Japanese  /  English 日本語  /  English

Category  /  Piano accompaniment

Giordani Caro mio bien:AUC003 

  • 550 / レンタル ( 30 日 )
  • 550 / ダウンロード

【Tuning】440Hz 【Instruction】 ・Level: Beginner / 初級者向け ・Tempo: slower / テンポ:ゆっくりめ 【Score】 https://imslp.simssa.ca/files/imglnks/usimg/7/71/IMSLP31800-PMLP72326-2ais131.pdf 【Message】 T.Giordaniによる作曲で、日本語訳は『愛しい女(ひと)よ』。作詞者不明。 Giordaniは若くしてイタリアを離れ、イギリスで活躍した。この曲もイギリス(ロンドン)で作曲され、初演と同時に同地で出版されたものが、のちにイタリアへと伝わっている。 ※参考:イタリア古典歌曲集解説 《歌詞》 Caro mio ben, credimi almen, senza di te languisce il cor. Il tuo fedel sospira ognor. Cessa, crudel, tanto rigor! ----- いとしい女(ひと)よ、せめて私を信じてほしい。 貴女がいないと心が窶(やつ)れる。 貴女に忠実な男はいつも溜め息をついている。 やめておくれ、惨い女よ、そんなつれなさを。 (※詩:不明) ----- イタリア古典歌曲集1にはもちろん、音楽の教科書にも収録されており、多くの人が知る曲。 強弱に気をつけ、子音を入れるタイミングにも気を配りましょう。 音域が低くなると力みがちになってしまいます。丁寧に歌いましょう。 20小節目のrit.は丁寧に。tantoとrigorの間にカンニングブレスを入れても良いですが、できたらその次のCaroへは息を続けるようにすると良いでしょう。 28小節目は、余裕のある人は装飾音を入れてみましょう。 ----- ----- ----- イタリア古典歌曲集1の伴奏全曲収録を目指しています!! 応援してくださる方がいらっしゃいましたら、こちらのOFUSEにメッセージくださると励みになります。 https://ofuse.me/ofuse/usukiaoi 是非よろしくお願いいたします。 ----- ■ 伴奏音源制作サービス “ばんそうすき” https://note.com/usuki_aoi/n/nb992b3a66aca 独唱/独奏のための伴奏音源制作サービスを提供しています。 ・伴奏者に会えないので、SNSに演奏をあげることができない(自分の注文が反映された演奏動画/演奏音源が欲しい) ・伴奏と合わせた練習/レッスン受講ができない(動画でなく音源だけ欲しい) ・自分のパートを抜き出して伴奏と一緒に弾いてくれる人がいると、練習がはかどるのに…(合唱などの声楽アンサンブル向け) そんな方に、気軽に伴奏付きで歌える音源を提供いたします!曲目も幅広く対応可能です。 制作の流れや料金等は、上記リンク先のnote記事で詳細を書きました。 また、実際にご依頼頂き完成した音源も公開しています。是非ご覧ください。 少しでも前向きに、少しでも楽しくなるように、音楽を通じてお話ししませんか。 ご依頼お待ちしております! また、「依頼は出来ないけれど応援したい」と思ってくださる方がいらっしゃいましたら、下記リンクのOFUSEより、サポートをお願いいたします! https://ofuse.me/ofuse/usukiaoi 【Accompanist】Aoi Usuki, piano Born in Miyagi Prefecture. She graduated Music Department of Tokiwagi Gakuen High School and Performer course of the Ueno Gakuen University. She is a regular pianist for Akiakane Chorus Group and Appare Chorus group. She learned to play the piano, electronic organ, and solfege at Yamaha music school. She was inspired by Hiroki Nakamura who is a chorus conductor, then she decided to pursue her career in an accompanied pianist. She actually started her career to play the piano as an ensemble pianist since she was a sophomore university student. She won the 62nd piano competition of All Tohoku as a 2nd prize. She has studied composition under Kunihiro Kiku and Midori Okubo. She has also studied solfege under Hiroshi Ishikawa and playing the piano under Yukari Ito, Makoto Tezuka, Katsumi Ueda, and Tomomi Hoshiko. 【奏者】薄木葵 ピアノ 宮城県出身。常盤木学園高等学校音楽科、上野学園大学演奏家コース卒業。 合唱団あきあかね、合唱団あっぱれ常任ピアニスト。 幼少時よりYAMAHA音楽教室でピアノ・エレクトーン・作編曲・ソルフェージュ等の幅広い音楽教育を受ける。 合唱指揮者中村拓紀氏との出会いに強く影響を受け、伴奏ピアニストとしての研鑽を積むことを決意。大学2年次よりアンサンブルピアニストとしての活動を始めた。 声楽/合唱・器楽等の分野やジャンルを問わず数々の演奏会やコンクール等で伴奏を務めるほか、練習ピアニストとして多くの共演者から高く評価され、活動の場を広げている。器楽の中でも特にサクソフォンと多く共演し、そのレパートリーは幅広い。 また、稽古では少人数へのコレペティ活動にとどまらず、合唱指導も精力的に行う。 第37回ピティナピアノコンペティションE級全国大会入選。第24回東北青少年音楽コンクール最優秀賞及びNPO東北青少年音楽大賞受賞。第62回全東北ピアノコンクール第2位。 これまでに作曲を喜久邦博、大久保みどり、ソルフェージュを石川浩、チェンバロを曽根麻矢子、オルガンを小林英之、ピアノを伊東ゆかり・手塚真人・植田克己・星子知美の各氏に師事。 ● HP:https://www.usukiaoi.com/ ● Facebook:https://www.facebook.com/aoi.usuki.3 ● Twitter: @usuki_aoi ● Instagram:@usuki_aoi

Handel "Ombra mai fu" from Serse:AUC002 

  • 550 / レンタル ( 30 日 )
  • 550 / ダウンロード

【Tuning】440Hz 【Instruction】 ・Level: Beginner / 初級者向け ・Tempo: slower / テンポ:ゆっくりめ ・冒頭のレチタティーヴォは無しで、Ariaの部分から始めています。 【Score】 http://conquest.imslp.info/files/imglnks/usimg/4/43/IMSLP552846-PMLP24130-ombra_mai_fu_piano_w_voice.pdf 【Message】 “Lascia ch’io pianga"(私を泣かせてください)にならぶ、ヘンデルが作曲した中でも代表的なアリア。 《歌詞》 Ombra mai fù di vegetabile, cara ed amabile, soave più. ----- 樹木の蔭で、これほど いとしく愛らしく快いものは無かった。 (※詩:ニコロ・ミナート) ----- 元々はオペラ《セルセ》の第1幕でペルシャ王セルセによって歌われるアリアだが、今日単独で演奏されることの多い人気曲。 今回マイナスワンの観点から合わせが難しいと判断しカットしたレチタティーヴォの部分も、長く詩的な歌詞がついた魅力的な箇所。 《歌詞》 Frondi tenere e belle del mio platano amato, per voi risplende il fato; tuoni, lampi e procelle non v’oltraggino mai la cara pace, né giunga a profanarvi austro rapace! ----- 私の好きなスズカケの木の柔らかく美しい葉よ、 運命はお前たちに輝いている。 雷鳴や稲妻や嵐が決してお前たちの平安を乱すことなく、 貪欲な南風もお前たちを冒涜することの無いように。 ----- イタリア古典歌曲集1にも収録されており、初心者でも触れる機会の多い曲。 もし余裕のある方は、ピアノのベースだけでも自分で弾きながら歌う練習をすると良いでしょう。右手の和声は殆どメロディをなぞっています。ベースから、音楽の流れのヒントを得てみてください。 ----- ----- ----- イタリア古典歌曲集1の伴奏全曲収録を目指しています!! 応援してくださる方がいらっしゃいましたら、こちらのOFUSEにメッセージくださると励みになります。 https://ofuse.me/ofuse/usukiaoi 是非よろしくお願いいたします。 ----- ■ 伴奏音源制作サービス “ばんそうすき” https://note.com/usuki_aoi/n/nb992b3a66aca 独唱/独奏のための伴奏音源制作サービスを提供しています。 ・伴奏者に会えないので、SNSに演奏をあげることができない(自分の注文が反映された演奏動画/演奏音源が欲しい) ・伴奏と合わせた練習/レッスン受講ができない(動画でなく音源だけ欲しい) ・自分のパートを抜き出して伴奏と一緒に弾いてくれる人がいると、練習がはかどるのに…(合唱などの声楽アンサンブル向け) そんな方に、気軽に伴奏付きで歌える音源を提供いたします!曲目も幅広く対応可能です。 制作の流れや料金等は、上記リンク先のnote記事で詳細を書きました。 また、実際にご依頼頂き完成した音源も公開しています。是非ご覧ください。 少しでも前向きに、少しでも楽しくなるように、音楽を通じてお話ししませんか。 ご依頼お待ちしております! また、「依頼は出来ないけれど応援したい」と思ってくださる方がいらっしゃいましたら、下記リンクのOFUSEより、サポートをお願いいたします! https://ofuse.me/ofuse/usukiaoi 【Accompanist】Aoi Usuki, piano Born in Miyagi Prefecture. She graduated Music Department of Tokiwagi Gakuen High School and Performer course of the Ueno Gakuen University. She is a regular pianist for Akiakane Chorus Group and Appare Chorus group. She learned to play the piano, electronic organ, and solfege at Yamaha music school. She was inspired by Hiroki Nakamura who is a chorus conductor, then she decided to pursue her career in an accompanied pianist. She actually started her career to play the piano as an ensemble pianist since she was a sophomore university student. She won the 62nd piano competition of All Tohoku as a 2nd prize. She has studied composition under Kunihiro Kiku and Midori Okubo. She has also studied solfege under Hiroshi Ishikawa and playing the piano under Yukari Ito, Makoto Tezuka, Katsumi Ueda, and Tomomi Hoshiko. 【奏者】薄木葵 ピアノ 宮城県出身。常盤木学園高等学校音楽科、上野学園大学演奏家コース卒業。 合唱団あきあかね、合唱団あっぱれ常任ピアニスト。 幼少時よりYAMAHA音楽教室でピアノ・エレクトーン・作編曲・ソルフェージュ等の幅広い音楽教育を受ける。 合唱指揮者中村拓紀氏との出会いに強く影響を受け、伴奏ピアニストとしての研鑽を積むことを決意。大学2年次よりアンサンブルピアニストとしての活動を始めた。 声楽/合唱・器楽等の分野やジャンルを問わず数々の演奏会やコンクール等で伴奏を務めるほか、練習ピアニストとして多くの共演者から高く評価され、活動の場を広げている。器楽の中でも特にサクソフォンと多く共演し、そのレパートリーは幅広い。 また、稽古では少人数へのコレペティ活動にとどまらず、合唱指導も精力的に行う。 第37回ピティナピアノコンペティションE級全国大会入選。第24回東北青少年音楽コンクール最優秀賞及びNPO東北青少年音楽大賞受賞。第62回全東北ピアノコンクール第2位。 これまでに作曲を喜久邦博、大久保みどり、ソルフェージュを石川浩、チェンバロを曽根麻矢子、オルガンを小林英之、ピアノを伊東ゆかり・手塚真人・植田克己・星子知美の各氏に師事。 ● HP:https://www.usukiaoi.com/ ● Facebook:https://www.facebook.com/aoi.usuki.3 ● Twitter: @usuki_aoi ● Instagram:@usuki_aoi

Handel “Lascia ch’io pianga” from Opera Rinaldo : AUC001 

  • 550 / レンタル ( 30 日 )
  • 550 / ダウンロード

【Tuning】440Hz 【Instruction】 ・Level: Beginner-Intermediate / 初級・中級者向け ・Tempo: slower / テンポ:ゆっくりめ ・冒頭のレチタティーヴォは無しで、p.5の2段目5小節目からの4小節を前奏として弾いています。 【Score】 http://ks4.imslp.net/files/imglnks/usimg/c/c8/IMSLP146799-PMLP44810-Handel_-_Rinaldo_-_Lascia_ch'io_pianga_Fmaj_ItFrDeEnVS_Sibley.1802.16218.pdf 【Message】 “Ombra mai fù”(懐かしき木陰よ)にならぶ、ヘンデルが作曲した中でも代表的なアリア。 《歌詞》 Lascia ch'io pianga la dura sorte, e che sospiri la libertà. Il duolo infranga queste ritorte de' miei martiri sol per pietà. ----- 過酷な運命に涙し、 自由に憧れることをお許しください。 私の苦しみに対する憐みだけによって 苦悩がこの鎖を打ち毀してくれますように。 (※詩:ジャーコモ・ロッシ) ----- 歌劇「リナルド」の劇中、アルミレーナが歌うアリア。 エルサレムのイスラーム側の魔法使いにより囚われの身になったアルミレーナ。敵の王であるアルガンテに愛を打ち明けられるが、それを拒み、愛するリナルドへの想いを歌ったシーンで歌われる。 繰り返しの後は、楽譜上には表記されていない装飾をつける場合が多い。 装飾をつける余裕がない場合でも、1番と2番の歌い分けは熟考する価値のある観点。 イタリア古典歌曲集1にも収録されており、初心者でも触れる機会の多い曲。 もし余裕のある方は、ピアノパートを自分で弾いてみる練習をすると良いでしょう。和声感やフレージングが、一層理解しやすくなるはずです。 ----- ----- ----- イタリア古典歌曲集1の伴奏全曲収録を目指しています!! 応援してくださる方がいらっしゃいましたら、こちらのOFUSEにメッセージくださると励みになります。 https://ofuse.me/ofuse/usukiaoi 是非よろしくお願いいたします。 ----- ■ 伴奏音源制作サービス “ばんそうすき” https://note.com/usuki_aoi/n/nb992b3a66aca 独唱/独奏のための伴奏音源制作サービスを提供しています。 ・伴奏者に会えないので、SNSに演奏をあげることができない(自分の注文が反映された演奏動画/演奏音源が欲しい) ・伴奏と合わせた練習/レッスン受講ができない(動画でなく音源だけ欲しい) ・自分のパートを抜き出して伴奏と一緒に弾いてくれる人がいると、練習がはかどるのに…(合唱などの声楽アンサンブル向け) そんな方に、気軽に伴奏付きで歌える音源を提供いたします!曲目も幅広く対応可能です。 制作の流れや料金等は、上記リンク先のnote記事で詳細を書きました。 また、実際にご依頼頂き完成した音源も公開しています。是非ご覧ください。 少しでも前向きに、少しでも楽しくなるように、音楽を通じてお話ししませんか。 ご依頼お待ちしております! また、「依頼は出来ないけれど応援したい」と思ってくださる方がいらっしゃいましたら、下記リンクのOFUSEより、サポートをお願いいたします! https://ofuse.me/ofuse/usukiaoi 【Accompanist】Aoi Usuki, piano Born in Miyagi Prefecture. She graduated Music Department of Tokiwagi Gakuen High School and Performer course of the Ueno Gakuen University. She is a regular pianist for Akiakane Chorus Group and Appare Chorus group. She learned to play the piano, electronic organ, and solfege at Yamaha music school. She was inspired by Hiroki Nakamura who is a chorus conductor, then she decided to pursue her career in an accompanied pianist. She actually started her career to play the piano as an ensemble pianist since she was a sophomore university student. She won the 62nd piano competition of All Tohoku as a 2nd prize. She has studied composition under Kunihiro Kiku and Midori Okubo. She has also studied solfege under Hiroshi Ishikawa and playing the piano under Yukari Ito, Makoto Tezuka, Katsumi Ueda, and Tomomi Hoshiko. 【奏者】薄木葵 ピアノ 宮城県出身。常盤木学園高等学校音楽科、上野学園大学演奏家コース卒業。 合唱団あきあかね、合唱団あっぱれ常任ピアニスト。 幼少時よりYAMAHA音楽教室でピアノ・エレクトーン・作編曲・ソルフェージュ等の幅広い音楽教育を受ける。 合唱指揮者中村拓紀氏との出会いに強く影響を受け、伴奏ピアニストとしての研鑽を積むことを決意。大学2年次よりアンサンブルピアニストとしての活動を始めた。 声楽/合唱・器楽等の分野やジャンルを問わず数々の演奏会やコンクール等で伴奏を務めるほか、練習ピアニストとして多くの共演者から高く評価され、活動の場を広げている。器楽の中でも特にサクソフォンと多く共演し、そのレパートリーは幅広い。 また、稽古では少人数へのコレペティ活動にとどまらず、合唱指導も精力的に行う。 第37回ピティナピアノコンペティションE級全国大会入選。第24回東北青少年音楽コンクール最優秀賞及びNPO東北青少年音楽大賞受賞。第62回全東北ピアノコンクール第2位。 これまでに作曲を喜久邦博、大久保みどり、ソルフェージュを石川浩、チェンバロを曽根麻矢子、オルガンを小林英之、ピアノを伊東ゆかり・手塚真人・植田克己・星子知美の各氏に師事。 ● HP:https://www.usukiaoi.com/ ● Facebook:https://www.facebook.com/aoi.usuki.3 ● Twitter: @usuki_aoi ● Instagram:@usuki_aoi

   お問合せやリクエストはこちら     close