ホームページは「りりこの部屋」で検索。 ● HP:http://www2.odn.ne.jp/~cco69970/index.html/liliko.html ● Twitter: @LilikoMaeda ● Instagram:@lilikomaeda

(Fl.2) Telemann 3.Affettuoso - TWV40:102 e-moll : LMA034 

  • 660 / レンタル ( 30 日)
  • 660 / ダウンロード

The accompanist plays the 2nd part. ※2ndパートを収録しています。アンサンブルで合わせる場合は1stを演奏してください 【Tuning】a=415Hz 【Instruction】 ・Level: for beginner 【Score】http://conquest.imslp.info/files/imglnks/usimg/4/4e/IMSLP299863-PMLP157423-Score-I.pdf 【Message】 TWV40:102 is my most favorite among the flute duets by Telemann. E-minor is easy to exert the positive perspectives of baroque flute, thus it's slower movements are recommendable for beginners. At times I put spaces or go slower on purpose, so you would enjoy the musical conversation to the fullest. It might not go easily at your first trial, but will be fun as you get used to it through practicing only some times. 【メッセージ】 私がテレマンのデュエットの中で一番好きな曲です。ホ短調はトラヴェルソでは非常に吹きやすい調性ですので、ゆっくりな楽章は初級の方でも演奏できると思います。軽妙なアンサンブルが醍醐味のテレマンなので、一部あえて間を取っているところやゆっくりになるところがあります。最初はうまく合わせられないかもしれませんが、何度か慣れれば会話を楽しめるようになると思いますので試してみてください。 【Accompanist】Liliko Maeda, baroque flute Liliko Maeda studied Baroque flute at Toho Gakuen School of Music in Japan, Subsequenttly at the Royal Conservatory of The Hague in Holland under the instruction of Masahiro Arita and Barthold Kuijken. She won first place at the Competition for Early Music Yamanashi in 1996 and second place at the International Competition for Early Music Bruges in 1999. She is an active performer and she has made recordings as a member of various performing groups such as Bach Collegium Japan, Orchestra Libera Classica, and Soffio Armonico. Also she frequently holds recitals and chamber music concerts in various parts of Japan. Currently she teaches baroque flute at the Tokyo University of the Arts and Ueno Gakuen University.  【奏者】前田りり子 フラウト・虎エヴェルソ モダン・フルートを小出信也氏に師事。高校2年の時、全日本学生音楽コンクール西日本大会フルート部門1位入賞。その後バロック・フルートに転向し桐朋学園大学古楽器科に進学。オランダのデン・ハーグ王立音楽院の大学院修了。有田正広、バルトルド・クイケンの両氏に師事。1996年、山梨古楽コンクールにて第1位入賞し、1999年、ブルージュ国際古楽コンクールで2位入賞。バッハ・コレギウム・ジャパン、オーケストラ・リベラ・クラシカ、ソフィオ・アルモニコなど、各種演奏団体のメンバーとして演奏・レコーディング活動をしているほか、日本各地でしばしばリサイタルや室内楽コンサートを行っている。また2006年には単行本「フルートの肖像」を東京書籍より出版し、執筆活動にも力を入れている。現在、東京藝術大学、上野学園大学非常勤講師。公式ホームページは「りりこの部屋」で検索。 ● HP:http://www2.odn.ne.jp/~cco69970/index.html/liliko.html ● Twitter: @LilikoMaeda ● Instagram:@lilikomaeda

(Fl.1) Telemann 4.Vivace - TWV40:102 e-moll : LMA035 

  • 660 / レンタル ( 30 日)
  • 660 / ダウンロード

The accompanist plays the 1st part. ※1stパートを収録しています。アンサンブルで合わせる場合は2ndを演奏してください 【Tuning】a=415Hz 【Instruction】 ・Level: for beginner 【Score】http://conquest.imslp.info/files/imglnks/usimg/4/4e/IMSLP299863-PMLP157423-Score-I.pdf 【Message】 TWV40:102 is my most favorite among the flute duets by Telemann. E-minor is easy to exert the positive perspectives of baroque flute, thus it's slower movements are recommendable for beginners. At times I put spaces or go slower on purpose, so you would enjoy the musical conversation to the fullest. It might not go easily at your first trial, but will be fun as you get used to it through practicing only some times. 【メッセージ】 私がテレマンのデュエットの中で一番好きな曲です。ホ短調はトラヴェルソでは非常に吹きやすい調性ですので、ゆっくりな楽章は初級の方でも演奏できると思います。軽妙なアンサンブルが醍醐味のテレマンなので、一部あえて間を取っているところやゆっくりになるところがあります。最初はうまく合わせられないかもしれませんが、何度か慣れれば会話を楽しめるようになると思いますので試してみてください。 【Accompanist】Liliko Maeda, baroque flute Liliko Maeda studied Baroque flute at Toho Gakuen School of Music in Japan, Subsequenttly at the Royal Conservatory of The Hague in Holland under the instruction of Masahiro Arita and Barthold Kuijken. She won first place at the Competition for Early Music Yamanashi in 1996 and second place at the International Competition for Early Music Bruges in 1999. She is an active performer and she has made recordings as a member of various performing groups such as Bach Collegium Japan, Orchestra Libera Classica, and Soffio Armonico. Also she frequently holds recitals and chamber music concerts in various parts of Japan. Currently she teaches baroque flute at the Tokyo University of the Arts and Ueno Gakuen University.  【奏者】前田りり子 フラウト・トラヴェルソ モダン・フルートを小出信也氏に師事。高校2年の時、全日本学生音楽コンクール西日本大会フルート部門1位入賞。その後バロック・フルートに転向し桐朋学園大学古楽器科に進学。オランダのデン・ハーグ王立音楽院の大学院修了。有田正広、バルトルド・クイケンの両氏に師事。1996年、山梨古楽コンクールにて第1位入賞し、1999年、ブルージュ国際古楽コンクールで2位入賞。バッハ・コレギウム・ジャパン、オーケストラ・リベラ・クラシカ、ソフィオ・アルモニコなど、各種演奏団体のメンバーとして演奏・レコーディング活動をしているほか、日本各地でしばしばリサイタルや室内楽コンサートを行っている。また2006年には単行本「フルートの肖像」を東京書籍より出版し、執筆活動にも力を入れている。現在、東京藝術大学、上野学園大学非常勤講師。公式ホームページは「りりこの部屋」で検索。 ● HP:http://www2.odn.ne.jp/~cco69970/index.html/liliko.html ● Twitter: @LilikoMaeda ● Instagram:@lilikomaeda

(Fl.2) Telemann 4.Vivace - TWV40:102 e-moll : LMA036 

  • 660 / レンタル ( 30 日)
  • 660 / ダウンロード

The accompanist plays the 2nd part. ※2ndパートを収録しています。アンサンブルで合わせる場合は1stを演奏してください 【Tuning】a=415Hz 【Instruction】 ・Level: for beginner 【Score】http://conquest.imslp.info/files/imglnks/usimg/4/4e/IMSLP299863-PMLP157423-Score-I.pdf 【Message】 TWV40:102 is my most favorite among the flute duets by Telemann. E-minor is easy to exert the positive perspectives of baroque flute, thus it's slower movements are recommendable for beginners. At times I put spaces or go slower on purpose, so you would enjoy the musical conversation to the fullest. It might not go easily at your first trial, but will be fun as you get used to it through practicing only some times. 【メッセージ】 私がテレマンのデュエットの中で一番好きな曲です。ホ短調はトラヴェルソでは非常に吹きやすい調性ですので、ゆっくりな楽章は初級の方でも演奏できると思います。軽妙なアンサンブルが醍醐味のテレマンなので、一部あえて間を取っているところやゆっくりになるところがあります。最初はうまく合わせられないかもしれませんが、何度か慣れれば会話を楽しめるようになると思いますので試してみてください。 【Accompanist】Liliko Maeda, baroque flute Liliko Maeda studied Baroque flute at Toho Gakuen School of Music in Japan, Subsequenttly at the Royal Conservatory of The Hague in Holland under the instruction of Masahiro Arita and Barthold Kuijken. She won first place at the Competition for Early Music Yamanashi in 1996 and second place at the International Competition for Early Music Bruges in 1999. She is an active performer and she has made recordings as a member of various performing groups such as Bach Collegium Japan, Orchestra Libera Classica, and Soffio Armonico. Also she frequently holds recitals and chamber music concerts in various parts of Japan. Currently she teaches baroque flute at the Tokyo University of the Arts and Ueno Gakuen University.  【奏者】前田りり子 フラウト・トラヴェルソ モダン・フルートを小出信也氏に師事。高校2年の時、全日本学生音楽コンクール西日本大会フルート部門1位入賞。その後バロック・フルートに転向し桐朋学園大学古楽器科に進学。オランダのデン・ハーグ王立音楽院の大学院修了。有田正広、バルトルド・クイケンの両氏に師事。1996年、山梨古楽コンクールにて第1位入賞し、1999年、ブルージュ国際古楽コンクールで2位入賞。バッハ・コレギウム・ジャパン、オーケストラ・リベラ・クラシカ、ソフィオ・アルモニコなど、各種演奏団体のメンバーとして演奏・レコーディング活動をしているほか、日本各地でしばしばリサイタルや室内楽コンサートを行っている。また2006年には単行本「フルートの肖像」を東京書籍より出版し、執筆活動にも力を入れている。現在、東京藝術大学、上野学園大学非常勤講師。公式ホームページは「りりこの部屋」で検索。 ● HP:http://www2.odn.ne.jp/~cco69970/index.html/liliko.html ● Twitter: @LilikoMaeda ● Instagram:@lilikomaeda

   お問合せやリクエストはこちら     close