Japanese  /  English 日本語  /  English

Category  /  Sample

Promotion Video: Ryosuke Sakamoto 

  • 無料

リュート奏者の坂本龍右さんにプロモーションビデオを作成いただきました。 6つのコンテンツが販売中となっております! ●セルミジのシャンソン Tant que vivray https://filmuy.com/smartaccompanist/video/416795655 曲の説明:https://togetter.com/li/1519258 ●トロンボンチーノのフロットラ Ostinato vo seguire https://filmuy.com/smartaccompanist/video/429623648 曲の説明:https://togetter.com/li/1559899 ●マシュー・ロック Fantazie, Saraband from Duos for two Basse-Violls https://filmuy.com/smartaccompanist/video/416795618 曲の説明:https://togetter.com/li/1519261 ●トマス・モーリー 2声のファンタジー Il Lamento, La Caccia for 2 voices https://filmuy.com/smartaccompanist/video/430563353 曲の説明:https://togetter.com/li/1565737 ●T. フォード 2台のリラ・ヴァイオルのためのパヴァン 'M.Maynes Choice' https://filmuy.com/smartaccompanist/video/429626026 曲の説明:https://togetter.com/li/1576463 ●作者不詳(1600頃)のリュートデュオ Drewries accordes https://filmuy.com/smartaccompanist/video/429616025 曲の説明:https://togetter.com/li/1589399 ■ 坂本龍右 Ryosuke Sakamoto, Lute 東京大学文学部 (美学芸術学専修課程) 卒業後、バーゼル市立音楽院(バーゼル・スコラカントルム)に留学。ホプキンソン・スミス氏及びクロフォード・ヤング氏にリュートを、ランダル・クック氏にヴィオラ・ダ・ガンバを、アン・スミス氏にルネサンス音楽理論を、イェスパー・クリステンセン氏に通奏低音を師事し、2015年に修了。その後同校にて公式伴奏者として勤務。2013年、ラクィラの国際古楽コンクールにおけるリュート・ソロ部門で第1位及び聴衆賞。2017年、国際ビーバーコンクールにおけるアンサンブル部門第1位。ヨーロッパ各地の古楽祭やリュート協会主催の演奏会にソリストとして招聘される。録音にリュート・ソロによる「Travels with my Lute」「Polyphony & Diminution」ほか多数。2017年、有志で通奏低音組合「コンティヌオ・ギルド」を立ち上げ、演奏とアウトリーチの両面で活動を開始。 ● Web:http://ryosukesakamoto.com/ ● Facebook : https://www.facebook.com/ryosuke.sakamoto.58 ● Twitter : @contra2nd

Promotion Video: Kaho Iwasaki 

  • 無料

フルート奏者の岩崎花保さんにプロモーションビデオを作成いただきました。 この動画のマイナスワンを本サイトにて販売しております。 G. Ph. Telemann / Sonata for 2 flutes in D major, TWV 40:103, op.2 1楽章 1stのみ:https://filmuy.com/smartaccompanist/video/419172624 1楽章 2ndのみ:https://filmuy.com/smartaccompanist/video/419172342 2楽章 2ndのみ:https://filmuy.com/smartaccompanist/video/431205901

Sample: Hotteterre / op.2-3, Rondeau (Le Plaintif):AUA001 

  • 無料

【Tuning】a=415Hz 【Score】https://imslp.org/wiki/Pièces_pour_la_flûte_traversiere%2C_Op.2_(Hotteterre%2C_Jacques) 【Accompanist】Asako Ueda, historical plucked instrument player The Japanese lutenist Asako Ueda is based in the Netherlands. She has played in many European countries, including Germany, Spain, France, Italy and Iceland, as well as Japan and Taiwan. She plays several different instruments: various types of Renaissance lute, vihuela, theorbo, Renaissance and Baroque guitars and Baroque violin and viola. She established herself not only as an ensemble player but also as a prominent soloist, giving solo recitals on theorbo at the Luitdag of the Dutch Lute Society (NL), and on the Renaissance lute at the Dag van het Kasteel (NL). Rudolf Hunnik wrote of her performance with Maarten Engeltjes at the Concertgebouw in Amsterdam: “The moment when Ueda played “Toccata Arpeggiata” [by Kapsberger] was beautiful. One could see it happen: the theorbo player completely detached herself from the score and became one with the music, which thus sounded compelling.”She won first prize at the Biagio Marini Competition (DE) and third prize at the International Van Wassenaer Competition (NL), both times with Ensemble IJ SPACE.She studied the lute at the Royal Conservatory of The Hague with Mike Fentross and Joachim Held and completed her Bachelor, graduating with the highest achievable mark (10). She has been granted the Excellence Scholarship of the Royal Conservatory of the Hague, allowing her to continue to the Master’s program.Her first instrument was the violin, which she started when she was five years old. After finishing her Bachelor’s degree in violin in Tokyo, she continued at the same college to study the Baroque violin and composition. 【奏者】上田朝子 Asako Ueda, lute/theorbo/baroque guitar/renaissance guitar 東京生まれ東京育ち。5歳より桐朋学園子どものための音楽教室にてヴァイオリンを始める。桐朋女子高等学校音楽科を経て桐朋学園大学音楽学部ヴァイオリン専攻卒業、同大学研究科作曲専攻修了。リュート/テオルボ/バロック・ギターを金子浩、バロック・ヴァイオリンを寺神戸亮、戸田薫の各氏に師事。 古楽アンサンブル「コントラポント」、古楽アンサンブル「プティ・ヴィオロン」、古楽アンサンブル「La Musica Collana」、「アンサンブル室町」、「サリクス・カンマーコア」「IJ SPACE」「Maarten Engeltjes & PRJCT Amsterdam」メンバー。「Sponte sua」をトラヴェルソ奏者のパブロ・ソーサと共に設立。 オランダ、ハーグ王立音楽院リュート科ではリュート及びテオルボ、バロック・ギターなど歴史的撥弦楽器をマイク・フェントロス、ヨアヒム・ヘルトの各氏に、バロック・ヴァイオリンをエンリコ・ガッティに師事。リュート学部最終試験では満点、古楽科首席として卒業。同音楽院より学費満額免除の奨学金を得て、現在修士課程にてさらなる研鑽を積む。 2018年、ビアージョ・マリーニ古楽室内楽コンクール(ドイツ、ノイブルク)第1位受賞。同年、ファン・ヴァセナール古楽室内楽コンクール(オランダ、ユトレヒト)第3位受賞。MA古楽フェスティバル(ベルギー、ブルージュ)、ユトレヒト古楽祭(オランダ)、バッハ・アカデミー・ブルージュ(ベルギー)などで演奏を行う。 通奏低音、アンサンブル奏者としてだけでなく、ソロイストとしても活躍。2016年には自身の初のリュート/テオルボ・ソロリサイタルを開催、2019年5月にはオランダリュート協会でテオルボソロリサイタル、同年6月にはオランダ、「お城の日」フェスティバルでルネサンス・リュートソロコンサートを行う。同年11月、アムステルダム・コンセルトヘボウでの演奏会ではソロ演奏について「楽譜から完全に離れて音楽と完全に一体となった、説得力のある演奏」と高く評価された。 2019年にclavesよりリリースされたアルバム、IJ SPACE “Mancini 6 Recorder Sonatas” 、2020年にSonyよりリリースされたPRJCT Amsterdam "Nicht Mehr hier"の録音に参加。 ● Web: https://asakoueda.com ● Instagram:@uedaasako ● Youtube: https://www.youtube.com/channel/UC4gqQtlfFpwH6Pttq0blkGw

   お問合せやリクエストはこちら     close