Japanese  /  English 日本語  /  English

Telemann 1.Vivace Canonic Sonata G-dur, TWV 40:118:MHA001 

  • 330 / レンタル ( 30 日 )
  • 330 / ダウンロード

18 Canons Mélodieux ou 6 Sonates en Duo SONATA I, G major Vivace, Adagio, Allegro 【Tuning】a=415Hz 【Instruction】 Tempo: Normal / テンポ:ノーマル 【Score】https://imslp.org/wiki/18_Canons_M%C3%A9lodieux%2C_TWV_40:118-123_(Telemann%2C_Georg_Philipp) 【Accompanist】Motoko Hosaka, violin She completed her studies at the Toho Gakuen College of Music with a Bachelor's degree. She studied violin, chamber music and early music at the Hochschule für Musik in Trossingen and graduated with a master's degree with highest honors. Completed postgraduate studies in Early Music at the University Mozarteum Salzburg. Scholarship for the Sapporo Pacific Music Festival and many other youth projects. After her internship and temporary contract at the Südwestdeutsche Philharmonie Konstanz she performs as a freelance artist at the Schwetzinger Musikfestspiele, Thüringer Bachwoche, Barockfest Salzburg, radio broadcasts by SWR, WDR and others. She has played in various modern and early music ensembles and has performed in Germany, Austria and Switzerland, and extensive experience as a concertmaster, especially in the field of church and religious music. She has been teaching in German music schools since 2008. In addition to private coaching, she also collaborates with other teachers to conduct ensemble workshops and other activities such as chamber music and She also focuses on teaching ensembles. Since 2009, her students have participated in Germany's largest student music competition "Jugend musiziert". She produced many first prize winners in the solo and chamber music categories each year. Studied modern violin by Takashi Shimizu, Tomoko Kato, Shizuko Ishii, Winfried Rademacher, baroque violin by Anton Steck and Midori Seiler. She has been greatly influenced by her experience as a teacher in workshops and chamber music by Toru Yasunaga, Miyoko Goldberg-Yamane, Sadao Harada and Leila Schayegh. 【奏者】保坂喬子 バロックヴァイオリン 桐朋学園大学音楽学部卒業。トロッシンゲン国立音楽大学器楽科、室内楽科、古楽科、それぞれの修士課程を最優秀の成績で卒業。ザルツブルグ・モーツァルテウム大学古楽科、ポストグラデュエイト課程修了。 札幌パシフィック・ミュージック・フェスティヴァル他、多くの青少年プロジェクトに奨学金を得て参加。南西ドイツフィルハーモニー研修生及び契約団員を経てフリーランスとなり、ドイツを拠点として初期バロックから現代音楽まで、幅広く演奏活動を展開。シュヴェッツィンガ―音楽祭、テューリンガー・バッハ週間、バロックフェスト・ザルツブルグ、ザルツブルグ・モーツァルト週間等に出演。アントン・シュテック主宰、L’Orchestre héroiqueメンバー。WDR(西ドイツ放送)、SWR(南ドイツ放送)、Deutschland Radio Kultur等で演奏が度々録音、放送されている。特に室内楽・室内オーケストラでの演奏経験が多く、コンサートマスターも多く務める。 2008年より後進の指導を始め、Jugend musiziertのソロ及び室内楽部門の両方において多くの1等受賞者を輩出した他、室内楽・アンサンブルの場を提供する事にも力を入れており、ワークショップ等も積極的に主宰している。 モダンヴァイオリンを清水高師、加藤知子、石井志都子、Winfried Rademacher各氏に、バロックヴァイオリンをAnton Steck、Midori Seilerの各氏に師事。 安永徹、ゴールドベルク・山根美代子、原田禎夫、Laila Schayeghの各氏に講習会・室内楽等で師事した経験からも大きな影響を受けている。 ● Twitter: @motrocco ● Instagram: motoko_modernbarock

Telemann 2.Adagio Canonic Sonata G-dur, TWV 40:118:MHA002 

  • 330 / レンタル ( 30 日 )
  • 330 / ダウンロード

18 Canons Mélodieux ou 6 Sonates en Duo SONATA I, G major Vivace, Adagio, Allegro 【Tuning】a=415Hz 【Instruction】 Tempo: Normal / テンポ:ノーマル 【Score】https://imslp.org/wiki/18_Canons_M%C3%A9lodieux%2C_TWV_40:118-123_(Telemann%2C_Georg_Philipp) 【Accompanist】Motoko Hosaka, violin She completed her studies at the Toho Gakuen College of Music with a Bachelor's degree. She studied violin, chamber music and early music at the Hochschule für Musik in Trossingen and graduated with a master's degree with highest honors. Completed postgraduate studies in Early Music at the University Mozarteum Salzburg. Scholarship for the Sapporo Pacific Music Festival and many other youth projects. After her internship and temporary contract at the Südwestdeutsche Philharmonie Konstanz she performs as a freelance artist at the Schwetzinger Musikfestspiele, Thüringer Bachwoche, Barockfest Salzburg, radio broadcasts by SWR, WDR and others. She has played in various modern and early music ensembles and has performed in Germany, Austria and Switzerland, and extensive experience as a concertmaster, especially in the field of church and religious music. She has been teaching in German music schools since 2008. In addition to private coaching, she also collaborates with other teachers to conduct ensemble workshops and other activities such as chamber music and She also focuses on teaching ensembles. Since 2009, her students have participated in Germany's largest student music competition "Jugend musiziert". She produced many first prize winners in the solo and chamber music categories each year. Studied modern violin by Takashi Shimizu, Tomoko Kato, Shizuko Ishii, Winfried Rademacher, baroque violin by Anton Steck and Midori Seiler. She has been greatly influenced by her experience as a teacher in workshops and chamber music by Toru Yasunaga, Miyoko Goldberg-Yamane, Sadao Harada and Leila Schayegh. 【奏者】保坂喬子 バロックヴァイオリン 桐朋学園大学音楽学部卒業。トロッシンゲン国立音楽大学器楽科、室内楽科、古楽科、それぞれの修士課程を最優秀の成績で卒業。ザルツブルグ・モーツァルテウム大学古楽科、ポストグラデュエイト課程修了。 札幌パシフィック・ミュージック・フェスティヴァル他、多くの青少年プロジェクトに奨学金を得て参加。南西ドイツフィルハーモニー研修生及び契約団員を経てフリーランスとなり、ドイツを拠点として初期バロックから現代音楽まで、幅広く演奏活動を展開。シュヴェッツィンガ―音楽祭、テューリンガー・バッハ週間、バロックフェスト・ザルツブルグ、ザルツブルグ・モーツァルト週間等に出演。アントン・シュテック主宰、L’Orchestre héroiqueメンバー。WDR(西ドイツ放送)、SWR(南ドイツ放送)、Deutschland Radio Kultur等で演奏が度々録音、放送されている。特に室内楽・室内オーケストラでの演奏経験が多く、コンサートマスターも多く務める。 2008年より後進の指導を始め、Jugend musiziertのソロ及び室内楽部門の両方において多くの1等受賞者を輩出した他、室内楽・アンサンブルの場を提供する事にも力を入れており、ワークショップ等も積極的に主宰している。 モダンヴァイオリンを清水高師、加藤知子、石井志都子、Winfried Rademacher各氏に、バロックヴァイオリンをAnton Steck、Midori Seilerの各氏に師事。 安永徹、ゴールドベルク・山根美代子、原田禎夫、Laila Schayeghの各氏に講習会・室内楽等で師事した経験からも大きな影響を受けている。 ● Twitter: @motrocco ● Instagram: motoko_modernbarock

Telemann 3.Allegro Canonic Sonata G-dur, TWV 40:118:MHA003 

  • 330 / レンタル ( 30 日 )
  • 330 / ダウンロード

18 Canons Mélodieux ou 6 Sonates en Duo SONATA I, G major Vivace, Adagio, Allegro 【Tuning】a=415Hz 【Instruction】 Tempo: Normal / テンポ:ノーマル 【Score】https://imslp.org/wiki/18_Canons_M%C3%A9lodieux%2C_TWV_40:118-123_(Telemann%2C_Georg_Philipp) 【Accompanist】Motoko Hosaka, violin She completed her studies at the Toho Gakuen College of Music with a Bachelor's degree. She studied violin, chamber music and early music at the Hochschule für Musik in Trossingen and graduated with a master's degree with highest honors. Completed postgraduate studies in Early Music at the University Mozarteum Salzburg. Scholarship for the Sapporo Pacific Music Festival and many other youth projects. After her internship and temporary contract at the Südwestdeutsche Philharmonie Konstanz she performs as a freelance artist at the Schwetzinger Musikfestspiele, Thüringer Bachwoche, Barockfest Salzburg, radio broadcasts by SWR, WDR and others. She has played in various modern and early music ensembles and has performed in Germany, Austria and Switzerland, and extensive experience as a concertmaster, especially in the field of church and religious music. She has been teaching in German music schools since 2008. In addition to private coaching, she also collaborates with other teachers to conduct ensemble workshops and other activities such as chamber music and She also focuses on teaching ensembles. Since 2009, her students have participated in Germany's largest student music competition "Jugend musiziert". She produced many first prize winners in the solo and chamber music categories each year. Studied modern violin by Takashi Shimizu, Tomoko Kato, Shizuko Ishii, Winfried Rademacher, baroque violin by Anton Steck and Midori Seiler. She has been greatly influenced by her experience as a teacher in workshops and chamber music by Toru Yasunaga, Miyoko Goldberg-Yamane, Sadao Harada and Leila Schayegh. 【奏者】保坂喬子 バロックヴァイオリン 桐朋学園大学音楽学部卒業。トロッシンゲン国立音楽大学器楽科、室内楽科、古楽科、それぞれの修士課程を最優秀の成績で卒業。ザルツブルグ・モーツァルテウム大学古楽科、ポストグラデュエイト課程修了。 札幌パシフィック・ミュージック・フェスティヴァル他、多くの青少年プロジェクトに奨学金を得て参加。南西ドイツフィルハーモニー研修生及び契約団員を経てフリーランスとなり、ドイツを拠点として初期バロックから現代音楽まで、幅広く演奏活動を展開。シュヴェッツィンガ―音楽祭、テューリンガー・バッハ週間、バロックフェスト・ザルツブルグ、ザルツブルグ・モーツァルト週間等に出演。アントン・シュテック主宰、L’Orchestre héroiqueメンバー。WDR(西ドイツ放送)、SWR(南ドイツ放送)、Deutschland Radio Kultur等で演奏が度々録音、放送されている。特に室内楽・室内オーケストラでの演奏経験が多く、コンサートマスターも多く務める。 2008年より後進の指導を始め、Jugend musiziertのソロ及び室内楽部門の両方において多くの1等受賞者を輩出した他、室内楽・アンサンブルの場を提供する事にも力を入れており、ワークショップ等も積極的に主宰している。 モダンヴァイオリンを清水高師、加藤知子、石井志都子、Winfried Rademacher各氏に、バロックヴァイオリンをAnton Steck、Midori Seilerの各氏に師事。 安永徹、ゴールドベルク・山根美代子、原田禎夫、Laila Schayeghの各氏に講習会・室内楽等で師事した経験からも大きな影響を受けている。 ● Twitter: @motrocco ● Instagram: motoko_modernbarock

(ーSoprano) Issac-Schein O Welt ich muß dich lassen:GSB001 

  • 330 / レンタル ( 30 日 )
  • 330 / ダウンロード

Melody by Issac, harmony by Schein. It is a masterpiece chorale and is even taken in JS Bach's St Matthew Passion in the later era. 旋律がIsaac、4声体への編曲がScheinです。後にJ. S. バッハのマタイ受難曲でも用いられた有名なコラールです。 【Tuning】440Hz 【Instruction】 ・Level: beginner / 初級者向け ・Tempo : Normal / テンポ:ノーマル ・Tuning time+sound included / 演奏開始前に音出しあり 【Score】https://www.dropbox.com/s/os1k4k037wjj83m/O%20Wet%20ich%20mu%C3%9F%20dich%20lassen%20-%20Score.pdf?dl=0 【Accompanist】Genki Sakurai, conductor/vocalist Genki Sakurai is a Japanese singer as well as a conductor. He graduated from Hiroshima University and Tokyo University of the Arts, studied singing with Kazuya Edagawa, Chieko Teratani, Makoto Sakurada, and Yukari Nonoshita, conducting with Naji Alexander and Chikara Imamura, early music performing with Tetsuro Hanai. He organized Salicus Kammerchor, Ensemble Salicus and Chor Eleusis. He is the leader of Vocal ensemble Alamire. And he is a member of emulsion, Ensemble XENOS, The Cygnus Vocal Octet, Japan Chamber Choir, Vocal ensemble Cappella and more. 【奏者】櫻井元希 指揮者、声楽家。広島大学教育学部第四類音楽文化系コース、東京藝術大学音楽学部声楽科を卒業。同大学院古楽科をバロック声楽で修了。声楽を枝川一也、益田遙、河野克典、寺谷千枝子、櫻田亮の各氏に、バロック声楽を野々下由香里氏に、合唱指揮をアレクサンダー・ナジ氏に、指揮を今村能氏に、古楽演奏を花井哲郎氏に、ヴォイストレーニングをVocology in Practiceの小久保よしあき氏に師事。 これまでに、ヘンデル「メサイア」バッハ「ロ短調ミサ」「教会カンタータ」「マタイ受難曲」モーツァルト「レクイエム」などのソリストを務める。 Salicus Kammerchor、Ensemble Salicus、Chor Eleusisを主宰。フォンス・フローリス古楽院講師。東京藝術大学バッハカンタータクラブ2013-2015年度演奏委員長。ヴォーカル・アンサンブル アラミレ、リーダー。emulsion、Ensemble XENOS、The Cygnus Vocal Octet、ジャパンチェンバークワイア、ヴォーカル・アンサンブル カペラ、古楽アンサンブル コントラポント等に所属。 ● HP: http://genkisakurai.com/ ● Facebook: https://www.facebook.com/GenkiSakurai1013/ ● Twitter: @g_sakurai1031 ● Instagram: sakuraigenki

(ーAlto) Issac-Schein O Welt ich muß dich lassen:GSB002 

  • 330 / レンタル ( 30 日 )
  • 330 / ダウンロード

Melody by Issac, harmony by Schein. It is a masterpiece chorale and is even taken in JS Bach's St Matthew Passion in the later era. 旋律がIsaac、4声体への編曲がScheinです。後にJ. S. バッハのマタイ受難曲でも用いられた有名なコラールです。 【Tuning】440Hz 【Instruction】 ・Level: beginner / 初級者向け ・Tempo : Normal / テンポ:ノーマル ・Tuning time+sound included / 演奏開始前に音出しあり 【Score】https://www.dropbox.com/s/os1k4k037wjj83m/O%20Wet%20ich%20mu%C3%9F%20dich%20lassen%20-%20Score.pdf?dl=0 【Accompanist】Genki Sakurai, conductor/vocalist Genki Sakurai is a Japanese singer as well as a conductor. He graduated from Hiroshima University and Tokyo University of the Arts, studied singing with Kazuya Edagawa, Chieko Teratani, Makoto Sakurada, and Yukari Nonoshita, conducting with Naji Alexander and Chikara Imamura, early music performing with Tetsuro Hanai. He organized Salicus Kammerchor, Ensemble Salicus and Chor Eleusis. He is the leader of Vocal ensemble Alamire. And he is a member of emulsion, Ensemble XENOS, The Cygnus Vocal Octet, Japan Chamber Choir, Vocal ensemble Cappella and more. 【奏者】櫻井元希 指揮者、声楽家。広島大学教育学部第四類音楽文化系コース、東京藝術大学音楽学部声楽科を卒業。同大学院古楽科をバロック声楽で修了。声楽を枝川一也、益田遙、河野克典、寺谷千枝子、櫻田亮の各氏に、バロック声楽を野々下由香里氏に、合唱指揮をアレクサンダー・ナジ氏に、指揮を今村能氏に、古楽演奏を花井哲郎氏に、ヴォイストレーニングをVocology in Practiceの小久保よしあき氏に師事。 これまでに、ヘンデル「メサイア」バッハ「ロ短調ミサ」「教会カンタータ」「マタイ受難曲」モーツァルト「レクイエム」などのソリストを務める。 Salicus Kammerchor、Ensemble Salicus、Chor Eleusisを主宰。フォンス・フローリス古楽院講師。東京藝術大学バッハカンタータクラブ2013-2015年度演奏委員長。ヴォーカル・アンサンブル アラミレ、リーダー。emulsion、Ensemble XENOS、The Cygnus Vocal Octet、ジャパンチェンバークワイア、ヴォーカル・アンサンブル カペラ、古楽アンサンブル コントラポント等に所属。 ● HP: http://genkisakurai.com/ ● Facebook: https://www.facebook.com/GenkiSakurai1013/ ● Twitter: @g_sakurai1031 ● Instagram: sakuraigenki

(ーTenor) Issac-Schein O Welt ich muß dich lassen:GSB003 

  • 330 / レンタル ( 30 日 )
  • 330 / ダウンロード

Melody by Issac, harmony by Schein. It is a masterpiece chorale and is even taken in JS Bach's St Matthew Passion in the later era. 旋律がIsaac、4声体への編曲がScheinです。後にJ. S. バッハのマタイ受難曲でも用いられた有名なコラールです。 【Tuning】440Hz 【Instruction】 ・Level: beginner / 初級者向け ・Tempo : Normal / テンポ:ノーマル ・Tuning time+sound included / 演奏開始前に音出しあり 【Score】https://www.dropbox.com/s/os1k4k037wjj83m/O%20Wet%20ich%20mu%C3%9F%20dich%20lassen%20-%20Score.pdf?dl=0 【Accompanist】Genki Sakurai, conductor/vocalist Genki Sakurai is a Japanese singer as well as a conductor. He graduated from Hiroshima University and Tokyo University of the Arts, studied singing with Kazuya Edagawa, Chieko Teratani, Makoto Sakurada, and Yukari Nonoshita, conducting with Naji Alexander and Chikara Imamura, early music performing with Tetsuro Hanai. He organized Salicus Kammerchor, Ensemble Salicus and Chor Eleusis. He is the leader of Vocal ensemble Alamire. And he is a member of emulsion, Ensemble XENOS, The Cygnus Vocal Octet, Japan Chamber Choir, Vocal ensemble Cappella and more. 【奏者】櫻井元希 指揮者、声楽家。広島大学教育学部第四類音楽文化系コース、東京藝術大学音楽学部声楽科を卒業。同大学院古楽科をバロック声楽で修了。声楽を枝川一也、益田遙、河野克典、寺谷千枝子、櫻田亮の各氏に、バロック声楽を野々下由香里氏に、合唱指揮をアレクサンダー・ナジ氏に、指揮を今村能氏に、古楽演奏を花井哲郎氏に、ヴォイストレーニングをVocology in Practiceの小久保よしあき氏に師事。 これまでに、ヘンデル「メサイア」バッハ「ロ短調ミサ」「教会カンタータ」「マタイ受難曲」モーツァルト「レクイエム」などのソリストを務める。 Salicus Kammerchor、Ensemble Salicus、Chor Eleusisを主宰。フォンス・フローリス古楽院講師。東京藝術大学バッハカンタータクラブ2013-2015年度演奏委員長。ヴォーカル・アンサンブル アラミレ、リーダー。emulsion、Ensemble XENOS、The Cygnus Vocal Octet、ジャパンチェンバークワイア、ヴォーカル・アンサンブル カペラ、古楽アンサンブル コントラポント等に所属。 ● HP: http://genkisakurai.com/ ● Facebook: https://www.facebook.com/GenkiSakurai1013/ ● Twitter: @g_sakurai1031 ● Instagram: sakuraigenki

(ーBass) Issac-Schein O Welt ich muß dich lassen:GSB004 

  • 330 / レンタル ( 30 日 )
  • 330 / ダウンロード

Melody by Issac, harmony by Schein. It is a masterpiece chorale and is even taken in JS Bach's St Matthew Passion in the later era. 旋律がIsaac、4声体への編曲がScheinです。後にJ. S. バッハのマタイ受難曲でも用いられた有名なコラールです。 【Tuning】440Hz 【Instruction】 ・Level: beginner / 初級者向け ・Tempo : Normal / テンポ:ノーマル ・Tuning time+sound included / 演奏開始前に音出しあり 【Score】https://www.dropbox.com/s/os1k4k037wjj83m/O%20Wet%20ich%20mu%C3%9F%20dich%20lassen%20-%20Score.pdf?dl=0 【Accompanist】Genki Sakurai, conductor/vocalist Genki Sakurai is a Japanese singer as well as a conductor. He graduated from Hiroshima University and Tokyo University of the Arts, studied singing with Kazuya Edagawa, Chieko Teratani, Makoto Sakurada, and Yukari Nonoshita, conducting with Naji Alexander and Chikara Imamura, early music performing with Tetsuro Hanai. He organized Salicus Kammerchor, Ensemble Salicus and Chor Eleusis. He is the leader of Vocal ensemble Alamire. And he is a member of emulsion, Ensemble XENOS, The Cygnus Vocal Octet, Japan Chamber Choir, Vocal ensemble Cappella and more. 【奏者】櫻井元希 指揮者、声楽家。広島大学教育学部第四類音楽文化系コース、東京藝術大学音楽学部声楽科を卒業。同大学院古楽科をバロック声楽で修了。声楽を枝川一也、益田遙、河野克典、寺谷千枝子、櫻田亮の各氏に、バロック声楽を野々下由香里氏に、合唱指揮をアレクサンダー・ナジ氏に、指揮を今村能氏に、古楽演奏を花井哲郎氏に、ヴォイストレーニングをVocology in Practiceの小久保よしあき氏に師事。 これまでに、ヘンデル「メサイア」バッハ「ロ短調ミサ」「教会カンタータ」「マタイ受難曲」モーツァルト「レクイエム」などのソリストを務める。 Salicus Kammerchor、Ensemble Salicus、Chor Eleusisを主宰。フォンス・フローリス古楽院講師。東京藝術大学バッハカンタータクラブ2013-2015年度演奏委員長。ヴォーカル・アンサンブル アラミレ、リーダー。emulsion、Ensemble XENOS、The Cygnus Vocal Octet、ジャパンチェンバークワイア、ヴォーカル・アンサンブル カペラ、古楽アンサンブル コントラポント等に所属。 ● HP: http://genkisakurai.com/ ● Facebook: https://www.facebook.com/GenkiSakurai1013/ ● Twitter: @g_sakurai1031 ● Instagram: sakuraigenki

(-1) Byrd Fantasia a4:SSA005 

  • 550 / レンタル ( 30 日 )
  • 550 / ダウンロード

【Tuning】a=415Hz 【Instruction】 Level: Intermediate/advanced 中・上級者向け 【Score】http://ks4.imslp.net/files/imglnks/usimg/a/a6/IMSLP135376-WIMA.4f96-0490.pdf 【Accompanist】PRISM Consort of Viols Viola da gamba ensemble by Shigeru Sakurai, Mio Origuchi, and Aika Shimizu. While Prism concentrate on three parts gamba consort, they also invite guests such as Lawrence Dreyfus, Jonathan Manson, Asako Morikawa, Emma Kirkby and play the pieces of four or more voices. 【奏者】PRISM Consort of Vilols 櫻井茂、折口未桜、清水愛架によるアンサンブル。3声のガンバコンソートを中心に全国的に活動する一方、客演を招いて4声部以上の曲も取り上げ、これまでにローレンス・ドレフュス、ジョナサン・マンソン、森川麻子、エマ・カークビーらと共演した。 ● HP: https://prism-consort.jimdofree.com/?fbclid=IwAR3Lxt_fM87DzYpnPc_EdwNAwI84Yqf9NrRGmIkeDclwqw3giIkuFqq59Cg ● Facebook:https://www.facebook.com/PRISM-consort-of-viols-177819812871905/?ref=bookmarks

(-2) Byrd Fantasia a4:SSA006 

  • 550 / レンタル ( 30 日 )
  • 550 / ダウンロード

【Tuning】a=415Hz 【Instruction】 Level: Intermediate/advanced 中・上級者向け 【Score】http://ks4.imslp.net/files/imglnks/usimg/a/a6/IMSLP135376-WIMA.4f96-0490.pdf 【Accompanist】PRISM Consort of Viols Viola da gamba ensemble by Shigeru Sakurai, Mio Origuchi, and Aika Shimizu. While Prism concentrate on three parts gamba consort, they also invite guests such as Lawrence Dreyfus, Jonathan Manson, Asako Morikawa, Emma Kirkby and play the pieces of four or more voices. 【奏者】PRISM Consort of Vilols 櫻井茂、折口未桜、清水愛架によるアンサンブル。3声のガンバコンソートを中心に全国的に活動する一方、客演を招いて4声部以上の曲も取り上げ、これまでにローレンス・ドレフュス、ジョナサン・マンソン、森川麻子、エマ・カークビーらと共演した。 ● HP: https://prism-consort.jimdofree.com/?fbclid=IwAR3Lxt_fM87DzYpnPc_EdwNAwI84Yqf9NrRGmIkeDclwqw3giIkuFqq59Cg ● Facebook:https://www.facebook.com/PRISM-consort-of-viols-177819812871905/?ref=bookmarks

(-3) Byrd Fantasia a4:SSA007 

  • 550 / レンタル ( 30 日 )
  • 550 / ダウンロード

【Tuning】a=415Hz 【Instruction】 Level: Intermediate/advanced 中・上級者向け 【Score】http://ks4.imslp.net/files/imglnks/usimg/a/a6/IMSLP135376-WIMA.4f96-0490.pdf 【Accompanist】PRISM Consort of Vilols Viola da gamba ensemble by Shigeru Sakurai, Mio Origuchi, and Aika Shimizu. While Prism concentrate on three parts gamba consort, they also invite guests such as Lawrence Dreyfus, Jonathan Manson, Asako Morikawa, Emma Kirkby and play the pieces of four or more voices. 【奏者】PRISM Consort of Vilols 櫻井茂、折口未桜、清水愛架によるアンサンブル。3声のガンバコンソートを中心に全国的に活動する一方、客演を招いて4声部以上の曲も取り上げ、これまでにローレンス・ドレフュス、ジョナサン・マンソン、森川麻子、エマ・カークビーらと共演した。 ● HP: https://prism-consort.jimdofree.com/?fbclid=IwAR3Lxt_fM87DzYpnPc_EdwNAwI84Yqf9NrRGmIkeDclwqw3giIkuFqq59Cg ● Facebook:https://www.facebook.com/PRISM-consort-of-viols-177819812871905/?ref=bookmarks

(-4) Byrd Fantasia a4:SSA008 

  • 550 / レンタル ( 30 日 )
  • 550 / ダウンロード

【Tuning】a=415Hz 【Instruction】 Level: Intermediate/advanced 中・上級者向け 【Score】http://ks4.imslp.net/files/imglnks/usimg/a/a6/IMSLP135376-WIMA.4f96-0490.pdf 【Accompanist】PRISM Consort of Vilols Viola da gamba ensemble by Shigeru Sakurai, Mio Origuchi, and Aika Shimizu. While Prism concentrate on three parts gamba consort, they also invite guests such as Lawrence Dreyfus, Jonathan Manson, Asako Morikawa, Emma Kirkby and play the pieces of four or more voices. 【奏者】PRISM Consort of Viols 櫻井茂、折口未桜、清水愛架によるアンサンブル。3声のガンバコンソートを中心に全国的に活動する一方、客演を招いて4声部以上の曲も取り上げ、これまでにローレンス・ドレフュス、ジョナサン・マンソン、森川麻子、エマ・カークビーらと共演した。 ● HP: https://prism-consort.jimdofree.com/?fbclid=IwAR3Lxt_fM87DzYpnPc_EdwNAwI84Yqf9NrRGmIkeDclwqw3giIkuFqq59Cg ● Facebook:https://www.facebook.com/PRISM-consort-of-viols-177819812871905/?ref=bookmarks

Dowland Rest awhile you cruel cares:TKA014 

  • 550 / レンタル ( 30 日 )
  • 550 / ダウンロード

【Tuning】a=440Hz 【Instruction】 ・For Beginner / 初級者向け ・Tempo: Normal / テンポ:ノーマル 【Score】 https://imslp.org/wiki/The_Firste_Booke_of_Songes_(Dowland%2C_John) 【Message】 "Rest Awhile" という言葉の抑揚と音楽が完璧に一致している、歌いだしが印象的な名曲です。お決まり通り、フられた男性がLauraという名前の女性に恨み言を並べているのですが、前半の曲調は爽やかです。歌詞の内容をよく見てみると、一度(かそれ以上)は冷たくされた女性にしつこく迫っているようにも見えます。後半、"Laura, fair queen.."と女性に呼びかけるところからは曲調が少し変わって、なんだか脅しているような雰囲気も感じられます。あの手この手でLauraに言い寄る諦めの悪い男を演じるつもりで歌ってみると楽しいかもしれません。リュートを弾きながら歌うのもあんまり難しくない曲なので、当時の男性たちはLauraの部分に恋人の名前を当てはめて、その恋人に向かって歌っていたんじゃないでしょうか。 Content Sample/動画サンプル:https://youtu.be/vqcII_lkPts 【Accompanist】Tomoko Koide, lute Tomoko Koide, she started to play the guitar at the age of fourteen. Won 2nd prize at G.L.C. Student Guitar Competition, was a finalist at San-in Guitar Competition. Soon after graduated Doshisha University she started to play the lute,and have learned lute & lute songs with Kenji Sano, Mamiko Hirai, Takashi Tsunoda, Paul O'dette, and Evangelina Mascardi. Tomoko played with many singers and various kind of instrument players like viol, traverso, flute even with sitar, nyckellharpa players, and attended recording projects. Tomoko gave lectures about lute and lute songs. She is also a member of music band for children. Been into Moomin stories for quater a century.... 【奏者】小出智子 リュート 14歳でクラシックギターを始める。 高校在学中、GLC学生ギターコンクール2位、山陰ギターコンクール入選。同志社大学英文学科卒業後、会社員生活を経て、リュートを始める。これまでにリュート、リュートソングを佐野健二氏、平井満美子氏、つのだたかし氏、Paul O'dette, Evangelina Mascardi氏らに学ぶ。ソロ、通奏低音、伴奏、民族楽器との共演や、録音への参加など、関西を中心にジャンルを問わず幅広く活動中。NHK大阪文化センター「リュートでうたうイギリスはやりうた」リュート伴奏担当。リュート演奏、リュートソングの指導やレクチャーなども行っている。(龍谷大学REC講座など)。ムーミンファン歴四半世紀超 ● HP:http://koidelute.jp ● Facebook:https://www.facebook.com/koidelute ● Instagram:@koidetomoko

Anonymous (ca. 1600) Drewries accordes:RSA005 

  • 550 / レンタル ( 30 日 )
  • 550 / ダウンロード

【Tuning】A=415Hz 【Instruction】 ・Level: Intermediate / 中級者向け ・Tempo: Slower-Normal / テンポ:ゆっくりめ〜ノーマル ・Tuning time included before playing / 演奏開始前にチューニング用音出しあり 【Score】 (original) https://ks.imslp.net/files/imglnks/usimg/6/60/IMSLP473929-PMLP769035-Jane_Pickering_s_Lute_Book.pdf (modern edition) https://stainer.co.uk/shop/b487/ 【Message】 この陽気な作品は作者不詳ながら、エリザベス朝時代のリュート・デュオ曲の中でも、人気の高い一曲。 2台のリュートがほとんど対等に、短い間隔で応答しあう形式になっています。全体を通してリュートがとても鳴りやすいように書かれているので、ちょっとした指ならしや、楽器の鳴りを確かめるのにも最適。私としては、リュートを持ったふたりが出会って、「じゃあ何か弾いてみようか」となった時に弾くイメージです。 大英図書館の手稿譜のバージョンに従っての演奏です。 【Accompanist】 Ryosuke Sakamoto, Lute / Viola da gamba RYOSUKE SAKAMOTO was born in Nara (Japan). At the age of three, he first became interested in early music performance under the influence of his parents. In 2007, the year of his graduation at Tokyo University (bachelor degree on Aesthetics), he released his first solo CD ‘Travels with my Lute’ from Musica Rediviva (MRCD-013). This recording got a praised commentary on the CD magazine “Gramophone”, in November 2011. Ryosuke moved to Switzerland in 2008 and studied lute and various plucked instruments at Schola Cantorum Basiliensis in Basel, with prof. Hopkinson Smith. He continued further studies with prof. Crawford Young (medieval lute) and Anne Smith (performance practice on renaissance music) there, and graduated in 2013, with Master degree of specialized music performance. As a solo lutenist, Ryosuke won the first prize plus audience prize at the competition “III Consorso Maurizio Pratla” in L’Aquila (Italy). Already then, he was invited to make recitals by several lute societies in UK, Germany, Austria, and France. He is a member of “Delight in Disorder”, “The Queen’s Revels” as a principal lutenist. In 2012 he set up “Ensemble Il bell’humore”, which specializes in renaissance music. In 2017 he got the first prize at International Biber competition, as a member of “Concerto Ripiglino”. He appears numerous music festivals in Europe including “Festival Oude Muziek “ in Utrecht, “York Early Music Festival“, “Rezonanzen Wien, “Tage Alter Musik Regensburg” ,“Music in old Krakow Festival”, etc. His latest solo CD ‘Polyphony & Diminution’ was released from Musica Rediviva (MRCD-022) in 2016. 【奏者】坂本龍右 リュート、ヴィオラ ・ダ・ガンバ 東京大学文学部 (美学芸術学専修課程) 卒業後、バーゼル市立音楽院(バーゼル・スコラカントルム)に留学。ホプキンソン・スミス氏及びクロフォード・ヤング氏にリュートを、ランダル・クック氏にヴィオラ・ダ・ガンバを、アン・スミス氏にルネサンス音楽理論を、イェスパー・クリステンセン氏に通奏低音を師事し、2013年に修了。その後同校にて公式伴奏者として勤務。2013年、ラクィラの国際古楽コンクールにおけるリュート・ソロ部門で第1位及び聴衆賞。2017年、国際ビーバーコンクールにおけるアンサンブル部門第1位。ヨーロッパ各地の古楽祭やリュート協会主催の演奏会にソリストとして招聘される。録音にリュート・ソロによる「Travels with my Lute」「Polyphony & Diminution」ほか多数。2017年、有志で通奏低音組合「コンティヌオ・ギルド」を立ち上げ、演奏とアウトリーチの両面で活動を開始。 ● Web:http://ryosukesakamoto.com/ ● Facebook : https://www.facebook.com/ryosuke.sakamoto.58 ● Twitter : @contra2nd

(-1) Taverner In Nomine:SSA001 

  • 550 / レンタル ( 30 日 )
  • 550 / ダウンロード

【Tuning】a=415Hz 【Instruction】 Level: for beginner/Intermediate 【Score】http://ks4.imslp.net/files/imglnks/usimg/8/82/IMSLP299762-PMLP200486-John_Taverner_In_Nomine.pdf 【Accompanist】PRISM Consort of Vilols Viola da gamba ensemble by Shigeru Sakurai, Mio Origuchi, and Aika Shimizu. While Prism concentrate on three parts gamba consort, they also invite guests such as Lawrence Dreyfus, Jonathan Manson, Asako Morikawa, Emma Kirkby and play the pieces of four or more voices. 【奏者】PRISM Consort of Vilols 櫻井茂、折口未桜、清水愛架によるアンサンブル。3声のガンバコンソートを中心に全国的に活動する一方、客演を招いて4声部以上の曲も取り上げ、これまでにローレンス・ドレフュス、ジョナサン・マンソン、森川麻子、エマ・カークビーらと共演した。 ● HP: https://prism-consort.jimdofree.com/?fbclid=IwAR3Lxt_fM87DzYpnPc_EdwNAwI84Yqf9NrRGmIkeDclwqw3giIkuFqq59Cg ● Facebook:https://www.facebook.com/PRISM-consort-of-viols-177819812871905/?ref=bookmarks

(-2) Taverner In Nomine:SSA002 

  • 550 / レンタル ( 30 日 )
  • 550 / ダウンロード

【Tuning】a=415Hz 【Instruction】 Level: for beginner/Intermediate 【Score】http://ks4.imslp.net/files/imglnks/usimg/8/82/IMSLP299762-PMLP200486-John_Taverner_In_Nomine.pdf 【Accompanist】PRISM Consort of Vilols Viola da gamba ensemble by Shigeru Sakurai, Mio Origuchi, and Aika Shimizu. While Prism concentrate on three parts gamba consort, they also invite guests such as Lawrence Dreyfus, Jonathan Manson, Asako Morikawa, Emma Kirkby and play the pieces of four or more voices. 【奏者】PRISM Consort of Vilols 櫻井茂、折口未桜、清水愛架によるアンサンブル。3声のガンバコンソートを中心に全国的に活動する一方、客演を招いて4声部以上の曲も取り上げ、これまでにローレンス・ドレフュス、ジョナサン・マンソン、森川麻子、エマ・カークビーらと共演した。 ● HP: https://prism-consort.jimdofree.com/?fbclid=IwAR3Lxt_fM87DzYpnPc_EdwNAwI84Yqf9NrRGmIkeDclwqw3giIkuFqq59Cg ● Facebook:https://www.facebook.com/PRISM-consort-of-viols-177819812871905/?ref=bookmarks

(-3) Taverner In Nomine:SSA003 

  • 550 / レンタル ( 30 日 )
  • 550 / ダウンロード

【Tuning】a=415Hz 【Instruction】 Level: for beginner/Intermediate 【Score】http://ks4.imslp.net/files/imglnks/usimg/8/82/IMSLP299762-PMLP200486-John_Taverner_In_Nomine.pdf 【Accompanist】PRISM Consort of Vilols Viola da gamba ensemble by Shigeru Sakurai, Mio Origuchi, and Aika Shimizu. While Prism concentrate on three parts gamba consort, they also invite guests such as Lawrence Dreyfus, Jonathan Manson, Asako Morikawa, Emma Kirkby and play the pieces of four or more voices. 【奏者】PRISM Consort of Vilols 櫻井茂、折口未桜、清水愛架によるアンサンブル。3声のガンバコンソートを中心に全国的に活動する一方、客演を招いて4声部以上の曲も取り上げ、これまでにローレンス・ドレフュス、ジョナサン・マンソン、森川麻子、エマ・カークビーらと共演した。 ● HP: https://prism-consort.jimdofree.com/?fbclid=IwAR3Lxt_fM87DzYpnPc_EdwNAwI84Yqf9NrRGmIkeDclwqw3giIkuFqq59Cg ● Facebook:https://www.facebook.com/PRISM-consort-of-viols-177819812871905/?ref=bookmarks

(-4) Taverner In Nomine:SSA004 

  • 550 / レンタル ( 30 日 )
  • 550 / ダウンロード

【Tuning】a=415Hz 【Instruction】 Level: for beginner/Intermediate 【Score】http://ks4.imslp.net/files/imglnks/usimg/8/82/IMSLP299762-PMLP200486-John_Taverner_In_Nomine.pdf 【Accompanist】PRISM Consort of Vilols Viola da gamba ensemble by Shigeru Sakurai, Mio Origuchi, and Aika Shimizu. While Prism concentrate on three parts gamba consort, they also invite guests such as Lawrence Dreyfus, Jonathan Manson, Asako Morikawa, Emma Kirkby and play the pieces of four or more voices. 【奏者】PRISM Consort of Vilols 櫻井茂、折口未桜、清水愛架によるアンサンブル。3声のガンバコンソートを中心に全国的に活動する一方、客演を招いて4声部以上の曲も取り上げ、これまでにローレンス・ドレフュス、ジョナサン・マンソン、森川麻子、エマ・カークビーらと共演した。 ● HP: https://prism-consort.jimdofree.com/?fbclid=IwAR3Lxt_fM87DzYpnPc_EdwNAwI84Yqf9NrRGmIkeDclwqw3giIkuFqq59Cg ● Facebook:https://www.facebook.com/PRISM-consort-of-viols-177819812871905/?ref=bookmarks

セット販売 (fl.1) Hotteterre Suite for 2 flutes h-moll, op.4:IAA013 

  • 2,200 / レンタル ( 30 日 )
  • 2,200 / ダウンロード

Flute 1 is played in this video. flute 2 is for you to play. ※1stパートを収録しています。アンサンブルで合わせる場合は2ndを演奏してください。 【Tuning】415Hz 【備考】 フランスでバロック・フルートの先駆者として活躍したJ.-M. オトテールが、1712年に出した作品。フランスの組曲のスタイルで書かれています。フルート2重奏用の曲としては最初期のものの一つですが、すでに傑作中の傑作。これを超えるフルート2重奏曲は、そう多くは存在しないのではないでしょうか。 【Accompanist】Ikuko Aikawa, baroque flute Ikuko Aikawa started the modern flute at the age of twelve. She has a master’s degree in Psychology from Sophia University in Tokyo. She turned to the baroque flute after lessons with Liliko Maeda, and she furthered her studies with Barthold Kuijken, Frank Theuns and Anne Pustlauk at the Royal Conservatory of Brussels. After returning to Japan, she has performed regularly in chamber music, and with period orchestras and renaissance flute consort. She is a member of Soffio Armonico. She has also founded her own groups, Ensemble Irène and Traverso Duo INÉGALITÉ. 【奏者】相川郁子 フラウト・トラヴェルソ 12歳でモダン・フルートを始める。上智大学大学院博士課程前期修了(修士・心理学)。バロック・フルートに転向した後、ブリュッセル王立音楽院にて研鑽を積む。前田りり子、B. クイケン、F. トゥンス、A. プストラウクの各氏に師事。2014年に帰国した後、室内楽や古楽オーケストラなどで活動を続けており、フランスバロックやルネサンス音楽を中心に、自主企画公演も数多く行う。「アンサンブル・イレーヌ」、トラヴェルソ・デュオ「イネガリテ」、「ソフィオ・アルモニコ」メンバー。ツイッター(@ikukotraverso)で演奏会情報を配信中。 ●Twitter: @ikukotraverso ●Instagram: @ikuko720

セット販売 (fl.2) Hotteterre Suite for 2 flutes h-moll, op.4:IAA014 

  • 2,200 / レンタル ( 30 日 )
  • 2,200 / ダウンロード

Flute 2 is played in this video. Flute 1 is for you to play. ※2ndパートを収録しています。アンサンブルで合わせる場合は1stを演奏してください。 【Tuning】415Hz 【備考】 フランスでバロック・フルートの先駆者として活躍したJ.-M. オトテールが、1712年に出した作品。フランスの組曲のスタイルで書かれています。フルート2重奏用の曲としては最初期のものの一つですが、すでに傑作中の傑作。これを超えるフルート2重奏曲は、そう多くは存在しないのではないでしょうか。 【Accompanist】Ikuko Aikawa, baroque flute Ikuko Aikawa started the modern flute at the age of twelve. She has a master’s degree in Psychology from Sophia University in Tokyo. She turned to the baroque flute after lessons with Liliko Maeda, and she furthered her studies with Barthold Kuijken, Frank Theuns and Anne Pustlauk at the Royal Conservatory of Brussels. After returning to Japan, she has performed regularly in chamber music, and with period orchestras and renaissance flute consort. She is a member of Soffio Armonico. She has also founded her own groups, Ensemble Irène and Traverso Duo INÉGALITÉ. 【奏者】相川郁子 フラウト・トラヴェルソ 12歳でモダン・フルートを始める。上智大学大学院博士課程前期修了(修士・心理学)。バロック・フルートに転向した後、ブリュッセル王立音楽院にて研鑽を積む。前田りり子、B. クイケン、F. トゥンス、A. プストラウクの各氏に師事。2014年に帰国した後、室内楽や古楽オーケストラなどで活動を続けており、フランスバロックやルネサンス音楽を中心に、自主企画公演も数多く行う。「アンサンブル・イレーヌ」、トラヴェルソ・デュオ「イネガリテ」、「ソフィオ・アルモニコ」メンバー。ツイッター(@ikukotraverso)で演奏会情報を配信中。 ●Twitter: @ikukotraverso ●Instagram: @ikuko720

(a=442) Bach Bist du bei mir, BWV 508: TNC013 

  • 550 / レンタル ( 30 日 )
  • 550 / ダウンロード

Bist du bei mir, BWB 508 / Stölzel - J.S. Bach 【Tuning】a=442Hz 【Instruction】 ・Level : Beginner / 初級者向け ・Tempo: Faster / テンポ:速め ・Tuning tone will sound before beginning. / 演奏開始前にチューニング用音出しあり ・The melody part is also played for beginner's assistance / 初心者向けに、メロディラインを全なぞりした状態で通奏低音を弾いています。 【Score】https://imslp.org/wiki/Bist_du_bei_mir%2C_BWV_508_(Bach%2C_Johann_Sebastian) 【Accompanist】Takuya Nemoto, Harpsichord TAKUYA NEMOTO obtained an MMus in conducting from Tokyo University of the Arts. As a student, he had grasped various theatrical works in their original languages, such as English, German, French, Italian, Czech, and even Latin. His singular capability for diction coaching makes him an integral presence in the industry, having been already engaged for hundreds of performances by New National Theatre Tokyo and other key opera companies in Japan. He earned a diploma in basso continuo at Conservatoire National Supérieur de Lyon (France). He also plays cembalo in The Jugong Boys (a duo with a Baroque cellist) and others. As a composer, he placed third (no first/second place winner) in the Ensemble category at the 3rd Tokyo Katsushika Composition Competition 2015. In June 2016, his trio Nemo Concertato (with sax and voice) released the CD book Shuntaro for Adults (Artes Publishing) dedicated to Shuntaro Tanigawa’s poetry. His first opera Kagetora, commissioned by the Myoko Culture Promotion Organization, premiered in December 2018 and was met with accolades. 【奏者】根本卓也 チェンバロ 私立開成中学・高等学校を卒業後、東京藝術大学大学院修士課程(指揮専攻)修了。在学中に、新国立劇場オペラ部門元芸術監督の若杉弘氏に見出されキャリアをスタート。英・独・仏・伊・チェコその他ラテン語に至るまで、あらゆる舞台作品を原語で解する類稀な才能が買われ、既に100本近くの公演に参加。現在、新国立劇場オペラ部門音楽スタッフとして年間を通して公演に寄与する傍ら、東京二期会・OMF・ニッセイオペラ等、国内の主要団体で合唱指揮・ディクションコーチ・作品レクチャー等多岐にわたり活躍。 更に、バッハ・コレギウム・ジャパン(BCJ)の鈴木雅明氏との出会いから古楽へと傾倒し、大学卒業後渡仏。国立リヨン高等音楽院で、通奏低音(チェンバロ・オルガンによる即興伴奏法)のディプロマを取得。中世のグレゴリオ聖歌からバッハ、モーツァルトに至るまで、様式を踏まえた演奏法を習得。帰国後は《アンサンブル・ラ・レヴェランス》《ジュゴンボーイズ》等のグループで、チェンバロ奏者として活躍。2016年5月には、ラモー《プラテ》で、ピリオド楽器のオーケストラを率いて、バロック・オペラ指揮者デビューを飾る。 作曲家としては、渡仏時代に友人夫妻の為に書き下ろしたオルガンのための連弾作品《Thème et Variations》が、音楽出版社Delatour社主の目に留まり出版されたのをきっかけに、本腰を入れて創作活動に入る。第3回東京かつしか作曲コンクール2015に於いてアンサンブルの部第3位入賞(1・2位無し)。2016年6月には、サックス・歌とのトリオ《Nemo Concertato》で、谷川俊太郎の詩に寄せた、メンバー自作曲によるCDブック『大人のための俊太郎』を上梓(アルテス音楽出版刊)。収録曲カンタータ『臨死船』が好評を博し、メゾ・ソプラノ清水華澄氏のリサイタルで取り上げられ、NHKで放送される。2018年12月には初のオペラ《景虎〜海に消えし夢〜》が(公財)妙高文化振興事業団の委嘱で初演され、好評を博した。 ●HP:http://nemototakuya.info/

T. Ford Pavin 'M.Maynes Choice':RSA006 

  • 660 / レンタル ( 30 日 )
  • 660 / ダウンロード

Thomas Ford (? -1648) Pavin 'M.Maynes Choice' from Musicke of Sundrie Kindes (1607) 【Tuning】A=415Hz 【Instruction】 ・Level: Intermediate / 中級者向け ・Tempo: Slower-Normal / テンポ:ゆっくりめ〜ノーマル ・Tuning time included before playing / 演奏開始前にチューニング用音出しあり ・Instruction for 'scordatura' included / 変則調弦についての説明あり 【Score】http://atelierphilidor.com/contents/en-uk/p104794_FORD.html (original) https://www.areditions.com/ford-lyra-viol-duets-b090.html (modern edition) 【Message】 そろそろ定番曲から外れて、なかなか他人と音を出す機会がない曲を弾いてみませんか? こちらは、一台の楽器で旋律と和音の両方を弾くという、いわゆるリラ・ヴァイオルのスタイルで書かれた作品。しかも2台の楽器で演奏するので、さらに重厚なサウンドになります。 動画の最初に説明しているように、通常のヴァイオルの調弦とは違う調弦を用いる曲ですが、そのために通常の調弦では体験できないような、独特かつ豊かな響きが得られます。是非この期に一度、リラ・ヴァイオルの世界を体験してみて下さい! そして曲自体は、この時代の英国特有の、深い内容をたたえた見事なパヴァンです。 是非、時間に追われることなく調弦し、自宅で、好きなタイミングで、どうぞ。 【Accompanist】 Ryosuke Sakamoto, Lute / Viola da gamba RYOSUKE SAKAMOTO was born in Nara (Japan). At the age of three, he first became interested in early music performance under the influence of his parents. In 2007, the year of his graduation at Tokyo University (bachelor degree on Aesthetics), he released his first solo CD ‘Travels with my Lute’ from Musica Rediviva (MRCD-013). This recording got a praised commentary on the CD magazine “Gramophone”, in November 2011. Ryosuke moved to Switzerland in 2008 and studied lute and various plucked instruments at Schola Cantorum Basiliensis in Basel, with prof. Hopkinson Smith. He continued further studies with prof. Crawford Young (medieval lute) and Anne Smith (performance practice on renaissance music) there, and graduated in 2013, with Master degree of specialized music performance. As a solo lutenist, Ryosuke won the first prize plus audience prize at the competition “III Consorso Maurizio Pratla” in L’Aquila (Italy). Already then, he was invited to make recitals by several lute societies in UK, Germany, Austria, and France. He is a member of “Delight in Disorder”, “The Queen’s Revels” as a principal lutenist. In 2012 he set up “Ensemble Il bell’humore”, which specializes in renaissance music. In 2017 he got the first prize at International Biber competition, as a member of “Concerto Ripiglino”. He appears numerous music festivals in Europe including “Festival Oude Muziek “ in Utrecht, “York Early Music Festival“, “Rezonanzen Wien, “Tage Alter Musik Regensburg” ,“Music in old Krakow Festival”, etc. His latest solo CD ‘Polyphony & Diminution’ was released from Musica Rediviva (MRCD-022) in 2016. 【奏者】坂本龍右 リュート、ヴィオラ ・ダ・ガンバ 東京大学文学部 (美学芸術学専修課程) 卒業後、バーゼル市立音楽院(バーゼル・スコラカントルム)に留学。ホプキンソン・スミス氏及びクロフォード・ヤング氏にリュートを、ランダル・クック氏にヴィオラ・ダ・ガンバを、アン・スミス氏にルネサンス音楽理論を、イェスパー・クリステンセン氏に通奏低音を師事し、2013年に修了。その後同校にて公式伴奏者として勤務。2013年、ラクィラの国際古楽コンクールにおけるリュート・ソロ部門で第1位及び聴衆賞。2017年、国際ビーバーコンクールにおけるアンサンブル部門第1位。ヨーロッパ各地の古楽祭やリュート協会主催の演奏会にソリストとして招聘される。録音にリュート・ソロによる「Travels with my Lute」「Polyphony & Diminution」ほか多数。2017年、有志で通奏低音組合「コンティヌオ・ギルド」を立ち上げ、演奏とアウトリーチの両面で活動を開始。 ● Web:http://ryosukesakamoto.com/ ● Facebook : https://www.facebook.com/ryosuke.sakamoto.58 ● Twitter : @contra2nd

(a=442) F.Couperin Le Rossignol-en-amour:TNC010 

  • 550 / レンタル ( 30 日 )
  • 550 / ダウンロード

F.Couperin Le Rossignol-en-amour F.クープラン「恋のうぐいす」 【Tuning】a=442Hz Temperament: Valotti ヴァロッティ 【Instruction】 ・Level : Intermediate / 中級者向け ・Tuning time included before playing. / 演奏開始前にチューニング用音出しあり ・The melody part is omitted to be performed with the flute. Continues to the Double by "attacca" ・トラヴェルソ向けにメロディラインを抜いて通奏低音を付けて演奏しています。ドゥーブルとはアタッカで続きます。 【Score】https://imslp.org/wiki/Troisi%C3%A8me_livre_de_pi%C3%A8ces_de_clavecin_(Couperin%2C_Fran%C3%A7ois) 【Accompanist】Takuya Nemoto, Harpsichord TAKUYA NEMOTO obtained an MMus in conducting from Tokyo University of the Arts. As a student, he had grasped various theatrical works in their original languages, such as English, German, French, Italian, Czech, and even Latin. His singular capability for diction coaching makes him an integral presence in the industry, having been already engaged for hundreds of performances by New National Theatre Tokyo and other key opera companies in Japan. He earned a diploma in basso continuo at Conservatoire National Supérieur de Lyon (France). He also plays cembalo in The Jugong Boys (a duo with a Baroque cellist) and others. As a composer, he placed third (no first/second place winner) in the Ensemble category at the 3rd Tokyo Katsushika Composition Competition 2015. In June 2016, his trio Nemo Concertato (with sax and voice) released the CD book Shuntaro for Adults (Artes Publishing) dedicated to Shuntaro Tanigawa’s poetry. His first opera Kagetora, commissioned by the Myoko Culture Promotion Organization, premiered in December 2018 and was met with accolades. 【奏者】根本卓也 チェンバロ 私立開成中学・高等学校を卒業後、東京藝術大学大学院修士課程(指揮専攻)修了。在学中に、新国立劇場オペラ部門元芸術監督の若杉弘氏に見出されキャリアをスタート。英・独・仏・伊・チェコその他ラテン語に至るまで、あらゆる舞台作品を原語で解する類稀な才能が買われ、既に100本近くの公演に参加。現在、新国立劇場オペラ部門音楽スタッフとして年間を通して公演に寄与する傍ら、東京二期会・OMF・ニッセイオペラ等、国内の主要団体で合唱指揮・ディクションコーチ・作品レクチャー等多岐にわたり活躍。 更に、バッハ・コレギウム・ジャパン(BCJ)の鈴木雅明氏との出会いから古楽へと傾倒し、大学卒業後渡仏。国立リヨン高等音楽院で、通奏低音(チェンバロ・オルガンによる即興伴奏法)のディプロマを取得。中世のグレゴリオ聖歌からバッハ、モーツァルトに至るまで、様式を踏まえた演奏法を習得。帰国後は《アンサンブル・ラ・レヴェランス》《ジュゴンボーイズ》等のグループで、チェンバロ奏者として活躍。2016年5月には、ラモー《プラテ》で、ピリオド楽器のオーケストラを率いて、バロック・オペラ指揮者デビューを飾る。 作曲家としては、渡仏時代に友人夫妻の為に書き下ろしたオルガンのための連弾作品《Thème et Variations》が、音楽出版社Delatour社主の目に留まり出版されたのをきっかけに、本腰を入れて創作活動に入る。第3回東京かつしか作曲コンクール2015に於いてアンサンブルの部第3位入賞(1・2位無し)。2016年6月には、サックス・歌とのトリオ《Nemo Concertato》で、谷川俊太郎の詩に寄せた、メンバー自作曲によるCDブック『大人のための俊太郎』を上梓(アルテス音楽出版刊)。収録曲カンタータ『臨死船』が好評を博し、メゾ・ソプラノ清水華澄氏のリサイタルで取り上げられ、NHKで放送される。2018年12月には初のオペラ《景虎〜海に消えし夢〜》が(公財)妙高文化振興事業団の委嘱で初演され、好評を博した。 ●HP: http://nemototakuya.info/

(a=442) F.Couperin Les Roseaux (from 13e ordre):TNC014 

  • 550 / レンタル ( 30 日 )
  • 550 / ダウンロード

Les Rozeaux (13e ordre) / François Couperin 【Tuning】a=442Hz 【Instruction】 ・Level : Intermediate / 中級者向け ・Tempo: Normal / テンポ:ノーマル ・The harpsichord continuo is played to be best performed with the oboe. / 題名《葦》ということで、オーボエで演奏することをイメージして通奏低音を付けて演奏しています。 【Score】https://imslp.org/wiki/Troisi%C3%A8me_livre_de_pi%C3%A8ces_de_clavecin_(Couperin,_Fran%C3%A7ois) 【Accompanist】Takuya Nemoto, Harpsichord TAKUYA NEMOTO obtained an MMus in conducting from Tokyo University of the Arts. As a student, he had grasped various theatrical works in their original languages, such as English, German, French, Italian, Czech, and even Latin. His singular capability for diction coaching makes him an integral presence in the industry, having been already engaged for hundreds of performances by New National Theatre Tokyo and other key opera companies in Japan. He earned a diploma in basso continuo at Conservatoire National Supérieur de Lyon (France). He also plays cembalo in The Jugong Boys (a duo with a Baroque cellist) and others. As a composer, he placed third (no first/second place winner) in the Ensemble category at the 3rd Tokyo Katsushika Composition Competition 2015. In June 2016, his trio Nemo Concertato (with sax and voice) released the CD book Shuntaro for Adults (Artes Publishing) dedicated to Shuntaro Tanigawa’s poetry. His first opera Kagetora, commissioned by the Myoko Culture Promotion Organization, premiered in December 2018 and was met with accolades. 【奏者】根本卓也 チェンバロ 私立開成中学・高等学校を卒業後、東京藝術大学大学院修士課程(指揮専攻)修了。在学中に、新国立劇場オペラ部門元芸術監督の若杉弘氏に見出されキャリアをスタート。英・独・仏・伊・チェコその他ラテン語に至るまで、あらゆる舞台作品を原語で解する類稀な才能が買われ、既に100本近くの公演に参加。現在、新国立劇場オペラ部門音楽スタッフとして年間を通して公演に寄与する傍ら、東京二期会・OMF・ニッセイオペラ等、国内の主要団体で合唱指揮・ディクションコーチ・作品レクチャー等多岐にわたり活躍。 更に、バッハ・コレギウム・ジャパン(BCJ)の鈴木雅明氏との出会いから古楽へと傾倒し、大学卒業後渡仏。国立リヨン高等音楽院で、通奏低音(チェンバロ・オルガンによる即興伴奏法)のディプロマを取得。中世のグレゴリオ聖歌からバッハ、モーツァルトに至るまで、様式を踏まえた演奏法を習得。帰国後は《アンサンブル・ラ・レヴェランス》《ジュゴンボーイズ》等のグループで、チェンバロ奏者として活躍。2016年5月には、ラモー《プラテ》で、ピリオド楽器のオーケストラを率いて、バロック・オペラ指揮者デビューを飾る。 作曲家としては、渡仏時代に友人夫妻の為に書き下ろしたオルガンのための連弾作品《Thème et Variations》が、音楽出版社Delatour社主の目に留まり出版されたのをきっかけに、本腰を入れて創作活動に入る。第3回東京かつしか作曲コンクール2015に於いてアンサンブルの部第3位入賞(1・2位無し)。2016年6月には、サックス・歌とのトリオ《Nemo Concertato》で、谷川俊太郎の詩に寄せた、メンバー自作曲によるCDブック『大人のための俊太郎』を上梓(アルテス音楽出版刊)。収録曲カンタータ『臨死船』が好評を博し、メゾ・ソプラノ清水華澄氏のリサイタルで取り上げられ、NHKで放送される。2018年12月には初のオペラ《景虎〜海に消えし夢〜》が(公財)妙高文化振興事業団の委嘱で初演され、好評を博した。 ●HP:http://nemototakuya.info/

Purcell "Music for a while" from Oedipus:TNB019 

  • 550 / レンタル ( 30 日 )
  • 550 / ダウンロード

【Tuning】a=415Hz Temperament: Valotti / ヴァロッティ 【Instruction】 ・Level: Intermediate / 中級者向け ・Tempo: Fast / テンポ:速め 【Score】https://imslp.org/wiki/Oedipus%2C_Z.583_(Purcell%2C_Henry) 【Accompanist】The Jugong Boys The Jugong Boys is a Japanese duo of the baroque cellist Toru YAMAMOTO and the continuist Takuya NEMOTO. They studied together in Tokyo University of Arts and then established the duo since 2014. Motto: “Chubby like a dugong, cool like a Junon boy.” ●Takuya Nemoto, harpsichord TAKUYA NEMOTO obtained an MMus in conducting from Tokyo University of the Arts. As a student, he had grasped various theatrical works in their original languages, such as English, German, French, Italian, Czech, and even Latin. His singular capability for diction coaching makes him an integral presence in the industry, having been already engaged for hundreds of performances by New National Theatre Tokyo and other key opera companies in Japan. He earned a diploma in basso continuo at Conservatoire National Supérieur de Lyon (France). He also plays cembalo in The Jugong Boys (a duo with a Baroque cellist) and others. As a composer, he placed third (no first/second place winner) in the Ensemble category at the 3rd Tokyo Katsushika Composition Competition 2015. In June 2016, his trio Nemo Concertato (with sax and voice) released the CD book Shuntaro for Adults (Artes Publishing) dedicated to Shuntaro Tanigawa’s poetry. His first opera Kagetora, commissioned by the Myoko Culture Promotion Organization, premiered in December 2018 and was met with accolades. ●Toru Yamamoto, cello Toru Yamamoto studied at Tokyo National University of Arts and ZHdK(Züricher Hochschule der Künste). Toru was awarded quite many prizes such as 2nd prize 16th International Bach-Leipzig Competition in 2008, Honorable mention at MA competition in Brugge in 2011, 1st prize at International Van Wassenaer Competition, Amsterdam 2011. Now he plays regularly with Bach Collegium Japan, Orchestra Libera Classica, L’orchestre d’avant-garde and many other leading orchestras and ensembles with historical instruments in Japan. 【奏者】ジュゴンボーイズ 〜目を閉じれば、イケメン〜 ジュノンボーイにはなれなかったぽっちゃり目の2人がお届けする、フレンチバロック・デュオ。 ● 根本 卓也 チェンバロ 東京藝術大学大学院修士課程 (指揮専攻) 修了。鈴木雅明氏との出会いから古楽へと傾倒、大学卒業後渡仏。国立リヨン高等音楽院で通奏低音のディプロマを取得。帰国後は新国立劇場オペラ部門音楽スタッフとして年間を通し公演に寄与する傍ら、チェンバロ奏者・作曲家としても活動。2016年5月、ラモー《プラテ》でピリオド楽器のオーケストラを率いて、オペラ指揮者デビューを飾る。2016年6月にサックス・歌とのトリオ「Nemo Concertato」で、谷川俊太郎の詩に寄せた、メンバー自作曲による、CDブック 『大人のための俊太郎』 を上梓 (アルテスパブリッシング刊) 。2018年12月には初のオペラ《景虎(仮題)》が(公財)妙高文化振興事業団の委嘱で初演され、好評を博した。 http://nemototakuya.info/ ● 山本 徹 バロック・チェロ 茨城県日立市出身。東京藝術大学器楽科、同大学院古楽専攻、及びチューリヒ芸術大学修了。バッハ・コレギウム・ジャパン、オーケストラ・リベラ・クラシカ等主要な国内のオリジナル楽器オーケストラのメンバーとして定期公演・録音・海外ツアーに参加する。2006年第20回国際古楽コンクール<山梨>第2位。2008年第16回ライプツィヒ国際バッハ・コンクール第2位。2011年ブルージュ国際古楽コンクール審査員賞、及びデンハーグピアノ五重奏団のメンバーとしてオランダ・ファンヴァッセナール国際コンクール優勝。2010年度文化庁新進芸術家海外研修員、2011年度ロームミュージックファンデーション奨学生。http://scordatoru.wixsite.com/toru-yamamoto ● Facebook: https://www.facebook.com/jugongboys/

Morley It was a lover and his lass:TKA013 

  • 550 / レンタル ( 30 日 )
  • 550 / ダウンロード

【Tuning】a=440Hz 【Score】https://imslp.org/wiki/Ayres_or_Little_Short_Songs,_Book_1_(Morley,_Thomas) 【Instruction】 ・Level: Beginner / 初級者向け ・Tempo: Normal / テンポ:ノーマル 【Accompanist】Tomoko Koide, lute Tomoko Koide, she started to play the guitar at the age of fourteen. Won 2nd prize at G.L.C. Student Guitar Competition, was a finalist at San-in Guitar Competition. Soon after graduated Doshisha University she started to play the lute,and have learned lute & lute songs with Kenji Sano, Mamiko Hirai, Takashi Tsunoda, Paul O'dette, and Evangelina Mascardi. Tomoko played with many singers and various kind of instrument players like viol, traverso, flute even with sitar, nyckellharpa players, and attended recording projects. Tomoko gave lectures about lute and lute songs. She is also a member of music band for children. Been into Moomin stories for quater a century.... 【メッセージ】 リュートソングを歌ったことがある方でも、リュートパートだけを聴く機会は少ないかもしれません。リュートソングでは、歌とリュートが主従の関係ではなく、対等か、あるいはリュートが主、と言えるかもしれません。歌う人は多声音楽の1パートを担っているだけで、リュートがその1パート以外のすべてのパートを担っているのです。歌う方がリュートという楽器の特性を少しでも理解し、リュートソングを更に楽しむための一助になればと思っています。 春を楽しむ恋人たちの曲といえばこれ!季節が変わらないうちにアップしたかったのですが、すっかり夏になってしまいました。シェイクスピアのAs You Like Itで歌われる曲ですが、今も人気があって、私も何度も伴奏のご依頼をいただくことがありました。気軽な歌のように聞こえますが、歌が入るタイミングが分からずにずれてしまうことがよくあったので、今回も演奏のタイミングに合わせてオリジナルの楽譜から歌詞を表示するようにしました。歌もさることながら、Thomas Morleyのリュート伴奏つき歌曲集に収められた曲はリュート奏者にとっては難曲が多く、Morleyは実際にリュートを抱えて編曲したわけではないのではないかと私は訝しんでいます・・・。同じ頃に同じ場所で活躍したJohn Dowlandは、リュートを抱えて作曲していたんだろうと思われる、奏者にとって無理のないものが多いのですが・・。 【奏者】小出智子 リュート 14歳でクラシックギターを始める。 高校在学中、GLC学生ギターコンクール2位、山陰ギターコンクール入選。同志社大学英文学科卒業後、会社員生活を経て、リュートを始める。これまでにリュート、リュートソングを佐野健二氏、平井満美子氏、つのだたかし氏、Paul O'dette, Evangelina Mascardi氏らに学ぶ。ソロ、通奏低音、伴奏、民族楽器との共演や、録音への参加など、関西を中心にジャンルを問わず幅広く活動中。NHK大阪文化センター「リュートでうたうイギリスはやりうた」リュート伴奏担当。リュート演奏、リュートソングの指導やレクチャーなども行っている。(龍谷大学REC講座など)。ムーミンファン歴四半世紀超 ● HP: http://koidelute.jp ● Facebook: https://www.facebook.com/koidelute ● Instagram:@koidetomoko

Lambert Vos mépris chaque jour:TKA012 

  • 550 / レンタル ( 30 日 )
  • 550 / ダウンロード

【Tuning】a=440Hz 【Score】https://imslp.org/wiki/Airs_%C3%A0_une%2C_II._III._et_IV._parties_avec_la_basse-continue_(Lambert%2C_Michel) 【Instruction】 ・Level: Beginner / 初級者向け ・Tempo: Normal / テンポ:ノーマル ・The original score is displayed so the singer should know what is happening in the bass part. リクエストをいただきましての投稿です。歌が始まる前に2つの旋律楽器によるリトルネッロがありますが、今回はご依頼のあった詠唱部分のみを録音しています。ソ、ファ、ミ、レ・・・を延々と続けているだけのようなバスですが、歌う人にはバスで何が起きているのか理解しながら歌ってほしいので、今回はオリジナルの譜面を音と一緒に表示するように動画を編集しています。 【Accompanist】Tomoko Koide, lute Tomoko Koide, she started to play the guitar at the age of fourteen. Won 2nd prize at G.L.C. Student Guitar Competition, was a finalist at San-in Guitar Competition. Soon after graduated Doshisha University she started to play the lute,and have learned lute & lute songs with Kenji Sano, Mamiko Hirai, Takashi Tsunoda, Paul O'dette, and Evangelina Mascardi. Tomoko played with many singers and various kind of instrument players like viol, traverso, flute even with sitar, nyckellharpa players, and attended recording projects. Tomoko gave lectures about lute and lute songs. She is also a member of music band for children. Been into Moomin stories for quater a century.... 【メッセージ】 リュートソングを歌ったことがある方でも、リュートパートだけを聴く機会は少ないかもしれません。リュートソングでは、歌とリュートが主従の関係ではなく、対等か、あるいはリュートが主、と言えるかもしれません。歌う人は多声音楽の1パートを担っているだけで、リュートがその1パート以外のすべてのパートを担っているのです。歌う方がリュートという楽器の特性を少しでも理解し、リュートソングを更に楽しむための一助になればと思っています。 【奏者】小出智子 リュート 14歳でクラシックギターを始める。 高校在学中、GLC学生ギターコンクール2位、山陰ギターコンクール入選。同志社大学英文学科卒業後、会社員生活を経て、リュートを始める。これまでにリュート、リュートソングを佐野健二氏、平井満美子氏、つのだたかし氏、Paul O'dette, Evangelina Mascardi氏らに学ぶ。ソロ、通奏低音、伴奏、民族楽器との共演や、録音への参加など、関西を中心にジャンルを問わず幅広く活動中。NHK大阪文化センター「リュートでうたうイギリスはやりうた」リュート伴奏担当。リュート演奏、リュートソングの指導やレクチャーなども行っている。(龍谷大学REC講座など)。ムーミンファン歴四半世紀超 ● HP: http://koidelute.jp ● Facebook: https://www.facebook.com/koidelute ● Instagram:@koidetomoko

Purcell "When I am laid" from Dido & Aeneas:TNB020 

  • 550 / レンタル ( 30 日 )
  • 550 / ダウンロード

【Tuning】a=415Hz Temperament: Valotti / ヴァロッティ 【Instruction】 ・Level: Intermediate / 中級者向け ・Tempo: Normal / テンポ:ノーマル 【Score】https://imslp.org/wiki/Dido_and_Aeneas%2C_Z.626_(Purcell%2C_Henry) 【Accompanist】The Jugong Boys The Jugong Boys is a Japanese duo of the baroque cellist Toru YAMAMOTO and the continuist Takuya NEMOTO. They studied together in Tokyo University of Arts and then established the duo since 2014. Motto: “Chubby like a dugong, cool like a Junon boy.” ●Takuya Nemoto, harpsichord TAKUYA NEMOTO obtained an MMus in conducting from Tokyo University of the Arts. As a student, he had grasped various theatrical works in their original languages, such as English, German, French, Italian, Czech, and even Latin. His singular capability for diction coaching makes him an integral presence in the industry, having been already engaged for hundreds of performances by New National Theatre Tokyo and other key opera companies in Japan. He earned a diploma in basso continuo at Conservatoire National Supérieur de Lyon (France). He also plays cembalo in The Jugong Boys (a duo with a Baroque cellist) and others. As a composer, he placed third (no first/second place winner) in the Ensemble category at the 3rd Tokyo Katsushika Composition Competition 2015. In June 2016, his trio Nemo Concertato (with sax and voice) released the CD book Shuntaro for Adults (Artes Publishing) dedicated to Shuntaro Tanigawa’s poetry. His first opera Kagetora, commissioned by the Myoko Culture Promotion Organization, premiered in December 2018 and was met with accolades. ●Toru Yamamoto, cello Toru Yamamoto studied at Tokyo National University of Arts and ZHdK(Züricher Hochschule der Künste). Toru was awarded quite many prizes such as 2nd prize 16th International Bach-Leipzig Competition in 2008, Honorable mention at MA competition in Brugge in 2011, 1st prize at International Van Wassenaer Competition, Amsterdam 2011. Now he plays regularly with Bach Collegium Japan, Orchestra Libera Classica, L’orchestre d’avant-garde and many other leading orchestras and ensembles with historical instruments in Japan. 【奏者】ジュゴンボーイズ 〜目を閉じれば、イケメン〜 ジュノンボーイにはなれなかったぽっちゃり目の2人がお届けする、フレンチバロック・デュオ。 ● 根本 卓也 チェンバロ 東京藝術大学大学院修士課程 (指揮専攻) 修了。鈴木雅明氏との出会いから古楽へと傾倒、大学卒業後渡仏。国立リヨン高等音楽院で通奏低音のディプロマを取得。帰国後は新国立劇場オペラ部門音楽スタッフとして年間を通し公演に寄与する傍ら、チェンバロ奏者・作曲家としても活動。2016年5月、ラモー《プラテ》でピリオド楽器のオーケストラを率いて、オペラ指揮者デビューを飾る。2016年6月にサックス・歌とのトリオ「Nemo Concertato」で、谷川俊太郎の詩に寄せた、メンバー自作曲による、CDブック 『大人のための俊太郎』 を上梓 (アルテスパブリッシング刊) 。2018年12月には初のオペラ《景虎(仮題)》が(公財)妙高文化振興事業団の委嘱で初演され、好評を博した。 http://nemototakuya.info/ ● 山本 徹 バロック・チェロ 茨城県日立市出身。東京藝術大学器楽科、同大学院古楽専攻、及びチューリヒ芸術大学修了。バッハ・コレギウム・ジャパン、オーケストラ・リベラ・クラシカ等主要な国内のオリジナル楽器オーケストラのメンバーとして定期公演・録音・海外ツアーに参加する。2006年第20回国際古楽コンクール<山梨>第2位。2008年第16回ライプツィヒ国際バッハ・コンクール第2位。2011年ブルージュ国際古楽コンクール審査員賞、及びデンハーグピアノ五重奏団のメンバーとしてオランダ・ファンヴァッセナール国際コンクール優勝。2010年度文化庁新進芸術家海外研修員、2011年度ロームミュージックファンデーション奨学生。http://scordatoru.wixsite.com/toru-yamamoto ● Facebook: https://www.facebook.com/jugongboys/

(a=415) Vivaldi Cello Sonata e-moll, RV40 (all movements):TNB022 

  • 990 / レンタル ( 30 日 )
  • 990 / ダウンロード

【Tuning】a=415Hz Temperament: Valotti / ヴァロッティ 【Instruction】 ・Level: Intermediate / 中級者向け ・Tempo: Normal / テンポ:ノーマル 【Score】https://imslp.org/wiki/Cello_Sonata_in_E_minor%2C_RV_40_(Vivaldi%2C_Antonio) 【Accompanist】The Jugong Boys The Jugong Boys is a Japanese duo of the baroque cellist Toru YAMAMOTO and the continuist Takuya NEMOTO. They studied together in Tokyo University of Arts and then established the duo since 2014. Motto: “Chubby like a dugong, cool like a Junon boy.” ●Takuya Nemoto, harpsichord TAKUYA NEMOTO obtained an MMus in conducting from Tokyo University of the Arts. As a student, he had grasped various theatrical works in their original languages, such as English, German, French, Italian, Czech, and even Latin. His singular capability for diction coaching makes him an integral presence in the industry, having been already engaged for hundreds of performances by New National Theatre Tokyo and other key opera companies in Japan. He earned a diploma in basso continuo at Conservatoire National Supérieur de Lyon (France). He also plays cembalo in The Jugong Boys (a duo with a Baroque cellist) and others. As a composer, he placed third (no first/second place winner) in the Ensemble category at the 3rd Tokyo Katsushika Composition Competition 2015. In June 2016, his trio Nemo Concertato (with sax and voice) released the CD book Shuntaro for Adults (Artes Publishing) dedicated to Shuntaro Tanigawa’s poetry. His first opera Kagetora, commissioned by the Myoko Culture Promotion Organization, premiered in December 2018 and was met with accolades. ●Toru Yamamoto, cello Toru Yamamoto studied at Tokyo National University of Arts and ZHdK(Züricher Hochschule der Künste). Toru was awarded quite many prizes such as 2nd prize 16th International Bach-Leipzig Competition in 2008, Honorable mention at MA competition in Brugge in 2011, 1st prize at International Van Wassenaer Competition, Amsterdam 2011. Now he plays regularly with Bach Collegium Japan, Orchestra Libera Classica, L’orchestre d’avant-garde and many other leading orchestras and ensembles with historical instruments in Japan. 【奏者】ジュゴンボーイズ 〜目を閉じれば、イケメン〜 ジュノンボーイにはなれなかったぽっちゃり目の2人がお届けする、フレンチバロック・デュオ。 ● 根本 卓也 チェンバロ 東京藝術大学大学院修士課程 (指揮専攻) 修了。鈴木雅明氏との出会いから古楽へと傾倒、大学卒業後渡仏。国立リヨン高等音楽院で通奏低音のディプロマを取得。帰国後は新国立劇場オペラ部門音楽スタッフとして年間を通し公演に寄与する傍ら、チェンバロ奏者・作曲家としても活動。2016年5月、ラモー《プラテ》でピリオド楽器のオーケストラを率いて、オペラ指揮者デビューを飾る。2016年6月にサックス・歌とのトリオ「Nemo Concertato」で、谷川俊太郎の詩に寄せた、メンバー自作曲による、CDブック 『大人のための俊太郎』 を上梓 (アルテスパブリッシング刊) 。2018年12月には初のオペラ《景虎(仮題)》が(公財)妙高文化振興事業団の委嘱で初演され、好評を博した。 http://nemototakuya.info/ ● 山本 徹 バロック・チェロ 茨城県日立市出身。東京藝術大学器楽科、同大学院古楽専攻、及びチューリヒ芸術大学修了。バッハ・コレギウム・ジャパン、オーケストラ・リベラ・クラシカ等主要な国内のオリジナル楽器オーケストラのメンバーとして定期公演・録音・海外ツアーに参加する。2006年第20回国際古楽コンクール<山梨>第2位。2008年第16回ライプツィヒ国際バッハ・コンクール第2位。2011年ブルージュ国際古楽コンクール審査員賞、及びデンハーグピアノ五重奏団のメンバーとしてオランダ・ファンヴァッセナール国際コンクール優勝。2010年度文化庁新進芸術家海外研修員、2011年度ロームミュージックファンデーション奨学生。http://scordatoru.wixsite.com/toru-yamamoto ● Facebook: https://www.facebook.com/jugongboys/

(a=442) Vivaldi Cello Sonata e-moll, RV40 (all movements):TNB021 

  • 990 / レンタル ( 30 日 )
  • 990 / ダウンロード

【Tuning】a=442Hz Temperament: Valotti / ヴァロッティ 【Instruction】 ・Level: Intermediate / 中級者向け ・Tempo: Normal / テンポ:ノーマル 【Score】https://imslp.org/wiki/Cello_Sonata_in_E_minor%2C_RV_40_(Vivaldi%2C_Antonio) 【Accompanist】The Jugong Boys The Jugong Boys is a Japanese duo of the baroque cellist Toru YAMAMOTO and the continuist Takuya NEMOTO. They studied together in Tokyo University of Arts and then established the duo since 2014. Motto: “Chubby like a dugong, cool like a Junon boy.” ●Takuya Nemoto, harpsichord TAKUYA NEMOTO obtained an MMus in conducting from Tokyo University of the Arts. As a student, he had grasped various theatrical works in their original languages, such as English, German, French, Italian, Czech, and even Latin. His singular capability for diction coaching makes him an integral presence in the industry, having been already engaged for hundreds of performances by New National Theatre Tokyo and other key opera companies in Japan. He earned a diploma in basso continuo at Conservatoire National Supérieur de Lyon (France). He also plays cembalo in The Jugong Boys (a duo with a Baroque cellist) and others. As a composer, he placed third (no first/second place winner) in the Ensemble category at the 3rd Tokyo Katsushika Composition Competition 2015. In June 2016, his trio Nemo Concertato (with sax and voice) released the CD book Shuntaro for Adults (Artes Publishing) dedicated to Shuntaro Tanigawa’s poetry. His first opera Kagetora, commissioned by the Myoko Culture Promotion Organization, premiered in December 2018 and was met with accolades. ●Toru Yamamoto, cello Toru Yamamoto studied at Tokyo National University of Arts and ZHdK(Züricher Hochschule der Künste). Toru was awarded quite many prizes such as 2nd prize 16th International Bach-Leipzig Competition in 2008, Honorable mention at MA competition in Brugge in 2011, 1st prize at International Van Wassenaer Competition, Amsterdam 2011. Now he plays regularly with Bach Collegium Japan, Orchestra Libera Classica, L’orchestre d’avant-garde and many other leading orchestras and ensembles with historical instruments in Japan. 【奏者】ジュゴンボーイズ 〜目を閉じれば、イケメン〜 ジュノンボーイにはなれなかったぽっちゃり目の2人がお届けする、フレンチバロック・デュオ。 ● 根本 卓也 チェンバロ 東京藝術大学大学院修士課程 (指揮専攻) 修了。鈴木雅明氏との出会いから古楽へと傾倒、大学卒業後渡仏。国立リヨン高等音楽院で通奏低音のディプロマを取得。帰国後は新国立劇場オペラ部門音楽スタッフとして年間を通し公演に寄与する傍ら、チェンバロ奏者・作曲家としても活動。2016年5月、ラモー《プラテ》でピリオド楽器のオーケストラを率いて、オペラ指揮者デビューを飾る。2016年6月にサックス・歌とのトリオ「Nemo Concertato」で、谷川俊太郎の詩に寄せた、メンバー自作曲による、CDブック 『大人のための俊太郎』 を上梓 (アルテスパブリッシング刊) 。2018年12月には初のオペラ《景虎(仮題)》が(公財)妙高文化振興事業団の委嘱で初演され、好評を博した。 http://nemototakuya.info/ ● 山本 徹 バロック・チェロ 茨城県日立市出身。東京藝術大学器楽科、同大学院古楽専攻、及びチューリヒ芸術大学修了。バッハ・コレギウム・ジャパン、オーケストラ・リベラ・クラシカ等主要な国内のオリジナル楽器オーケストラのメンバーとして定期公演・録音・海外ツアーに参加する。2006年第20回国際古楽コンクール<山梨>第2位。2008年第16回ライプツィヒ国際バッハ・コンクール第2位。2011年ブルージュ国際古楽コンクール審査員賞、及びデンハーグピアノ五重奏団のメンバーとしてオランダ・ファンヴァッセナール国際コンクール優勝。2010年度文化庁新進芸術家海外研修員、2011年度ロームミュージックファンデーション奨学生。http://scordatoru.wixsite.com/toru-yamamoto ● Facebook: https://www.facebook.com/jugongboys/

Morley Il Lamento, La Caccia for 2 voices:RSA004 

  • 550 / レンタル ( 30 日 )
  • 550 / ダウンロード

Thomas Morley (1557/8-1602) Il Lamento, La Caccia from The First Booke of Canzonets to Two Voyces ■Togetter:トマス・モーリー「2声のファンタジー」考 https://togetter.com/li/1565737 【Tuning】A=415Hz 【Instruction】 ・Level: Beginner-Intermediate / 初級・中級者向け ・Tempo: Normal / テンポ:ノーマル 【Score】 (first edition) https://ks.imslp.net/files/imglnks/usimg/0/0f/IMSLP523461-PMLP131419-200196630.pdf (modern edition) http://ks4.imslp.net/files/imglnks/usimg/b/b9/IMSLP64505-PMLP131419-Morley,_Thomas_-_9_Fantasias_for_2_Viola_da_Gamba.pdf 【Message】 エリザベス朝時代の英国の合奏曲の定番と言っても良い、モーリー作曲の2声のファンタジアの中から、対照的な性格を持ち、とりわけ演奏効果の高い2曲を選びました。 皆様の中にも既に試してみた、または演奏会で耳にした方もいらっしゃるのではないでしょうか。 Il Lamentoは原曲の記譜音のオクターブ下で、Il Cacciaは原曲の記譜音に従って演奏しています。上声部はリコーダー、トラヴェルソ、ガンバ、その他様々な楽器で演奏可能。曲の雰囲気に応じて、お好みの楽器でどうぞ。 【Accompanist】 Ryosuke Sakamoto, Lute / Viola da gamba RYOSUKE SAKAMOTO was born in Nara (Japan). At the age of three, he first became interested in early music performance under the influence of his parents. In 2007, the year of his graduation at Tokyo University (bachelor degree on Aesthetics), he released his first solo CD ‘Travels with my Lute’ from Musica Rediviva (MRCD-013). This recording got a praised commentary on the CD magazine “Gramophone”, in November 2011. Ryosuke moved to Switzerland in 2008 and studied lute and various plucked instruments at Schola Cantorum Basiliensis in Basel, with prof. Hopkinson Smith. He continued further studies with prof. Crawford Young (medieval lute) and Anne Smith (performance practice on renaissance music) there, and graduated in 2013, with Master degree of specialized music performance. As a solo lutenist, Ryosuke won the first prize plus audience prize at the competition “III Consorso Maurizio Pratla” in L’Aquila (Italy). Already then, he was invited to make recitals by several lute societies in UK, Germany, Austria, and France. He is a member of “Delight in Disorder”, “The Queen’s Revels” as a principal lutenist. In 2012 he set up “Ensemble Il bell’humore”, which specializes in renaissance music. In 2017 he got the first prize at International Biber competition, as a member of “Concerto Ripiglino”. He appears numerous music festivals in Europe including “Festival Oude Muziek “ in Utrecht, “York Early Music Festival“, “Rezonanzen Wien, “Tage Alter Musik Regensburg” ,“Music in old Krakow Festival”, etc. His latest solo CD ‘Polyphony & Diminution’ was released from Musica Rediviva (MRCD-022) in 2016. 【奏者】坂本龍右 リュート、ヴィオラ ・ダ・ガンバ 東京大学文学部 (美学芸術学専修課程) 卒業後、バーゼル市立音楽院(バーゼル・スコラカントルム)に留学。ホプキンソン・スミス氏及びクロフォード・ヤング氏にリュートを、ランダル・クック氏にヴィオラ・ダ・ガンバを、アン・スミス氏にルネサンス音楽理論を、イェスパー・クリステンセン氏に通奏低音を師事し、2013年に修了。その後同校にて公式伴奏者として勤務。2013年、ラクィラの国際古楽コンクールにおけるリュート・ソロ部門で第1位及び聴衆賞。2017年、国際ビーバーコンクールにおけるアンサンブル部門第1位。ヨーロッパ各地の古楽祭やリュート協会主催の演奏会にソリストとして招聘される。録音にリュート・ソロによる「Travels with my Lute」「Polyphony & Diminution」ほか多数。2017年、有志で通奏低音組合「コンティヌオ・ギルド」を立ち上げ、演奏とアウトリーチの両面で活動を開始。 ● Web:http://ryosukesakamoto.com/ ● Facebook : https://www.facebook.com/ryosuke.sakamoto.58 ● Twitter : @contra2nd

   お問合せやリクエストはこちら     close