Japanese  /  English 日本語  /  English

Category  /  Voice, solo+B.C.

Dowland Rest awhile you cruel cares:TKA014 

  • 550 / レンタル ( 30 日 )
  • 550 / ダウンロード

【Tuning】a=440Hz 【Instruction】 ・For Beginner / 初級者向け ・Tempo: Normal / テンポ:ノーマル 【Score】 https://imslp.org/wiki/The_Firste_Booke_of_Songes_(Dowland%2C_John) 【Message】 "Rest Awhile" という言葉の抑揚と音楽が完璧に一致している、歌いだしが印象的な名曲です。お決まり通り、フられた男性がLauraという名前の女性に恨み言を並べているのですが、前半の曲調は爽やかです。歌詞の内容をよく見てみると、一度(かそれ以上)は冷たくされた女性にしつこく迫っているようにも見えます。後半、"Laura, fair queen.."と女性に呼びかけるところからは曲調が少し変わって、なんだか脅しているような雰囲気も感じられます。あの手この手でLauraに言い寄る諦めの悪い男を演じるつもりで歌ってみると楽しいかもしれません。リュートを弾きながら歌うのもあんまり難しくない曲なので、当時の男性たちはLauraの部分に恋人の名前を当てはめて、その恋人に向かって歌っていたんじゃないでしょうか。 Content Sample/動画サンプル:https://youtu.be/vqcII_lkPts 【Accompanist】Tomoko Koide, lute Tomoko Koide, she started to play the guitar at the age of fourteen. Won 2nd prize at G.L.C. Student Guitar Competition, was a finalist at San-in Guitar Competition. Soon after graduated Doshisha University she started to play the lute,and have learned lute & lute songs with Kenji Sano, Mamiko Hirai, Takashi Tsunoda, Paul O'dette, and Evangelina Mascardi. Tomoko played with many singers and various kind of instrument players like viol, traverso, flute even with sitar, nyckellharpa players, and attended recording projects. Tomoko gave lectures about lute and lute songs. She is also a member of music band for children. Been into Moomin stories for quater a century.... 【奏者】小出智子 リュート 14歳でクラシックギターを始める。 高校在学中、GLC学生ギターコンクール2位、山陰ギターコンクール入選。同志社大学英文学科卒業後、会社員生活を経て、リュートを始める。これまでにリュート、リュートソングを佐野健二氏、平井満美子氏、つのだたかし氏、Paul O'dette, Evangelina Mascardi氏らに学ぶ。ソロ、通奏低音、伴奏、民族楽器との共演や、録音への参加など、関西を中心にジャンルを問わず幅広く活動中。NHK大阪文化センター「リュートでうたうイギリスはやりうた」リュート伴奏担当。リュート演奏、リュートソングの指導やレクチャーなども行っている。(龍谷大学REC講座など)。ムーミンファン歴四半世紀超 ● HP:http://koidelute.jp ● Facebook:https://www.facebook.com/koidelute ● Instagram:@koidetomoko

(a=442) Bach Bist du bei mir, BWV 508: TNC013 

  • 550 / レンタル ( 30 日 )
  • 550 / ダウンロード

Bist du bei mir, BWB 508 / Stölzel - J.S. Bach 【Tuning】a=442Hz 【Instruction】 ・Level : Beginner / 初級者向け ・Tempo: Faster / テンポ:速め ・Tuning tone will sound before beginning. / 演奏開始前にチューニング用音出しあり ・The melody part is also played for beginner's assistance / 初心者向けに、メロディラインを全なぞりした状態で通奏低音を弾いています。 【Score】https://imslp.org/wiki/Bist_du_bei_mir%2C_BWV_508_(Bach%2C_Johann_Sebastian) 【Accompanist】Takuya Nemoto, Harpsichord TAKUYA NEMOTO obtained an MMus in conducting from Tokyo University of the Arts. As a student, he had grasped various theatrical works in their original languages, such as English, German, French, Italian, Czech, and even Latin. His singular capability for diction coaching makes him an integral presence in the industry, having been already engaged for hundreds of performances by New National Theatre Tokyo and other key opera companies in Japan. He earned a diploma in basso continuo at Conservatoire National Supérieur de Lyon (France). He also plays cembalo in The Jugong Boys (a duo with a Baroque cellist) and others. As a composer, he placed third (no first/second place winner) in the Ensemble category at the 3rd Tokyo Katsushika Composition Competition 2015. In June 2016, his trio Nemo Concertato (with sax and voice) released the CD book Shuntaro for Adults (Artes Publishing) dedicated to Shuntaro Tanigawa’s poetry. His first opera Kagetora, commissioned by the Myoko Culture Promotion Organization, premiered in December 2018 and was met with accolades. 【奏者】根本卓也 チェンバロ 私立開成中学・高等学校を卒業後、東京藝術大学大学院修士課程(指揮専攻)修了。在学中に、新国立劇場オペラ部門元芸術監督の若杉弘氏に見出されキャリアをスタート。英・独・仏・伊・チェコその他ラテン語に至るまで、あらゆる舞台作品を原語で解する類稀な才能が買われ、既に100本近くの公演に参加。現在、新国立劇場オペラ部門音楽スタッフとして年間を通して公演に寄与する傍ら、東京二期会・OMF・ニッセイオペラ等、国内の主要団体で合唱指揮・ディクションコーチ・作品レクチャー等多岐にわたり活躍。 更に、バッハ・コレギウム・ジャパン(BCJ)の鈴木雅明氏との出会いから古楽へと傾倒し、大学卒業後渡仏。国立リヨン高等音楽院で、通奏低音(チェンバロ・オルガンによる即興伴奏法)のディプロマを取得。中世のグレゴリオ聖歌からバッハ、モーツァルトに至るまで、様式を踏まえた演奏法を習得。帰国後は《アンサンブル・ラ・レヴェランス》《ジュゴンボーイズ》等のグループで、チェンバロ奏者として活躍。2016年5月には、ラモー《プラテ》で、ピリオド楽器のオーケストラを率いて、バロック・オペラ指揮者デビューを飾る。 作曲家としては、渡仏時代に友人夫妻の為に書き下ろしたオルガンのための連弾作品《Thème et Variations》が、音楽出版社Delatour社主の目に留まり出版されたのをきっかけに、本腰を入れて創作活動に入る。第3回東京かつしか作曲コンクール2015に於いてアンサンブルの部第3位入賞(1・2位無し)。2016年6月には、サックス・歌とのトリオ《Nemo Concertato》で、谷川俊太郎の詩に寄せた、メンバー自作曲によるCDブック『大人のための俊太郎』を上梓(アルテス音楽出版刊)。収録曲カンタータ『臨死船』が好評を博し、メゾ・ソプラノ清水華澄氏のリサイタルで取り上げられ、NHKで放送される。2018年12月には初のオペラ《景虎〜海に消えし夢〜》が(公財)妙高文化振興事業団の委嘱で初演され、好評を博した。 ●HP:http://nemototakuya.info/

Purcell "Music for a while" from Oedipus:TNB019 

  • 550 / レンタル ( 30 日 )
  • 550 / ダウンロード

【Tuning】a=415Hz Temperament: Valotti / ヴァロッティ 【Instruction】 ・Level: Intermediate / 中級者向け ・Tempo: Fast / テンポ:速め 【Score】https://imslp.org/wiki/Oedipus%2C_Z.583_(Purcell%2C_Henry) 【Accompanist】The Jugong Boys The Jugong Boys is a Japanese duo of the baroque cellist Toru YAMAMOTO and the continuist Takuya NEMOTO. They studied together in Tokyo University of Arts and then established the duo since 2014. Motto: “Chubby like a dugong, cool like a Junon boy.” ●Takuya Nemoto, harpsichord TAKUYA NEMOTO obtained an MMus in conducting from Tokyo University of the Arts. As a student, he had grasped various theatrical works in their original languages, such as English, German, French, Italian, Czech, and even Latin. His singular capability for diction coaching makes him an integral presence in the industry, having been already engaged for hundreds of performances by New National Theatre Tokyo and other key opera companies in Japan. He earned a diploma in basso continuo at Conservatoire National Supérieur de Lyon (France). He also plays cembalo in The Jugong Boys (a duo with a Baroque cellist) and others. As a composer, he placed third (no first/second place winner) in the Ensemble category at the 3rd Tokyo Katsushika Composition Competition 2015. In June 2016, his trio Nemo Concertato (with sax and voice) released the CD book Shuntaro for Adults (Artes Publishing) dedicated to Shuntaro Tanigawa’s poetry. His first opera Kagetora, commissioned by the Myoko Culture Promotion Organization, premiered in December 2018 and was met with accolades. ●Toru Yamamoto, cello Toru Yamamoto studied at Tokyo National University of Arts and ZHdK(Züricher Hochschule der Künste). Toru was awarded quite many prizes such as 2nd prize 16th International Bach-Leipzig Competition in 2008, Honorable mention at MA competition in Brugge in 2011, 1st prize at International Van Wassenaer Competition, Amsterdam 2011. Now he plays regularly with Bach Collegium Japan, Orchestra Libera Classica, L’orchestre d’avant-garde and many other leading orchestras and ensembles with historical instruments in Japan. 【奏者】ジュゴンボーイズ 〜目を閉じれば、イケメン〜 ジュノンボーイにはなれなかったぽっちゃり目の2人がお届けする、フレンチバロック・デュオ。 ● 根本 卓也 チェンバロ 東京藝術大学大学院修士課程 (指揮専攻) 修了。鈴木雅明氏との出会いから古楽へと傾倒、大学卒業後渡仏。国立リヨン高等音楽院で通奏低音のディプロマを取得。帰国後は新国立劇場オペラ部門音楽スタッフとして年間を通し公演に寄与する傍ら、チェンバロ奏者・作曲家としても活動。2016年5月、ラモー《プラテ》でピリオド楽器のオーケストラを率いて、オペラ指揮者デビューを飾る。2016年6月にサックス・歌とのトリオ「Nemo Concertato」で、谷川俊太郎の詩に寄せた、メンバー自作曲による、CDブック 『大人のための俊太郎』 を上梓 (アルテスパブリッシング刊) 。2018年12月には初のオペラ《景虎(仮題)》が(公財)妙高文化振興事業団の委嘱で初演され、好評を博した。 http://nemototakuya.info/ ● 山本 徹 バロック・チェロ 茨城県日立市出身。東京藝術大学器楽科、同大学院古楽専攻、及びチューリヒ芸術大学修了。バッハ・コレギウム・ジャパン、オーケストラ・リベラ・クラシカ等主要な国内のオリジナル楽器オーケストラのメンバーとして定期公演・録音・海外ツアーに参加する。2006年第20回国際古楽コンクール<山梨>第2位。2008年第16回ライプツィヒ国際バッハ・コンクール第2位。2011年ブルージュ国際古楽コンクール審査員賞、及びデンハーグピアノ五重奏団のメンバーとしてオランダ・ファンヴァッセナール国際コンクール優勝。2010年度文化庁新進芸術家海外研修員、2011年度ロームミュージックファンデーション奨学生。http://scordatoru.wixsite.com/toru-yamamoto ● Facebook: https://www.facebook.com/jugongboys/

Morley It was a lover and his lass:TKA013 

  • 550 / レンタル ( 30 日 )
  • 550 / ダウンロード

【Tuning】a=440Hz 【Score】https://imslp.org/wiki/Ayres_or_Little_Short_Songs,_Book_1_(Morley,_Thomas) 【Instruction】 ・Level: Beginner / 初級者向け ・Tempo: Normal / テンポ:ノーマル 【Accompanist】Tomoko Koide, lute Tomoko Koide, she started to play the guitar at the age of fourteen. Won 2nd prize at G.L.C. Student Guitar Competition, was a finalist at San-in Guitar Competition. Soon after graduated Doshisha University she started to play the lute,and have learned lute & lute songs with Kenji Sano, Mamiko Hirai, Takashi Tsunoda, Paul O'dette, and Evangelina Mascardi. Tomoko played with many singers and various kind of instrument players like viol, traverso, flute even with sitar, nyckellharpa players, and attended recording projects. Tomoko gave lectures about lute and lute songs. She is also a member of music band for children. Been into Moomin stories for quater a century.... 【メッセージ】 リュートソングを歌ったことがある方でも、リュートパートだけを聴く機会は少ないかもしれません。リュートソングでは、歌とリュートが主従の関係ではなく、対等か、あるいはリュートが主、と言えるかもしれません。歌う人は多声音楽の1パートを担っているだけで、リュートがその1パート以外のすべてのパートを担っているのです。歌う方がリュートという楽器の特性を少しでも理解し、リュートソングを更に楽しむための一助になればと思っています。 春を楽しむ恋人たちの曲といえばこれ!季節が変わらないうちにアップしたかったのですが、すっかり夏になってしまいました。シェイクスピアのAs You Like Itで歌われる曲ですが、今も人気があって、私も何度も伴奏のご依頼をいただくことがありました。気軽な歌のように聞こえますが、歌が入るタイミングが分からずにずれてしまうことがよくあったので、今回も演奏のタイミングに合わせてオリジナルの楽譜から歌詞を表示するようにしました。歌もさることながら、Thomas Morleyのリュート伴奏つき歌曲集に収められた曲はリュート奏者にとっては難曲が多く、Morleyは実際にリュートを抱えて編曲したわけではないのではないかと私は訝しんでいます・・・。同じ頃に同じ場所で活躍したJohn Dowlandは、リュートを抱えて作曲していたんだろうと思われる、奏者にとって無理のないものが多いのですが・・。 【奏者】小出智子 リュート 14歳でクラシックギターを始める。 高校在学中、GLC学生ギターコンクール2位、山陰ギターコンクール入選。同志社大学英文学科卒業後、会社員生活を経て、リュートを始める。これまでにリュート、リュートソングを佐野健二氏、平井満美子氏、つのだたかし氏、Paul O'dette, Evangelina Mascardi氏らに学ぶ。ソロ、通奏低音、伴奏、民族楽器との共演や、録音への参加など、関西を中心にジャンルを問わず幅広く活動中。NHK大阪文化センター「リュートでうたうイギリスはやりうた」リュート伴奏担当。リュート演奏、リュートソングの指導やレクチャーなども行っている。(龍谷大学REC講座など)。ムーミンファン歴四半世紀超 ● HP: http://koidelute.jp ● Facebook: https://www.facebook.com/koidelute ● Instagram:@koidetomoko

Lambert Vos mépris chaque jour:TKA012 

  • 550 / レンタル ( 30 日 )
  • 550 / ダウンロード

【Tuning】a=440Hz 【Score】https://imslp.org/wiki/Airs_%C3%A0_une%2C_II._III._et_IV._parties_avec_la_basse-continue_(Lambert%2C_Michel) 【Instruction】 ・Level: Beginner / 初級者向け ・Tempo: Normal / テンポ:ノーマル ・The original score is displayed so the singer should know what is happening in the bass part. リクエストをいただきましての投稿です。歌が始まる前に2つの旋律楽器によるリトルネッロがありますが、今回はご依頼のあった詠唱部分のみを録音しています。ソ、ファ、ミ、レ・・・を延々と続けているだけのようなバスですが、歌う人にはバスで何が起きているのか理解しながら歌ってほしいので、今回はオリジナルの譜面を音と一緒に表示するように動画を編集しています。 【Accompanist】Tomoko Koide, lute Tomoko Koide, she started to play the guitar at the age of fourteen. Won 2nd prize at G.L.C. Student Guitar Competition, was a finalist at San-in Guitar Competition. Soon after graduated Doshisha University she started to play the lute,and have learned lute & lute songs with Kenji Sano, Mamiko Hirai, Takashi Tsunoda, Paul O'dette, and Evangelina Mascardi. Tomoko played with many singers and various kind of instrument players like viol, traverso, flute even with sitar, nyckellharpa players, and attended recording projects. Tomoko gave lectures about lute and lute songs. She is also a member of music band for children. Been into Moomin stories for quater a century.... 【メッセージ】 リュートソングを歌ったことがある方でも、リュートパートだけを聴く機会は少ないかもしれません。リュートソングでは、歌とリュートが主従の関係ではなく、対等か、あるいはリュートが主、と言えるかもしれません。歌う人は多声音楽の1パートを担っているだけで、リュートがその1パート以外のすべてのパートを担っているのです。歌う方がリュートという楽器の特性を少しでも理解し、リュートソングを更に楽しむための一助になればと思っています。 【奏者】小出智子 リュート 14歳でクラシックギターを始める。 高校在学中、GLC学生ギターコンクール2位、山陰ギターコンクール入選。同志社大学英文学科卒業後、会社員生活を経て、リュートを始める。これまでにリュート、リュートソングを佐野健二氏、平井満美子氏、つのだたかし氏、Paul O'dette, Evangelina Mascardi氏らに学ぶ。ソロ、通奏低音、伴奏、民族楽器との共演や、録音への参加など、関西を中心にジャンルを問わず幅広く活動中。NHK大阪文化センター「リュートでうたうイギリスはやりうた」リュート伴奏担当。リュート演奏、リュートソングの指導やレクチャーなども行っている。(龍谷大学REC講座など)。ムーミンファン歴四半世紀超 ● HP: http://koidelute.jp ● Facebook: https://www.facebook.com/koidelute ● Instagram:@koidetomoko

Purcell "When I am laid" from Dido & Aeneas:TNB020 

  • 550 / レンタル ( 30 日 )
  • 550 / ダウンロード

【Tuning】a=415Hz Temperament: Valotti / ヴァロッティ 【Instruction】 ・Level: Intermediate / 中級者向け ・Tempo: Normal / テンポ:ノーマル 【Score】https://imslp.org/wiki/Dido_and_Aeneas%2C_Z.626_(Purcell%2C_Henry) 【Accompanist】The Jugong Boys The Jugong Boys is a Japanese duo of the baroque cellist Toru YAMAMOTO and the continuist Takuya NEMOTO. They studied together in Tokyo University of Arts and then established the duo since 2014. Motto: “Chubby like a dugong, cool like a Junon boy.” ●Takuya Nemoto, harpsichord TAKUYA NEMOTO obtained an MMus in conducting from Tokyo University of the Arts. As a student, he had grasped various theatrical works in their original languages, such as English, German, French, Italian, Czech, and even Latin. His singular capability for diction coaching makes him an integral presence in the industry, having been already engaged for hundreds of performances by New National Theatre Tokyo and other key opera companies in Japan. He earned a diploma in basso continuo at Conservatoire National Supérieur de Lyon (France). He also plays cembalo in The Jugong Boys (a duo with a Baroque cellist) and others. As a composer, he placed third (no first/second place winner) in the Ensemble category at the 3rd Tokyo Katsushika Composition Competition 2015. In June 2016, his trio Nemo Concertato (with sax and voice) released the CD book Shuntaro for Adults (Artes Publishing) dedicated to Shuntaro Tanigawa’s poetry. His first opera Kagetora, commissioned by the Myoko Culture Promotion Organization, premiered in December 2018 and was met with accolades. ●Toru Yamamoto, cello Toru Yamamoto studied at Tokyo National University of Arts and ZHdK(Züricher Hochschule der Künste). Toru was awarded quite many prizes such as 2nd prize 16th International Bach-Leipzig Competition in 2008, Honorable mention at MA competition in Brugge in 2011, 1st prize at International Van Wassenaer Competition, Amsterdam 2011. Now he plays regularly with Bach Collegium Japan, Orchestra Libera Classica, L’orchestre d’avant-garde and many other leading orchestras and ensembles with historical instruments in Japan. 【奏者】ジュゴンボーイズ 〜目を閉じれば、イケメン〜 ジュノンボーイにはなれなかったぽっちゃり目の2人がお届けする、フレンチバロック・デュオ。 ● 根本 卓也 チェンバロ 東京藝術大学大学院修士課程 (指揮専攻) 修了。鈴木雅明氏との出会いから古楽へと傾倒、大学卒業後渡仏。国立リヨン高等音楽院で通奏低音のディプロマを取得。帰国後は新国立劇場オペラ部門音楽スタッフとして年間を通し公演に寄与する傍ら、チェンバロ奏者・作曲家としても活動。2016年5月、ラモー《プラテ》でピリオド楽器のオーケストラを率いて、オペラ指揮者デビューを飾る。2016年6月にサックス・歌とのトリオ「Nemo Concertato」で、谷川俊太郎の詩に寄せた、メンバー自作曲による、CDブック 『大人のための俊太郎』 を上梓 (アルテスパブリッシング刊) 。2018年12月には初のオペラ《景虎(仮題)》が(公財)妙高文化振興事業団の委嘱で初演され、好評を博した。 http://nemototakuya.info/ ● 山本 徹 バロック・チェロ 茨城県日立市出身。東京藝術大学器楽科、同大学院古楽専攻、及びチューリヒ芸術大学修了。バッハ・コレギウム・ジャパン、オーケストラ・リベラ・クラシカ等主要な国内のオリジナル楽器オーケストラのメンバーとして定期公演・録音・海外ツアーに参加する。2006年第20回国際古楽コンクール<山梨>第2位。2008年第16回ライプツィヒ国際バッハ・コンクール第2位。2011年ブルージュ国際古楽コンクール審査員賞、及びデンハーグピアノ五重奏団のメンバーとしてオランダ・ファンヴァッセナール国際コンクール優勝。2010年度文化庁新進芸術家海外研修員、2011年度ロームミュージックファンデーション奨学生。http://scordatoru.wixsite.com/toru-yamamoto ● Facebook: https://www.facebook.com/jugongboys/

(a=415) Bach Bist du bei mir, BWV 508: TNC011 

  • 550 / レンタル ( 30 日 )
  • 550 / ダウンロード

Bist du bei mir, BWB 508 / Stölzel - J.S. Bach 【Tuning】a=415Hz 【Instruction】 ・Level : Beginner / 初級者向け ・Tempo: Faster / テンポ:速め ・Tuning tone will sound before beginning. / 演奏開始前にチューニング用音出しあり ・The melody part is also played for beginner's assistance / 初心者向けに、メロディラインを全なぞりした状態で通奏低音を弾いています。 【Score】https://imslp.org/wiki/Bist_du_bei_mir%2C_BWV_508_(Bach%2C_Johann_Sebastian) 【Accompanist】Takuya Nemoto, Harpsichord TAKUYA NEMOTO obtained an MMus in conducting from Tokyo University of the Arts. As a student, he had grasped various theatrical works in their original languages, such as English, German, French, Italian, Czech, and even Latin. His singular capability for diction coaching makes him an integral presence in the industry, having been already engaged for hundreds of performances by New National Theatre Tokyo and other key opera companies in Japan. He earned a diploma in basso continuo at Conservatoire National Supérieur de Lyon (France). He also plays cembalo in The Jugong Boys (a duo with a Baroque cellist) and others. As a composer, he placed third (no first/second place winner) in the Ensemble category at the 3rd Tokyo Katsushika Composition Competition 2015. In June 2016, his trio Nemo Concertato (with sax and voice) released the CD book Shuntaro for Adults (Artes Publishing) dedicated to Shuntaro Tanigawa’s poetry. His first opera Kagetora, commissioned by the Myoko Culture Promotion Organization, premiered in December 2018 and was met with accolades. 【奏者】根本卓也 チェンバロ 私立開成中学・高等学校を卒業後、東京藝術大学大学院修士課程(指揮専攻)修了。在学中に、新国立劇場オペラ部門元芸術監督の若杉弘氏に見出されキャリアをスタート。英・独・仏・伊・チェコその他ラテン語に至るまで、あらゆる舞台作品を原語で解する類稀な才能が買われ、既に100本近くの公演に参加。現在、新国立劇場オペラ部門音楽スタッフとして年間を通して公演に寄与する傍ら、東京二期会・OMF・ニッセイオペラ等、国内の主要団体で合唱指揮・ディクションコーチ・作品レクチャー等多岐にわたり活躍。 更に、バッハ・コレギウム・ジャパン(BCJ)の鈴木雅明氏との出会いから古楽へと傾倒し、大学卒業後渡仏。国立リヨン高等音楽院で、通奏低音(チェンバロ・オルガンによる即興伴奏法)のディプロマを取得。中世のグレゴリオ聖歌からバッハ、モーツァルトに至るまで、様式を踏まえた演奏法を習得。帰国後は《アンサンブル・ラ・レヴェランス》《ジュゴンボーイズ》等のグループで、チェンバロ奏者として活躍。2016年5月には、ラモー《プラテ》で、ピリオド楽器のオーケストラを率いて、バロック・オペラ指揮者デビューを飾る。 作曲家としては、渡仏時代に友人夫妻の為に書き下ろしたオルガンのための連弾作品《Thème et Variations》が、音楽出版社Delatour社主の目に留まり出版されたのをきっかけに、本腰を入れて創作活動に入る。第3回東京かつしか作曲コンクール2015に於いてアンサンブルの部第3位入賞(1・2位無し)。2016年6月には、サックス・歌とのトリオ《Nemo Concertato》で、谷川俊太郎の詩に寄せた、メンバー自作曲によるCDブック『大人のための俊太郎』を上梓(アルテス音楽出版刊)。収録曲カンタータ『臨死船』が好評を博し、メゾ・ソプラノ清水華澄氏のリサイタルで取り上げられ、NHKで放送される。2018年12月には初のオペラ《景虎〜海に消えし夢〜》が(公財)妙高文化振興事業団の委嘱で初演され、好評を博した。 ●HP:http://nemototakuya.info/

Tromboncino Ostinato vo seguire (Frottola a 3 / 4 voci):RSA003 

  • 550 / レンタル ( 30 日 )
  • 550 / ダウンロード

Bartolomeo Tromboncino (1470- after 1534) Ostinato vo seguire (Frottola a 3 / 4 voci) ■Togetter:バルトロメオ・トロンボンチーノ「Ostinato vo seguire」考 https://togetter.com/li/1559899 【Tuning】A=415Hz (歌唱声部は、リンク先のオリジナル譜においては記譜音の完全5度上。現代譜では既に移高されていることもあります。) 【Instruction】 ・Tempo: Normal / テンポ:ノーマル 【Score】(accompaniment with lute) (PDF44ページから) https://ks.imslp.net/files/imglnks/usimg/1/1b/IMSLP307061-PMLP496705-tenori_e_contrabassi_intabulati_col_sopran_livro1.pdf 【Message】 高音声部の皆様、イタリア・ルネサンス音楽愛好家の皆様お待たせいたしました。 フロットラは、16世紀初頭のイタリア音楽の華。 その当時隆盛を極めた複雑なポリフォニーとは一線を画した、シンプルな音楽の流れが魅力です。何よりもこの曲の場合、一度聞くと忘れられない親しみやすく、すぐに口ずさめるような旋律が魅力です。 リュートによる伴奏は歌詞3節分全て弾いています。 器楽の方のディミニューションの練習にもおすすめ。 ペトルッチが出版した4声版を併せて参照すると、アンサンブル曲としても使えます。 各節の入りや、コーダの入りは、はじめは難しいかもしれませんが動画で分かりやすいように編集してあります。 歌詞はこちら Ostinato vo’ seguire La magnanima mia impresa: Fame, Amor, qual voi offesa, S’io dovesse ben morire, Ostinato vo’ seguire La magnanima mia impresa. Fame, Ciel, fame, Fortuna, Bene o male como a te piace: Né piacer né ingiuria alcuna Per avilirmi o far più audace: Che de l’un non son capace, L’altro più non po’ fuggire. Ostinato vo’ seguire La magnanima mia impresa. Vinca o perda, io non l’attendo De mia impresa altro che onore: Sopra il ciel beato ascendo S’io ne resto vincitore; S’io la perdo, alfin gran core Mostrarà l’alto desire. Ostinato vo’ seguire La magnanima mia impresa 【Accompanist】 Ryosuke Sakamoto, Lute / Viola da gamba RYOSUKE SAKAMOTO was born in Nara (Japan). At the age of three, he first became interested in early music performance under the influence of his parents. In 2007, the year of his graduation at Tokyo University (bachelor degree on Aesthetics), he released his first solo CD ‘Travels with my Lute’ from Musica Rediviva (MRCD-013). This recording got a praised commentary on the CD magazine “Gramophone”, in November 2011. Ryosuke moved to Switzerland in 2008 and studied lute and various plucked instruments at Schola Cantorum Basiliensis in Basel, with prof. Hopkinson Smith. He continued further studies with prof. Crawford Young (medieval lute) and Anne Smith (performance practice on renaissance music) there, and graduated in 2013, with Master degree of specialized music performance. As a solo lutenist, Ryosuke won the first prize plus audience prize at the competition “III Consorso Maurizio Pratla” in L’Aquila (Italy). Already then, he was invited to make recitals by several lute societies in UK, Germany, Austria, and France. He is a member of “Delight in Disorder”, “The Queen’s Revels” as a principal lutenist. In 2012 he set up “Ensemble Il bell’humore”, which specializes in renaissance music. In 2017 he got the first prize at International Biber competition, as a member of “Concerto Ripiglino”. He appears numerous music festivals in Europe including “Festival Oude Muziek “ in Utrecht, “York Early Music Festival“, “Rezonanzen Wien, “Tage Alter Musik Regensburg” ,“Music in old Krakow Festival”, etc. His latest solo CD ‘Polyphony & Diminution’ was released from Musica Rediviva (MRCD-022) in 2016. 【奏者】坂本龍右 リュート、ヴィオラ ・ダ・ガンバ 東京大学文学部 (美学芸術学専修課程) 卒業後、バーゼル市立音楽院(バーゼル・スコラカントルム)に留学。ホプキンソン・スミス氏及びクロフォード・ヤング氏にリュートを、ランダル・クック氏にヴィオラ・ダ・ガンバを、アン・スミス氏にルネサンス音楽理論を、イェスパー・クリステンセン氏に通奏低音を師事し、2013年に修了。その後同校にて公式伴奏者として勤務。2013年、ラクィラの国際古楽コンクールにおけるリュート・ソロ部門で第1位及び聴衆賞。2017年、国際ビーバーコンクールにおけるアンサンブル部門第1位。ヨーロッパ各地の古楽祭やリュート協会主催の演奏会にソリストとして招聘される。録音にリュート・ソロによる「Travels with my Lute」「Polyphony & Diminution」ほか多数。2017年、有志で通奏低音組合「コンティヌオ・ギルド」を立ち上げ、演奏とアウトリーチの両面で活動を開始。 ● Web:http://ryosukesakamoto.com/ ● Facebook : https://www.facebook.com/ryosuke.sakamoto.58 ● Twitter : @contra2nd

Giordani Caro mio ben:TNC009 

  • 550 / レンタル ( 30 日 )
  • 550 / ダウンロード

【Tuning】a=415Hz 【Instruction】 ・Level : Beginner / 初級者向け ・Tempo: Normal / テンポ:ノーマル ・リンク先の初版をリダクションして演奏しています。フェルマータの位置など、全音版と若干異なりますのでご注意下さい。 【Score】https://imslp.org/wiki/Caro_mio_ben_(Giordani%2C_Tommaso) 【Accompanist】Takuya Nemoto, Harpsichord TAKUYA NEMOTO obtained an MMus in conducting from Tokyo University of the Arts. As a student, he had grasped various theatrical works in their original languages, such as English, German, French, Italian, Czech, and even Latin. His singular capability for diction coaching makes him an integral presence in the industry, having been already engaged for hundreds of performances by New National Theatre Tokyo and other key opera companies in Japan. He earned a diploma in basso continuo at Conservatoire National Supérieur de Lyon (France). He also plays cembalo in The Jugong Boys (a duo with a Baroque cellist) and others. As a composer, he placed third (no first/second place winner) in the Ensemble category at the 3rd Tokyo Katsushika Composition Competition 2015. In June 2016, his trio Nemo Concertato (with sax and voice) released the CD book Shuntaro for Adults (Artes Publishing) dedicated to Shuntaro Tanigawa’s poetry. His first opera Kagetora, commissioned by the Myoko Culture Promotion Organization, premiered in December 2018 and was met with accolades. 【奏者】根本卓也 チェンバロ 私立開成中学・高等学校を卒業後、東京藝術大学大学院修士課程(指揮専攻)修了。在学中に、新国立劇場オペラ部門元芸術監督の若杉弘氏に見出されキャリアをスタート。英・独・仏・伊・チェコその他ラテン語に至るまで、あらゆる舞台作品を原語で解する類稀な才能が買われ、既に100本近くの公演に参加。現在、新国立劇場オペラ部門音楽スタッフとして年間を通して公演に寄与する傍ら、東京二期会・OMF・ニッセイオペラ等、国内の主要団体で合唱指揮・ディクションコーチ・作品レクチャー等多岐にわたり活躍。 更に、バッハ・コレギウム・ジャパン(BCJ)の鈴木雅明氏との出会いから古楽へと傾倒し、大学卒業後渡仏。国立リヨン高等音楽院で、通奏低音(チェンバロ・オルガンによる即興伴奏法)のディプロマを取得。中世のグレゴリオ聖歌からバッハ、モーツァルトに至るまで、様式を踏まえた演奏法を習得。帰国後は《アンサンブル・ラ・レヴェランス》《ジュゴンボーイズ》等のグループで、チェンバロ奏者として活躍。2016年5月には、ラモー《プラテ》で、ピリオド楽器のオーケストラを率いて、バロック・オペラ指揮者デビューを飾る。 作曲家としては、渡仏時代に友人夫妻の為に書き下ろしたオルガンのための連弾作品《Thème et Variations》が、音楽出版社Delatour社主の目に留まり出版されたのをきっかけに、本腰を入れて創作活動に入る。第3回東京かつしか作曲コンクール2015に於いてアンサンブルの部第3位入賞(1・2位無し)。2016年6月には、サックス・歌とのトリオ《Nemo Concertato》で、谷川俊太郎の詩に寄せた、メンバー自作曲によるCDブック『大人のための俊太郎』を上梓(アルテス音楽出版刊)。収録曲カンタータ『臨死船』が好評を博し、メゾ・ソプラノ清水華澄氏のリサイタルで取り上げられ、NHKで放送される。2018年12月には初のオペラ《景虎〜海に消えし夢〜》が(公財)妙高文化振興事業団の委嘱で初演され、好評を博した。 ●HP: http://nemototakuya.info/

Handel "Ombra mai fu" from Serse:TNB018 

  • 550 / レンタル ( 30 日 )
  • 550 / ダウンロード

【Tuning】a=415Hz Temperament: Valotti / ヴァロッティ 【Instruction】 ・Level: Beginner / 初級者向け ・Tempo: Normal / テンポ:ノーマル 【Score】https://imslp.org/wiki/Serse,_HWV_40_(Handel,_George_Frideric) 【Accompanist】The Jugong Boys The Jugong Boys is a Japanese duo of the baroque cellist Toru YAMAMOTO and the continuist Takuya NEMOTO. They studied together in Tokyo University of Arts and then established the duo since 2014. Motto: “Chubby like a dugong, cool like a Junon boy.” ●Takuya Nemoto, harpsichord TAKUYA NEMOTO obtained an MMus in conducting from Tokyo University of the Arts. As a student, he had grasped various theatrical works in their original languages, such as English, German, French, Italian, Czech, and even Latin. His singular capability for diction coaching makes him an integral presence in the industry, having been already engaged for hundreds of performances by New National Theatre Tokyo and other key opera companies in Japan. He earned a diploma in basso continuo at Conservatoire National Supérieur de Lyon (France). He also plays cembalo in The Jugong Boys (a duo with a Baroque cellist) and others. As a composer, he placed third (no first/second place winner) in the Ensemble category at the 3rd Tokyo Katsushika Composition Competition 2015. In June 2016, his trio Nemo Concertato (with sax and voice) released the CD book Shuntaro for Adults (Artes Publishing) dedicated to Shuntaro Tanigawa’s poetry. His first opera Kagetora, commissioned by the Myoko Culture Promotion Organization, premiered in December 2018 and was met with accolades. ●Toru Yamamoto, cello Toru Yamamoto studied at Tokyo National University of Arts and ZHdK(Züricher Hochschule der Künste). Toru was awarded quite many prizes such as 2nd prize 16th International Bach-Leipzig Competition in 2008, Honorable mention at MA competition in Brugge in 2011, 1st prize at International Van Wassenaer Competition, Amsterdam 2011. Now he plays regularly with Bach Collegium Japan, Orchestra Libera Classica, L’orchestre d’avant-garde and many other leading orchestras and ensembles with historical instruments in Japan. 【奏者】ジュゴンボーイズ 〜目を閉じれば、イケメン〜 ジュノンボーイにはなれなかったぽっちゃり目の2人がお届けする、フレンチバロック・デュオ。 ● 根本 卓也 チェンバロ 東京藝術大学大学院修士課程 (指揮専攻) 修了。鈴木雅明氏との出会いから古楽へと傾倒、大学卒業後渡仏。国立リヨン高等音楽院で通奏低音のディプロマを取得。帰国後は新国立劇場オペラ部門音楽スタッフとして年間を通し公演に寄与する傍ら、チェンバロ奏者・作曲家としても活動。2016年5月、ラモー《プラテ》でピリオド楽器のオーケストラを率いて、オペラ指揮者デビューを飾る。2016年6月にサックス・歌とのトリオ「Nemo Concertato」で、谷川俊太郎の詩に寄せた、メンバー自作曲による、CDブック 『大人のための俊太郎』 を上梓 (アルテスパブリッシング刊) 。2018年12月には初のオペラ《景虎(仮題)》が(公財)妙高文化振興事業団の委嘱で初演され、好評を博した。 http://nemototakuya.info/ ● 山本 徹 バロック・チェロ 茨城県日立市出身。東京藝術大学器楽科、同大学院古楽専攻、及びチューリヒ芸術大学修了。バッハ・コレギウム・ジャパン、オーケストラ・リベラ・クラシカ等主要な国内のオリジナル楽器オーケストラのメンバーとして定期公演・録音・海外ツアーに参加する。2006年第20回国際古楽コンクール<山梨>第2位。2008年第16回ライプツィヒ国際バッハ・コンクール第2位。2011年ブルージュ国際古楽コンクール審査員賞、及びデンハーグピアノ五重奏団のメンバーとしてオランダ・ファンヴァッセナール国際コンクール優勝。2010年度文化庁新進芸術家海外研修員、2011年度ロームミュージックファンデーション奨学生。http://scordatoru.wixsite.com/toru-yamamoto ● Facebook: https://www.facebook.com/jugongboys/

Handel “Lascia ch’io pianga” from Rinaldo : TNA 

  • 550 / レンタル ( 30 日 )
  • 550 / ダウンロード

【Tuning】a=415Hz Temperament: Valotti / ヴァロッティ 【Instruction】 ・Level: Beginner / 初級者向け ・Tempo: Normal / テンポ:ノーマル 【Score】https://imslp.org/wiki/Rinaldo,_HWV_7b_(Handel,_George_Frideric) 【Accompanist】The Jugong Boys The Jugong Boys is a Japanese duo of the baroque cellist Toru YAMAMOTO and the continuist Takuya NEMOTO. They studied together in Tokyo University of Arts and then established the duo since 2014. Motto: “Chubby like a dugong, cool like a Junon boy.” ●Takuya Nemoto, harpsichord TAKUYA NEMOTO obtained an MMus in conducting from Tokyo University of the Arts. As a student, he had grasped various theatrical works in their original languages, such as English, German, French, Italian, Czech, and even Latin. His singular capability for diction coaching makes him an integral presence in the industry, having been already engaged for hundreds of performances by New National Theatre Tokyo and other key opera companies in Japan. He earned a diploma in basso continuo at Conservatoire National Supérieur de Lyon (France). He also plays cembalo in The Jugong Boys (a duo with a Baroque cellist) and others. As a composer, he placed third (no first/second place winner) in the Ensemble category at the 3rd Tokyo Katsushika Composition Competition 2015. In June 2016, his trio Nemo Concertato (with sax and voice) released the CD book Shuntaro for Adults (Artes Publishing) dedicated to Shuntaro Tanigawa’s poetry. His first opera Kagetora, commissioned by the Myoko Culture Promotion Organization, premiered in December 2018 and was met with accolades. ●Toru Yamamoto, cello Toru Yamamoto studied at Tokyo National University of Arts and ZHdK(Züricher Hochschule der Künste). Toru was awarded quite many prizes such as 2nd prize 16th International Bach-Leipzig Competition in 2008, Honorable mention at MA competition in Brugge in 2011, 1st prize at International Van Wassenaer Competition, Amsterdam 2011. Now he plays regularly with Bach Collegium Japan, Orchestra Libera Classica, L’orchestre d’avant-garde and many other leading orchestras and ensembles with historical instruments in Japan. 【奏者】ジュゴンボーイズ 〜目を閉じれば、イケメン〜 ジュノンボーイにはなれなかったぽっちゃり目の2人がお届けする、フレンチバロック・デュオ。 ● 根本 卓也 チェンバロ 東京藝術大学大学院修士課程 (指揮専攻) 修了。鈴木雅明氏との出会いから古楽へと傾倒、大学卒業後渡仏。国立リヨン高等音楽院で通奏低音のディプロマを取得。帰国後は新国立劇場オペラ部門音楽スタッフとして年間を通し公演に寄与する傍ら、チェンバロ奏者・作曲家としても活動。2016年5月、ラモー《プラテ》でピリオド楽器のオーケストラを率いて、オペラ指揮者デビューを飾る。2016年6月にサックス・歌とのトリオ「Nemo Concertato」で、谷川俊太郎の詩に寄せた、メンバー自作曲による、CDブック 『大人のための俊太郎』 を上梓 (アルテスパブリッシング刊) 。2018年12月には初のオペラ《景虎(仮題)》が(公財)妙高文化振興事業団の委嘱で初演され、好評を博した。 http://nemototakuya.info/ ● 山本 徹 バロック・チェロ 茨城県日立市出身。東京藝術大学器楽科、同大学院古楽専攻、及びチューリヒ芸術大学修了。バッハ・コレギウム・ジャパン、オーケストラ・リベラ・クラシカ等主要な国内のオリジナル楽器オーケストラのメンバーとして定期公演・録音・海外ツアーに参加する。2006年第20回国際古楽コンクール<山梨>第2位。2008年第16回ライプツィヒ国際バッハ・コンクール第2位。2011年ブルージュ国際古楽コンクール審査員賞、及びデンハーグピアノ五重奏団のメンバーとしてオランダ・ファンヴァッセナール国際コンクール優勝。2010年度文化庁新進芸術家海外研修員、2011年度ロームミュージックファンデーション奨学生。http://scordatoru.wixsite.com/toru-yamamoto ● Facebook: https://www.facebook.com/jugongboys/

Handel "Verdi prati” from Alcina:TNB016 

  • 660 / レンタル ( 30 日 )
  • 660 / ダウンロード

【Tuning】a=415Hz Temperament: Valotti / ヴァロッティ 【Instruction】 ・Level: Intermediate-Advanced / 中・上級者向け ・Tempo: Normal / テンポ:ノーマル 【Score】https://imslp.org/wiki/Alcina%2C_HWV_34_(Handel%2C_George_Frideric) 【Accompanist】The Jugong Boys The Jugong Boys is a Japanese duo of the baroque cellist Toru YAMAMOTO and the continuist Takuya NEMOTO. They studied together in Tokyo University of Arts and then established the duo since 2014. Motto: “Chubby like a dugong, cool like a Junon boy.” ●Takuya Nemoto, harpsichord TAKUYA NEMOTO obtained an MMus in conducting from Tokyo University of the Arts. As a student, he had grasped various theatrical works in their original languages, such as English, German, French, Italian, Czech, and even Latin. His singular capability for diction coaching makes him an integral presence in the industry, having been already engaged for hundreds of performances by New National Theatre Tokyo and other key opera companies in Japan. He earned a diploma in basso continuo at Conservatoire National Supérieur de Lyon (France). He also plays cembalo in The Jugong Boys (a duo with a Baroque cellist) and others. As a composer, he placed third (no first/second place winner) in the Ensemble category at the 3rd Tokyo Katsushika Composition Competition 2015. In June 2016, his trio Nemo Concertato (with sax and voice) released the CD book Shuntaro for Adults (Artes Publishing) dedicated to Shuntaro Tanigawa’s poetry. His first opera Kagetora, commissioned by the Myoko Culture Promotion Organization, premiered in December 2018 and was met with accolades. ●Toru Yamamoto, cello Toru Yamamoto studied at Tokyo National University of Arts and ZHdK(Züricher Hochschule der Künste). Toru was awarded quite many prizes such as 2nd prize 16th International Bach-Leipzig Competition in 2008, Honorable mention at MA competition in Brugge in 2011, 1st prize at International Van Wassenaer Competition, Amsterdam 2011. Now he plays regularly with Bach Collegium Japan, Orchestra Libera Classica, L’orchestre d’avant-garde and many other leading orchestras and ensembles with historical instruments in Japan. 【奏者】ジュゴンボーイズ 〜目を閉じれば、イケメン〜 ジュノンボーイにはなれなかったぽっちゃり目の2人がお届けする、フレンチバロック・デュオ。 ● 根本 卓也 チェンバロ 東京藝術大学大学院修士課程 (指揮専攻) 修了。鈴木雅明氏との出会いから古楽へと傾倒、大学卒業後渡仏。国立リヨン高等音楽院で通奏低音のディプロマを取得。帰国後は新国立劇場オペラ部門音楽スタッフとして年間を通し公演に寄与する傍ら、チェンバロ奏者・作曲家としても活動。2016年5月、ラモー《プラテ》でピリオド楽器のオーケストラを率いて、オペラ指揮者デビューを飾る。2016年6月にサックス・歌とのトリオ「Nemo Concertato」で、谷川俊太郎の詩に寄せた、メンバー自作曲による、CDブック 『大人のための俊太郎』 を上梓 (アルテスパブリッシング刊) 。2018年12月には初のオペラ《景虎(仮題)》が(公財)妙高文化振興事業団の委嘱で初演され、好評を博した。 http://nemototakuya.info/ ● 山本 徹 バロック・チェロ 茨城県日立市出身。東京藝術大学器楽科、同大学院古楽専攻、及びチューリヒ芸術大学修了。バッハ・コレギウム・ジャパン、オーケストラ・リベラ・クラシカ等主要な国内のオリジナル楽器オーケストラのメンバーとして定期公演・録音・海外ツアーに参加する。2006年第20回国際古楽コンクール<山梨>第2位。2008年第16回ライプツィヒ国際バッハ・コンクール第2位。2011年ブルージュ国際古楽コンクール審査員賞、及びデンハーグピアノ五重奏団のメンバーとしてオランダ・ファンヴァッセナール国際コンクール優勝。2010年度文化庁新進芸術家海外研修員、2011年度ロームミュージックファンデーション奨学生。http://scordatoru.wixsite.com/toru-yamamoto ● Facebook: https://www.facebook.com/jugongboys/

Handel "Credete al mio dolore” from Alcina:TNB015 

  • 660 / レンタル ( 30 日 )
  • 660 / ダウンロード

Beautiful aria with the obligato cello. Recommended for skilled singers. チェロのオブリガートの入った美しいアリアです。上級者におすすめ 【Tuning】a=415Hz Temperament: Valotti / ヴァロッティ 【Instruction】 ・Level: Intermediate-Advanced / 中・上級者向け ・Tempo: Normal / テンポ:ノーマル 【Score】https://imslp.org/wiki/Alcina%2C_HWV_34_(Handel%2C_George_Frideric) 【Accompanist】The Jugong Boys The Jugong Boys is a Japanese duo of the baroque cellist Toru YAMAMOTO and the continuist Takuya NEMOTO. They studied together in Tokyo University of Arts and then established the duo since 2014. Motto: “Chubby like a dugong, cool like a Junon boy.” ●Takuya Nemoto, harpsichord TAKUYA NEMOTO obtained an MMus in conducting from Tokyo University of the Arts. As a student, he had grasped various theatrical works in their original languages, such as English, German, French, Italian, Czech, and even Latin. His singular capability for diction coaching makes him an integral presence in the industry, having been already engaged for hundreds of performances by New National Theatre Tokyo and other key opera companies in Japan. He earned a diploma in basso continuo at Conservatoire National Supérieur de Lyon (France). He also plays cembalo in The Jugong Boys (a duo with a Baroque cellist) and others. As a composer, he placed third (no first/second place winner) in the Ensemble category at the 3rd Tokyo Katsushika Composition Competition 2015. In June 2016, his trio Nemo Concertato (with sax and voice) released the CD book Shuntaro for Adults (Artes Publishing) dedicated to Shuntaro Tanigawa’s poetry. His first opera Kagetora, commissioned by the Myoko Culture Promotion Organization, premiered in December 2018 and was met with accolades. ●Toru Yamamoto, cello Toru Yamamoto studied at Tokyo National University of Arts and ZHdK(Züricher Hochschule der Künste). Toru was awarded quite many prizes such as 2nd prize 16th International Bach-Leipzig Competition in 2008, Honorable mention at MA competition in Brugge in 2011, 1st prize at International Van Wassenaer Competition, Amsterdam 2011. Now he plays regularly with Bach Collegium Japan, Orchestra Libera Classica, L’orchestre d’avant-garde and many other leading orchestras and ensembles with historical instruments in Japan. 【奏者】ジュゴンボーイズ 〜目を閉じれば、イケメン〜 ジュノンボーイにはなれなかったぽっちゃり目の2人がお届けする、フレンチバロック・デュオ。 ● 根本 卓也 チェンバロ 東京藝術大学大学院修士課程 (指揮専攻) 修了。鈴木雅明氏との出会いから古楽へと傾倒、大学卒業後渡仏。国立リヨン高等音楽院で通奏低音のディプロマを取得。帰国後は新国立劇場オペラ部門音楽スタッフとして年間を通し公演に寄与する傍ら、チェンバロ奏者・作曲家としても活動。2016年5月、ラモー《プラテ》でピリオド楽器のオーケストラを率いて、オペラ指揮者デビューを飾る。2016年6月にサックス・歌とのトリオ「Nemo Concertato」で、谷川俊太郎の詩に寄せた、メンバー自作曲による、CDブック 『大人のための俊太郎』 を上梓 (アルテスパブリッシング刊) 。2018年12月には初のオペラ《景虎(仮題)》が(公財)妙高文化振興事業団の委嘱で初演され、好評を博した。 http://nemototakuya.info/ ● 山本 徹 バロック・チェロ 茨城県日立市出身。東京藝術大学器楽科、同大学院古楽専攻、及びチューリヒ芸術大学修了。バッハ・コレギウム・ジャパン、オーケストラ・リベラ・クラシカ等主要な国内のオリジナル楽器オーケストラのメンバーとして定期公演・録音・海外ツアーに参加する。2006年第20回国際古楽コンクール<山梨>第2位。2008年第16回ライプツィヒ国際バッハ・コンクール第2位。2011年ブルージュ国際古楽コンクール審査員賞、及びデンハーグピアノ五重奏団のメンバーとしてオランダ・ファンヴァッセナール国際コンクール優勝。2010年度文化庁新進芸術家海外研修員、2011年度ロームミュージックファンデーション奨学生。http://scordatoru.wixsite.com/toru-yamamoto ● Facebook: https://www.facebook.com/jugongboys/

T. Morley Now is the month of Maying:TKA009 

  • 550 / レンタル ( 30 日 )
  • 550 / ダウンロード

【Pitch】a=440Hz 【Instruction】 ・For Beginner / 初級者向け ・Tuning time included / 音出しあり 【Score】https://imslp.org/wiki/Balletts_to_Five_Voyces,_Book_1_(Morley,_Thomas) 【Additional Info】 Video with full parts including Soprano is available: ソプラノパートを含む動画はこちらにございます。 https://youtu.be/eb-AC8rqWpM 【メッセージ】 Thomas Morleyによる、現代でも人気の合唱曲です。 本来は5人で歌うもので、リュートソングではないのですが、リュート+Cantus一人でも楽しめる曲です。 5月といえばこれ! 外に行けなくても、晴れやかな初夏の気分を味わえます。 明快な脚韻を丁寧に歌って、そのリズムを十分に楽しんでみてください。 【Accompanist】Tomoko Koide, lute Tomoko Koide, she started to play the guitar at the age of fourteen. Won 2nd prize at G.L.C. Student Guitar Competition, was a finalist at San-in Guitar Competition. Soon after graduated Doshisha University she started to play the lute,and have learned lute & lute songs with Kenji Sano, Mamiko Hirai, Takashi Tsunoda, Paul O'dette, and Evangelina Mascardi. Tomoko played with many singers and various kind of instrument players like viol, traverso, flute even with sitar, nyckellharpa players, and attended recording projects. Tomoko gave lectures about lute and lute songs. She is also a member of music band for children. Been into Moomin stories for quater a century.... 【奏者】小出智子 リュート 14歳でクラシックギターを始める。 高校在学中、GLC学生ギターコンクール2位、山陰ギターコンクール入選。同志社大学英文学科卒業後、会社員生活を経て、リュートを始める。これまでにリュート、リュートソングを佐野健二氏、平井満美子氏、つのだたかし氏、Paul O'dette, Evangelina Mascardi氏らに学ぶ。ソロ、通奏低音、伴奏、民族楽器との共演や、録音への参加など、関西を中心にジャンルを問わず幅広く活動中。NHK大阪文化センター「リュートでうたうイギリスはやりうた」リュート伴奏担当。リュート演奏、リュートソングの指導やレクチャーなども行っている。(龍谷大学REC講座など)。ムーミンファン歴四半世紀超 ● HP: http://koidelute.jp ● Facebook: https://www.facebook.com/koidelute ● Instagram:@koidetomoko

Dowland A shepherd in a shade:TKA011 

  • 550 / レンタル ( 30 日 )
  • 550 / ダウンロード

【Pitch】a=440Hz 【Instruction】 ・For Beginner / 初級者向け ・Tuning time included / 音出しあり 【Score】 https://imslp.org/wiki/The_Second_Book_of_Songes_(Dowland,_John) 【Lyrics】 A shepherd in a shade, his plaining made, of love and lovers wrong, Unto the fairest lass, That trod on grass, And thus began his song. Since love and fortune will, I honour still, your fair and lovely eye, What conquest will it be, Sweet Nymph for thee, If I for sorrow die. Restore, restore my heart againe, Which love by thy sweet looks hath slain, Least that inforced by your disdain, I sing, Fie fie on love, it is a foolish thing. My heart where have you laid O cruel maid, To kill when you might save, Why have ye cast it forth as nothing worth, Without a tomb or grave. O let it be intombed and lie, In your sweet mind and memory, Least I resound on every warbling string, Fie fie on love that is a foolish thing. Restore, restore my heart againe, Which love by thy sweet looks hath slain, Least that inforced by your disdain, I sing, Fie fie on love, it is a foolish thing. 【メッセージ】 ダウランドらしからぬ牧歌的な”羊飼いとニンフ”の歌です。初夏にぴったりの曲・・・と思わせておいて、最後は「愛なんて、ばかばかしいね」と憎らし気に歌わせてしまうところがやっぱりダウランドです。期待を裏切りません。後半部分のシンコペーションの楽しさを、リュートパートをよく聞いて体感してください。 この曲よく知らないなあという方のために、旋律パート入り(リュートで弾いてます)の動画をアップしています。 https://youtu.be/FaU32NfnlQ8 【Accompanist】Tomoko Koide, lute Tomoko Koide, she started to play the guitar at the age of fourteen. Won 2nd prize at G.L.C. Student Guitar Competition, was a finalist at San-in Guitar Competition. Soon after graduated Doshisha University she started to play the lute,and have learned lute & lute songs with Kenji Sano, Mamiko Hirai, Takashi Tsunoda, Paul O'dette, and Evangelina Mascardi. Tomoko played with many singers and various kind of instrument players like viol, traverso, flute even with sitar, nyckellharpa players, and attended recording projects. Tomoko gave lectures about lute and lute songs. She is also a member of music band for children. Been into Moomin stories for quater a century.... 【奏者】小出智子 リュート 14歳でクラシックギターを始める。 高校在学中、GLC学生ギターコンクール2位、山陰ギターコンクール入選。同志社大学英文学科卒業後、会社員生活を経て、リュートを始める。これまでにリュート、リュートソングを佐野健二氏、平井満美子氏、つのだたかし氏、Paul O'dette, Evangelina Mascardi氏らに学ぶ。ソロ、通奏低音、伴奏、民族楽器との共演や、録音への参加など、関西を中心にジャンルを問わず幅広く活動中。NHK大阪文化センター「リュートでうたうイギリスはやりうた」リュート伴奏担当。リュート演奏、リュートソングの指導やレクチャーなども行っている。(龍谷大学REC講座など)。ムーミンファン歴四半世紀超 ● HP:http://koidelute.jp ● Facebook:https://www.facebook.com/koidelute ● Instagram:@koidetomoko

Dowland Clear or cloudy:TKA010 

  • 550 / レンタル ( 30 日 )
  • 550 / ダウンロード

【Pitch】a=440Hz 【Instruction】 ・For Beginner / 初級者向け ・Tuning time included / 音出しあり 【Score】https://imslp.org/wiki/The_Second_Book_of_Songes_(Dowland,_John) 【メッセージ】 Dowlandの作品の中で珍しく、あまり悲観的ではない歌です。初夏の変わりやすい天気と瑞々しい空気を、愛する女性に擬えて歌っています。後半は、夏に向けてぐんぐん伸びる植物のような音型ですね。リュートも歌を追いかけるようにぐいぐい伸びているのを聴きながら、楽しんで練習してください。 【Lyrics】 Clear or cloudy, sweet as April show'ring, Smooth or frowning, so is her face to me. Pleas'd or smiling, like mild May all flow'ring, When skies blue silk, and meadows carpets be, Her speeches notes of that nightbird that singeth, Who thought all sweet, yet jarring notes out ringeth. Her grace like June, when earth and trees be trimmed In best attire of complete beauty's height. Her love again like Summer's days bedimmed With little clouds of doubtful constant faith. Her trust, her doubt, like rain and heat in skies Gently thund'ring, she lightning to mine eyes. Sweet summer Spring, that breathed life and growing In weeds as into healing herbs and flow'rs, And sees of service divers sorts in sowing, Some haply seeming, and some being, yours, Rain on your herbs and flow'rs that truly serve, And let your weeds lack dew, and duly starve. 【Accompanist】Tomoko Koide, lute Tomoko Koide, she started to play the guitar at the age of fourteen. Won 2nd prize at G.L.C. Student Guitar Competition, was a finalist at San-in Guitar Competition. Soon after graduated Doshisha University she started to play the lute,and have learned lute & lute songs with Kenji Sano, Mamiko Hirai, Takashi Tsunoda, Paul O'dette, and Evangelina Mascardi. Tomoko played with many singers and various kind of instrument players like viol, traverso, flute even with sitar, nyckellharpa players, and attended recording projects. Tomoko gave lectures about lute and lute songs. She is also a member of music band for children. Been into Moomin stories for quater a century.... 【奏者】小出智子 リュート 14歳でクラシックギターを始める。 高校在学中、GLC学生ギターコンクール2位、山陰ギターコンクール入選。同志社大学英文学科卒業後、会社員生活を経て、リュートを始める。これまでにリュート、リュートソングを佐野健二氏、平井満美子氏、つのだたかし氏、Paul O'dette, Evangelina Mascardi氏らに学ぶ。ソロ、通奏低音、伴奏、民族楽器との共演や、録音への参加など、関西を中心にジャンルを問わず幅広く活動中。NHK大阪文化センター「リュートでうたうイギリスはやりうた」リュート伴奏担当。リュート演奏、リュートソングの指導やレクチャーなども行っている。(龍谷大学REC講座など)。ムーミンファン歴四半世紀超 ● HP: http://koidelute.jp ● Facebook: https://www.facebook.com/koidelute ● Instagram:@koidetomoko

Sermisy Tant que vivray : RSA002 

  • 550 / レンタル ( 30 日 )
  • 550 / ダウンロード

■Togetter: 「Tant que vivray」考 https://togetter.com/li/1519258 【Tuning】a=415Hz 【Instruction】 ・Level: Beginner / 初級者向け ・Tempo: Slower-Normal / テンポ:ゆっくりめ〜ノーマル 【Score】http://ks4.imslp.info/files/imglnks/usimg/c/ce/IMSLP274790-PMLP446272-attaingnant_37_chansons_completo.pdf 【Message】 ルネサンスのシャンソンの定番! スぺリウス声部は歌でも器楽でも演奏可能です。是非、色々な方法で試してみて下さい。 リュートは、1コーラス目は四声ヴァージョンの下3声を忠実に弾き、2コーラス目はアテニャンが出版したリュート用伴奏譜のアレンジを尊重して演奏しています。 シンプルなだけに、ディミニューションを施す「ネタ元」としても最適です。(実際に16世紀中の作例が残っています) 【Accompanist】 Ryosuke Sakamoto, Lute / Viola da gamba RYOSUKE SAKAMOTO was born in Nara (Japan). At the age of three, he first became interested in early music performance under the influence of his parents. In 2007, the year of his graduation at Tokyo University (bachelor degree on Aesthetics), he released his first solo CD ‘Travels with my Lute’ from Musica Rediviva (MRCD-013). This recording got a praised commentary on the CD magazine “Gramophone”, in November 2011. Ryosuke moved to Switzerland in 2008 and studied lute and various plucked instruments at Schola Cantorum Basiliensis in Basel, with prof. Hopkinson Smith. He continued further studies with prof. Crawford Young (medieval lute) and Anne Smith (performance practice on renaissance music) there, and graduated in 2013, with Master degree of specialized music performance. As a solo lutenist, Ryosuke won the first prize plus audience prize at the competition “III Consorso Maurizio Pratla” in L’Aquila (Italy). Already then, he was invited to make recitals by several lute societies in UK, Germany, Austria, and France. He is a member of “Delight in Disorder”, “The Queen’s Revels” as a principal lutenist. In 2012 he set up “Ensemble Il bell’humore”, which specializes in renaissance music. In 2017 he got the first prize at International Biber competition, as a member of “Concerto Ripiglino”. He appears numerous music festivals in Europe including “Festival Oude Muziek “ in Utrecht, “York Early Music Festival“, “Rezonanzen Wien, “Tage Alter Musik Regensburg” ,“Music in old Krakow Festival”, etc. His latest solo CD ‘Polyphony & Diminution’ was released from Musica Rediviva (MRCD-022) in 2016. 【奏者】坂本龍右 リュート、ヴィオラ ・ダ・ガンバ 東京大学文学部 (美学芸術学専修課程) 卒業後、バーゼル市立音楽院(バーゼル・スコラカントルム)に留学。ホプキンソン・スミス氏及びクロフォード・ヤング氏にリュートを、ランダル・クック氏にヴィオラ・ダ・ガンバを、アン・スミス氏にルネサンス音楽理論を、イェスパー・クリステンセン氏に通奏低音を師事し、2013年に修了。その後同校にて公式伴奏者として勤務。2013年、ラクィラの国際古楽コンクールにおけるリュート・ソロ部門で第1位及び聴衆賞。2017年、国際ビーバーコンクールにおけるアンサンブル部門第1位。ヨーロッパ各地の古楽祭やリュート協会主催の演奏会にソリストとして招聘される。録音にリュート・ソロによる「Travels with my Lute」「Polyphony & Diminution」ほか多数。2017年、有志で通奏低音組合「コンティヌオ・ギルド」を立ち上げ、演奏とアウトリーチの両面で活動を開始。 ● Web:http://ryosukesakamoto.com/ ● Facebook : https://www.facebook.com/ryosuke.sakamoto.58 ● Twitter : @contra2nd

Purcell Fairest Isle (in G major) :AUA007 

  • 550 / レンタル ( 30 日 )
  • 550 / ダウンロード

*注意:G major に移調しているので始まりの音はB(シ)の音です。 動画内に歌詞表示あり。 【ピッチ】415Hz 【参考情報】 ・中級者向け ・テンポ:ノーマル ・前奏(プレリュード)あり 【メッセージ】 パーセルの音楽劇『アーサー王』の中の一曲で、その第5幕で「最も美しき島」(=ブリテン島)とヴィーナスによって歌われます。1698 年に出版されたパーセルの人気曲や傑作を集めたOrpheus Britanicus にも収録されており、現代でもとても人気の曲です。 シンプルで覚えやすいメロディで歌詞もわかりやすいので初学者の方に歌って楽しんでいただけるほか、まだ扱いのなれていない楽器の練習などにも最適だと思います(音域は1オクターブ内に収まります)。 原曲はB-flat majorなのですが、よくG majorでも歌われるので今回はG majorで録音しました。前奏のあと私の呼吸とともに歌い始めてください。 【楽譜】 Orpheus Britanicus Book 1(こちらの83ページ): https://imslp.simssa.ca/files/imglnks/usimg/8/85/IMSLP238658-PMLP130876-purcell_orpheus_britannicus1_1698.pdf G major に移調されているモダン譜(こちらの40ページ): https://ks.imslp.net/files/imglnks/usimg/2/2f/IMSLP218070-SIBLEY1802.20988.5ce9-39087009848609score.pdf  【奏者】上田朝子 Asako Ueda, lute/theorbo/baroque guitar/renaissance guitar 東京生まれ東京育ち。5歳より桐朋学園子どものための音楽教室にてヴァイオリンを始める。桐朋女子高等学校音楽科を経て桐朋学園大学音楽学部ヴァイオリン専攻卒業、同大学研究科作曲専攻修了。リュート/テオルボ/バロック・ギターを金子浩、バロック・ヴァイオリンを寺神戸亮、戸田薫の各氏に師事。 古楽アンサンブル「コントラポント」、古楽アンサンブル「プティ・ヴィオロン」、古楽アンサンブル「La Musica Collana」、「アンサンブル室町」、「サリクス・カンマーコア」「IJ SPACE」「Maarten Engeltjes & PRJCT Amsterdam」メンバー。「Sponte sua」をトラヴェルソ奏者のパブロ・ソーサと共に設立。 オランダ、ハーグ王立音楽院リュート科ではリュート及びテオルボ、バロック・ギターなど歴史的撥弦楽器をマイク・フェントロス、ヨアヒム・ヘルトの各氏に、バロック・ヴァイオリンをエンリコ・ガッティに師事。リュート学部最終試験では満点、古楽科首席として卒業。同音楽院より学費満額免除の奨学金を得て、現在修士課程にてさらなる研鑽を積む。 2018年、ビアージョ・マリーニ古楽室内楽コンクール(ドイツ、ノイブルク)第1位受賞。同年、ファン・ヴァセナール古楽室内楽コンクール(オランダ、ユトレヒト)第3位受賞。MA古楽フェスティバル(ベルギー、ブルージュ)、ユトレヒト古楽祭(オランダ)、バッハ・アカデミー・ブルージュ(ベルギー)などで演奏を行う。 通奏低音、アンサンブル奏者としてだけでなく、ソロイストとしても活躍。2016年には自身の初のリュート/テオルボ・ソロリサイタルを開催、2019年5月にはオランダリュート協会でテオルボソロリサイタル、同年6月にはオランダ、「お城の日」フェスティバルでルネサンス・リュートソロコンサートを行う。同年11月、アムステルダム・コンセルトヘボウでの演奏会ではソロ演奏について「楽譜から完全に離れて音楽と完全に一体となった、説得力のある演奏」と高く評価された。 2019年にclavesよりリリースされたアルバム、IJ SPACE “Mancini 6 Recorder Sonatas” 、2020年にSonyよりリリースされたPRJCT Amsterdam "Nicht Mehr hier"の録音に参加。 ● Web: https://asakoueda.com ● Instagram:@uedaasako

Caccini Amarilli, mia bella : TUA001 

  • 550 / レンタル ( 30 日 )
  • 550 / ダウンロード

【Tuning】a=415Hz, Temperament: 1/4 meantone 1/4ミーントーン 【Instrunction】 ・Listen to the two-bar long prelude, then start singing with the accompanist's cue. 【備考】 有名なカッチーニの「新音楽(1602)」の中でも特に歌われる機会の多いベストナンバーです。「イタリア歌曲集」でこの曲を知った人も多いのではないでしょうか。1/4ミーントーンに調律されたイタリアン・チェンバロを使い、出版当時に近い響きでの伴奏をお届けします。2小節の前奏のあとに、奏者の合図に合わせてお入りください。 【Accompanist】Tsuyoshi Uwaha, harpsichord Tsuyoshi Uwaha, born 1988 in Japan, is a keyboardist specializing in early music. His principal instrument is the harpsichord; however, he is also experienced in organ and clavichord. After studying piano in Japan, he obtained a bachelor's diploma in harpsichord from the Conservatorium van Amsterdam with Prof. Menno van Delft and Prof. Kris Verhelst. He was chosen as 1 of the 5 finalists in the 1st International Harpsichord Competition in Milan. He also won the 3rd prize and the continuo player's prize at the 4th International Competition "Premio Selìfa" as a member of the ensemble "Il Pettirosso," 2nd prize at the 8th International Early Music Competition "Maurizio Pretola" as a member of the ensemble "Trio Tre Gusti." After 3 years study as a scholarship student at the Civica Scuola di Musica “Claudio Abbado” in Milan with Prof. Lorenzo Ghielmi, he continues his career in Japan from 2019. He also pursues studies in the art of tuning and temperament as well as keyboard maintenance. 【奏者】上羽剛史 チェンバロ 「イタリア帰りのチェンバリスト。音楽教室「Studio nel Bosco」主宰です」 名古屋市出身。愛知県立明和高校音楽科、桐朋学園大学、アムステルダム音楽院を経て、2018年にミラノ市立音楽院チェンバロ専攻を褒賞付最優等の成績を得て卒業。在学中は奨学生として音楽院の公式伴奏員をつとめた。  これまでにオルガンと室内楽をロレンツォ・ギエルミ、チェンバロとクラヴィコードを渡邊順生、メンノ・ファン・デルフト、マウリツィオ・クローチ、通奏低音をクリス・フェルヘルストの各氏に師事。ヨーロッパ各地でラ・ディヴィナ・アルモニア、イ・ポメリッジ・ムジカーリなどのアンサンブルと共演。アンサンブル「il Merlo」結成メンバー。ソロ奏者としてはミラノ古楽音楽祭「アルテ・ムジカ・ミラノ」にてJ.S.バッハ「インヴェンションとシンフォニア」のリサイタルを行い好評を博したほか、オルガニストとしてもミラノを中心に数多くの演奏会を行っている。また、古典鍵盤楽器による四手連弾やオブリガート・チェンバロなど18世紀後半のアンサンブル・レパートリーには特に力を入れており、ヨーロッパ・日本双方でのリサイタルを経験している。  第1回ミラノ国際チェンバロコンクール入選。第4回「プレミオ・セリーファ」国際古楽室内楽コンクール・第3位および通奏低音奏者賞。第8回「マウリツィオ・プラートラ」国際古楽室内楽コンクール・第2位。2019年夏に完全帰国し、日本での演奏活動を本格的に再開している。 ● HP: https://uwaharpsichord.wixsite.com/tsuyoshi-uwaha

Dowland If my complaints : TKA008 

  • 550 / レンタル ( 30 日 )
  • 550 / ダウンロード

【Pitch】a=440Hz 【Instruction】 ・Level: Beginner-Intermediate / 初級・中級者向け ・Tuning time included / 音出しあり 【Accompanist】Tomoko Koide, lute Tomoko Koide, she started to play the guitar at the age of fourteen. Won 2nd prize at G.L.C. Student Guitar Competition, was a finalist at San-in Guitar Competition. Soon after graduated Doshisha University she started to play the lute,and have learned lute & lute songs with Kenji Sano, Mamiko Hirai, Takashi Tsunoda, Paul O'dette, and Evangelina Mascardi. Tomoko played with many singers and various kind of instrument players like viol, traverso, flute even with sitar, nyckellharpa players, and attended recording projects. Tomoko gave lectures about lute and lute songs. She is also a member of music band for children. Been into Moomin stories for quater a century.... 【メッセージ】 リュートソングを歌ったことがある方でも、リュートパートだけを聴く機会は少ないかもしれません。リュートソングでは、歌とリュートが主従の関係ではなく、対等か、あるいはリュートが主、と言えるかもしれません。歌う人は多声音楽の1パートを担っているだけで、リュートがその1パート以外のすべてのパートを担っているのです。歌う方がリュートという楽器の特性を少しでも理解し、リュートソングを更に楽しむための一助になればと思っています。 【奏者】小出智子 リュート 14歳でクラシックギターを始める。 高校在学中、GLC学生ギターコンクール2位、山陰ギターコンクール入選。同志社大学英文学科卒業後、会社員生活を経て、リュートを始める。これまでにリュート、リュートソングを佐野健二氏、平井満美子氏、つのだたかし氏、Paul O'dette, Evangelina Mascardi氏らに学ぶ。ソロ、通奏低音、伴奏、民族楽器との共演や、録音への参加など、関西を中心にジャンルを問わず幅広く活動中。NHK大阪文化センター「リュートでうたうイギリスはやりうた」リュート伴奏担当。リュート演奏、リュートソングの指導やレクチャーなども行っている。(龍谷大学REC講座など)。ムーミンファン歴四半世紀超 ● Webサイト: http://koidelute.jp ● Facebook: https://www.facebook.com/koidelute ● Instagram:@koidetomoko

Dowland Flow my tears:TKA007 

  • 550 / レンタル ( 30 日 )
  • 550 / ダウンロード

【Pitch】a=440Hz 【Instruction】 ・Lebel: Beginner-Intermediate / 初級・中級者向け ・Tuning time included / 音出しあり 【Accompanist】Tomoko Koide, lute Tomoko Koide, she started to play the guitar at the age of fourteen. Won 2nd prize at G.L.C. Student Guitar Competition, was a finalist at San-in Guitar Competition. Soon after graduated Doshisha University she started to play the lute,and have learned lute & lute songs with Kenji Sano, Mamiko Hirai, Takashi Tsunoda, Paul O'dette, and Evangelina Mascardi. Tomoko played with many singers and various kind of instrument players like viol, traverso, flute even with sitar, nyckellharpa players, and attended recording projects. Tomoko gave lectures about lute and lute songs. She is also a member of music band for children. Been into Moomin stories for quater a century.... 【Message】 リュートソングを歌ったことがある方でも、リュートパートだけを聴く機会は少ないかもしれません。リュートソングでは、歌とリュートが主従の関係ではなく、対等か、あるいはリュートが主、と言えるかもしれません。歌う人は多声音楽の1パートを担っているだけで、リュートがその1パート以外のすべてのパートを担っているのです。歌う方がリュートという楽器の特性を少しでも理解し、リュートソングを更に楽しむための一助になればと思っています。 【奏者】小出智子 リュート 14歳でクラシックギターを始める。 高校在学中、GLC学生ギターコンクール2位、山陰ギターコンクール入選。同志社大学英文学科卒業後、会社員生活を経て、リュートを始める。これまでにリュート、リュートソングを佐野健二氏、平井満美子氏、つのだたかし氏、Paul O'dette, Evangelina Mascardi氏らに学ぶ。ソロ、通奏低音、伴奏、民族楽器との共演や、録音への参加など、関西を中心にジャンルを問わず幅広く活動中。NHK大阪文化センター「リュートでうたうイギリスはやりうた」リュート伴奏担当。リュート演奏、リュートソングの指導やレクチャーなども行っている。(龍谷大学REC講座など)。ムーミンファン歴四半世紀超 ● Webサイト: http://koidelute.jp ● Facebook: https://www.facebook.com/koidelute ● Instagram:@koidetomoko

Dowland Come again:TKA003 

  • 550 / レンタル ( 30 日 )
  • 550 / ダウンロード

【Tuning】a=440Hz 【Instruction】 ・Lebel: Beginner-Intermediate / 初級・中級者向け ・Tuning time included / 音出しあり 【Accompanist】Tomoko Koide, lute Tomoko Koide, she started to play the guitar at the age of fourteen. Won 2nd prize at G.L.C. Student Guitar Competition, was a finalist at San-in Guitar Competition. Soon after graduated Doshisha University she started to play the lute,and have learned lute & lute songs with Kenji Sano, Mamiko Hirai, Takashi Tsunoda, Paul O'dette, and Evangelina Mascardi. Tomoko played with many singers and various kind of instrument players like viol, traverso, flute even with sitar, nyckellharpa players, and attended recording projects. Tomoko gave lectures about lute and lute songs. She is also a member of music band for children. Been into Moomin stories for quater a century.... 【メッセージ】 リュートソングを歌ったことがある方でも、リュートパートだけを聴く機会は少ないかもしれません。リュートソングでは、歌とリュートが主従の関係ではなく、対等か、あるいはリュートが主、と言えるかもしれません。歌う人は多声音楽の1パートを担っているだけで、リュートがその1パート以外のすべてのパートを担っているのです。歌う方がリュートという楽器の特性を少しでも理解し、リュートソングを更に楽しむための一助になればと思っています。 【奏者】小出智子 リュート 14歳でクラシックギターを始める。 高校在学中、GLC学生ギターコンクール2位、山陰ギターコンクール入選。同志社大学英文学科卒業後、会社員生活を経て、リュートを始める。これまでにリュート、リュートソングを佐野健二氏、平井満美子氏、つのだたかし氏、Paul O'dette, Evangelina Mascardi氏らに学ぶ。ソロ、通奏低音、伴奏、民族楽器との共演や、録音への参加など、関西を中心にジャンルを問わず幅広く活動中。NHK大阪文化センター「リュートでうたうイギリスはやりうた」リュート伴奏担当。リュート演奏、リュートソングの指導やレクチャーなども行っている。(龍谷大学REC講座など)。ムーミンファン歴四半世紀超 ● Webサイト: http://koidelute.jp ● Facebook: https://www.facebook.com/koidelute ● Instagram:@koidetomoko

Dowland Can she excuse my wrongs:TKA001 

  • 550 / レンタル ( 30 日 )
  • 550 / ダウンロード

【Pitch】a=440Hz 【Instruction】 ・Lebel: Beginner-Intermediate / 初級・中級者向け ・Tuning time included / 音出しあり 【Accompanist】Tomoko Koide, lute Tomoko Koide, she started to play the guitar at the age of fourteen. Won 2nd prize at G.L.C. Student Guitar Competition, was a finalist at San-in Guitar Competition. Soon after graduated Doshisha University she started to play the lute,and have learned lute & lute songs with Kenji Sano, Mamiko Hirai, Takashi Tsunoda, Paul O'dette, and Evangelina Mascardi. Tomoko played with many singers and various kind of instrument players like viol, traverso, flute even with sitar, nyckellharpa players, and attended recording projects. Tomoko gave lectures about lute and lute songs. She is also a member of music band for children. Been into Moomin stories for quater a century.... 【メッセージ】 リュートソングを歌ったことがある方でも、リュートパートだけを聴く機会は少ないかもしれません。リュートソングでは、歌とリュートが主従の関係ではなく、対等か、あるいはリュートが主、と言えるかもしれません。歌う人は多声音楽の1パートを担っているだけで、リュートがその1パート以外のすべてのパートを担っているのです。歌う方がリュートという楽器の特性を少しでも理解し、リュートソングを更に楽しむための一助になればと思っています。 【奏者】小出智子 リュート 14歳でクラシックギターを始める。 高校在学中、GLC学生ギターコンクール2位、山陰ギターコンクール入選。同志社大学英文学科卒業後、会社員生活を経て、リュートを始める。これまでにリュート、リュートソングを佐野健二氏、平井満美子氏、つのだたかし氏、Paul O'dette, Evangelina Mascardi氏らに学ぶ。ソロ、通奏低音、伴奏、民族楽器との共演や、録音への参加など、関西を中心にジャンルを問わず幅広く活動中。NHK大阪文化センター「リュートでうたうイギリスはやりうた」リュート伴奏担当。リュート演奏、リュートソングの指導やレクチャーなども行っている。(龍谷大学REC講座など)。ムーミンファン歴四半世紀超 ● Webサイト: http://koidelute.jp ● Facebook: https://www.facebook.com/koidelute ● Instagram:@koidetomoko

Dowland Now, o now, I needs must part:TKA002 

  • 550 / レンタル ( 30 日 )
  • 550 / ダウンロード

【Tuning】a=440Hz 【Instruction】 ・Lebel: Beginner-Intermediate / 初級・中級者向け ・Tuning time included / 音出しあり 【Accompanist】Tomoko Koide, lute Tomoko Koide, she started to play the guitar at the age of fourteen. Won 2nd prize at G.L.C. Student Guitar Competition, was a finalist at San-in Guitar Competition. Soon after graduated Doshisha University she started to play the lute,and have learned lute & lute songs with Kenji Sano, Mamiko Hirai, Takashi Tsunoda, Paul O'dette, and Evangelina Mascardi. Tomoko played with many singers and various kind of instrument players like viol, traverso, flute even with sitar, nyckellharpa players, and attended recording projects. Tomoko gave lectures about lute and lute songs. She is also a member of music band for children. Been into Moomin stories for quater a century.... 【メッセージ】 リュートソングを歌ったことがある方でも、リュートパートだけを聴く機会は少ないかもしれません。リュートソングでは、歌とリュートが主従の関係ではなく、対等か、あるいはリュートが主、と言えるかもしれません。歌う人は多声音楽の1パートを担っているだけで、リュートがその1パート以外のすべてのパートを担っているのです。歌う方がリュートという楽器の特性を少しでも理解し、リュートソングを更に楽しむための一助になればと思っています。 【奏者】小出智子 リュート 14歳でクラシックギターを始める。 高校在学中、GLC学生ギターコンクール2位、山陰ギターコンクール入選。同志社大学英文学科卒業後、会社員生活を経て、リュートを始める。これまでにリュート、リュートソングを佐野健二氏、平井満美子氏、つのだたかし氏、Paul O'dette, Evangelina Mascardi氏らに学ぶ。ソロ、通奏低音、伴奏、民族楽器との共演や、録音への参加など、関西を中心にジャンルを問わず幅広く活動中。NHK大阪文化センター「リュートでうたうイギリスはやりうた」リュート伴奏担当。リュート演奏、リュートソングの指導やレクチャーなども行っている。(龍谷大学REC講座など)。ムーミンファン歴四半世紀超 ● Webサイト: http://koidelute.jp ● Facebook: https://www.facebook.com/koidelute ● Instagram:@koidetomoko

Dowland Go crystal tears:TKA004 

  • 550 / レンタル ( 30 日 )
  • 550 / ダウンロード

【Tuning】a=440Hz 【Instruction】 ・Lebel: Beginner-Intermediate / 初級・中級者向け ・Tuning time included / 音出しあり 【Accompanist】Tomoko Koide, lute Tomoko Koide, she started to play the guitar at the age of fourteen. Won 2nd prize at G.L.C. Student Guitar Competition, was a finalist at San-in Guitar Competition. Soon after graduated Doshisha University she started to play the lute,and have learned lute & lute songs with Kenji Sano, Mamiko Hirai, Takashi Tsunoda, Paul O'dette, and Evangelina Mascardi. Tomoko played with many singers and various kind of instrument players like viol, traverso, flute even with sitar, nyckellharpa players, and attended recording projects. Tomoko gave lectures about lute and lute songs. She is also a member of music band for children. Been into Moomin stories for quater a century.... 【メッセージ】 リュートソングを歌ったことがある方でも、リュートパートだけを聴く機会は少ないかもしれません。リュートソングでは、歌とリュートが主従の関係ではなく、対等か、あるいはリュートが主、と言えるかもしれません。歌う人は多声音楽の1パートを担っているだけで、リュートがその1パート以外のすべてのパートを担っているのです。歌う方がリュートという楽器の特性を少しでも理解し、リュートソングを更に楽しむための一助になればと思っています。 【奏者】小出智子 リュート 14歳でクラシックギターを始める。 高校在学中、GLC学生ギターコンクール2位、山陰ギターコンクール入選。同志社大学英文学科卒業後、会社員生活を経て、リュートを始める。これまでにリュート、リュートソングを佐野健二氏、平井満美子氏、つのだたかし氏、Paul O'dette, Evangelina Mascardi氏らに学ぶ。ソロ、通奏低音、伴奏、民族楽器との共演や、録音への参加など、関西を中心にジャンルを問わず幅広く活動中。NHK大阪文化センター「リュートでうたうイギリスはやりうた」リュート伴奏担当。リュート演奏、リュートソングの指導やレクチャーなども行っている。(龍谷大学REC講座など)。ムーミンファン歴四半世紀超 ● Webサイト: http://koidelute.jp ● Facebook: https://www.facebook.com/koidelute ● Instagram:@koidetomoko

Dowland Wilt thou, unkind, thus reave me:TKA006 

  • 550 / レンタル ( 30 日 )
  • 550 / ダウンロード

【Tuning】a=440Hz 【Instruction】 ・Lebel: Beginner-Intermediate / 初級・中級者向け ・Tuning time included / 音出しあり 【Accompanist】Tomoko Koide, lute Tomoko Koide, she started to play the guitar at the age of fourteen. Won 2nd prize at G.L.C. Student Guitar Competition, was a finalist at San-in Guitar Competition. Soon after graduated Doshisha University she started to play the lute,and have learned lute & lute songs with Kenji Sano, Mamiko Hirai, Takashi Tsunoda, Paul O'dette, and Evangelina Mascardi. Tomoko played with many singers and various kind of instrument players like viol, traverso, flute even with sitar, nyckellharpa players, and attended recording projects. Tomoko gave lectures about lute and lute songs. She is also a member of music band for children. Been into Moomin stories for quater a century.... 【メッセージ】 リュートソングを歌ったことがある方でも、リュートパートだけを聴く機会は少ないかもしれません。リュートソングでは、歌とリュートが主従の関係ではなく、対等か、あるいはリュートが主、と言えるかもしれません。歌う人は多声音楽の1パートを担っているだけで、リュートがその1パート以外のすべてのパートを担っているのです。歌う方がリュートという楽器の特性を少しでも理解し、リュートソングを更に楽しむための一助になればと思っています。 【奏者】小出智子 リュート 14歳でクラシックギターを始める。 高校在学中、GLC学生ギターコンクール2位、山陰ギターコンクール入選。同志社大学英文学科卒業後、会社員生活を経て、リュートを始める。これまでにリュート、リュートソングを佐野健二氏、平井満美子氏、つのだたかし氏、Paul O'dette, Evangelina Mascardi氏らに学ぶ。ソロ、通奏低音、伴奏、民族楽器との共演や、録音への参加など、関西を中心にジャンルを問わず幅広く活動中。NHK大阪文化センター「リュートでうたうイギリスはやりうた」リュート伴奏担当。リュート演奏、リュートソングの指導やレクチャーなども行っている。(龍谷大学REC講座など)。ムーミンファン歴四半世紀超 ● Webサイト: http://koidelute.jp ● Facebook: https://www.facebook.com/koidelute ● Instagram:@koidetomoko

Dowland Come away, come sweet love:TKA005 

  • 550 / レンタル ( 30 日 )
  • 550 / ダウンロード

【Tuning】a=440Hz 【Instruction】 ・Lebel: Beginner-Intermediate / 初級・中級者向け 【Accompanist】Tomoko Koide, lute Tomoko Koide, she started to play the guitar at the age of fourteen. Won 2nd prize at G.L.C. Student Guitar Competition, was a finalist at San-in Guitar Competition. Soon after graduated Doshisha University she started to play the lute,and have learned lute & lute songs with Kenji Sano, Mamiko Hirai, Takashi Tsunoda, Paul O'dette, and Evangelina Mascardi. Tomoko played with many singers and various kind of instrument players like viol, traverso, flute even with sitar, nyckellharpa players, and attended recording projects. Tomoko gave lectures about lute and lute songs. She is also a member of music band for children. Been into Moomin stories for quater a century.... 【メッセージ】 リュートソングを歌ったことがある方でも、リュートパートだけを聴く機会は少ないかもしれません。リュートソングでは、歌とリュートが主従の関係ではなく、対等か、あるいはリュートが主、と言えるかもしれません。歌う人は多声音楽の1パートを担っているだけで、リュートがその1パート以外のすべてのパートを担っているのです。歌う方がリュートという楽器の特性を少しでも理解し、リュートソングを更に楽しむための一助になればと思っています。 【奏者】小出智子 リュート 14歳でクラシックギターを始める。 高校在学中、GLC学生ギターコンクール2位、山陰ギターコンクール入選。同志社大学英文学科卒業後、会社員生活を経て、リュートを始める。これまでにリュート、リュートソングを佐野健二氏、平井満美子氏、つのだたかし氏、Paul O'dette, Evangelina Mascardi氏らに学ぶ。ソロ、通奏低音、伴奏、民族楽器との共演や、録音への参加など、関西を中心にジャンルを問わず幅広く活動中。NHK大阪文化センター「リュートでうたうイギリスはやりうた」リュート伴奏担当。リュート演奏、リュートソングの指導やレクチャーなども行っている。(龍谷大学REC講座など)。ムーミンファン歴四半世紀超 ● Webサイト: http://koidelute.jp ● Facebook: https://www.facebook.com/koidelute ● Instagram:@koidetomoko

   お問合せやリクエストはこちら     close