Japanese  /  English 日本語  /  English

Robert Carr Divisions upon an Italian Ground:AUA004

Smart Accompanist

【Tuning】415Hz

【Instruction】
・Level: beginner/intermediate / 初級・中級者向け
・Tempo: a bit slow / テンポ:ゆっくりめ

Played in a bit slow tempo, with relatively steady tacts. Please come in the theorbo's eight-bar introduction. If you use the original score, don't forget repeating the first theme one last time, preferably with your own arrangement!
少しゆっくりめ、テンポは固定めに弾いています。テオルボの前奏8小節のあとに入ってください。モダン譜をお使いの方はそのままで大丈夫ですが、オリジナルの楽譜をお使いの方は最後まで行ったあとテーマを最後に一度吹いて終わりましょう(もちろん様々なアレンジが可能です!)。

【Score】
Modern:https://imslp.org/wiki/Divisions_upon_an_Italian_Ground_(Carr%2C_Robert)
Original:https://imslp.org/wiki/The_Delightful_Companion_(Playford,_John)

【Accompanist】Asako Ueda, historical plucked instrument player
The Japanese lutenist Asako Ueda is based in the Netherlands. She has played in many European countries, including Germany, Spain, France, Italy and Iceland, as well as Japan and Taiwan. She plays several different instruments: various types of Renaissance lute, vihuela, theorbo, Renaissance and Baroque guitars and Baroque violin and viola. She established herself not only as an ensemble player but also as a prominent soloist, giving solo recitals on theorbo at the Luitdag of the Dutch Lute Society (NL), and on the Renaissance lute at the Dag van het Kasteel (NL). Rudolf Hunnik wrote of her performance with Maarten Engeltjes at the Concertgebouw in Amsterdam: “The moment when Ueda played “Toccata Arpeggiata” [by Kapsberger] was beautiful. One could see it happen: the theorbo player completely detached herself from the score and became one with the music, which thus sounded compelling.”She won first prize at the Biagio Marini Competition (DE) and third prize at the International Van Wassenaer Competition (NL), both times with Ensemble IJ SPACE.She studied the lute at the Royal Conservatory of The Hague with Mike Fentross and Joachim Held and completed her Bachelor, graduating with the highest achievable mark (10). She has been granted the Excellence Scholarship of the Royal Conservatory of the Hague, allowing her to continue to the Master’s program.Her first instrument was the violin, which she started when she was five years old. After finishing her Bachelor’s degree in violin in Tokyo, she continued at the same college to study the Baroque violin and composition.

【奏者】上田朝子 Asako Ueda, lute/theorbo/baroque guitar/renaissance guitar
東京生まれ東京育ち。5歳より桐朋学園子どものための音楽教室にてヴァイオリンを始める。桐朋女子高等学校音楽科を経て桐朋学園大学音楽学部ヴァイオリン専攻卒業、同大学研究科作曲専攻修了。リュート/テオルボ/バロック・ギターを金子浩、バロック・ヴァイオリンを寺神戸亮、戸田薫の各氏に師事。
古楽アンサンブル「コントラポント」、古楽アンサンブル「プティ・ヴィオロン」、古楽アンサンブル「La Musica Collana」、「アンサンブル室町」、「サリクス・カンマーコア」「IJ SPACE」「Maarten Engeltjes & PRJCT Amsterdam」メンバー。「Sponte sua」をトラヴェルソ奏者のパブロ・ソーサと共に設立。
オランダ、ハーグ王立音楽院リュート科ではリュート及びテオルボ、バロック・ギターなど歴史的撥弦楽器をマイク・フェントロス、ヨアヒム・ヘルトの各氏に、バロック・ヴァイオリンをエンリコ・ガッティに師事。リュート学部最終試験では満点、古楽科首席として卒業。同音楽院より学費満額免除の奨学金を得て、現在修士課程にてさらなる研鑽を積む。
2018年、ビアージョ・マリーニ古楽室内楽コンクール(ドイツ、ノイブルク)第1位受賞。同年、ファン・ヴァセナール古楽室内楽コンクール(オランダ、ユトレヒト)第3位受賞。MA古楽フェスティバル(ベルギー、ブルージュ)、ユトレヒト古楽祭(オランダ)、バッハ・アカデミー・ブルージュ(ベルギー)などで演奏を行う。
通奏低音、アンサンブル奏者としてだけでなく、ソロイストとしても活躍。2016年には自身の初のリュート/テオルボ・ソロリサイタルを開催、2019年5月にはオランダリュート協会でテオルボソロリサイタル、同年6月にはオランダ、「お城の日」フェスティバルでルネサンス・リュートソロコンサートを行う。同年11月、アムステルダム・コンセルトヘボウでの演奏会ではソロ演奏について「楽譜から完全に離れて音楽と完全に一体となった、説得力のある演奏」と高く評価された。
2019年にclavesよりリリースされたアルバム、IJ SPACE “Mancini 6 Recorder Sonatas” 、2020年にSonyよりリリースされたPRJCT Amsterdam "Nicht Mehr hier"の録音に参加。

● Web: https://asakoueda.com
● Instagram:@uedaasako
● Youtube: https://www.youtube.com/channel/UC4gqQtlfFpwH6Pttq0blkGw

レンタル( 30 日 )
¥ 550
ダウンロード (503MB)
¥ 550
購入方法の詳細はこちら
購入方法の詳細はこちら

ショップ管理者に質問やメッセージを送ってみよう。

※ メッセージに返信がある場合はCOMMUNITYに公開されます

メッセージを送る

メッセージを送る

動画管理者に支援してみませんか

  • 0
  • 100
  • 300
  • 500
  • 1,000
ショップからの返答がない場合もありますのでご了承ください。
管理者が悪質と判断したコメントを繰り返すユーザーに対しては、アクセスブロック等の処置を取らせて頂きます。
メッセージに返事がある場合はCOMMUNITYに公開されます。
   お問合せやリクエストはこちら     close