Japanese  /  English 日本語  /  English

Dowland Come again:TKA003 

  • 550 / レンタル ( 30 日 )
  • 550 / ダウンロード

【Tuning】a=440Hz 【Instruction】 ・Lebel: Beginner-Intermediate / 初級・中級者向け ・Tuning time included / 音出しあり 【Accompanist】Tomoko Koide, lute Tomoko Koide, she started to play the guitar at the age of fourteen. Won 2nd prize at G.L.C. Student Guitar Competition, was a finalist at San-in Guitar Competition. Soon after graduated Doshisha University she started to play the lute,and have learned lute & lute songs with Kenji Sano, Mamiko Hirai, Takashi Tsunoda, Paul O'dette, and Evangelina Mascardi. Tomoko played with many singers and various kind of instrument players like viol, traverso, flute even with sitar, nyckellharpa players, and attended recording projects. Tomoko gave lectures about lute and lute songs. She is also a member of music band for children. Been into Moomin stories for quater a century.... 【メッセージ】 リュートソングを歌ったことがある方でも、リュートパートだけを聴く機会は少ないかもしれません。リュートソングでは、歌とリュートが主従の関係ではなく、対等か、あるいはリュートが主、と言えるかもしれません。歌う人は多声音楽の1パートを担っているだけで、リュートがその1パート以外のすべてのパートを担っているのです。歌う方がリュートという楽器の特性を少しでも理解し、リュートソングを更に楽しむための一助になればと思っています。 【奏者】小出智子 リュート 14歳でクラシックギターを始める。 高校在学中、GLC学生ギターコンクール2位、山陰ギターコンクール入選。同志社大学英文学科卒業後、会社員生活を経て、リュートを始める。これまでにリュート、リュートソングを佐野健二氏、平井満美子氏、つのだたかし氏、Paul O'dette, Evangelina Mascardi氏らに学ぶ。ソロ、通奏低音、伴奏、民族楽器との共演や、録音への参加など、関西を中心にジャンルを問わず幅広く活動中。NHK大阪文化センター「リュートでうたうイギリスはやりうた」リュート伴奏担当。リュート演奏、リュートソングの指導やレクチャーなども行っている。(龍谷大学REC講座など)。ムーミンファン歴四半世紀超 ● Webサイト: http://koidelute.jp ● Facebook: https://www.facebook.com/koidelute ● Instagram:@koidetomoko

(ーSoprano) Palestrina Sitivit anima mea:GSA008 

  • 550 / レンタル ( 30 日 )
  • 550 / ダウンロード

"Minus-one" for Soprano: ※本コンテンツは「ソプラノ用」マイナスワンです 【Tuning】a=440Hz 【Instruction】 ・Level: Beginner-Intermediate / 初級・中級者向け ・Tempo: Normal / テンポ:ノーマル 【Score】https://ks.imslp.net/files/imglnks/usimg/7/7a/IMSLP27044-PMLP33511-palestrina-sicut-cervus.pdf 【Accompanist】Ensemble Salicus Aya Kaburaki, soprano Yasunari Tomimoto, alto Ken'ichiro Watanabe, tenor Genki Sakurai, bass 【奏者】アンサンブル・サリクス Salicus Kammerchorから生まれた声楽アンサンブル。グレゴリオ聖歌を主なレパートリーとする。10世紀頃に書かれた「古ネウマ」を手がかりに、グレゴリオ聖歌の歌唱法を模索している。  特に特殊ネウマ(装飾ネウマ)と呼ばれる、クィリスマ、オリスクス関連ネウマ、トリゴン、アポストロファの演奏法については、微分音にも着目し、グレゴリオ聖歌における装飾的な演奏法を追求している。 ● HP: https://www.salicuskammerchor.com/ ● Facebook: https://www.facebook.com/salicus.kammerchor/ ● Twitter: @Salicus_kc ● Instagram:@salicuskammerchor

(ーAlto) Palestrina Sitivit anima mea:GSA007 

  • 550 / レンタル ( 30 日 )
  • 550 / ダウンロード

This is "music minus-one" for Alto: ※本コンテンツは「アルト」用マイナスワンです 【Tuning】a=440Hz 【Instruction】 ・Level: Beginner-Intermediate / 初級・中級者向け ・Tempo: Normal / テンポ:ノーマル 【Score】https://ks.imslp.net/files/imglnks/usimg/7/7a/IMSLP27044-PMLP33511-palestrina-sicut-cervus.pdf 【Accompanist】Ensemble Salicus Aya Kaburaki, soprano Yasunari Tomimoto, alto Ken'ichiro Watanabe, tenor Genki Sakurai, bass 【奏者】アンサンブル・サリクス Salicus Kammerchorから生まれた声楽アンサンブル。グレゴリオ聖歌を主なレパートリーとする。10世紀頃に書かれた「古ネウマ」を手がかりに、グレゴリオ聖歌の歌唱法を模索している。  特に特殊ネウマ(装飾ネウマ)と呼ばれる、クィリスマ、オリスクス関連ネウマ、トリゴン、アポストロファの演奏法については、微分音にも着目し、グレゴリオ聖歌における装飾的な演奏法を追求している。 ● HP: https://www.salicuskammerchor.com/ ● Facebook: https://www.facebook.com/salicus.kammerchor/ ● Twitter: @Salicus_kc ● Instagram:@salicuskammerchor

(ーTenor) Palestrina Sitivit anima mea:GSA006 

  • 550 / レンタル ( 30 日 )
  • 550 / ダウンロード

This is "music minus-one" for Tenor: ※本コンテンツは「テノール用」マイナスワンです 【Tuning】a=440Hz 【Instruction】 ・Level: Beginner-Intermediate / 初級・中級者向け ・Tempo: Normal / テンポ:ノーマル 【Score】https://ks.imslp.net/files/imglnks/usimg/7/7a/IMSLP27044-PMLP33511-palestrina-sicut-cervus.pdf 【Accompanist】Ensemble Salicus Aya Kaburaki, soprano Yasunari Tomimoto, alto Ken'ichiro Watanabe, tenor Genki Sakurai, bass 【奏者】アンサンブル・サリクス Salicus Kammerchorから生まれた声楽アンサンブル。グレゴリオ聖歌を主なレパートリーとする。10世紀頃に書かれた「古ネウマ」を手がかりに、グレゴリオ聖歌の歌唱法を模索している。  特に特殊ネウマ(装飾ネウマ)と呼ばれる、クィリスマ、オリスクス関連ネウマ、トリゴン、アポストロファの演奏法については、微分音にも着目し、グレゴリオ聖歌における装飾的な演奏法を追求している。 ● HP: https://www.salicuskammerchor.com/ ● Facebook: https://www.facebook.com/salicus.kammerchor/ ● Twitter: @Salicus_kc ● Instagram:@salicuskammerchor

(ーBass) Palestrina Sitivit anima mea:GSA005 

  • 550 / レンタル ( 30 日 )
  • 550 / ダウンロード

This is "music minus-one" for Bass: ※本コンテンツは「バス」用マイナスワンです 【Tuning】a=440Hz 【Instruction】 ・Level: Beginner-Intermediate / 初級・中級者向け ・Tempo: Normal / テンポ:ノーマル 【Score】https://ks.imslp.net/files/imglnks/usimg/7/7a/IMSLP27044-PMLP33511-palestrina-sicut-cervus.pdf 【Accompanist】Ensemble Salicus Aya Kaburaki, soprano Yasunari Tomimoto, alto Ken'ichiro Watanabe, tenor Genki Sakurai, bass 【奏者】アンサンブル・サリクス Salicus Kammerchorから生まれた声楽アンサンブル。グレゴリオ聖歌を主なレパートリーとする。10世紀頃に書かれた「古ネウマ」を手がかりに、グレゴリオ聖歌の歌唱法を模索している。  特に特殊ネウマ(装飾ネウマ)と呼ばれる、クィリスマ、オリスクス関連ネウマ、トリゴン、アポストロファの演奏法については、微分音にも着目し、グレゴリオ聖歌における装飾的な演奏法を追求している。 ● HP: https://www.salicuskammerchor.com/ ● Facebook: https://www.facebook.com/salicus.kammerchor/ ● Twitter: @Salicus_kc ● Instagram:@salicuskammerchor

J.S. Bach BWV1031 Siciliano g-moll:MYA001 

  • 550 / レンタル ( 30 日 )
  • 550 / ダウンロード

【Tuning】415Hz 【Instruction】 ・Level: Beginner-Intermediate / 初級・中級者向け ・Tempo: Normal / テンポ:ノーマル 【Score】 http://conquest.imslp.info/files/imglnks/usimg/a/ae/IMSLP02240-Bach_-_BGA_-_BWV1031.pdf 【Accompanist】Mikina Yamashita, harpsichord Mikina Yamashita, born in 1989 in Japan, studied the harpsichord, organ and fortepiano at Tokyo University of the Arts and Conservatorium van Amsterdam. Amongst her professors were Naoya Otsuka, Asami Hirosawa, Menno van Delft, Miklos Spanyi and Kris Verhelst. During her studies Mikina Yamashita was participating as a choir member and also a keyboard continuo player in the students’ orchestra named Bach Kantaten Club, from 2013 to 2020. In Netherland, Mikina Yamashita performed at the Utrecht Early Music Festival 2017, and she joined many concerts as a member of Sweelinck Baroque Orchestra of the conservatory. She is currently doing her master second year, and working as a teaching assistant at the university in Tokyo. 【奏者】山下実季奈 チェンバロ 東京藝術大学音楽学部器楽科チェンバロ専攻を卒業。在学中、および卒業時に、安宅賞、アカンサス音楽賞受賞。2017年よりアムステルダム音楽院の古楽プログラムに参加し研鑽を積む。チェンバロ、通奏低音、即興演奏をこれまでに大塚直哉、廣澤麻美、M.v.デルフト、K.フェアヘルスト、M.シュパーニの各氏に師事。2017年ユトレヒト古楽祭にてフリンジコンサートに出演。現在、東京藝術大学大学院修士課程2年に在学し、ティーチングアシスタントを務める。バッハカンタータクラブOG。(公財) AFS留学帰国生。 ● HP: https://mikinyan.weebly.com/little-solistes9825-12524124831247312531.html ● Facebook: https://www.facebook.com/mikina.j.yamashita ● Twitter: @merrymint1011 ● Instagram:@mikina_harpsichord

Hotteterre op.2-3 Allemande (La Cascade de St. Cloud) in G-dur:AUA002 

  • 550 / レンタル ( 30 日 )
  • 550 / ダウンロード

【Tuning】415Hz 【Instruction】 ・Level: beginner / 初級者向け ・Tempo: a bit faster / テンポ:速め 【Message】 旋律楽器からスタートする曲です。私が3,4とカウントするので次の1拍目の少し前、アウフタクトから入ってください。繰り返し時にも同じことが起こるので注意してバスがいなくても吹き続けてくださいね! 噴水や滝から水が流れる様子を思い浮かべて演奏してみましょう。爽やかなのに、たまにびっくりするような不協和音があって面白い曲です。通奏低音の和音にも耳を傾けてみてください。 【Accompanist】Asako Ueda, historical plucked instrument player The Japanese lutenist Asako Ueda is based in the Netherlands. She has played in many European countries, including Germany, Spain, France, Italy and Iceland, as well as Japan and Taiwan. She plays several different instruments: various types of Renaissance lute, vihuela, theorbo, Renaissance and Baroque guitars and Baroque violin and viola. She established herself not only as an ensemble player but also as a prominent soloist, giving solo recitals on theorbo at the Luitdag of the Dutch Lute Society (NL), and on the Renaissance lute at the Dag van het Kasteel (NL). Rudolf Hunnik wrote of her performance with Maarten Engeltjes at the Concertgebouw in Amsterdam: “The moment when Ueda played “Toccata Arpeggiata” [by Kapsberger] was beautiful. One could see it happen: the theorbo player completely detached herself from the score and became one with the music, which thus sounded compelling.”She won first prize at the Biagio Marini Competition (DE) and third prize at the International Van Wassenaer Competition (NL), both times with Ensemble IJ SPACE.She studied the lute at the Royal Conservatory of The Hague with Mike Fentross and Joachim Held and completed her Bachelor, graduating with the highest achievable mark (10). She has been granted the Excellence Scholarship of the Royal Conservatory of the Hague, allowing her to continue to the Master’s program.Her first instrument was the violin, which she started when she was five years old. After finishing her Bachelor’s degree in violin in Tokyo, she continued at the same college to study the Baroque violin and composition. 【奏者】上田朝子 Asako Ueda, lute/theorbo/baroque guitar/renaissance guitar 東京生まれ東京育ち。5歳より桐朋学園子どものための音楽教室にてヴァイオリンを始める。桐朋女子高等学校音楽科を経て桐朋学園大学音楽学部ヴァイオリン専攻卒業、同大学研究科作曲専攻修了。リュート/テオルボ/バロック・ギターを金子浩、バロック・ヴァイオリンを寺神戸亮、戸田薫の各氏に師事。 古楽アンサンブル「コントラポント」、古楽アンサンブル「プティ・ヴィオロン」、古楽アンサンブル「La Musica Collana」、「アンサンブル室町」、「サリクス・カンマーコア」「IJ SPACE」「Maarten Engeltjes & PRJCT Amsterdam」メンバー。「Sponte sua」をトラヴェルソ奏者のパブロ・ソーサと共に設立。 オランダ、ハーグ王立音楽院リュート科ではリュート及びテオルボ、バロック・ギターなど歴史的撥弦楽器をマイク・フェントロス、ヨアヒム・ヘルトの各氏に、バロック・ヴァイオリンをエンリコ・ガッティに師事。リュート学部最終試験では満点、古楽科首席として卒業。同音楽院より学費満額免除の奨学金を得て、現在修士課程にてさらなる研鑽を積む。 2018年、ビアージョ・マリーニ古楽室内楽コンクール(ドイツ、ノイブルク)第1位受賞。同年、ファン・ヴァセナール古楽室内楽コンクール(オランダ、ユトレヒト)第3位受賞。MA古楽フェスティバル(ベルギー、ブルージュ)、ユトレヒト古楽祭(オランダ)、バッハ・アカデミー・ブルージュ(ベルギー)などで演奏を行う。 通奏低音、アンサンブル奏者としてだけでなく、ソロイストとしても活躍。2016年には自身の初のリュート/テオルボ・ソロリサイタルを開催、2019年5月にはオランダリュート協会でテオルボソロリサイタル、同年6月にはオランダ、「お城の日」フェスティバルでルネサンス・リュートソロコンサートを行う。同年11月、アムステルダム・コンセルトヘボウでの演奏会ではソロ演奏について「楽譜から完全に離れて音楽と完全に一体となった、説得力のある演奏」と高く評価された。 2019年にclavesよりリリースされたアルバム、IJ SPACE “Mancini 6 Recorder Sonatas” 、2020年にSonyよりリリースされたPRJCT Amsterdam "Nicht Mehr hier"の録音に参加。 ● Web: https://asakoueda.com ● Instagram:@uedaasako ● Youtube: https://www.youtube.com/channel/UC4gqQtlfFpwH6Pttq0blkGw

Hotteterre op.2-3 Rondeau (Le Plaintif) in G-dur:AUA003 

  • 550 / レンタル ( 30 日 )
  • 550 / ダウンロード

【Tuning】415Hz 【Instruction】 ・Level: Intermediate-advanced / 中・上級者向け 【Message】 Tried to play relatively flexible tempo. (Thus "for Intermediate-advanced player") Every time the rondeau comes back, listen carefully the first two beats of the bass part played ahead of you. Sometimes I took the beats longer... sorry if its difficult to play! テンポをかなり自由めにしてみました(そのため中・上級者向けとさせていただきました)。ロンドーのテーマが戻るとき毎回バスの2拍目が先に出ます。少し時間をとっているところもあるので注意です!吹きにくかったらごめんなさい。。 【Accompanist】Asako Ueda, historical plucked instrument player The Japanese lutenist Asako Ueda is based in the Netherlands. She has played in many European countries, including Germany, Spain, France, Italy and Iceland, as well as Japan and Taiwan. She plays several different instruments: various types of Renaissance lute, vihuela, theorbo, Renaissance and Baroque guitars and Baroque violin and viola. She established herself not only as an ensemble player but also as a prominent soloist, giving solo recitals on theorbo at the Luitdag of the Dutch Lute Society (NL), and on the Renaissance lute at the Dag van het Kasteel (NL). Rudolf Hunnik wrote of her performance with Maarten Engeltjes at the Concertgebouw in Amsterdam: “The moment when Ueda played “Toccata Arpeggiata” [by Kapsberger] was beautiful. One could see it happen: the theorbo player completely detached herself from the score and became one with the music, which thus sounded compelling.”She won first prize at the Biagio Marini Competition (DE) and third prize at the International Van Wassenaer Competition (NL), both times with Ensemble IJ SPACE.She studied the lute at the Royal Conservatory of The Hague with Mike Fentross and Joachim Held and completed her Bachelor, graduating with the highest achievable mark (10). She has been granted the Excellence Scholarship of the Royal Conservatory of the Hague, allowing her to continue to the Master’s program.Her first instrument was the violin, which she started when she was five years old. After finishing her Bachelor’s degree in violin in Tokyo, she continued at the same college to study the Baroque violin and composition. 【奏者】上田朝子 Asako Ueda, lute/theorbo/baroque guitar/renaissance guitar 東京生まれ東京育ち。5歳より桐朋学園子どものための音楽教室にてヴァイオリンを始める。桐朋女子高等学校音楽科を経て桐朋学園大学音楽学部ヴァイオリン専攻卒業、同大学研究科作曲専攻修了。リュート/テオルボ/バロック・ギターを金子浩、バロック・ヴァイオリンを寺神戸亮、戸田薫の各氏に師事。 古楽アンサンブル「コントラポント」、古楽アンサンブル「プティ・ヴィオロン」、古楽アンサンブル「La Musica Collana」、「アンサンブル室町」、「サリクス・カンマーコア」「IJ SPACE」「Maarten Engeltjes & PRJCT Amsterdam」メンバー。「Sponte sua」をトラヴェルソ奏者のパブロ・ソーサと共に設立。 オランダ、ハーグ王立音楽院リュート科ではリュート及びテオルボ、バロック・ギターなど歴史的撥弦楽器をマイク・フェントロス、ヨアヒム・ヘルトの各氏に、バロック・ヴァイオリンをエンリコ・ガッティに師事。リュート学部最終試験では満点、古楽科首席として卒業。同音楽院より学費満額免除の奨学金を得て、現在修士課程にてさらなる研鑽を積む。 2018年、ビアージョ・マリーニ古楽室内楽コンクール(ドイツ、ノイブルク)第1位受賞。同年、ファン・ヴァセナール古楽室内楽コンクール(オランダ、ユトレヒト)第3位受賞。MA古楽フェスティバル(ベルギー、ブルージュ)、ユトレヒト古楽祭(オランダ)、バッハ・アカデミー・ブルージュ(ベルギー)などで演奏を行う。 通奏低音、アンサンブル奏者としてだけでなく、ソロイストとしても活躍。2016年には自身の初のリュート/テオルボ・ソロリサイタルを開催、2019年5月にはオランダリュート協会でテオルボソロリサイタル、同年6月にはオランダ、「お城の日」フェスティバルでルネサンス・リュートソロコンサートを行う。同年11月、アムステルダム・コンセルトヘボウでの演奏会ではソロ演奏について「楽譜から完全に離れて音楽と完全に一体となった、説得力のある演奏」と高く評価された。 2019年にclavesよりリリースされたアルバム、IJ SPACE “Mancini 6 Recorder Sonatas” 、2020年にSonyよりリリースされたPRJCT Amsterdam "Nicht Mehr hier"の録音に参加。 ● Web: https://asakoueda.com ● Instagram:@uedaasako ● Youtube: https://www.youtube.com/channel/UC4gqQtlfFpwH6Pttq0blkGw

Dowland Can she excuse my wrongs:TKA001 

  • 550 / レンタル ( 30 日 )
  • 550 / ダウンロード

【Tuning】a=440Hz 【Instruction】 ・Lebel: Beginner-Intermediate / 初級・中級者向け ・Tuning time included / 音出しあり 【Accompanist】Tomoko Koide, lute Tomoko Koide, she started to play the guitar at the age of fourteen. Won 2nd prize at G.L.C. Student Guitar Competition, was a finalist at San-in Guitar Competition. Soon after graduated Doshisha University she started to play the lute,and have learned lute & lute songs with Kenji Sano, Mamiko Hirai, Takashi Tsunoda, Paul O'dette, and Evangelina Mascardi. Tomoko played with many singers and various kind of instrument players like viol, traverso, flute even with sitar, nyckellharpa players, and attended recording projects. Tomoko gave lectures about lute and lute songs. She is also a member of music band for children. Been into Moomin stories for quater a century.... 【メッセージ】 リュートソングを歌ったことがある方でも、リュートパートだけを聴く機会は少ないかもしれません。リュートソングでは、歌とリュートが主従の関係ではなく、対等か、あるいはリュートが主、と言えるかもしれません。歌う人は多声音楽の1パートを担っているだけで、リュートがその1パート以外のすべてのパートを担っているのです。歌う方がリュートという楽器の特性を少しでも理解し、リュートソングを更に楽しむための一助になればと思っています。 【奏者】小出智子 リュート 14歳でクラシックギターを始める。 高校在学中、GLC学生ギターコンクール2位、山陰ギターコンクール入選。同志社大学英文学科卒業後、会社員生活を経て、リュートを始める。これまでにリュート、リュートソングを佐野健二氏、平井満美子氏、つのだたかし氏、Paul O'dette, Evangelina Mascardi氏らに学ぶ。ソロ、通奏低音、伴奏、民族楽器との共演や、録音への参加など、関西を中心にジャンルを問わず幅広く活動中。NHK大阪文化センター「リュートでうたうイギリスはやりうた」リュート伴奏担当。リュート演奏、リュートソングの指導やレクチャーなども行っている。(龍谷大学REC講座など)。ムーミンファン歴四半世紀超 ● Webサイト: http://koidelute.jp ● Facebook: https://www.facebook.com/koidelute ● Instagram:@koidetomoko

Dowland Now, o now, I needs must part:TKA002 

  • 550 / レンタル ( 30 日 )
  • 550 / ダウンロード

【Tuning】a=440Hz 【Instruction】 ・Lebel: Beginner-Intermediate / 初級・中級者向け ・Tuning time included / 音出しあり 【Accompanist】Tomoko Koide, lute Tomoko Koide, she started to play the guitar at the age of fourteen. Won 2nd prize at G.L.C. Student Guitar Competition, was a finalist at San-in Guitar Competition. Soon after graduated Doshisha University she started to play the lute,and have learned lute & lute songs with Kenji Sano, Mamiko Hirai, Takashi Tsunoda, Paul O'dette, and Evangelina Mascardi. Tomoko played with many singers and various kind of instrument players like viol, traverso, flute even with sitar, nyckellharpa players, and attended recording projects. Tomoko gave lectures about lute and lute songs. She is also a member of music band for children. Been into Moomin stories for quater a century.... 【メッセージ】 リュートソングを歌ったことがある方でも、リュートパートだけを聴く機会は少ないかもしれません。リュートソングでは、歌とリュートが主従の関係ではなく、対等か、あるいはリュートが主、と言えるかもしれません。歌う人は多声音楽の1パートを担っているだけで、リュートがその1パート以外のすべてのパートを担っているのです。歌う方がリュートという楽器の特性を少しでも理解し、リュートソングを更に楽しむための一助になればと思っています。 【奏者】小出智子 リュート 14歳でクラシックギターを始める。 高校在学中、GLC学生ギターコンクール2位、山陰ギターコンクール入選。同志社大学英文学科卒業後、会社員生活を経て、リュートを始める。これまでにリュート、リュートソングを佐野健二氏、平井満美子氏、つのだたかし氏、Paul O'dette, Evangelina Mascardi氏らに学ぶ。ソロ、通奏低音、伴奏、民族楽器との共演や、録音への参加など、関西を中心にジャンルを問わず幅広く活動中。NHK大阪文化センター「リュートでうたうイギリスはやりうた」リュート伴奏担当。リュート演奏、リュートソングの指導やレクチャーなども行っている。(龍谷大学REC講座など)。ムーミンファン歴四半世紀超 ● Webサイト: http://koidelute.jp ● Facebook: https://www.facebook.com/koidelute ● Instagram:@koidetomoko

Robert Carr Divisions upon an Italian Ground:AUA004 

  • 550 / レンタル ( 30 日 )
  • 550 / ダウンロード

【Tuning】415Hz 【Instruction】 ・Level: beginner/intermediate / 初級・中級者向け ・Tempo: a bit slow / テンポ:ゆっくりめ Played in a bit slow tempo, with relatively steady tacts. Please come in the theorbo's eight-bar introduction. If you use the original score, don't forget repeating the first theme one last time, preferably with your own arrangement! 少しゆっくりめ、テンポは固定めに弾いています。テオルボの前奏8小節のあとに入ってください。モダン譜をお使いの方はそのままで大丈夫ですが、オリジナルの楽譜をお使いの方は最後まで行ったあとテーマを最後に一度吹いて終わりましょう(もちろん様々なアレンジが可能です!)。 【Score】 Modern:https://imslp.org/wiki/Divisions_upon_an_Italian_Ground_(Carr%2C_Robert) Original:https://imslp.org/wiki/The_Delightful_Companion_(Playford,_John) 【Accompanist】Asako Ueda, historical plucked instrument player The Japanese lutenist Asako Ueda is based in the Netherlands. She has played in many European countries, including Germany, Spain, France, Italy and Iceland, as well as Japan and Taiwan. She plays several different instruments: various types of Renaissance lute, vihuela, theorbo, Renaissance and Baroque guitars and Baroque violin and viola. She established herself not only as an ensemble player but also as a prominent soloist, giving solo recitals on theorbo at the Luitdag of the Dutch Lute Society (NL), and on the Renaissance lute at the Dag van het Kasteel (NL). Rudolf Hunnik wrote of her performance with Maarten Engeltjes at the Concertgebouw in Amsterdam: “The moment when Ueda played “Toccata Arpeggiata” [by Kapsberger] was beautiful. One could see it happen: the theorbo player completely detached herself from the score and became one with the music, which thus sounded compelling.”She won first prize at the Biagio Marini Competition (DE) and third prize at the International Van Wassenaer Competition (NL), both times with Ensemble IJ SPACE.She studied the lute at the Royal Conservatory of The Hague with Mike Fentross and Joachim Held and completed her Bachelor, graduating with the highest achievable mark (10). She has been granted the Excellence Scholarship of the Royal Conservatory of the Hague, allowing her to continue to the Master’s program.Her first instrument was the violin, which she started when she was five years old. After finishing her Bachelor’s degree in violin in Tokyo, she continued at the same college to study the Baroque violin and composition. 【奏者】上田朝子 Asako Ueda, lute/theorbo/baroque guitar/renaissance guitar 東京生まれ東京育ち。5歳より桐朋学園子どものための音楽教室にてヴァイオリンを始める。桐朋女子高等学校音楽科を経て桐朋学園大学音楽学部ヴァイオリン専攻卒業、同大学研究科作曲専攻修了。リュート/テオルボ/バロック・ギターを金子浩、バロック・ヴァイオリンを寺神戸亮、戸田薫の各氏に師事。 古楽アンサンブル「コントラポント」、古楽アンサンブル「プティ・ヴィオロン」、古楽アンサンブル「La Musica Collana」、「アンサンブル室町」、「サリクス・カンマーコア」「IJ SPACE」「Maarten Engeltjes & PRJCT Amsterdam」メンバー。「Sponte sua」をトラヴェルソ奏者のパブロ・ソーサと共に設立。 オランダ、ハーグ王立音楽院リュート科ではリュート及びテオルボ、バロック・ギターなど歴史的撥弦楽器をマイク・フェントロス、ヨアヒム・ヘルトの各氏に、バロック・ヴァイオリンをエンリコ・ガッティに師事。リュート学部最終試験では満点、古楽科首席として卒業。同音楽院より学費満額免除の奨学金を得て、現在修士課程にてさらなる研鑽を積む。 2018年、ビアージョ・マリーニ古楽室内楽コンクール(ドイツ、ノイブルク)第1位受賞。同年、ファン・ヴァセナール古楽室内楽コンクール(オランダ、ユトレヒト)第3位受賞。MA古楽フェスティバル(ベルギー、ブルージュ)、ユトレヒト古楽祭(オランダ)、バッハ・アカデミー・ブルージュ(ベルギー)などで演奏を行う。 通奏低音、アンサンブル奏者としてだけでなく、ソロイストとしても活躍。2016年には自身の初のリュート/テオルボ・ソロリサイタルを開催、2019年5月にはオランダリュート協会でテオルボソロリサイタル、同年6月にはオランダ、「お城の日」フェスティバルでルネサンス・リュートソロコンサートを行う。同年11月、アムステルダム・コンセルトヘボウでの演奏会ではソロ演奏について「楽譜から完全に離れて音楽と完全に一体となった、説得力のある演奏」と高く評価された。 2019年にclavesよりリリースされたアルバム、IJ SPACE “Mancini 6 Recorder Sonatas” 、2020年にSonyよりリリースされたPRJCT Amsterdam "Nicht Mehr hier"の録音に参加。 ● Web: https://asakoueda.com ● Instagram:@uedaasako ● Youtube: https://www.youtube.com/channel/UC4gqQtlfFpwH6Pttq0blkGw

Dowland Go crystal tears:TKA004 

  • 550 / レンタル ( 30 日 )
  • 550 / ダウンロード

【Tuning】a=440Hz 【Instruction】 ・Lebel: Beginner-Intermediate / 初級・中級者向け ・Tuning time included / 音出しあり 【Accompanist】Tomoko Koide, lute Tomoko Koide, she started to play the guitar at the age of fourteen. Won 2nd prize at G.L.C. Student Guitar Competition, was a finalist at San-in Guitar Competition. Soon after graduated Doshisha University she started to play the lute,and have learned lute & lute songs with Kenji Sano, Mamiko Hirai, Takashi Tsunoda, Paul O'dette, and Evangelina Mascardi. Tomoko played with many singers and various kind of instrument players like viol, traverso, flute even with sitar, nyckellharpa players, and attended recording projects. Tomoko gave lectures about lute and lute songs. She is also a member of music band for children. Been into Moomin stories for quater a century.... 【メッセージ】 リュートソングを歌ったことがある方でも、リュートパートだけを聴く機会は少ないかもしれません。リュートソングでは、歌とリュートが主従の関係ではなく、対等か、あるいはリュートが主、と言えるかもしれません。歌う人は多声音楽の1パートを担っているだけで、リュートがその1パート以外のすべてのパートを担っているのです。歌う方がリュートという楽器の特性を少しでも理解し、リュートソングを更に楽しむための一助になればと思っています。 【奏者】小出智子 リュート 14歳でクラシックギターを始める。 高校在学中、GLC学生ギターコンクール2位、山陰ギターコンクール入選。同志社大学英文学科卒業後、会社員生活を経て、リュートを始める。これまでにリュート、リュートソングを佐野健二氏、平井満美子氏、つのだたかし氏、Paul O'dette, Evangelina Mascardi氏らに学ぶ。ソロ、通奏低音、伴奏、民族楽器との共演や、録音への参加など、関西を中心にジャンルを問わず幅広く活動中。NHK大阪文化センター「リュートでうたうイギリスはやりうた」リュート伴奏担当。リュート演奏、リュートソングの指導やレクチャーなども行っている。(龍谷大学REC講座など)。ムーミンファン歴四半世紀超 ● Webサイト: http://koidelute.jp ● Facebook: https://www.facebook.com/koidelute ● Instagram:@koidetomoko

Dowland Wilt thou, unkind, thus reave me:TKA006 

  • 550 / レンタル ( 30 日 )
  • 550 / ダウンロード

【Tuning】a=440Hz 【Instruction】 ・Lebel: Beginner-Intermediate / 初級・中級者向け ・Tuning time included / 音出しあり 【Accompanist】Tomoko Koide, lute Tomoko Koide, she started to play the guitar at the age of fourteen. Won 2nd prize at G.L.C. Student Guitar Competition, was a finalist at San-in Guitar Competition. Soon after graduated Doshisha University she started to play the lute,and have learned lute & lute songs with Kenji Sano, Mamiko Hirai, Takashi Tsunoda, Paul O'dette, and Evangelina Mascardi. Tomoko played with many singers and various kind of instrument players like viol, traverso, flute even with sitar, nyckellharpa players, and attended recording projects. Tomoko gave lectures about lute and lute songs. She is also a member of music band for children. Been into Moomin stories for quater a century.... 【メッセージ】 リュートソングを歌ったことがある方でも、リュートパートだけを聴く機会は少ないかもしれません。リュートソングでは、歌とリュートが主従の関係ではなく、対等か、あるいはリュートが主、と言えるかもしれません。歌う人は多声音楽の1パートを担っているだけで、リュートがその1パート以外のすべてのパートを担っているのです。歌う方がリュートという楽器の特性を少しでも理解し、リュートソングを更に楽しむための一助になればと思っています。 【奏者】小出智子 リュート 14歳でクラシックギターを始める。 高校在学中、GLC学生ギターコンクール2位、山陰ギターコンクール入選。同志社大学英文学科卒業後、会社員生活を経て、リュートを始める。これまでにリュート、リュートソングを佐野健二氏、平井満美子氏、つのだたかし氏、Paul O'dette, Evangelina Mascardi氏らに学ぶ。ソロ、通奏低音、伴奏、民族楽器との共演や、録音への参加など、関西を中心にジャンルを問わず幅広く活動中。NHK大阪文化センター「リュートでうたうイギリスはやりうた」リュート伴奏担当。リュート演奏、リュートソングの指導やレクチャーなども行っている。(龍谷大学REC講座など)。ムーミンファン歴四半世紀超 ● Webサイト: http://koidelute.jp ● Facebook: https://www.facebook.com/koidelute ● Instagram:@koidetomoko

Dowland Come away, come sweet love:TKA005 

  • 550 / レンタル ( 30 日 )
  • 550 / ダウンロード

【Tuning】a=440Hz 【Instruction】 ・Lebel: Beginner-Intermediate / 初級・中級者向け 【Accompanist】Tomoko Koide, lute Tomoko Koide, she started to play the guitar at the age of fourteen. Won 2nd prize at G.L.C. Student Guitar Competition, was a finalist at San-in Guitar Competition. Soon after graduated Doshisha University she started to play the lute,and have learned lute & lute songs with Kenji Sano, Mamiko Hirai, Takashi Tsunoda, Paul O'dette, and Evangelina Mascardi. Tomoko played with many singers and various kind of instrument players like viol, traverso, flute even with sitar, nyckellharpa players, and attended recording projects. Tomoko gave lectures about lute and lute songs. She is also a member of music band for children. Been into Moomin stories for quater a century.... 【メッセージ】 リュートソングを歌ったことがある方でも、リュートパートだけを聴く機会は少ないかもしれません。リュートソングでは、歌とリュートが主従の関係ではなく、対等か、あるいはリュートが主、と言えるかもしれません。歌う人は多声音楽の1パートを担っているだけで、リュートがその1パート以外のすべてのパートを担っているのです。歌う方がリュートという楽器の特性を少しでも理解し、リュートソングを更に楽しむための一助になればと思っています。 【奏者】小出智子 リュート 14歳でクラシックギターを始める。 高校在学中、GLC学生ギターコンクール2位、山陰ギターコンクール入選。同志社大学英文学科卒業後、会社員生活を経て、リュートを始める。これまでにリュート、リュートソングを佐野健二氏、平井満美子氏、つのだたかし氏、Paul O'dette, Evangelina Mascardi氏らに学ぶ。ソロ、通奏低音、伴奏、民族楽器との共演や、録音への参加など、関西を中心にジャンルを問わず幅広く活動中。NHK大阪文化センター「リュートでうたうイギリスはやりうた」リュート伴奏担当。リュート演奏、リュートソングの指導やレクチャーなども行っている。(龍谷大学REC講座など)。ムーミンファン歴四半世紀超 ● Webサイト: http://koidelute.jp ● Facebook: https://www.facebook.com/koidelute ● Instagram:@koidetomoko

Diego Ortiz Recercada segunda sobre tenores Italianos:AUA005 

  • 550 / レンタル ( 30 日 )
  • 550 / ダウンロード

【Tuning】415Hz 【Instruction】 ・Level: beginner/intermediate / 初級・中級者向け ・Tempo: a bit slow / テンポ:ゆっくりめ Played in a bit slow tempo, with relatively steady tacts. Please come in the guitar's eight-bar introduction. 少しゆっくりめ、テンポは固定めに弾いています。ギターの前奏8小節のあとに入ってください。 【Accompanist】Asako Ueda, historical plucked instrument player The Japanese lutenist Asako Ueda is based in the Netherlands. She has played in many European countries, including Germany, Spain, France, Italy and Iceland, as well as Japan and Taiwan. She plays several different instruments: various types of Renaissance lute, vihuela, theorbo, Renaissance and Baroque guitars and Baroque violin and viola. She established herself not only as an ensemble player but also as a prominent soloist, giving solo recitals on theorbo at the Luitdag of the Dutch Lute Society (NL), and on the Renaissance lute at the Dag van het Kasteel (NL). Rudolf Hunnik wrote of her performance with Maarten Engeltjes at the Concertgebouw in Amsterdam: “The moment when Ueda played “Toccata Arpeggiata” [by Kapsberger] was beautiful. One could see it happen: the theorbo player completely detached herself from the score and became one with the music, which thus sounded compelling.”She won first prize at the Biagio Marini Competition (DE) and third prize at the International Van Wassenaer Competition (NL), both times with Ensemble IJ SPACE.She studied the lute at the Royal Conservatory of The Hague with Mike Fentross and Joachim Held and completed her Bachelor, graduating with the highest achievable mark (10). She has been granted the Excellence Scholarship of the Royal Conservatory of the Hague, allowing her to continue to the Master’s program.Her first instrument was the violin, which she started when she was five years old. After finishing her Bachelor’s degree in violin in Tokyo, she continued at the same college to study the Baroque violin and composition. 【奏者】上田朝子 Asako Ueda, lute/theorbo/baroque guitar/renaissance guitar 東京生まれ東京育ち。5歳より桐朋学園子どものための音楽教室にてヴァイオリンを始める。桐朋女子高等学校音楽科を経て桐朋学園大学音楽学部ヴァイオリン専攻卒業、同大学研究科作曲専攻修了。リュート/テオルボ/バロック・ギターを金子浩、バロック・ヴァイオリンを寺神戸亮、戸田薫の各氏に師事。 古楽アンサンブル「コントラポント」、古楽アンサンブル「プティ・ヴィオロン」、古楽アンサンブル「La Musica Collana」、「アンサンブル室町」、「サリクス・カンマーコア」「IJ SPACE」「Maarten Engeltjes & PRJCT Amsterdam」メンバー。「Sponte sua」をトラヴェルソ奏者のパブロ・ソーサと共に設立。 オランダ、ハーグ王立音楽院リュート科ではリュート及びテオルボ、バロック・ギターなど歴史的撥弦楽器をマイク・フェントロス、ヨアヒム・ヘルトの各氏に、バロック・ヴァイオリンをエンリコ・ガッティに師事。リュート学部最終試験では満点、古楽科首席として卒業。同音楽院より学費満額免除の奨学金を得て、現在修士課程にてさらなる研鑽を積む。 2018年、ビアージョ・マリーニ古楽室内楽コンクール(ドイツ、ノイブルク)第1位受賞。同年、ファン・ヴァセナール古楽室内楽コンクール(オランダ、ユトレヒト)第3位受賞。MA古楽フェスティバル(ベルギー、ブルージュ)、ユトレヒト古楽祭(オランダ)、バッハ・アカデミー・ブルージュ(ベルギー)などで演奏を行う。 通奏低音、アンサンブル奏者としてだけでなく、ソロイストとしても活躍。2016年には自身の初のリュート/テオルボ・ソロリサイタルを開催、2019年5月にはオランダリュート協会でテオルボソロリサイタル、同年6月にはオランダ、「お城の日」フェスティバルでルネサンス・リュートソロコンサートを行う。同年11月、アムステルダム・コンセルトヘボウでの演奏会ではソロ演奏について「楽譜から完全に離れて音楽と完全に一体となった、説得力のある演奏」と高く評価された。 2019年にclavesよりリリースされたアルバム、IJ SPACE “Mancini 6 Recorder Sonatas” 、2020年にSonyよりリリースされたPRJCT Amsterdam "Nicht Mehr hier"の録音に参加。 ● Web: https://asakoueda.com ● Instagram:@uedaasako ● Youtube: https://www.youtube.com/channel/UC4gqQtlfFpwH6Pttq0blkGw

Sample: Hotteterre / op.2-3, Rondeau (Le Plaintif):AUA001 

  • 無料

【Tuning】a=415Hz 【Score】https://imslp.org/wiki/Pièces_pour_la_flûte_traversiere%2C_Op.2_(Hotteterre%2C_Jacques) 【Accompanist】Asako Ueda, historical plucked instrument player The Japanese lutenist Asako Ueda is based in the Netherlands. She has played in many European countries, including Germany, Spain, France, Italy and Iceland, as well as Japan and Taiwan. She plays several different instruments: various types of Renaissance lute, vihuela, theorbo, Renaissance and Baroque guitars and Baroque violin and viola. She established herself not only as an ensemble player but also as a prominent soloist, giving solo recitals on theorbo at the Luitdag of the Dutch Lute Society (NL), and on the Renaissance lute at the Dag van het Kasteel (NL). Rudolf Hunnik wrote of her performance with Maarten Engeltjes at the Concertgebouw in Amsterdam: “The moment when Ueda played “Toccata Arpeggiata” [by Kapsberger] was beautiful. One could see it happen: the theorbo player completely detached herself from the score and became one with the music, which thus sounded compelling.”She won first prize at the Biagio Marini Competition (DE) and third prize at the International Van Wassenaer Competition (NL), both times with Ensemble IJ SPACE.She studied the lute at the Royal Conservatory of The Hague with Mike Fentross and Joachim Held and completed her Bachelor, graduating with the highest achievable mark (10). She has been granted the Excellence Scholarship of the Royal Conservatory of the Hague, allowing her to continue to the Master’s program.Her first instrument was the violin, which she started when she was five years old. After finishing her Bachelor’s degree in violin in Tokyo, she continued at the same college to study the Baroque violin and composition. 【奏者】上田朝子 Asako Ueda, lute/theorbo/baroque guitar/renaissance guitar 東京生まれ東京育ち。5歳より桐朋学園子どものための音楽教室にてヴァイオリンを始める。桐朋女子高等学校音楽科を経て桐朋学園大学音楽学部ヴァイオリン専攻卒業、同大学研究科作曲専攻修了。リュート/テオルボ/バロック・ギターを金子浩、バロック・ヴァイオリンを寺神戸亮、戸田薫の各氏に師事。 古楽アンサンブル「コントラポント」、古楽アンサンブル「プティ・ヴィオロン」、古楽アンサンブル「La Musica Collana」、「アンサンブル室町」、「サリクス・カンマーコア」「IJ SPACE」「Maarten Engeltjes & PRJCT Amsterdam」メンバー。「Sponte sua」をトラヴェルソ奏者のパブロ・ソーサと共に設立。 オランダ、ハーグ王立音楽院リュート科ではリュート及びテオルボ、バロック・ギターなど歴史的撥弦楽器をマイク・フェントロス、ヨアヒム・ヘルトの各氏に、バロック・ヴァイオリンをエンリコ・ガッティに師事。リュート学部最終試験では満点、古楽科首席として卒業。同音楽院より学費満額免除の奨学金を得て、現在修士課程にてさらなる研鑽を積む。 2018年、ビアージョ・マリーニ古楽室内楽コンクール(ドイツ、ノイブルク)第1位受賞。同年、ファン・ヴァセナール古楽室内楽コンクール(オランダ、ユトレヒト)第3位受賞。MA古楽フェスティバル(ベルギー、ブルージュ)、ユトレヒト古楽祭(オランダ)、バッハ・アカデミー・ブルージュ(ベルギー)などで演奏を行う。 通奏低音、アンサンブル奏者としてだけでなく、ソロイストとしても活躍。2016年には自身の初のリュート/テオルボ・ソロリサイタルを開催、2019年5月にはオランダリュート協会でテオルボソロリサイタル、同年6月にはオランダ、「お城の日」フェスティバルでルネサンス・リュートソロコンサートを行う。同年11月、アムステルダム・コンセルトヘボウでの演奏会ではソロ演奏について「楽譜から完全に離れて音楽と完全に一体となった、説得力のある演奏」と高く評価された。 2019年にclavesよりリリースされたアルバム、IJ SPACE “Mancini 6 Recorder Sonatas” 、2020年にSonyよりリリースされたPRJCT Amsterdam "Nicht Mehr hier"の録音に参加。 ● Web: https://asakoueda.com ● Instagram:@uedaasako ● Youtube: https://www.youtube.com/channel/UC4gqQtlfFpwH6Pttq0blkGw

   お問合せやリクエストはこちら     close